シドニーCBD Collegeでバリスタ資格取得!!バリスタ学校へ行くのはオススメか!?

こんにちは、シドニーのカフェでバリスタをしているTatsuです。

 

オーストラリアはカフェの街、その中でもシドニーとメルボルンはカフェ業界でも特に有名なお店も多いバリスタのメッカです。

カフェでバリスタとして働きたい!という人にとって学校に通って資格を取ったほうがいいのか?

というのは一つの大きな悩みではないでしょうか。

  • 日本とオーストラリアのカフェとの違いを知りたい
  • バリスタの本場で基礎からバリスタスキルを学校で学びたい
  • 英語でコーヒーやバリスタについて学校でしっかりと学んでみたい

オーストラリアでバリスタをしてみたい人は一度はこんなこと考えたことがありませんか?

結論から言うとオーストラリアでバリスタの学校に通うのは大いにアリだと思います!

 

※あなたがもしすでにバリスタとして経験があるのなら「経験者限定!オーストラリアで最速でバリスタ仕事をゲットするための方法。」もみてみるとお役に立ちかもしれません。

 

バリスタの資格を学校で取得、僕が通った一日コースの内容は?

シドニーにはいくつかのバリスタスクールがありました。

その中から僕が選んだ学校はシドニーのシティにある『CBDCollege』です。

この学校にはいくつかのコースがありました。そして僕が受講したのは3時間の一番短いコース

学校に行くことで普段触り慣れないエスプレッソマシンに触るだけでも、これからカフェで働きたい人には大きなアドバンテージになります。

 

最短の3時間コースでもバリスタの基礎である

  • エスプレッソマシンの使い方
  • グラインダーの使用方法
  • エスプレッソマシンの片付け方
  • 衛生面での注意点

と盛りだくさんで学ぶことができてとても充実した時間でした。

 

バリスタの学校 in sydney 授業のカリキュラム構成

僕の通った『CBD College』は先ほども書いた通りしっかりと技術学ぶことができます。

カリキュラム構成はバリスタの基礎知識から一日のカフェでの作業を想定したものです。

3時間のコースで1から10までのバリスタ業務が学べるのはこのカリキュラムの強みではないでしょうか?

以下の順に3時間みっちりと使って学ぶことができました。

  1. 衛生についての基礎知識
  2. コーヒーのメニューとその作り方
  3. エスプレッソの抽出方法とその調整
  4. ミルクのスチーミングとラテアート
  5. カフェでの注文を想定したロールプレイング
  6. エスプレッソマシンの片付け

 

 

衛生は愛想のいいオージーのおっちゃん先生が、プロジェクターを使いながら口頭で教えてくれました。

もちろん授業は全部英語ですけど訛りはあまりなかったです。

これだけのことが学べるのは学校に行く大きなメリット、働き始めてからだとなかなか教えてもらうことは難しいですからね。

 

バリスタの学校で肝心のエスプレッソ、ミルクスチーム、ラテアートは?

衛生のレッスン後は実際にマシンを使いながらの実践授業です。

先生は5人に一人の割り当てで、一台のマシンに生徒が二人です。

オーストラリアのコーヒーメニューを口頭で説明の後、実際に一人ずつ順に淹れていきます。

一人ずつなので緊張するのは仕方がない。とにかく楽しむ姿勢で行くのがいいと思いますよ! 

 

エスプレッソの淹れ方からミルクスチームまで行い、一人約10杯のコーヒーを淹れました。

その後には、実際にカフェオーダーを想定したロールプレイングを行います。

先生のオーダーは普通のものからカスタマイズをしたものまで多種多様でした。

やっているときは『なんだよ、意地悪な注文だな』と思ったことを覚えています。

実際にカフェで働き始めてから感じるのですが、お客さんは本当に自分好みのカスタマイズオーダーが多い。学校でやっておいてよかったと思います。 

 

僕はこのロールプレイングを行なったことで実際にカフェで働くことが具体的にイメージできました。

実際に働くとこの数倍のオーダーをこなすことになりますが、それを体感できただけでもよかったと思います。

ロールプレイングの後には説明を聞きながら実際にマシンの片付けを学んでコースは終了です。

 

結論!オーストラリアでバリスタの学校は行くべきか、行かないべきか?

僕が実際に通ったコースは3時間の短いコースでした。

それでも

  • バリスタに必要なスキルを一通り学べる
  • バリスタのサーティフィケート(修了書)ももらえる

ので僕は学校には行ってよかったと思っています。(サーティフィケートはレジュメにも載せることができます)

 

ですがこの3時間のコースで基礎的なバリスタの技術が全て身につくかと言われると?マークがつくことは否めません。

1からバリスタスキルを鍛えてオーストラリアで働きたいという人もいると思いますが。

そういう目的ならば、英語を学びながらバリスタスキルも学べる学校に3−5週間の長期で通ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

最終的な結論としては

  • バリスタとしての経験がある人は一日コースでも充分
  • 全くの未経験とゆう人は長期の学校に通ったほうがいい

もちろん一個人の意見ですので今後の参考にしていただければ、オーストラリアでのカフェでの成功を願っています。

 

▼僕が行った一日バリスタコースの学校は『CBD College』です。

▼僕の受けた3時間コースはこちらです。

Barista Training – unaccredited 3hrs $75.00

We teach you how to use a coffee machine from scratch. With no prior experience, you will leave knowing how to:

  • Froth milk
  • Make espresso
  • Make all of the coffees that you would find in a café
  • Clean and maintain the coffee machine

 

 

▼バリスタ基礎のコーヒー知識をつけるならこの本が僕のオススメです。

 

 

▼オーストラリアでバリスタを目指す人に関連した記事はこちらから

オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

2017.10.11

オーストラリアのカフェで働く前に覚えたい!オーダーの取り方とコーヒーレター

2017.10.26

ワーホリで働けるバリスタの仕事とは!?ある一日を徹底解説!

2018.01.14

日本とオーストラリアのカフェでの違いって!?オーストラリアでバリスタとして働く時に知っておきたいポイントとは!?

2018.03.04

 

スポンサードリンク