オーストラリアのカフェで働く前に覚えたい!オーダーの取り方とコーヒーレター

スポンサードリンク

オーストラリアのカフェで働く前に、覚えておこうコーヒーのオーダーの取り方。

 

こんにちは、シドニーでバリスタをしていますTatsuです。

オーストラリアのカフェで働く前に、ちょっと待ったです。

カフェでのオーダーの取り方はわかっていますか?

オーストラリアのカフェにはトライアルというお試しで働く期間が必ずあります。

 

この時にオーダーを取るかどうかはわかりません。そう、わからないんです。

つまりトライアルでオーダーを取ることもありえます。

今回はオーストラリアのカフェで働く前に。覚えておきたいオーダーの取り方をご紹介していきます。

 

Tatsu
記事の後半にはカフェで使うコーヒーのレターを載せていますので合わせてどうぞ。

関連記事:オーストラリアのカフェで初トライアル、そんなあなたに必要なことをまとめました!!

 

オーストラリアのカフェで働く前に覚えよう

オーストラリアのカフェではテイクアウェイはレジでオーダー。

イートインは席についてからメニューを見て注文します。

 

Tatsu
例外的に、僕の働くカフェのようなスタンドメインのカフェもあります。

ではまずはテイクアウェイのオーダーの取り方から解説していきますね。

 

オーストラリアのカフェでのテイクアウェイ

テイクアウェイのオーダーの取り方の手順は以下のとおり

  1. 挨拶
  2. オーダーを取る
  3. お会計
  4. 提供する

 

①まずは来店の挨拶からです。

お客さんは大体レジに直接行きます、皆慣れてますからね。

 

②レジでオーダーを取ります。

コーヒーのオーダーはカップやフタにレター(コーヒーの頭文字)を書きます。

Tatsu
コーヒーのレターについては記事の後半で解説しています。

 

③オーダーが終わればあとはお会計です。

オーストラリアではカードで支払うお客さんが8割。

しかも暗証番号の入力もないのでカードをタップするだけ。 支払いは3秒で終わりますよ。(めっちゃ早い)

 

④提供する

オーダーされた商品を提供して終了です。

テイクアウェイの流れはこんな感じです。

 

オーストラリアのカフェでのイートイン

イートインではお客さんに席についてもらってからオーダーを取りに行きます。

カフェでのイートインの流れは以下のとおり

  1. 挨拶
  2. 席に案内
  3. メニューを持っていく
  4. オーダーを取る
  5. 水のボトルを席に持っていく
  6. 提供する
  7. お会計

イートインはテイクアウェイよりも手順多めです。

 

①挨拶

『Hi,How are you』がオーストラリアのカフェでは定番です。

 

②席に案内する

タイミングによってはお客さんが自分で座っていることもあります。

 

③メニューを持っていく

はじめから席に置いてあるお店もあります。

Tatsu
オーストラリアのカフェでは『オールデイブレックファースト』といって一日中朝食メニューを提供していますよ

 

④オーダーを取る

日本と違ってお客さんが大声で呼ぶことがありません。(マナーかな)

なのでオーダーがまだのお客さんのことは常に気にしておきましょう。

 

オーストラリアのカフェでは日本のように機械でオーダーを取りません。紙に書くかオーダーを取った後にパソコンに打ち込むところがほとんどです。働くときはメモは必須。

 

⑤水のボトルを席に持っていく

オーストラリアのカフェではコーヒー一杯のオーダーでも水のボトルを席におきます。

どのお店も常温で水道水を使っています。

 

⑥提供する

商品を提供します。

『thank you for waiting』はよく聞くフレーズですね。

 

⑦お会計

お会計はテイクアウェイと同じです。

 

Tatsu
カフェによっては席でのお会計をするところもあるので働くときには要注意です

 

イートインの流れは以上です。

 

では次にオーストラリアのカフェでテイクアウェイの時に使うコーヒーのレターを確認していきましょう。

 

カフェで働く前に、テイクアウェイに必須のコーヒーのレター

スタバに行くとテイクアウェイのカップに”C”や”L”と書いてあるのを見たことはありませんか?

今からご紹介するのがこれと同じコーヒーのレターです。

オーストラリアのカフェではこのレターがカップやフタに書いてあります。

 

Tatsu
こうすることでピークタイムでもスムースにコーヒーを提供することができるんです。

 

オーストラリアのカフェで働くならレターがわかると有利です

オーストラリアのカフェで働くのならレターは覚えておいた方が有利です。

なぜならコーヒーを作るバリスタはレターを見てどのコーヒーを作るか瞬時に判断するから。

そしてそれはカフェで働く時にレジでも必要になります。

 

これをトライアルの時に知っているかいないかで働き方もかなり変わるのではないでしょうか?

僕はトライアルの時このレターを知らずに受けてしまってその日に覚えるのに必死でした。

オーストラリアのカフェで働くならレターは覚えておくとがぜん有利です。

 

カフェで働くなら超絶役にたつコーヒーのレター 一覧

ちなみにこれは僕のカフェで使っているレターですが、他のカフェでも同じようなものを使っています。

レターと同様にコーヒーの種類も覚えておくのがいいですよ。

関連記事:オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

 

ではここからコーヒーレターをご紹介していきます。

緑の字がレターでその下にはレターが表すコーヒーが書いてあります。

 

BLACK/ブラック

  •  <SB>
     
    Short Black/ショートブラック
  •  <LB>
     
    Long Black/ロングブラック 

 

White/ホワイト

  •  <MAC or SMAC>
    Short Macchiato/ショートマキアート
  • <PIC> 
    Piccolo Latte/ピッコロラテ
  • <L>
     
    Caffe Latte/カフェラテ 
  • <C>
    Cappuccino/カプチーノ
  • <F>
    Flat White/フラットホワイト
  • <MAG>
    Magic/マジック
  • <M>
    Caffe Mocha/カフェモカ
  • <HC>
    Hot Chocolate/ホットチョコレート

 

Customize/カスタマイズ

  • <X>
    Strong /ストロング(エスプレッソ追加)
  • <W >
    Weak / ウィーク(エスプレッソ少なめ)
  • <S>
    Skinny Milk/スキニーミルク(スキニーミルクに変更)
  • <Y>
    Soy Milk/ソイミルク(豆乳に変更)
  • <3/4>
    Tree quarter/スリークオーター(ミルクの量を3/4に変更)
  • <1/2>
    Half/ハーフ(ミルクの量を1/2に変更)
  • <K>
    kids/キッズ(温度をぬるめにする)
  • <1.2.3…>
    suger/シュガー(あらかじめ入れておくシュガーの量)
  • <eq or =>
    Equal/イコール(イコール(人工甘味料)を入れておく量)
  • <!!>
    Extra Hot/エクストラホット(温度熱め)
  • <warm>
    warm/ウォーム(ぬるめ)

 

オーストラリアのカフェで働く前に まとめ

いかがでしたでしょうか??

オーダーの取り方の流れは簡単ですので、頭のすみに覚えているだけでも実際に働く時に役にたつかと思います。

 

コーヒのレターは見てみれば頭文字をとったシンプルなもの。

ですがカフェのトライアルのためにもあらかじめIDを暗記しておくと余裕を持って働けますよ。

お店で買う時もよく目にしますしこちらで働く予定なら覚えておいても損はないかと。

 

これからオーストラリアのカフェで働きたいあなたのお役に立てば幸いです。では。

 

関連記事:ワーホリで働けるバリスタの仕事とは!?ある一日を徹底解説!

関連記事:オーストラリアでローカルジョブ探そ!ワーホリする人に伝えたい初めてのレジュメ配りのコツと心構え

 

 

スポンサードリンク