30分でできる!オーストラリアのワーホリビザ申請の手順まとめ

オーストラリアのワーホリビザの申請はどうやるのかな?どんくらい時間がかかるんだろう。

オーストラリアのワーホリビザの申請は自分でできるのかな、英語ができなくても大丈夫かな。

 

オーストラリアのワーホリ制度は1980年から始まり、日本とのワーキングホリデー協定を最初に結んだ国としても有名です。

今では20カ国あるワーホリ協定国の中でも、渡航者の数は一番多く2014年には年間渡航者数が1万人を超えています。

Tatsu
ワーホリ協定国の中でもオーストラリアは初めての人にもオススメできる国の代表と言われています。

 

そんなオーストラリアのワーホリに欠かせない最初の一歩がワーホリビザの申請です。

今回の記事では冒頭の疑問にお答えしつつ、ビザの申請方法、申請後にやることなどをまとめてご紹介していきます。

関連記事:オーストラリアのワーホリ年齢制限はいくつまで?【2018年版】

ワーホリビザの申請手順はTABIRECOの【2017年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法の完全マニュアル!を参考にして進めていきます。僕も実際にこちらの記事を参考に申請しました。

 

オーストラリアのワーホリビザの申請手順まとめ

オーストラリアのワーホリビザ申請で気になること

冒頭に挙げたワーホリビザの申請についての悩みは以下のとおりです。

  1. オーストラリアワーホリビザの申請方法は?
  2. オーストラリアのワーホリビザ申請にかかる時間は?
  3. オーストラリアのワーホリビザ申請は自分でできる?
  4. オーストラリアのワーホリビザ申請は英語ができなくてもできる?

申請をしてみる前はわからないことだらけですよね。

ではここから一つずつ解説していきます。

 

①オーストラリアワーホリビザの申請方法は?

オーストラリアのワーホリビザの申請はオンラインです。

他の国のワーホリビザ申請ではその国の大使館に直接書類を持っていかなければいけなかったりしますが。

オーストラリアのワーホリビザ申請はオンラインで全てできるの楽チンです。

Tatsu
とはいえスマホでの申請ではトラブルになることも多いようです。なので申請はパソコンからするようにしましょう。

 

②オーストラリアのワーホリビザ申請にかかる時間は?

オーストラリアのワーホリビザ申請にかかる時間は20-30分くらいです。

申請の手順は以下のとおり。

 

  1. immi account に登録する。
    →所要時間5〜10分。
  2. ワーホリビザの情報を記入して提出する
    →所要時間15〜20分。
Tatsu
サクサク進めれば30分でオーストラリアのワーホリビザの申請できますよ。

 

③オーストラリアのワーホリビザの申請は自分でできる?

オーストラリアのワーホリビザの申請は自分でできます。

エージェントに頼んでワーホリビザを申請してもらうこともできますがざっくり1-3万円の費用がかかってしまいます。

Tatsu
代行費用で良いスーツケースを買うこともできます。少し頑張って自分で申請してみるのがオススメです

ご自身でやってみて、どうしてもできない場合はエージェントにお願いしましょう。

 

④オーストラリアのワーホリビザの申請は英語ができなくてもできる?

オーストラリアのワーホリビザの申請は英語ができなくてもできます。

冒頭にも書いたとおり、TABIRECOの【2017年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法の完全マニュアル!に沿って記入していけば英語がわからなくてもワーホリビザの申請は可能です。

Tatsu
説明がとてもわかりやすいので英語ができなくても申請はできますよ。

 

冒頭に挙げた疑問はこんな感じで解消できたのではないでしょうか。

時間もかからず英語ができなくても申請できるのがオーストラリアのワーホリビザのポイントです。

 

では次はワーホリビザに申請に必要なものを確認していきましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザ申請に必要なもの

ワーホリビザの申請に必要なものは以下のとおりです。

  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. パソコン

 

ワーホリビザの申請に必要なものはこの3点です。

 

ワーホリビザの申請に必要なもの:①パスポート

ワーホリビザの申請にはパスポートが必要です。

申請の時にパスポートナンバーとパスポートの有効期限を入力する必要があるのであらかじめパスポートは発行しておきましょう。

Tatsu
ちなみに発行費用はこんな感じです。

赤いパスポート(10年有効)が16000円。

黒いパスポート(5年有効)は11000円。

10年のパスポートの方がコスパ良し!ですね・

 

ワーホリビザの申請に必要なもの:②クレジットカード

クレジットカードはワーホリビザの申請費用を支払う時に必要になります。

費用の支払いが完了しないと、ビザの申請作業が進まないのでクレジットカードも用意しておきましょう。

Tatsu
オーストラリアのワーホリビザの申請費用は2018年7月現在で450ドル(日本円で約37000円)となっています。

 

ワーホリビザの申請に必要なもの:③パソコン

オーストラリアのワーホリビザの申請はパソコンからしましょう。

スマホからの申請ではたまにトラブルが起きるそうです。

トラブルが起きると全て英語で解決しなければいけないので、めちゃ大変です。

Tatsu
ビザ申請はパソコンから、これ絶対です。

ビザの申請が下りると、パソコンのメールアドレスにワーホリビザの証明書(pdf形式)なども送られてきます。

 

オーストラリアのワーホリビザの申請に必要なものは以上の3点ですね。

特殊なものは必要ないので安心です。

ではここまで確認できたらワーホリビザの申請をしていきましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザを申請しよう

と、申請手順も書いていこうと思いましたが、冒頭にも書いた通りこちらの記事⇩。

TABIRECOの【2017年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法の完全マニュアル!

こちらがめちゃくちゃわかりやすいので、実際のビザの申請はこちらの手順に沿って行ってみてください。

Tatsu
手順に沿っていけば30分でワーホリビザの申請は完了です。
申請の時に気をつけたいのが健康診断について。ビザ申請の入力によっては健康診断を受けなくてはいけないので注意して進めてください。留学準備マニュアル様の記事にも詳しく書いてあります。 

 

では、ここから先はオーストラリアのワーホリビザの申請が完了してからの注意点や気になるポイントを書いていきます。

 

オーストラリアのワーホリビザの申請が完了したら

ワーホリビザ交付までの期間は?

オーストラリアのワーホリビザゲットまでの期間は数日〜1ヶ月半と言われています。

これは申請時の混雑具合や個人の状況次第で変わるそうです。

Tatsu
僕の場合は申請してから1週間後にワーホリビザの証明書(Visa grant notification)がパソコンに送られてきました。

 

オーストラリアワーホリビザの進捗状況を確認するには?

ワーホリビザの進捗状況はオーストラリアの移民局のページから確認できます。

わしわからないことがあれば問い合わせのメールを送って確認することもできますよ。

Tatsu
ただ待つだけなのは不安が募ります。時間がかかっているなと感じたら移民局のページから状況を確認しましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザを交付されたら

入国までの期間は交付から1年間

オーストラリアのワーホリビザが交付された!

『じゃあ、すぐにオーストラリアに行かないといけないの?』とそういうわけではありません。

オーストラリアのワーホリビザ交付から入国までには1年間の猶予(ゆうよ)があります。

Tatsu
この期間のことを入国猶予期間と言います。

 

この入国猶予期間を使ってオーストラリアワーホリの準備をガッツリしておきましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザの申請手順 まとめ

いかがでしたでしょうか?

オーストラリアのワーホリビザの申請はオンラインからできるのでとっても簡単ですよね。

Tatsu
思い立ったら吉日です。ワーホリビザ、なるべく早く申請しちゃいましょう。

 

具体的に行動に移していくには、まずはワーホリビザの申請をしてしまうのがよいと思います。

先ほども書きましたが、オーストラリアのワーホリビザは入国まで1年間の猶予(入国猶予期間)がありますので。

まずは①申請してから②具体的な行動プランを立てていくのがすぐにワーホリを進めていくコツかなと

 

この記事をきっかけにオーストラリアのワーホリに踏み出してもらえることができたらとても嬉しいです。それでは。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

関連記事:ワーホリ準備でやることまとめ!ワーホリ渡航前に日本でするべきこと【2017 オーストラリア】

関連記事:オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分!理由を解説します

スポンサードリンク