オーストラリアで働くバリスタの一日徹底解説!コーヒーショップでの働き方を知りたい人は必見です!

スポンサードリンク

オーストラリアのコーヒーショップでバリスタとして働き始めてから約2ヶ半、シドニーでワーキングホリデー中のTatsuhitoです。

今ではエスプレッソを始めミルクスチーミングやサービスまで一通り任せてもらえるようになりました。

 

僕はこちらに来てからオーストラリアのカフェで働き始めたわけですが、オーストラリアに来てからも

『現地のカフェで働きたい』『バリスタとしてコーヒーを淹れてみたい』

とゆう人にもたくさんお会いしました。

 

でも実際にオーストラリアのカフェでバリスタとして働くとゆうことはどういうことか、イメージが湧かない人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではオーストラリアでバリスタをする時の仕事内容を書いていきたいと思います。

 

※こちらの記事は僕の今現在の勤務内容を書いていますので一つの参考としてお読みください。

 

オーストラリアでコーヒーのプロ、バリスタとして働く

僕がバリスタとして働くお店の概要

今僕が働いているお店はシドニーの中でもCBD(セントラルビジネスディストリクト)と言われる中心街の中にあります。

僕の働いているお店はコーヒー専門でマフィンやクッキーなどのスイーツ類も全く置いていないんです。

扱っているメニューの種類としては

  • エスプレッソドリンク
  • ドリップコーヒー(プアオーバー)
  • アイスコーヒー(水出しコーヒー)
  • 自家焙煎コーヒー豆
  • コーヒー用の抽出器具

コーヒー専門店はオーストラリアの中では珍しいタイプのお店。

 

オーストラリアのカフェでは基本どこでも食事も楽しめるところがほとんど、
ブレックファーストやランチのメニューも豊富にあります。

 

場所も先ほど中心街と書きましたが、その中でもビジネス街とショッピングエリアの間にあるので平日休日問わず毎日混んでいます。お店自体も毎日営業しています。

 

カフェスタッフ、バリスタとしての大まかな仕事内容

カフェでバリスタとして働き始めて2ヶ月半、エスプレッソを入れられるようになってようやくバリスタとして働いているという実感が出て来ました。

 

オーストラリアのカフェでは役割が明確に分かれていることが多く、レジやバリスタをローテーションすることが一般的なようです。

 

ここでは僕の働くお店での大まかなポジションや仕事内容を書いていきます。

 

レジ/オーダーテイク

  • お客さんのオーダーをとる
  • カップにドリンクID、名前を書き込む
  • 支払いを完了させる
  • コーヒー豆販売

 

僕のお店は全員レジでお会計してから席についてもらうので、そのときに席の場所を覚えたり、カスタマイズをカップに書き込んだりするポジション、バリスタをやる前にまずやることになるポジションです。

 

IDってなんだっけ?っていう人にはこちらの記事

オーストラリアでバリスタをするなら覚えておくべきカフェ、コーヒーメニューのID一覧【オーストラリアバリスタ】

2017.10.26

 

バックアップ

  • ドリンクサービス
  • バリスタのバックアップ
  • カップ補充
  • ドリップコーヒー、アイスコーヒー作成

 

バックアップはお客さんへのドリンクサービスから洗い物、バリスタのバックアップとしてコーヒー豆の補充やカップの補充をしています。

メインではないですがいないとお店が成り立たない重要なポジション、アイスコーヒーやドリップコーヒーを作ったりもします。

 

ミルクスチーミング

  • エスプレッソの抽出に合わせたミルクスチーム
  • オーダーごとに合わせたミルクスチーム

 

僕の働いているカフェでは1台のマシンに2人バリスタがついてそれぞれエスプレッソ、ミルクスチームと役割を分けて一緒にコーヒーを作っています。

ミルクスチームをする時はエスプレッソの抽出に合わせたタイミングでミルクを仕上げます。

豆乳やスキムミルクなどの準備も行います。

 

エスプレッソショット

  • オーダーごとに合わせたエスプレッソの抽出
  • ブレンド、シングルオリジン(シングルエステート)の調整
  • 効率よくドリンクを作る手順を考える

 

エスプレッソのポジションではミルクスチームをするバリスタへの指示出しやオーダーごとに合わせたエスプレッソの抽出をします。

忙しい時間にはカップが20-30個並ぶこともあるので、どれだけ効率よくドリンクを作れるか考えるのも重要な役割です。

 

オーストラリアのコーヒーメニューが気になる人にはこちらの記事

オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

2017.10.11

 

オーストラリアでのコーヒーショップ、バリスタとしての仕事の一日の流れ

ここでは実際に僕が働くカフェでのある一日のタイムスケジュールを書いていきます。

僕の働くカフェは午前と午後でポジションが変わり、朝とお昼にエスプレッソのテイスト調整をしています。(エスプレッソマシンは2台あります)

この日は

午前=エスプレッソ:エスプレッソを淹れる、ドリンク作成順の組み立て

午後=ミルクスチーミング:ミルクスチーム、テイクアウトドリンク提供

として働く日のタイムスケジュールです。

 

OPEN前

OPEN前にはエスプレッソの調整、ブレンドコーヒーはスチームミルクと合わせてフラットホワイトにして、シングルオリジンはエスプレッソとして味を調整しています。

テイストについてはマネージャーと試飲しながら調整していき朝のテストを決定していきます。

時間はOPEN前の30分ほど。

 

このエスプレッソのテイスト調整はバリスタとしての基本なのでどこのカフェでも求められるスキルです。

営業中ももちろん味や抽出の変化には気を配っています。

 

午前〜昼休憩

OPEN後はビジネスエリアから常連のお客さんが多くお店に来ます。

ピークタイムは8時半から10時半くらい。

エスプレッソポジションではひたすらエスプレッソを淹れながら、効率よくドリンクを作れる順番を考えてミルクスチーミングポジションのバリスタとドリンクを作っていきます。

この時間はテイクアウェイのオーダーがメイン!

 

他のカフェでは朝は満席のところも多く、ブレックファーストを食べながら話しているビジネスマンをよく見かけます、忙しさやイートイン、テイクアウェイの比率はカフェによっても変わってきそうです。 

ピークの時間が終わったら一度エスプレッソマシンを完全にクリーンにします。

 

午後

午後はミルクスチーミングのポジション、ドリンクに合わせたミルク作成。

エスプレッソポジションのバリスタはお昼の時間にテイスト調整をしていています、なので朝のコーヒーの味とは変わっていることもあり、その味の共有や意見の交換もしながらドリンクを作っていきます。

午後の時間帯は朝に比べてイートインのお客さんが多く、ミルクスチームのポジションではラテアートをすることも多くなって来ます。

 

オーストラリアのカフェではテイクアウェイの時にはラテアートはほぼしませんが、イートインの時はほぼ確実に求められる必須スキルです。
とはいえ、働きながら教えてくれるカフェもあるみたいですね。(友人談) 

 

朝に比べ忙しさは落ち着きますが、それでもマシンの上にカップがズラーっと並ぶ時間が続きます。

 

CLOSE

17時にはテイクアウトオーダーのみ17時15分にはオーダーストップ。

そこからマシンのクローズ作業や清掃をして18時にはシフト終了、お疲れ様でしたー。

 

コーヒーショップ、バリスタとしての仕事の一日の流れ

バリスタとして働く上では欠かせない、エスプレッソのテイスト調整、ミルクの温度、クオリティの維持などやることは一日通して膨大で毎日ヘトヘトになって家に帰って来ます。

それでも一日通して働いていると常連さんと話したり、新しいコーヒに出会えたりと毎日が新鮮で楽しいですね。

 

オーストラリアのバリスタ仕事のまとめ

オーストラリアのバリスタの仕事は正直楽な仕事ではありません、オージーの人たちはみんなコーヒにこだわりを持っているし、作り直しをすることやクレームをもらうこともよくあります。

それでもバリスタとして働くことにはそれよりも大きなやりがいがありますし、英語力に関しても大きく伸ばすことができると思います!!

 

この記事が読んでくれているあなたの何かしらの参考になれば幸いです。

 

バリスタとしてオーストラリアで働きたい人は行動推奨、レジュメ配りとGumtree一緒に使うのがオススメ!

レジュメ配りの英語徹底解説、オーストラリアでカフェ仕事探しをする人は必見です!

2017.10.09

オーストラリア、カフェでの仕事探しに使えるGumtreeとは!?現地ローカルの仕事探しには併用が激おすすめです!

2017.11.10
スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です