ワーホリには英語できないでも行けますか!?【経験の密度が変わります】

オーストリアのワーホリには英語ができなくても行けますか?

ワーホリに英語ができずに行くのは無謀かな?

 

こんにちは、ワーホリ経験者のTatsuです。

みなさんご存知の通り、オーストリアは英語の国です。

「ワーホリするなら、英語ができないと行けないのかなー」そんなふうに考えていませんか?

結論から言えば、英語ができなくてもワーホリすることは可能です。

Tatsu

ワーホリを申請すること自体には、英語力は必要ありませんしね。

 

ですが、現地での生活をめっちゃくちゃ楽しみたいとなると、また話は変わってきます。

具体的にはワーホリで何をやりたいかで、英語ができなくてもいいかどうかは変わってくるかと。

 

今回の記事ではオーストラリアのワーホリには英語ができないといけないのか、

そのあたりを、僕の経験も含めながら解説していきます!

 

オーストラリアのワーホリには英語ができなくても行ける?

冒頭にも書いたように、ワーホリには英語ができないとしても行くことはできます

なぜなら留学などと違い、ワーホリには必要とされる試験の点数なども全くないからです。

オーストラリアにいる人にも、じつは英語ができない人はたくさんいますよ。

英語ができなくてもワーホリには行けるんだ!?

Tatsu

そうだね。ワーホリにはとくに必要な英語の資格もないし。

留学ではIELTSとかTOEFLの点数が必要なことがほとんどだけど、ワーホリには必要ないんだよ。

 

オーストラリアに来て英語ができないとしても、働ける仕事はたくさんあります

僕のいたシドニーにはたくさんのジャパレスもありましたし。

オーストラリアには日本人も多いので、英語ができなくても友達は作れます。

生活を楽しむのが目的であれば、英語ができなくても、ほとんど問題ありません

えー、オーストラリアは外国なのに、英語ができなくても生活できるんですか?

Tatsu

そう、オーストラリアには日本人も多いし、スーパーなどでもセルフでできるチェッカーもあるから。英語ができなくても、生活自体は問題なく送ることができるよ。

 

ワーホリで英語ができないとできないこと

とはいえ僕は、オーストラリアで普通に生活をしたい!以外の目的があるのなら、

英語ができないのは問題あり!だと思っています。

その理由は以下のツイートのとおりです。

オーストラリアで英語できなくても実は暮らしていくことはできるんだ!仕事もあるし家も探せる。でも英語ができない圧倒的な問題はその経験の密度の濃さが変わること。直接経験することと何かのフィルターを通して理解することは似てるようで全然違う。英語は日本で勉強してくるべし。

 

オーストラリアで英語はなくても生活できるけど、

英語ができるワーホリに比べると、「経験の密度」が圧倒的に違います

Tatsu

やっぱり、自分が生で触れる経験は、体感するときの濃さが違います。

 

実際のところ、英語を全く伸ばさないで、ただ生活することができればいいと考えているのは、少数派ではないでしょうか?

ほとんどの人のワーホリの目標には「英語力を伸ばす」や「海外の友達を作りたい」というのは入っていると思います。

こういうことが目的であれば、英語ができないのは困るんですか?

Tatsu

そうだね、英語力とか海外の友達作りが目的であれば、英語ができないのは大きな問題になるんじゃないかな。

 

前の章でも述べたように、海外の生活をただ楽しみたいのであれば、英語ができなくても問題ありません

ですが、他のことが目的としてあるのなら、英語ができないのはちょっとした壁になります

例えば、英語ができるできないは仕事の探し方などにも大きく影響してきますね。

 

ワーホリ前に「英語ができない」から卒業しておく

できれば、日本にいる間に「私は英語ができない….」から卒業しておきましょう。

英語が必要な目標がワーホリ中にあるのであれば、初心者の状態からワーホリを始めるよりも、

少しだけでも話せるようになっておいたほうが、圧倒的に有利です!

日本にいる間に、少しでも英語をやっておいた方がいいんですか?

Tatsu

そうだね、オーストラリアに来てから勉強をスタートするよりも、圧倒的に成長速度は速くなると思うよ。

 

最低限の文法や会話の基礎、ある程度のリスニングができていれば、とりあえず英語でのコミュニケーションはできます。

ワーホリに来てからここを目指すのではなく、ワーホリ前にはこのレベルになっておくのは時間やお金の節約にもなりますので。

日本には英語の勉強に素晴らしい本や、実践の英会話ができるオンライン英会話も充実していますので、これを使わない手はないかと。

 

参考までに、僕のオススメする本とオンライン英会話は以下のとおりです。

英語文法の本:一億人の英文法

もうこれは言わずもがな、みんな知ってる「英文法の神的な参考書」です。

僕は「フォレスト」をやってからこの本を手に取りましたが、圧倒的にわかりやすい。

紙の本のままワーホリに持っていっても良いレベルの良書です。

 

英語の単語と熟語:DUO3.0

これも鉄板ですが、単語と熟語は「DUO3.0」があれば間違いないです。

オススメは音読で英語の口に慣れること。

毎日反復して、丸暗記レベルでやること推奨です。

 

音声CDは英語のみの復習用が良いです。

 

オンライン英会話:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、月額5,980円で予約なし、無制限にレッスンが受けられるオンライン英会話サービス。

ここの何がすごいのかというと、先生が空いていれば、何回でも連続してレッスンが受けられるところ。

英語のスピーキングは慣れなので、とにかく回数をこなせる「ネイティブキャンプ」はオススメです。

無制限て、そんなオンライン英会話があるんですか!

Tatsu

すごいよね、先生の質も悪くなかったよ!1週間は無料でお試しができるから、気になる人はまず受けてみるといいと思うよ。

 

 

まとめ ワーホリには英語ができなくても行けるけど….

ワーホリ中に、生活を楽しみたいという方は英語ができなくても、問題ありません。

ただ僕は英語ができれば、ワーホリの楽しみは数倍増えてくると思っています。

具体的には現地の人と話したり、自分の成長を実感できたりすること。

Tatsu

そのためには日本で英語をできるようにしてくるのは欠かせないかと。

 

ぜひオーストラリアに行く前に英語の勉強をスタートさせて、

楽しいワーホリ生活を送ってくださいね!それではー。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:ワーホリの意味って何!?「大人の夏休み」を全力で楽しむことです!

関連記事:オーストラリアワーホリで貯金はできる?実体験から解説する!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。