オーストラリアに来てからの英語の勉強はどんな感じ?今お勧めできる厳選英語勉強本3選!!

スポンサードリンク

こんにちは、オーストラリアのシドニーでワーキングホリデー中のTatsuhitoです。

 

こちらに来てからただ単純に毎日英語を話していたとしても、英語は自分で勉強もしないと伸びないなあと実感しています。

僕もそうでしたが、英語圏の国に行って毎日英語に触れていれば自然に英語力はアップするっていう淡い期待、持っていないですか?

事実こちらで何年も暮らしている人でも英語力は今の僕と変わらないとゆう人もいる一方で、ネイティブとほとんど変わらない発音やスピードで話している人もいます、そういう人に話を聞くと十中八九、自分で勉強を続けているんですよね。(耳が痛いですが)

なにを隠そう僕もローカルのカフェでバリスタとして完全英語環境の中で働きながら、(なんとか)毎日英語の勉強も続けています。そうしていても毎日力不足は実感するんですよね。

とゆうわけで今回は、オーストラリアに来てからも英語を勉強するのにお勧めできる本を3冊厳選してお伝えしたいと思います。語学は毎日の継続が大事ですよー。

 

オーストラリアに来てからの勉強にもお勧めできる英語勉強本3選

実際にオーストラリアの英語に触れて感じたのはオージーアクセントは本当に強い!

僕らが今まで学んだ英語がアメリカ英語に加えて(オーストラリアはブリティッシュイングリッシュ)訛りも強いとなると最初は本当に戸惑いました。

 

ですがやっぱりベースになっている基本の部分は変わらないんですよね、日本でやってきた勉強が役に立たない、なんてことは全くありません。

オーストラリアに来てからもぜひ英語の勉強、続けましょう。

そこで今回お勧めする厳選した英語勉強本3冊はこちら

  1. Duo3.0
  2. 英会話日常表現10000+
  3. English Grammar in Use e-book

の3冊です。

 

単語、文法、イディオムに最強にお勧め!Duo3.0!!

まず一番僕が使い倒している本は定番ですがDuo3.0(以下Duo)

Duoのすごいなと思うところは、毎日何かしら学んだ新しい表現に出くわすことです。

話したことのない会話内容の中でもほぼ毎回Duoで聞いた表現に出くわすんですよね、それくらいDuoの内容は実践的ってことです。

Duoは1セクション=1分くらいの内容で、単語、イディオムが1センテンスにまとめられていてフレーズで覚えられることが最大の強み、単語帳で覚える単語ってそれ単体で使うことってほぼないんですよね、やっぱり何かしら文の中の1つのパーツとして使うことが圧倒的に多いです。

例えば

“Bob.don’t disturb her. Mind your own business” he whispered
 『ボブ、彼女の邪魔をするなよ、ちょっかいを出すなよ、と彼は小声で言った』

この文の中からdisturb, whisper”などの動詞やMind your own business”などのイディオムが学べます。

と言った感じで1文に単語やイディオムがちりばめられていてなおかつ、場面がイメージしやすく単語やイディオムをイメージとして覚えやすい。

僕は毎日朝晩Duoの確認は欠かさずやっています。特にシャドーイング(文を聞いたすぐ後に同じ文を声に出して真似ること)をするとその日一日スムーズに英会話に入りやすくなっているのを実感します。

リスニングには別売りCDも必須です。

 

基本的な英語表現を頭に覚え込ませるのならアルクの日常会話表現10000+!!

最初に紹介したDuoが単語やイディオム、結構難しい表現も盛り込んであるのに対し、アルクの日常会話表現10000はその題名通り、日常的に使う表現が10000個以上も学べます。

この本の良いと思うところは日本語では一つの表現に対して複数の表現が書かれていること。

この表現、使ってみたいけど自分には難しいなって表現に出くわすことありませんか?そんな時にでも日常会話表現なでら全く新しい表現を学ぶこともできるんです。

例えばこんな表現

  • can we put this off till later
    次の機会にしませんか?

ちょっと日常的に使うには長いし難しいと思いませんか、でもこの本なら同じ表現でもより簡単なこんな表現を学ぶこともできるんです。

  • maybe next time 
  • I’ll pass this time 
  • We’ll do it next time
     次の機会にしませんか?

と、一つの表現に対して違う言い回しを学ぶことができるので、より自分にあった表現を選んで学ぶことができるんです。

 

ただ一つだけ短所をあげるなら、10000個の表現が多すぎて何周も読み込むのに時間がかかりすぎること、とは言えとても実践的で覚えれば使える表現ばかりなのでボロボロになるまで読み込むのがオススメです。

僕はCDは持っていませんが別売りで購入することもできそうです。

僕はこれを毎日1時間くらい音読して使ってます。

 

文法の勉強、復習にはケンブリッジのEnglish Grammer in use!

改めて文法を学びたいと考えている人にはケンブリッジのGrammer in use、この本の良いところはまずe-bookというパソコンでほんと同じ内容が学べるようになっていることです。

文法の本て基本かさばることが多いので少しでも荷物を軽くしたいて人にはとても便利!

説明から練習問題まで全て英語で英語への抵抗感をなくしたいっていう人にも良いと思います、文法の知識も中級くらいの現在完了形などの完全に分かっているか自信のないところから始まるので基礎の復習にも、またTOEICの対策勉強にも使えるみたいですね。

amazonのベストセラーランキングでも常に上位にあるのも納得の内容。僕は毎日1セクションは行うようにしています。

 

英語の勉強にオススメの厳選本3冊まとめ

改めて3冊羅列して書いてみましたが、3冊とも今の所とても役にたつ内容でこれ以外の勉強は今のところしていません。

それでも十分に時上達を実感するし今後もこのまま勉強を続けて行こうと思っています。

  1. Duo3.0
  2. 英会話日常表現10000+
  3. English Grammar in Use e-book

それぞれをボロボロになるまで使い倒せば上達がきっと実感できるはずです、ポイントは一度決めたら他に目を移さないこと、本は何より重要なエッセンスを吸収できるまで続けることが勉強のコツです。

 

オーストラリアの生活がより充実するように英語も頑張りましょう!では。

スポンサードリンク