ワーホリで働けるバリスタの仕事とは!?ある一日を徹底解説!

ワーホリでバリスタ?どんな仕事?

オーストラリアのバリスタはどう働いているの?

 

こんにちは。シドニーのカフェでバリスタをしているTatsuです。

この記事ではワーホリでも人気の仕事、バリスタの仕事について解説しています。

 

僕は今のローカルカフェで働き始めて3ヶ月半。

ワーホリでオーストラリアに来てからバリスタの仕事を探し、今のカフェで働き始めました。

でもワーホリで仕事を始める前はわからないことだらけでした。

 

僕と同じようにカフェでのバリスタの仕事がイメージできない人も多いのでは?

  • 『現地のカフェで働きたい』
  • 『バリスタとしてコーヒーを淹れてみたい』 

 

そう考えている人には是非読んでいただきたい内容です。

※こちらの記事は僕の今現在の勤務内容を書いていますので一つの参考としてお読みください。

 

ワーホリでバリスタとして働く仕事内容

僕が働いているお店はシドニーCBDの中にあります。(CBDは都心部みたいな感じ)

このお店はコーヒー専門店でスイーツ類は全く置いていません。

扱っているメニューの種類はコーヒーのみです。

  1. エスプレッソドリンク
  2. ドリップコーヒー(プアオーバー)
  3. アイスコーヒー(水出しコーヒー)
  4. 自家焙煎コーヒー豆
  5. コーヒー用の抽出器具
Tatsu
コーヒー専門店はオーストラリアの中では比較的珍しいタイプのお店ですね。

 

オーストラリアの一般的なカフェでは食事も楽しめます。朝食やランチのメニューも豊富でキッチン併設のお店がたくさんです。

 

ワーホリで働くバリスタとしての仕事内容

僕のお店は上のような感じです。ではまずはざっくりとカフェでのポジションについて解説。

ワーホリで働けるカフェではバリスタ以外の仕事も多くあります。

ここでは僕の働くお店でのポジションや仕事内容を書いていきましょう。

 

レジ/オーダーテイク

  • お客さんのオーダーをとる
  • カップにドリンクID、名前を書き込む
  • 支払いを完了させる
  • コーヒー豆販売

 

お客さんにはまずレジでお会計をしてから席についてもらいます。

レジの仕事はお客さんの席の場所を覚える・オーダーををカップに書く。

ワーホリで働くカフェでは、バリスタの前にやることの多い仕事です。

関連記事:オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

関連記事:オーストラリアのカフェで働く前に覚えたい!オーダーの取り方とコーヒーレター

 

バックアップ

  • ドリンクサービス
  • バリスタのバックアップ
  • カップ補充
  • ドリップコーヒー、アイスコーヒー作成

 

バックアップはバリスタのサポートでコーヒー豆の補充やカップの補充をする仕事。

他にはサービス、洗い物、アイスコーヒーやドリップコーヒーを作ったりもします。

いないとお店が成り立たない重要な仕事です。

 

ミルクスチーミング

  • エスプレッソに合わせたミルクスチーム
  • オーダーごとに合わせたミルクスチーム

 

僕の仕事しているカフェでは1台のマシンに2人のバリスタがつきます。

それぞれエスプレッソ・ミルクスチームに役割を分けて一緒にコーヒーを淹れる。

ミルクスチーミングはエスプレッソに合わせてミルクを仕上げる仕事です。

 

Tatsu
ミルクスチーミングはバリスタとして必須の仕事。ワーホリでバリスタを目指す人は必修の技術です。

関連記事:シドニーCBD Collegeでバリスタ資格取得!!バリスタ学校へ行くのはオススメか!?

 

エスプレッソ

  • オーダーごとに合わせたエスプレッソの抽出
  • ブレンド、シングルオリジンの味の調整
  • 効率よくドリンクを作る手順を考える

 

エスプレッソの仕事ではミルクスチームをするバリスタへの指示出し・エスプレッソの抽出をします。

エスプレッソを淹れる仕事はカフェのメインポジション。バリスタとしての技術が問われます。

忙しい時間にはカップが20-30個並ぶこともあるのでどれだけ効率よくコーヒーを作るか考えるのも重要な役割です。

Tatsu
ミルクスチーミングと同じくバリスタの仕事をするなら必須の技術!

ワーホリで働く時でも必要です。

関連記事:【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

 

ワーホリでバリスタとして働く、仕事の一日の流れ

では実際に僕が仕事をするカフェでのある一日のタイムスケジュールを書いていきます。

僕の仕事するお店にはエスプレッソマシンが2台あります。

基本的には1台でオーダーをこなし、もう一台は忙しい時のサポートとして使います。

Tatsu
ワーホリで仕事し始めた時には慣れるのに苦労しました。でもバリスタとしてはたくさんのマシンを使えるのは嬉しい限りです。

 

朝と昼にはエスプレッソの味を調整をします。

僕の仕事するカフェでは、バリスタが朝と昼の2回エスプレッソの味を調整をします

これは美味しいコーヒーを提供するバリスタとしての大事な仕事です。

そして仕事をするポジションは午前と午後でローテーションします。

 

この日の仕事内容はこんな感じです。

  • 午前:エスプレッソ:エスプレッソを淹れる、ドリンク作成順の組み立て
  • 午後:ミルク:ミルクスチーム

 

OPEN前

OPEN前のバリスタの仕事はエスプレッソの味の調整。

ブレンドはミルクと合わせてフラットホワイト。シングルオリジンはエスプレッソで味を調整します。

味はマネージャーやスタッフと話しながら調整してその日の味を決めます。

Tatsu
ちなみにコーヒーのブレンドは数種類のコーヒー豆を合わせたもの。シングルオリジンは1種類のコーヒー豆のことを指しますよ。

味の調整はバリスタの仕事の基本なので、どこのカフェでも求められます。

営業中は味や抽出の変化には気を配り、変化があればすぐに味を確認します。

 

午前〜昼休憩

OPEN後のバリスタの仕事は効率を考えてコーヒーを淹れること。

エスプレッソを淹れながら、効率よくドリンクを作れる順番を考えてミルクポジションのバリスタとドリンクを作ります。

この時間はテイクアウェイのオーダーがメインです。

Tatsu
ピークタイムが終わったらマシンを綺麗にするのもバリスタの仕事です。この間はもう一台のマシンで営業しますよ。

 

午後

午後はミルクのポジションです、バリスタの仕事はドリンクに合わせたミルクスチーム。

味の共有や意見の交換もしつつミルクを作ります。

午後は朝よりもゆったりです。イートインのお客さんが多くラテアートも必要になります。

テイクアウェイの時にはラテアートしませんが、イートインでは確実に求められるバリスタの必須スキルです。ワーホリで仕事しながら教えてもらえるカフェに会えたらめっちゃラッキー!

 

朝に比べ忙しさは落ち着きますが、それでもマシンの上にカップがズラーっと並ぶ時間が続きます。

 

CLOSE

17時にはテイクアウトのみ17時15分にはオーダーストップです。

ここからのバリスタの仕事はマシンのクローズ・清掃です。

この後はお店全体の片付けをして18時には仕事は終了です。

僕の働くカフェは遅くまで営業している方です。オーストラリアでは15時〜16時までの営業時間のところが多い。バリスタとして仕事するなら良い環境ですね。

 

ワーホリで働くバリスタの仕事の流れ 

バリスタの仕事の基本はエスプレッソの味調整、ミルクスチーミングです。

その中で一日通して働いていると常連さんと話したり、新しいコーヒに出会えたりと毎日が新鮮で楽しいですね。

ここで感じる楽しみは日本でバリスタとして働いている時と大きな違いは感じません。

Tatsu
日常に寄りそって、幸せな時間を提供するのがバリスタの仕事の大事な部分だと思います。オーストラリアでもその部分は変わらないなあと感じています。

 

まとめ ワーホリで働くバリスタ仕事の流れ

ワーホリでも人気のあるバリスタの仕事は正直、楽な仕事ではありません。

みんなコーヒーにこだわりを持っているし、作り直しやクレームをもらうこともあります。

それでもバリスタとして働くことには大きなやりがいがありますし、バリスタの技術・英語力も毎日伸ばすことができます!

もしあなたがワーホリでバリスタの仕事を考えているのなら、自信を持ってオススメします。

 

楽な仕事ではありませんがとても楽しさに満ちた仕事です。

ワーホリで仕事するならぜひバリスタとして働きましょう〜٩( ‘ω’ )و

 

▼日本でコーヒーショップを開いているバリスタのストーリー。

熱い想いを抱えた先輩たちの想いに、胸が熱くなります。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:オーストラリアでバリスタになる!『最短ルート』はコレだ!

関連記事:経験者限定!オーストラリアで最速でバリスタ仕事をゲットするための方法。

関連記事:オーストラリアで自分の仕事を手に入れろ!仕事の探し方完全ガイド

スポンサードリンク