オーストラリア、ワーホリで英語力はどのくらい必要なのか!?日常や仕事で必要になる英語力ってどのくらいいるの?

こんにちは、オーストラリアでワーキングホリデー中のTatsuhitoです。

 

オーストラリアは英語ネイティブの国、母国語が英語の人はもちろん、第二言語として英語を話す人もとってもたくさん。

なまりや独特のアクセントがある人もたくさん住んでいます。

そんな中、僕はあることに気づきました、そう、日本から来る人には英語が全くと言って良いほど喋れない人がとっても多いことに!

 

日本人独特のジャパニーズアクセントは確かにあります、ですがそれ以前に英語に関して全く学んでこない人が驚くほど多い!(それ自体が悪いこととは思っていませんが)

 

そう、ですがオーストラリアのワーキングホリデーは(セカンドを取らない限り)1年間しかありません。ワーキングホリデー前に一度英語について考えてみましょう。

今回はオーストラリアでのワーキングホリデーに英語は必要なのか!?にフォーカスを当てて記事を書いていきたいと思います。

 

日常的に英語は必要か?

日常的に暮らす時に英語を使う場面は実際に住んでいてそんなに多くはありません。

  1. カフェやレストランでオーダーする時
  2. Opal Card(交通電子マネー)のチャージをお店でする時
  3. スーパーや外で何か訪ねたい時

オーストラリアのスーパーではセルフチェックができるレジがありますし、バスや電車もOpal Cardにチャージしておけばかざすだけなので特に話したりもありません。

なので、外食もあまり行かずに自炊をする生活であればほとんど英語を話す必要もなく特に問題なく生活自体をすることはできます。

 

オーストラリアでのコミュニケーションに英語は必要か?

とはいえ生活する上で会話がない生活を送りたいと思う人はほとんどいないと思います。せっかくオーストラリアにいるのだからコミュニケーションは取りたいと思いますよね??

とはいえ英語が苦手で全く話す自信がなくコミュニケーションが取れるのかというと….

答えは○です。意外となんとかなりますが

  • 1人対1人のシチュエーション
  • 大多数の中の1人というシチュエーション

具体的にはこういうシチュエーションの変化で状況は変わってきます。

 

一人対一人のシチュエーション

日本でも同じだと思いますが、もし相手が一人でこちらも一人であれば、英語でもミュニケーションを取れることがありませんか?それは相手のペースにどちらかが合わせているからです。

相手が一人の状況であればしっかり話を聞こうと思いますよね、細かいところまで汲み取ろうという一種の頑張りが働きます。(もちろんある程度の英語力は必要ですよ!)さらにはボディーランゲージを使ったり、少し時間をかけても相手は待っていてくれますよ。

それはオーストラリアに来ても同じで、相手も一人であればそこそこ話しやすいし相手もペースを合わせてくれることが多いので、コミュニケーションは比較的取れると思います。

このシチュエーションでだんだん会話ができるようになっていくのかな

 

大多数の中の一人というシチュエーション

反対にコミュニケーションが取りづらいシチュエーションは大人数がいる中に入る状況です。

この中にいると相手がペースを合わせてくれるということは皆無なため容赦無くネイティブの英語スピードで会話が飛び交います。

会話は内容はもちろんですがリズムもとても大事です。なので大人数の中でコミュニケーションを成立させるには高い英語力は必須になりますね。

会話に全然ついていけないのは正直辛いです…

 

オーストラリアワーホリでの仕事での英語、ジャパレスかローカルか

ワーホリでオーストラリアに来て仕事探しをする時にはジャパレスかローカルか?という悩みも出て来ます。

仕事に関しての英語力は必要になるんでしょうか?

 

英語ができないとオーストラリアではジャパレスで働く人が多い

ジャパレスは日本食のレストランで、シドニーでは日本食も人気があります。

職場にはほとんどが日本人で仕事中に英語を使う機会も多くはなく、英語に自信がなくても働くことができるところは多いみたいです。

僕は実際には働いていないのですが、キッチンに入ると日本語しか話す機会がなく、英語を使う機会が全くないという人もいるほどです。
なので英語に自信がなくても職場を見つけることはできますし、暮らすのに困らない収入を得ることは十分に可能です。

ただ後述するオーストラリアローカルの仕事に比べると給料は低いところがほとんどです。(聞くところだと時給13ドルから17ドルくらいが相場みたいです)

 

英語ができればオーストラリアローカル(地元)での仕事が探しやすい

対してオーストラリアの人たちが働くローカルジョブでは日常的に困らない+仕事で使えるレベルの英語が必須なため、
こちらは英語力は必須といえます。(目安としては学校でいう中上級レベル)

総じてジャパレスに比べて給料も高いので(場所によっては23ドルなんてところも!)英語が話せれば職種の幅も、もらえる給料の額でも大きな違いが出てきますね。

 

仕事に関していえば英語力でかなり大きなメリットデメリット(特に給料面)が出てくるので英語力はあるに越したことはないですね。

仕事に関しては英語ができるできないでの給料の振り幅が顕著…

 

オーストラリアで必要な英語力まとめ

 

結論から言うと英語力はあるに越したことはない!!とゆうことですね。

ひっそりと静かに暮らすのであれば英語力はなくても問題ないかもしれませんが、オーストラリアに来てそう考えている人はあまりいないと思ってます。

 

僕はできる限りオーストラリアに来る前に英語力を伸ばす努力はしておくべきでは?と思います、基本の文法知識や簡単な単語を覚えるのにオーストラリアでの貴重な滞在時間を削ってしまうのは勿体無いと思いませんか?

僕は来る前の一時期DMM英会話を使ってスピーキングを練習しておいたおかげか、日常的に困ることは今のところあんまりありません。
最初の2回は無料でできるので試しに経験してみるのもいいと思います!

 

日本にいるうちに英語力はできる限り鍛えておきましょう!!

 

英語のスピーキングを伸ばすなら瞬間英作文がオススメです。

簡単な文を繰り返し組み立てることで英会話の基礎がわかりやすく伸びていくのが実感できます。

 

では。

スポンサードリンク