ワーホリの海外保険は「転ばぬ先の杖」コスパで選ぶ海外保険!

オースラリアのワーホリで海外保険は必要?

ワーホリで高い保険に入る必要ってあるのかな?

 

こんにちは。シドニーで2回病院にお世話になりました、Tatsuです。

断言します。海外保険はワーホリには絶対必要です。

なぜなら、海外の医療費は日本に比べて高額だから。無保険の場合、下手すると数百万円の負担をすることになる可能性も….。

海外保険は確かに費用はかかりますが、無保険でワーホリで行くのは、本当にやめたほうがいいです。

Tatsu

海外保険に入らずに行くと、少しの体調不良でもヒヤヒヤしてしまいます。精神衛生上も本当によくありません…

 

この記事では海外保険の重要性と、僕が実際に加入していた格安の海外保険についてご紹介していきます。

 

 

ワーホリに海外保険は絶対必要です

オーストラリアの医療費は日本の1.5倍といわれています。

これはもちろん、日本の10割負担の医療費に対して1.5倍です。(保険に入っていれば通常支払っている医療費は全体の3割)

えー、オーストラリアは日本よりも医療費が高いんですか!?しかも1.5倍なんて…

Tatsu

そうだよ、だからオーストラリアに行く際には必ず海外保険に入った方がいいね。

 

たとえば、病気で入院したときの個室の費用は、1泊で約8万円です。

高額の医療費を自己負担することにならないためにも、ワーホリ中の海外保険への加入は必須でしょう。

 

ワーホリの海外保険は「転ばぬ先の杖」

海外保険はいわゆる「転ばぬ先の杖」だよね。転んでからじゃ一大事なのでその前から周到に準備しておくことが大事です。海外で保険がないことがすでに病気になる原因になりかねない。

 

上記のツイートで述べたとおりですが、僕は海外保険のことを「転ばぬ先の杖」だと思ってます。

Tatsu

要は、転ぶ前に杖を用意しておくべきってことです、転んでから杖を用意しても手遅れになってしまいます。

なにごとも起こるときは突然だし、用心に越したことはありませんからね。

 

たしかに、海外保険にかかる費用は安いとはいえません

海外保険の費用は、ワーホリでかかるお金のうち一番大きな買い物であるかもしれないくらいです。

ですが、海外の生活中には、突然の体調不良や怪我をすることだってあります。

そんなときに、海外保険に入っていないにはお金もかかるうえに、心細くも感じるものです。

たしかに、病気の時って妙に心細かったりしますよね….

Tatsu

そうそう、そんなときにお金の心配もしていたらますます体調不良になってしまうかもしれないしね。

 

ワーホリは海外保険でケチると後悔する

ここまではワーホリ中の海外保険の重要性を語ってきましたが、実は僕にもワーホリ中に無保険の期間がありました。

それは、僕が兄の結婚式への出席のために日本に一時帰国したあとの再入国〜帰国するまでの3ヶ月間です。

一時帰国のあとから無保険ですごしていたんですか?

Tatsu

うん、恥ずかしながら、そうなんだ。

今思えばとても危険なことをしていたなあと感じるよ。

 

僕がワーホリ中に入っていた保険は、NZ(ニュージーランド)の海外保険で「ユニケア」という保険。

後ほどご紹介しますが、ユニケアは保険料が安くて保証も悪くないので、僕がワーホリにオススメする保険です。

しかし、このユニケアには「日本に帰国すると保険がキャンセルされる」という規約がありました。

一時帰国でキャンセルっていうことは…

Tatsu

そう、僕が結婚式で日本に一時帰国したときに保険はキャンセルされてしまったんだ(T ^ T)

 

僕はその後、オーストラリアに再入国した3月から6月までの期間を無保険ですごしました。

その期間の間には病院にかかることもあったんです。

ですが、そのときは運よくクレジットカードの付帯保険が使えたのでなんとかなりました。

Tatsu

クレジットカードには本当に感謝でしたが、これは完全に結果オーライでしたね。

クレジットカードの付帯保険とは、海外旅行保険中の、病気やケガの補償をしてくれるものです。ですがその補償期間は数ヶ月のものがほとんどなので、ワーホリ中の期間を全部カバーするのは難しいです。

 

海外保険に入ってないと、ちょっとした自分の体調不良にすごく敏感になるんですよね。

たとえば鼻つまりや、喉が痛いなどの軽い症状でも「もしかしたら..」と心配してししまいます。

無保険の間は、自分の体調不良が気になることがストレスになるレベルでした。

Tatsu

当時は再加入するときの金額を支払うのがもったいない….と感じていたんです。

ですが病院に行くときになって、「やはり入っておいた方が安心できるな」と、切実に感じました….

 

以上のように、僕は実際に海外保険に無加入の時に感じる不安や心配も経験しました。

その経験を踏まえても、海外保険は必須だと感じています。

では、海外保険に加入するとして、実際にはどんな保険が良いのでしょうか?

 

ワーホリの海外保険にはコスパの良い「ユニケア」

僕が、ワーホリにオススメする海外保険はニュージーランドのユニケアです。

なんといってもユニケアは、保険への加入費用が圧倒的に安い!

日本の一般的な保険に比べると、一年間の保険料は半分以下です。

参照:ウイングオセアニア (※写真のレートはニュージーランドドルです

 

僕がユニケアに加入した2017年当時では加入費用は約8万円

今現在(2018年8月)のレートで計算すると、約7万円で1年分の海外保険が契約できます。

これがもし、日本の海外保険に加入するとその保険料は15-25万円くらいが相場です。

保険料が半分以下って、ユニケアのコスパは抜群ですね!

Tatsu

うん、ユニケアの保険費用は圧倒的に安くて、コスパでいえば断然いいよ。

 

ユニケアは保証内容もバッチリ!

保険への加入費用が安いいいけど、そのぶんユニケアの保証内容が心配なんですけど

Tatsu

大丈夫!確かに保険への加入費用は激安だけど、保証内容も充実しているよ。

 

海外保険は病気やケガなどの医療費が保証されるのが一番重要

他には携行品の保証とかがあれば十分です。

ユニケアは医療費は無制限で保証してくれますし、携行品の保証も付いています。

参照:ウイングオセアニア (※写真のレートはオーストリアドルです)

 

ユニケアの医療費負担が無制限なことを考えたら、コスパは最高じゃないでしょうか?

ユニケアのコスパは抜群ですね。海外保険はユニケアに決まりじゃないですか!?

Tatsu

そうだね、ユニケアはめちゃくちゃ良い保険だと思うよ!

でも一方で、ユニケアにはデメリットもあるよ。

 

海外保険、ユニケアのデメリット

ユニケアのデメリットは以下の3つです。

  1. 途中帰国で保険がキャンセルされること
  2. 初診の際に免責費用が75ドル
  3. キャッシュレスではない

 

①途中帰国で保険がキャンセルされる

ユニケア保険の加入期間中に日本へ帰国すると、保険が自動的にキャンセルされます。

キャンセルは完全な帰国ではなく、一時帰国にも適用されるので注意が必要です。

僕がワーホリ中の一時帰国で保険がキャンセルされた理由がまさしくこれです。

途中帰国ができないんですか、ワーホリ滞在中に日本に帰る予定があるんですけど…

Tatsu

あらかじめ帰国の予定が決まっているなら、保険の加入期間を帰国日までに設定すれば問題ないよ。

僕の帰国したケースでも加入期間をしっかりと設定していれば、金額は変わらずに滞在期間中もカバーできたはずだったからね。

 

②初診の際に免責費用が75ドルかかる

免責とは自己負担のことを指します。

ユニケアは、初診の際に免責費用が75ドルに設定されています。

そのため、病院にかかるときには、症状ごとに初診時に75ドルの支払いが必要になります。

たとえば、あなたが風邪をひいたときに、初めに受けた治療費のうち75ドルを負担します。しかし75ドル以上はユニケアが負担をしてくれて、2回目からの同じ症状での医療費がかかりません。

一方、風邪が治った後に別の症状で改めて病院にかかった際には、再度75ドルを負担する必要があります。

症状ごとに、初診時75ドルの支払いが必要なんですか?

Tatsu

そういうことだね、一方で75ドルの負担をすればその後同じ症状で医療費を負担する必要はないよ。

 

③キャッシュレスではない

病院での医療費を支払う際には、一度医療費全額を立て替えて払う必要があります。

ユニケアの海外保険はキャッシュレスではないため、支払った金額が後から返金される仕組みになっています。

返金を受ける際には、クレームと呼ばれる返金の申請が必要です。

一度治療費を全額払う必要があるんですね、交通事故とか起こしちゃったらどうなるんですか?

Tatsu

金額が高くなるケースは病院からユニケアに直接請求されることになっているから、多額の支払いのときには払う必要はないよ。

 

ここまでユニケアの海外保険ついてのデメリットを見てきました。

免責費用やクレームをする必要があるのは、正直少し手間がかかります。

しかし、これらのデメリットを差し引いても保証内容の充実度とコスパの良さは充分によいといえるでしょう。

Tatsu

日本の保険よりも圧倒的にコスパの良い海外保険がユニケアです。

格安での保険加入を検討している方は、ぜひユニケアのウェブサイトで見積もりを出してみてはいかがでしょうか?

 

さらに詳しいユニケアの保証内容や申し込み方法は以下のリンクから参照してみてください。

>>ユニケア海外旅行保険の加入とクレーム手続き無料代行 ウィングオセアニア・リミテッド

 

よリ安心が欲しい方には日本のAIU海外保険

海外保険のユニケアはコスパが抜群、しかし、一方で免責金額があったりキャッシュレスではなかったりとデメリットもあります。

そうしたデメリットが気になる方には、日本のAIUの海外保険がオススメです。

AIUの保険は免責もなし、キャッシュレス対応や日本語でのサポートも豊富です。気になる方は無料で資料請求をして見てはいかがでしょうか?

 

 

まとめ オーストラリアのワーホリに海外保険は必須です!

ここまでワーホリ中の海外保険について述べてきました。

ワーホリ滞在中の海外保険は絶対必要です。

高額の医療費を自己負担することになってしまったら、ワーホリどころかその後の人生にまで大きく影響してしまう可能性もあります。

そうなる前に、ワーホリに行く際には必ず海外保険を検討してください。

病気やケガで数百万円なんてことになったら…ワーホリどころじゃなくなっちゃいますね。

Tatsu

本当にその通りだよ。何かあってからじゃ遅いからね。

海外保険の中には、今回紹介したユニケアを始めとして加入費用が安めのものもあるから、ワーホリ前にはしっかり検討するんだよ。

 

海外保険は「転ばぬ先の杖」です。

海外保険に加入して、安心安全なワーホリライフを楽しんでくださいね!

それでは。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分!理由を解説します

>>ワーホリ準備でやることまとめ!渡航前に日本ですること【2017 オーストラリア】

>>【画像付き】ワーホリの持ち物まとめ!必要なもの便利なものまとめて解説

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。