オーストラリアでバリスタになるために欠かせない5つのこと!

スポンサードリンク
 
「コーヒーで相手の1日をハッピーにする」
 
 
”BariTra”をお読みいただきありがとうございます。Tatsuです。
 
 
1日の始まりに飲むコーヒーでその日1日を幸せにすることができる。
 
オーストラリアに来て。カフェで働いて。毎日のようにコーヒーを飲み続けて感じていることです。
 
 
自分の作るコーヒーで相手の1日をハッピーにすることができたらめっちゃ楽しくないですか?
 
 
今回の記事ではオーストラリアでコーヒーを作る人、バリスタになるために欠かせない5つのことをシェアしていきたいと思います。
 
 
強めに意見を主張しているところもありますが、正直オーストラリアで求められるバリスタのレベルは高いのでその視点から書いています。
 
オーストラリアでコーヒーを入れるプロ、バリスタになって相手の1日の始まりをハッピーにしちゃいましょう!
 
 

オーストラリアでバリスタとして働くために欠かせない5つのこと

 
オーストラリアでバリスタとして働くにはコーヒーに関しての知識や技術からオーストラリア特有のコーヒーの知識まで幅広い知識が必要になります。それに加えてピークタイム時のオーダーの組み立て「オーガナイゼーションスキル」やコミュニーケーションのための英語までやることや必要になることも色々。
 
 
今回書いていくオーストラリアのバリスタに欠かせない5つのことは下記↓
 
 
  1. 「エスプレッソの知識」基本的な用語からトラブルシューティングまで
  2. 「オーストラリアのコーヒーの種類について」
  3. 「ミルクスチームの技術」フラットホワイトからカプチーノまで
  4. 「オーダーの組み立て方」オーガナイゼーションスキル
  5. 「イングリッシュスキル」英語力
 
 
ではそれぞれ詳しく書いていきます。
 
 
 

オーストラリアのバリスタに欠かせないこと1つ目!
「エスプレッソの知識」基本的な用語からトラブルシューティングまで

 
オーストラリアでバリスタになるために欠かせないポイント1つ目は「エスプレッソについての知識」
 
知識といっても「エスプレッソはイタリア発祥で〜ブラブラブラ…」とゆうような知識ではありませんよ。あくまで実際にカフェで働く上で直接必要になるエスプレッソの抽出やコーヒーの味の作り方についての知識です。
 
 
基本的なところで
 
  • ドーシング(フィルターにコーヒーを詰める)
  • タンピング(コーヒー豆に圧力をかけて硬くパックする)
  • 抽出(マシンにフィルターをセットしコーヒーを抽出する)
 
といった技術があります。
ここであげた動作は毎回「どうしよう」「こうしてみよう」と考えながらやるようなことではなく、無意識に落とし込んで考えなくてもできるようにしなければいけないレベルのもの。基礎中の基礎といった類のものですね。
 
こういった基礎は当然のものとしてより美味しいコーヒーを抽出するために
 
  • コーヒーのメッシュ調整
  • 抽出量を決める
  • 定期的なクリーニング(バックフラッシュといいます)
 
こういったスキルも必要です。
他にもマシン周りを綺麗に保ちながら働くこともバリスタとして働くには必須のことですね!
 
 
エスプレッソの基礎の部分に関してはこちらの記事で詳しく書いています↓
 
 
 
 

オーストラリアのバリスタに欠かせないこと2つ目!
「オーストラリアのコーヒーの種類について覚える」

 
オーストラリアでバリスタになるのに欠かせないこと2つ目は「オーストラリアのコーヒーの種類について」知ること。
 
ラテやカプチーノと日本でおなじみのメニューももちろんですが他にはフラットホワイトやロングブラックなど聞き馴染みのないメニューも多くあります。同じエスプレッソから作られるコーヒーメニューでもこれだけバリエーションがあり毎回必要になるミルクの質やフォームミルク(フロス)の量も調整する必要があります。
 
 
オーストラリアのコーヒーの種類については以前書いたこちらの記事で詳しくまとめていますのでお時間あればご一緒に見てみてください↓
 
 
 
 
 

オーストラリアのバリスタに欠かせないこと3つ目!
「ミルクスチームの技術」フラットホワイトからカプチーノまで

オーストラリアでバリスタになるのに欠かせないこと3つ目は「ミルクスチームの技術」です。
 
2番目のポイントにて書いた通りオーストラリアにはミルクを使ったコーヒーの種類が多くスチームをする際に作り分けをする必要があります。おおよそフラットホワイトで出来上がりのフロスの量が0.5mm ラテ⇨1mm カプチーノ⇨1.5mmほどの量のフロスが必要になります。
 
 
「ミルクといえばラテアートができなければいけないんじゃ」
 
 
と考える人も多いと思いますが、オーストラリアではテイクアウェイが主流です。なのでラテアートに関しては左右対称のハートが作れるレベルがあればひとまずはオーケーです。(とゆうか綺麗なハートができれば他の基礎的なものはすぐに出来る様になりますよ)
 
 
他には
  • ミルク自体のクオリティ
    ミルクのキメの細かさやツヤ、口当たり、フロスの量
  • 温度の正確さ
    適正温度58°から65°でお店による、この温度帯に収めて毎回同じ温度帯をキープできること
  • 大きなピッチャーを使った際に2杯分のミルクの注ぎわけ
    多量のミルクを同時にスチームしてどう注ぎ分けるかもとても重要なスキル
 
ソイミルクやスキムミルクを使う機会も多いですがそちらは働き始めてからでも十分間に合います。
 
 
 
ミルクに関しては
 
  • クオリティ
  • 温度
  • まとめてスチームする際の正確な注ぎわけ
 
が求められる大きなポイントです。
 
 
 
 
 

オーストラリアでバリスタになるために欠かせないことの4つ目
「オーダーの組み立て方」オーガナイゼーションスキル

オーストラリアでバリスタになるために欠かせないことの4つ目は「オーダーの組み方、オーガナイゼーションスキル」です。
 
オーストラリアのカフェでは朝の時間は特にカップがマシンの上ににずらっと並んだ状態が一時間以上も続きます。
 
この時間に一杯一杯コーヒーを淹れていては、お客さんの手にコーヒーが渡るときには10分以上も経っていたなんてことにもなりかねません。
 
このオーダーの組み立てを行うことで効率よく時間をやりくりし、可能な限り早くお客さんにコーヒーを提供することにつながります。
 
 
具体的には
 
  • 2つのカップのミルクを同時にスチームする
  • エスプレッソショットをまとめて抽出して効率よく組み立てる
  • ブラックコーヒーとミルクドリンクが一緒のタイミングで提供できるように組み立てる。
 
といったことが必要になります。
 
オーガナイゼーションはまだ記事にしていませんが今後1記事使って詳しく書いた記事を用意する予定でいます。
 
 
 

オーストラリアでバリスタになるために欠かせないこと5つ目!
「イングリッシュスキル」英語力 

最後にバリスタになるために欠かせないことは「イングリッシュスキル」です。
 
オーストラリアでバリスタをするなら最低限相手の言ったことを汲み取れる英語力は必ず必要。
 
 
「英語初心者でオーストラリアでバリスタになる」
 
 
そんな幸運を手に入れられる人ももちろんいます、でもあくまで少数派と思った方が良いです。
 
 
お客さんからのオーダーはもちろん、忙しい時間の会話は特に聞き直している時間もなかなかありません。
 
 
英語に関しては語学学校でいう「中上級」のクラス以上でないと難しいです。何より一緒に働く上で仲間とコミュニーケーションが取れないのが一番辛いし、オーストラリアでバリスタをしている人が口を揃えて「英語の勉強は必須」とゆう意見にはとても共感します。
 
 
僕もシドニーのローカルカフェで働いていて英語力のなさから悔しい思いを何度もしました。
 
 
もし自分の英語力が足りない、全然話せない。とゆうのであれば語学学校に行くとゆう選択肢も必要かと思います。
 
僕は行っていませんがバリスタスキルを学びながら英語も学べる夢のような学校もあるとのこと。
 
オーストラリアに来てからバリスタをしたいけど経験も英語もまだまだ。とゆう人は一度検討して見てはいかがでしょうか?
 
 
 
 

オーストラリアでバリスタになるのに欠かせない5つのこと まとめ

 
改めて今回の記事であげた5つのことをあげてみます。
 
 
  1. 「エスプレッソの知識」基本的な用語からトラブルシューティングまで
  2. 「オーストラリアのコーヒーの種類について」
  3. 「ミルクスチームの技術」フラットホワイトからカプチーノまで
  4. 「オーダーの組み立て方」オーガナイゼーションスキル
  5. 「イングリッシュスキル」英語力
 
端的に言ってもこの5つは必須のスキルです。
 
オーストラリアのバリスタは日本で働く環境とは全くと行っていいほど違います。
 
ですが日本で学べる基礎的なバリスタスキルや英語の勉強環境としては僕は世界でもトップレベルだと思います。
 
今からオーストラリアに行きたいけどまだ時間があるとゆう人はぜひ
 
  • 日本内のカフェで働く
  • オンラインでの英会話
  • ブログやYouTubeからの情報収集

などできることからやってみてくださいね。

 

「オーストラリアにいるけどバリスタとして働いてみたい」

「これがわからない。これがもっと知りたい。もっと具体的に!」
 
 
とゆうことがあれば直接twitterからメッセージください。それでは!
スポンサードリンク