オーストラリアでバリスタになる!『最短ルート』はコレだ!

バリスタを目指す人
オーストラリアでバリスタとして働きたいけど、一体どうすればなれるんだろう?

とにかく応募?それとも学校に行くのがいいんだろうか…

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

こんにちは、シドニーでバリスタをしていましたTatsuです。

僕はオーストラリアでたくさんの素晴らしいバリスタにお会いしました。

そして、その中にはオーストラリアに来てから初めてバリスタを始めた人も多かった。

 

僕自身は日本でのバリスタ経験もあったのでオーストラリアに来てからバリスタになったわけではありません。

ですが、未経験からバリスタになるためには何が必要か。

それがオーストラリアで働きながらわかるようになりました。

 

今回はオーストラリアに来てから初めてバリスタになりたい人に向けて、どうすればバリスタになれるのか紹介していきます。

 

オーストラリアではバリスタの技術が必要

まずオーストラリアでバリスタとして働くにはバリスタの技術が必要です。

オーストラリアでは面接の後に『トライアル』があります。(試用期間のことです)

このトライアルではエスプレッソマシンでコーヒーを作ることが求められます

 

Tatsu
トライアルではエスプレッソの淹れ方とミルクスチームの技術が必要になります。

関連記事:【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

 

トライアルはオーストラリアのカフェで働く前には必ずあります。

経験のないの人がバリスタの仕事を探すこと自体はできるでしょう。

ですがトライアルがあるので基本の技術がないとバリスタとして採用されないのです

関連記事:オーストラリアのカフェで初トライアル、そんなあなたに必要なことをまとめました!!

 

バリスタの技術は学校で学ぼう

僕が思うに学校に行って、バリスタの技術を学ぶ。のが最短でバリスタを目指す方法です

なんでもそうですが基本が一番重要です。

そしてバリスタの技術を覚えるのは反復するのが一番早い。

 

学校の期間は1日から数ヶ月みっちり学べるところまでありますが2週間〜1ヶ月くらいが妥当かと。

学校で基本の技術を学び、そこから働き始めれば自然と技術は身についていきます。

 

Tatsu
基本の習得期間の目安が2週間〜1ヶ月。

この間にエスプレッソの淹れ方とミルクスチームをマスターしましょう。

 

オーストラリアはバリスタの仕事が多いだけあり学校もレベルが高いです。

僕も3時間のコースに参加しましたが、働き始める前にオーストラリアの働き方を学べてとても有意義でした。

関連記事:シドニーCBD Collegeでバリスタ資格取得!!バリスタ学校へ行くのはオススメか!?

 

オーストラリアでオールラウンダーからバリスタを目指す

もう一つバリスタの学校以外でバリスタを目指す方法がウェイターやキッチンハンドからバリスタを目指す方法です。

オーストラリアで有名なバリスタの人の中にはそうして働いていた方も多いです。

ただ、僕はこの方法はオススメできません。

 

なぜならバリスタになるまでに学校に通う以上に時間がかかるからです。

前に書いたように、バリスタになるにはエスプレッソとミルクスチームの技術が必要。

職場でこの技術を学ぼうとしたらエスプレッソマシンと教えてくれる人がいないとできません。

 

Tatsu
エスプレッソマシンで練習するには職場での高い信頼が必要になります。

 

オールラウンダーから始めてバリスタになった方もいます。

ですがそれまでに1年以上職場で働いていた方が多いのも事実。

特にワーホリでは一つのお店で6ヶ月しか働けないのでオススメしません。

 例外ですが英語ができればこの方法現実的です。

 

オーストラリアでバリスタとして働くには まとめ

ここでサクッと記事のまとめです。

オーストラリアに来てからバリスタになるには

  • バリスタになるには基本の技術が必要
  • そのためには学校で学ぶのがオススメ
  • オールラウンダーからバリスタを目指すのは時間がかかる

 

まず学校でバリスタの基本の技術を学びましょう。そして学校に通いながらバリスタの仕事を探しましょう。

関連記事:オーストラリアで自分の仕事を手に入れろ!仕事の探し方完全ガイド

 

オーストラリアでは経験のあるなしが大きいです。

ですが学校で基本を学び、仕事探しも行えば、1ヶ月後にはバリスタとして働ける可能性もあります。

そしてバリスタとして働けば、レジュメ(履歴書)に書けるので次の仕事を探す時にも活かすことができる。

 

オーストラリアはコーヒー好きの人が多いです。その中でバリスタとして働くのは大変なこともあります。

ですがそれ以上にお客さんにもらう一言が本当に嬉しい。そしてその感動をあなたにも味わってほしい。

是非オーストラリアでバリスタになってください。応援しています。では٩( ‘ω’ )و

 

関連記事:オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

関連記事:経験者限定!オーストラリアで最速でバリスタ仕事をゲットするための方法。

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。