ワーホリの携帯選びで悩む必要ナシ!?オーストラリアの携帯事情!

オーストラリアのワーホリには携帯が必要だけど、どこのキャリアがいいんだろう?

日本みたいに大手のところや格安のところもあるのかな?全然わからない、助けてください。

 

こんにちは。ワーホリ経験者のTatsuです。

ワーホリでは、日本に住んでいるとき以上に携帯を使います。

到着してから滞在予定の街まで移動するとき、少しくつろぎたいときに良さげなカフェを探すとき。

そんなときに、パソコンを引っぱり出してグーグルを開いて、「オッケーグーグル…」なんてする人はいないでしょう。

Tatsu

日本で過ごすとき同様に、いえもしくはそれ以上に海外生活では携帯電話は欠かせません

 

携帯が生活の必需品であるのは、ワーホリに来て海外で生活するときにも変わりありません。

しかし一方で、「オーストラリアの携帯キャリアにどんなものがあるのかな?」と考えてはいないでしょうか?

オーストラリアには、日本でいうauなどの大手キャリアや最近流行りの格安キャリアもあります。

3代キャリア?格安キャリア?

Tatsu

3代キャリアは日本でいうSoftBankにau、そしてdocomoだね。格安キャリアは楽天モバイルやLINEモバイルなどだよ。

 

ワーホリ滞在中にはどの携帯キャリアが一番快適に使いやすいのでしょうか?

ちなみに僕が選んだのは大手携帯キャリアのひとつであるオプタスです。

僕がオプタスを選んだ理由も本編で解説しています。

今回の記事ではワーホリでも必須になる携帯キャリアについて、紹介していきます。

 

オーストラリアの3代携帯キャリアって何?

オーストラリアにも日本でいう3代大手キャリア(SoftBank、au、docomo)のように、有名な携帯キャリアがあります。

以上の3つがオーストリアの大手3代携帯キャリアといわれています。

 

この大手携帯キャリアのなかでも、最大手はテルストラです。

とくに、都市部のシドニーやメルボルンではテルストラのイニシャルであるTをよく目にします。

これはテルストラが街中ではWi-Fiスポットを多く用意していることも関係しているのでしょう。

Tatsu

テルストラはもともと国営の携帯キャリアで、オーストラリア在住者の中では一番のシェア率があるそうです!

 

2つめのオプタスは緑に黄色の文字のPOPな看板が目印です。

オプタスはオーストリアの若者層やワーホリなどの短期滞在の人たちに人気の携帯キャリア。

僕がワーホリ中に契約したのもオプタスです。その詳しい理由は後ほど紹介していきます。

 

3つめのボーダフォンは日本でもソフトバンクに買収されるまで大手キャリアのひとつでした。

ボーダフォンはもともとオセアニアが発祥地だそうです。

ボーダフォンは大手のひとつですが僕の周りでボーダフォンを選んでいる人はいませんでした。

テルストラやオプタスに比べると露出は控えめな印象です。

Tatsu

僕も昔はボーダフォンユーザーでした。赤丸のロゴが印象的です。

 

以上の3つの会社が、オーストリアの大手携帯キャリアです。

ワーホリに行く人のなかでも携帯キャリアの候補に上がるのはこれらの会社がほとんどでしょう。

オーストラリアの大手キャリアはこの3つですか。結局どれを選ぶのがいいんだろう…

Tatsu

僕が選んだのはオプタスだけど、控えめにいっても僕はオプタスが一番だと思う。僕がオプタスを選んだ理由は次の章で解説していくよ。

 

オーストリアの携帯キャリアならオプタス

参照:Optus

 

オーストリアの3代大手携帯キャリアのなかから選ぶとしたら、どの携帯キャリアが一番いいのでしょうか?

前章でも述べましたが、僕が選んだのはオプタスです。

その理由は手軽な料金で使えて、かつ必要充分なパケット通信量が使えるからです。

 

たとえば僕の契約していたオプタスのプランは以下のようなものです。

一ヶ月にかける携帯料金として、約30ドルはワーホリに行く人のなかでも最も一般的な金額に近いでしょう。

金額:30ドル
期間:28日
パケット通信:3GB
特典:
オプタス同士の通話料無料
オプタス同士のメッセージ無料
スポティファイなどのストリーミング音楽サービスの料金が無料

Tatsu

オプタスはアプリでデータ残量も確認できるし、使い勝手も抜群でした。

 

テルストラはオプタスと同じ金額で3GBですか、半分の1.5GBはNight Timeの夜8時〜朝8時までしか使うことができませんでした。

テルストラとボーダフォンをオプタスと比べると、オプタスが最も優れたサービスを提供してくれています。

そのうえ、オプタスにはスポティファイなどのストリーミング音楽サービスが通信料無料で使える特典がついています。

 

オプタスはストリーミングで音楽が聴き放題

僕の契約していたオプタスの30ドルのプランでは、インターネットを使った音楽が聴き放題になる特典がついています。

これは対象の音楽サービスにかかるパケット通信料が無料になるというものです。

僕がワーホリ中に使っていたのはSpotifyでしたが、いつでもどこでも使用量を気にせずに音楽が聴けるのはかなり嬉しい特典でした。

Tatsu

オーストラリアでは公園に行ったりフェリーに乗ったりしてのんびりする時間が多かったので、そのときに音楽が無料で聴けるのはずいぶん助かりましたよ。

 

僕がオーストラリアの携帯キャリアのなかからオプタスを選んだのはこれらのことが理由です。

もう一度オーストラリアに行くとしてもまたオプタスを契約すると思います。

オプタスの詳細を知りたい方は以下のリンクから公式サイトに飛べますよ。(公式サイトは英語です)

>>optus公式ホームページへ

 

ワーホリで格安携帯キャリアを選びたい方は

オーストラリアには日本同様に格安で利用できる携帯キャリアもいくつかあります。

「ワーホリでは携帯代をできる限り抑えたい!がっつり格安携帯キャリアのことを知りたいわ!」

という方は、以下のウェブサイトの記事を参考にしてみてください。(格安携帯キャリアは記事の後半で詳しく紹介されています。)

>>【オーストラリア在住者が携帯会社を徹底比較】SIMカードは絶対この通信キャリアがおすすめ!格安プリペイド情報も!

 

オーストラリアのワーホリで選ぶ携帯キャリアはオプタス!

オーストラリアの3代大手携帯キャリアであるテルストラ、オプタス、ボーダフォン。

その中でも僕がオススメしたいのはオプタスでした。

一ヶ月30ドルで3GBのパケット通信料、通信量が無料で使える音楽配信サービス!

オプタスはワーホリで使ってる人が最も多いキャリアなので、オプタス同士なら通話料、メッセージが無料なのもめちゃめちゃ使えるサービスです。

 

一方で、一ヶ月の携帯代30ドルが高い!という方は格安契約するとを検討してみるのも良いでしょう。

携帯代は毎月かかるので少しの金額の違いでも一年ぶんなら大きな金額になる事もあります。

Tatsu

安心信頼の大手キャリアか、節約できる格安携帯キャリアか…僕は安心と信頼を選びました!

 

ちなみに、今回紹介したプランはSIMカードのみの値段です。

携帯の端末本体は日本からSIMフリーのものを持っていってくださいね。

古い型のアイフォンなら約1万円で買えるので、海外用に購入していくのもアリですよ!

 

▼Apple iPhone 5s SIM フリー

 

今回の記事があなたのためにお役に立てば幸いです。それでは。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:ワーホリの海外保険は「転ばぬ先の杖」コスパで選ぶ海外保険!

関連記事:ワーホリでよく聞くスーパーアニュエーションて何!?ゼロから解説します!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。