オーストラリアのカフェで初トライアル、そんなあなたに必要なことをまとめました!!

スポンサードリンク

こんにちは、オーストラリアのシドニーでワーホリ中のTatsuhitoです。

 

今現在、僕はシドニーの都市部のカフェでバリスタとして働いているんですが、オーストラリアでは働き始める前に面接に加えて”トライアル”というお試しで働いてから採用が決まるシステムがあります。

このトライアルをパスしなければ実際に働くことはできないんです。

 

ただ、実際にトライアルと言われてどんなことをするのか全然イメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか?
実際僕も初めてトライアルに挑戦した時は右も左もわからずに挙動不振だったと思います。

 

なので今回は絶対に失敗したくないオーストラリアのカフェトライアルに臨む前に、知っておきたい情報や実際に役に立つ知識をシェアしていきたいと思います!!

 

カフェのトライアルの仕組みについて

具体的な話の前にカフェでのトライアルの仕組みについてざっくりと説明しておきますね。

オーストラリアのカフェでの採用までの流れとしては

  1. レジュメ配り、もしくはネットからの応募、選考
  2. 面接(interview)
  3. トライアル(Trial)

とゆう流れ、トライアルを行うのは面接の後、トライアルをするのは=最終選考に残っているとゆうことと同じですね。

 

 オーストラリアのカフェトライアルで必要になるもの

初トライアルで何が必要になるかわかりませんよね、実はトライアルで必要なものは大してありません。

  • ユニフォーム(に類するもの、もしくは指定されたもの)
  • メモ帳(念の為あれば安心)

僕は今まで3箇所でトライアルを受けましたがどこも必要なものが全くなく拍子抜け。

強いて言えば何があっても負けない心構えでしょうか。

当日は5分前にはお店に到着しておきましょう。

 

オーストラリアのカフェでのトライアルに必要になるスキル、知識

仕事探しの最終段階になるトライアルですが今まで僕が経験、あるいはたくさんのトライアルの人を見てきた中で必須のスキルや知識がありました。

  • カフェメニューの基本的な知識
  • 英語力
  • 行動力
  • 記憶力

 

カフェメニューの基本的な知識

トライアルでは基本的なカフェのメニューは覚えておきましょう。

フラットホワイトやロングブラックなど、コーヒーメニューを言われて何もイメージできないと正直話に全くついていけません

最低限基礎的なメニューやフードに関してはあらかじめ予習しておきましょう。

コーヒーメニューの再確認はこちらから

オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

2017.10.11

 

英語力

英語力は語学学校でいう中級以上(intermediate)が基準と言われています。(もちろんお店による)

最低限マネージャーやスタッフ、お客さんとの会話が成立する(もちろん聞き直すのは全然オッケーですよ)レベルであれば問題ないと思いますが、自分から発言できるくらいの英語力はつけておきましょう。

 

仕事中は学校生活などと違ってセンテンスは短く、効率よく伝える英語が必要です、僕がよく使っている英語はこんな感じ⇩

  • I get it. 『分かりました』
  • (sorry)please say that again. 『もう一度言ってもらえる?』
  • I can`t understand what you said .『あなたが言ったことがわからない』
  • It`s better than mine. 『僕のやり方よりもいいね』
  • thanks I learnt a lot. 『ありがとう、たくさん学べた』

 

 

行動力

トライアルは2−3時間の短時間であることが多いので、指示されたことをすぐに実行できる行動力は必須。

また、わからないことはすぐに聞ける積極性も必要です、僕は多分この行動力のおかげでトライアルは受かったんじゃないかなと思ってます。

 

記憶力

行動力と同じように、言われたことを覚えておくのもとっても重要です。短時間のトライアルで同じことを聞き直すなんてないほうが良いですから。

メモを取るのは全然オーケーだと思います、日本同様熱意アピールにもなるしこちらはメモを取ること自体が習慣でないのでそれ自体がアピールになることも。

ですが取る前には一度確認を。

 

一度まとめると

  • カフェメニューの基本的な知識
  • 英語力
  • 行動力
  • 記憶力

カフェでのトライアルでは特にこの4点は気をつけていきましょう!

 

オーストラリアのカフェでのトライアルで気にかけたほうがいいことプラスα

注意するべき4つのポイントは書いた通りですが、それに加えて、ここも!というポイントを書いていきます。

 

働いているスタッフに積極的に声をかける

どこのカフェでもピークタイムやら忙しい時間はあるのでそういう時間には避けたほうがベター、ですが働いているスタッフには自己紹介や簡単な挨拶くらいはしておきましょう。

これは僕自身も感じていることですが、挨拶されるとより印象に残りますし自己紹介があれば尚良し。トライアルの後にスタッフにマネージャーが感想を聞くということもあるので、声かけは積極的に行うのがベターです。

センテンスは簡単にmy name is〜で全然オーケーです。

 

立ち止まらずに何かし続ける

例えばトライアルで洗い物、終わってからそのまま立ち尽くして指示を待つのではなく、自分から教わったことの中から何かしらやり続けましょう。

指示待ちで評価が上がることはないですが積極的に何かやり続ければ必ず目に止まります、止まらずに何かやり続けて、どうしてもなければマネージャーに声をかけて仕事をもらいましょう。

 

笑顔をキープする

初トライアルで緊張でガチガチ、その気持ちとてもわかります、でも笑顔には実は緊張をほぐす効果もあるんですよ。

笑顔をキープすることで周りの評価も自然に上がります、トライアルでは意識的に笑顔をキープし続けるようにしましょう。

 

オーストラリアのカフェで初トライアル!まとめ

初めての土地で初めてのトライアル、緊張しますよね、痛いほどよくわかります。

今回書いたことを踏まえていけばきっといい結果になると思いますが、忘れてはいけないのが仕事への熱意です、必ず相手に伝わりますから。

もし初めての英語での仕事だとしても英語がわかりませんとは間違っても言わないように、それよりもむしろ理解しようとする姿勢がプラスに評価されますよ。

 

あなたのトライアルがいい結果になるように少しでも助けになれば幸いです。

 

くじける前に。僕がオーストラリアで体験したことを読めば頑張れるはずです。

【体験談】オーストラリアでバリスタになるまでのリアル体験談 -Part 1 レジュメ配りから初トライアルまで-

2018.05.17
スポンサードリンク