オーストラリアのカフェで働くなら“バリスタ”を目指そう!【体験談と3つのポイント】

こんにちは、オーストラリアでバリスタをしていましたタツヒトです。

オーストラリアでワーホリをするなら、カフェで仕事をするのがおすすめです。

接客を通して英語を勉強することができますし、オージーに混ざって働くことで、現地の“生”の雰囲気を体感できるはずです。

Matt
まぁたしかに、オージーはみんなカフェが大好きだからな…!
Tatsu
そうだよね、毎日毎朝カフェの前に行列ができている光景は本当に驚いたよ…!

そして、カフェで働くなら僕がオススメするのが“バリスタ”の仕事です。バリスタはコーヒーのプロ、滑らかな手つきでコーヒーを淹れるカフェの花形です。

この記事では、僕自身が実際に体験したオーストラリアのカフェで働くまでのエピソードと、バリスタとして働くために必要な3つのポイントを紹介しています。

これからワーホリで『オーストラリアのカフェで働きたい!』という方は、ぜひ参考にしてみてください。

Tatsu
事前知識として、オーストラリアのカフェの歴史や特徴などをまとめて下記の記事も合わせてどうぞ。

 

オーストラリアのカフェで働くには?

オーストラリアはカフェの国、道のそこかしこにオシャレなカフェがあります。

せっかくなら、そんなカフェで働いてみたいところですよね。

オーストラリアのカフェには、下記のような仕事内容があります。

  • キッチン
  • ウェイター/ウェイトレス
  • バリスタ

カフェで働くには、上記のうちどれかの仕事に就く必要があります。

オーストラリアの仕事は経験至上主義です。そのため、日本でどれかの仕事の経験があるなら、その仕事で応募するのが得策でしょう。

Satoshi
ほうほう、日本で経験がある仕事があれば、そこ仕事で応募するのが有利なんですね!
Tatsu
オーストラリアはなによりも経験を重視するからね、日本での経験があればすぐに採用をゲットすることもできるんじゃないかな?

ですが、この仕事の中でも圧倒的にオススメしたいのがバリスタです。

コーヒーを淹れるカフェの花形的な仕事で、コミュニケーション力も必要になるので英語の勉強にもうってつけです。

僕自身もシドニーのカフェでバリスタとして働き、コーヒーの抽出からお客さんとの会話まで、さまざまな体験をしてきました。

Tatsu
英語の勉強にもバリスタは最高の仕事です。もちろん、おいしいコーヒーが毎日飲めるのも嬉しいメリットですね。

しかも、バリスタの仕事は全世界共通です。

ブランドによるマシンの違いはあれど、基本的な技術はどこでも同じです。日本はもちろん、海外のほかの国でも仕事ゲットに直結しますよ。

オーストラリア以外の国で留学なりワーホリなり考えている人にとっても、バリスタは超おすすめの仕事です。

次の章では、僕がオーストラリアのバリスタジョブをゲットするまでの体験談を紹介していきますね…!

 

【体験談】僕がオーストラリアのカフェで働くまで

僕がオーストラリアのワーホリ中に働いたお店は、シドニーの“Gumption(ガンプション)”というお店でした。

実際に働き始めたのは、ワーホリを始めてからおよそ1ヶ月半ほど経ってからです。

そこまではレジュメ配りから面接、トライアルなどさまざまなことを経験しました。

Tatsu
最初の1ヶ月はなかなか仕事探しが進まず、控えめにいっても絶望していました…。

ちなみに、オーストラリアにきたときの僕のステータスは下記のような感じです。

  • バリスタ経験:あり(3年ほど)
  • 英語力:TOEIC750点(フィジーに3ヶ月留学経験あり)

バリスタのスキルや英語力に関しては、日本や留学で勉強したこともあるのですが、オーストラリアで働くのは初めてでしたし、英語もスピーキングに関してはほぼ自信なしでした。

オーストラリアに着いてから、僕がまずやったことはバリスタの学校にいくこととレジュメの準備です。

『バリスタの経験があるのになぜ?』と感じるかもしれませんが、オーストラリアのカフェ文化を体感するには、学校にいくのが最も手っ取り早いと思ったからです。

Satoshi
バリスタの学校ですか?勉強になりましたか?
Tatsu
僕が参加したのは1日だけのお試しコースだったけど、実際のカフェの状況でどう対応するかなど、たくさんのことが学べたよ。

バリスタの学校は、1日だけのコースであっても卒業証明書(Satification)がもらえます。

その卒業証明書をレジュメに載せて、毎日のようにレジュメ配りを続けました。合計で50枚くらいは配ったと思います。

ですが、1週間が過ぎ2週間が過ぎても、なかなか反応がもらえなかったんです。すぐにみつかるだろうと考えていた僕は、かなりの絶望感を覚えました。

Tatsu
レジュメ配りってマジでしんどい…。仕事はみつからないし、生活費も心配になってきた。とりあえずジャパレスで働こうかな…。

そんなことを考えていたある日、同じシェアハウスに暮らす先輩から起死回生のアドバイスをもらったんです。

そのアドバイスとは、カンタンにいえばほかの方法も試してみたら?というものでした。

たしかに、オーストラリアにも日本と同じようにインターネットを使った仕事探しは普及しています。

僕はレジュメ配りにばかり目を奪われ、ほかの方法を試していなかったんですね。

Matt
ハハハ、実際レジュメ配りって現地のオージーはまったくやらないんだぜ。
Tatsu
そうらしいね…。その情報をもっと早くにゲットしたかったなぁ…。

そこからの僕は、レジュメ配りとオンラインからの応募を並行しておこなっていきました。

結果的にオンラインから応募したカフェから反応があり、いくつかのお店で面接やトライアルを受けられることになったんです。

ですが、初めてトライアルを受けたカフェでの結果はボロボロでした…。

Satoshi
せっかくトライアルを受けたのに、落ちちゃったんですか?
Tatsu
うん、英語は早くてよくわからなかったし、オーダーは多すぎるしで、もうテンテコマイだったよ…。

しかも、そのカフェから連絡がくるまでのおよそ1週間、僕は特に行動せずに待ち続けてしまったんです。今思えば、コレも大きな失敗でした…。

面接を受けても、トライアルを受けても、合格をゲットするまで毎日行動することが重要です。そうしないと、連絡がくるまでの時間をまるまるムダにしてしまいます。

僕はその後も、いくつかの場所で面接やトライアルを受けていきました。

その中で採用をゲットしたカフェ、そのカフェの本採用直前に応募したのが、最終的に働くことになった“Gumption(ガンプション)”でした。

Tatsu
ほかのカフェで本採用になる直前に受けたのが、最終的に僕が働くことになるカフェでした。

ガンプションはシドニーでも有名なコーヒーの専門店です。僕も正直受かるとは思っていませんでした(なのでダメ元で応募しました)。

それが面接からトライアルにすすみ、まさかの合格をゲットすることができたんです…!

バリスタの経験があったとはいえ、本当にまさかの合格でした。ただそこからは、もちろん過酷で大変な日々が続いたんですけどね…(笑)

Tatsu
ガンプションで働き始めてからも英語はわからんわ、マシンの使いかたは違うわで、めちゃくちゃ苦労しました…。トイレにこもって30分泣いたこともありましたね…(笑)

ただ、やはり経験的にも英語の勉強的にも、カフェでバリスタとして働くのは自信をもっておすすめできます。

冒頭でも述べたようにバリスタの仕事は世界共通ですし、日本に帰ってから独立を目指すこともできます。

しかも、ローカルカフェなら給料もよいですからね(僕の時給は約18ドル=1,600円くらいでした)。いろんな面で、オーストラリアでバリスタを目指すのはおすすめです。

 

オーストラリアのカフェで働く【未経験からバリスタ】

『僕はバリスタとしての経験があったから仕事がゲットできたのではないか?』と考えている人もいるかもしれませんね。

ですが、オーストラリアで未経験からバリスタの仕事をゲットしたという人は、とても多いです。

例えば、僕が参考にした下記の記事のtabikuraさんは、メルボルンで5週間の学校生活を通してバリスタスキルを身につけていったそうです。

未経験から3ヶ月でオーストラリアのローカルカフェーーしかもカフェの街“メルボルン”で、バリスタの仕事をゲットするのは、たしかにある程度の幸運は必要だと思います。

ですが、それ以上に重要なことが3つあります。

【未経験からバリスタとして働くために重要なこと】

  1. 仕事の経験
  2. バリスタの基本的なスキル
  3. 英語力

 

①仕事の経験

オーストラリアでは学歴や資格よりも、場合によっては英語力よりも経験が重要視されます。

経験は日本のものでもオーケーですが、オーストラリアのものであればよりベターです。

ホテル勤務やレストランのウェイター/ウェイトレスなどの接客業であれば、ダイレクトにアピールできる経験になりますよ。

Tatsu
僕もホテルやレストランで働いた経験があったので、アピールに大いに活用しました。

もしバリスタとして働くのであれば、事前準備としてレストランで接客業の仕事を経験しておくことをおすすめします。

特にオーストラリアのレストラン(ジャパレスでもOK)で1ヶ月も働けば、経験として十分にアピールできます。

“たった1ヶ月”ではなく“1ヶ月も”です。レジュメに書ければ後はとにかく、圧倒的に“自分はできる”とアピールしましょう。

Tatsu
オーストラリアで仕事を経験することは、最低限の接客英語を理解することにもつながりますよ…!

 

②バリスタの基本的なスキル

未経験からバリスタの基本的なスキルを身につけるのなら、学校にいくことを圧倒的におすすめします。

ちなみに、バリスタの基本的なスキルとは下記のようなものをいいますよ。

【バリスタの基本的なスキル】

  • エスプレッソの抽出や調整
  • ミルクスチーミング(フロス(泡)の量や温度調整など)
  • カンタンなラテアート(ハートなど)

最低限これらのスキルが身についていないと、トライアル(お試し採用)を突破することができません。

まったくの未経験からでも採用してくれるところはありますが、バリスタになるまで時間がかかりますし、そもそもかなり稀(まれ)なケースです。

そのため、手っ取り早くバリスタの基本的なスキルを身につけるなら、学校が最もおすすめなんです。

Tatsu
バリスタの学校では英語の勉強を一緒に受けることもできます。留学やワーホリのエージェントを利用するなら、あらかじめ相談してみるのもアリですね…!

 

③英語力

カフェで未経験からバリスタを目指すには、仕事の経験+バリスタの基本的なスキルに加えて、やはり英語力も必要です。

目安のレベルとしては語学学校でいう中上級(Upper-intermediate)といわれますが、正直なところ、仕事力があればそこまでのレベルは必要ないかもしれません。

目安として、最低限の会話のキャッチボールができるレベルです。例えば、カフェにいったときに軽く会話ができれば、問題はないかなと…。

Satoshi
語学学校のレベルはあまり目安にならないってことですか?
Tatsu
うんそう思うよ、最低限の相手の意図が汲みとれるレベルであれば問題はないんじゃないかな?

事実として、僕がカフェで働き始めたときは相手の話したことはなんとなく汲みとれるけど、返事の文章がでてこずに“Yes”を連発していました。

それに対して、マネージャーから『タツは“Yes”ばかりだから、話ができていないみたいで悲しい…』といわれたことをきっかけに『きちんと勉強しなきゃな』と意識が変わったんです。

なにがいいたいかというと、とりあえず相手のいったことがわかればカフェで仕事はできるということです。もちろん、そこからの伸びは圧倒的に期待できます。

Tatsu
なので、今のあなたの英語力が中上級より下であっても、カフェで働くことを諦める必要はありません。

とはいえ、最低限の英語力はやはり必要です。そんなときに僕がおすすめしたいのが“オンライン英会話”です。

僕自身も日本にいるときはもちろん、ワーホリ中にもオンライン英会話を受講して英語力を磨いていきました。

日常的には話さないようなトピックスも学べるので、圧倒的に効率がいいんですよね。

僕は“ネイティブキャンプ”を活用していましたが、予約不要でいくらでもレッスンが受けられるのは最高の環境でした。

Tatsu
ネイティブキャンプは24時間365日レッスンが受講可能なので、圧倒的に学びやすい環境が整っています。

【そのほかのネイティブキャンプの特徴】

  • 1週間の無料体験レッスンができる
  • 日本人講師の授業も受けられる(不安でも安心)
  • アジアやヨーロッパなど、100ヶ国以上の講師から学べる(英語の多様性に触れられる)
  • 4,000以上の無料レッスン教材がある
  • パソコンやスマホ、タブレットから受講できる

日本から、もしくはすでにオーストラリアにいる場合でも、オンライン英会話を活用してみるのはおすすめですよ。

 

まとめ オーストラリアのカフェで働くなら“バリスタ”です!

オーストラリアのカフェで働くなら圧倒的にバリスタがおすすめです。

英語も磨ける、スキルも身につく、そして給料もよい、3拍子揃った仕事はほかにありません。

冒頭でも紹介してように、バリスタの仕事は全世界共通なので、技術を身につければほかの国で仕事を探すときも選択肢はググッと増えるはずです。

Satoshi
なるほど、たしかにバリスタならほかの国でもスキルが活かせますね。アメリカでもヨーロッパでも、カフェがない国はないですもんね。
Tatsu
そうそう、もちろんオーストラリア国内でもバリスタのスキルと経験があれば、仕事探しに圧倒的なアドバンテージが得られるよ。

もちろん、僕自身の体験談でも紹介した通り、ときには厳しくつらいシーンに遭遇します。自分の不甲斐なさに落ちこむこともあるでしょう。

でも、それはきっとあなたが成長の過程にいるからです。英語でもバリスタの技術でも、磨けば必ず身になっていくはずです。

ちなみに、具体的にバリスタの仕事をどうやって探すかは、下記の記事を参考にしてみてください。

オーストラリアのオシャレなカフェで働けば、あなたのモチベーションもググッとあがるはずです。

ぜひ今回の内容を参考に、オーストラリアのカフェで働いてみてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。