オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分!理由を解説します

オーストラリアワーホリに必要な費用はいくらくらいだろう?

ワーホリに行く前に貯めておいた方がいい費用の目安はいくらくらい?

 

こんにちは、オーストラリアワーホリ経験者のTatsuです。

オーストラリアのワーホリにかかる費用を調べてみると色々な金額が出てきませんか?。

Tatsu
100万円ないと不安なんて意見から、20万円でもなんとかなるという意見まで。

 

結局いくら必要やねん!と思った人も多いのでは?

結論を言うと、僕の用意したオーストラリアワーホリの費用は40万円です。

正直この金額でもワーホリの費用は十分だと感じました。

この記事では僕がオーストラリアのワーホリ費用は40万円あればいいと思う理由を紹介していきます

 

オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分です

僕の用意したオーストラリアのワーホリの費用は40万円

冒頭にも書いたとおりですが、僕の用意していたオーストラリアのワーホリ費用は40万円です。

少ないと思いますか?。ですが僕はワーホリの費用としては十分な金額だったと思っています。

ざっくりとした内訳は17万円が事前に日本で使った費用。残りの23万円が2ヶ月分の生活費です。

 

事前に日本で使ったワーホリ費用の内訳は以下のとおり。

ワーホリビザ申請費用 36000円(440ドル)
片道航空券 57950円
海外保険(一年) 76000円(931ドル)
Tatsu
金額を合計すると169,950円ですね。

この金額が僕が日本にいる間に事前に支払ったワーホリの費用です。/voice]

 

40万円はこの金額に2ヶ月分の生活費を足した金額です。

Tatsu
40万円あれば2ヶ月間は仕事なしでも暮らしていけますよ。

 

なぜできるの?ワーホリ費用40万円でオーストラリアワーホリ

なぜ40万円でワーホリ費用は十分なのか?

まず、前提として僕は以下のことを決めていました。

  1. 語学学校へは行かない
  2. 家はオーストラリアに行ってから決める
  3. 仕事をすぐに決める

この3点をワーホリに来る前に決めていました。

そしてあなたがもし僕と同じようにこの3点を決めてくれば。

費用40万円でオーストラリアのワーホリをすることは余裕でできます

 

①語学学校へは行かない

まずワーホリで一番費用がかかるのが学費です。

学費を抑えればワーホリ費用の半分は浮くと行っても過言ではありません。

なぜなら語学学校の費用は250〜400ドル/週です。

1ヶ月にすると1000ドル。日本円でおおよそ10万円近くかかります。

Tatsu
1000ドルはワーホリでの1ヶ月の生活費用とほとんど同じです。学費が浮くのはめちゃくちゃでかいです。

 

②家はオーストラリアに行ってから決める

ホームステイやシェアハウスを探すのは現地でできます。

エージェントを通して日本から探すのは、手数料がかかるのでお勧めできません。

まずはホステルやバッパーに泊まって毎日家の内覧(インスペクション)にいきましょう。

Tatsu
家探しはワーホリの費用に関わる大事な部分です。特にホームステイはトラブルも多いので自分で見にいきましょう。
オーストラリアではデポジット(敷金みたいなもの、出るときに返してもらえる)と2週間分の家賃を払えばその日から住むこともできます。 

関連記事:こんな家には気をつけろ!!オーストラリアのシェアハウス探しで注意するべきポイントとは!?

 

③仕事をすぐに決める

オーストラリアに行ったらすぐに仕事を探しましょう!

先ほども書きましたが、40万円費用があれば2ヶ月間は暮らせます。

2ヶ月あればローカルジョブも探せるし、余裕を持って仕事も探せます。

Tatsu
僕は仕事探しには1ヶ月かかりましたが、それでも10万円近くは残ってましたよ。
tちなみに仕事ですが、ジャパレスとかであれば1週間で見つかるので、絶対英語環境とかにこだわらなければ余裕でいけるかなと。 

関連記事:オーストラリアで自分の仕事を手に入れろ!仕事の探し方完全ガイド

 

僕の考えるワーホリ費用40万円で十分な理由はこんな感じですね。

とはいえ語学学校に行ったり別な目的があるのなら話は別ですよ^ ^

 

オーストラリアの語学学校に行くのなら費用100万円は分かる

もしあなたが、オーストラリアの語学学校に行くのならワーホリ費用100万円はわかります。

ワーホリで学校に行ける4ヶ月間丸々、働かずに学校に通えば学費と生活費で100万円です。

日本での費用:20万 生活費4ヶ月分:40万 学費4ヶ月分:40万 合計:100万円

めちゃくちゃざっくりですがおおよそこんな感じになります。

全く働かずに4ヶ月学校だけなら100万円必要ですが、どのみち4ヶ月経ったら仕事しなければいけませんからね。

なので100万円必要な理由はわかりますが、なくても大丈夫かなと。

 

反対にオーストラリアのワーホリ費用20万円はオススメしない

反対にワーホリ費用がめっちゃ少ない20万円ていうのもやめておきましょう。

僕が先ほど挙げたものですが、ワーホリの準備で事前に日本で使った金額です。

ワーホリビザ申請費用 36000円(440ドル)
片道航空券 57950円
海外保険(一年) 76000円(931ドル)

 

日本での出費がすでに17万円近いので、残りの金額は3万円程度。

外国で少ないお金が毎日減っていくのは精神的にかなりきついです。

ワーホリ費用20万円で行くのはやめておきましょう。

 

オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分 まとめ

40万円あればオーストラリアのワーホリ費用は十分です。

100万円は多すぎる!そんな風には思いませんが、時間をかけてまで100万貯めてからワーホリにくる必要もないかなと思います。

反対に20万円は絶対やめましょう。精神的にかなり辛いことになります。

Tatsu
お金はあるに越したことはないです。

ですが、100万円費用を貯めるなら40万円費用を貯めてサクッと行っちゃうのがオススメです20万円はきついです!後20万円貯めましょう。

 

日本でお金貯めるならリゾバがオススメ

とはいえ最低でも40万円はワーホリ費用として必要なところ。

日本でお金を貯めるなら、僕はリゾートバイトのアルファリゾート がオススメです。

外国のお客さんも多い環境で、学びながら1ヶ月で15万は貯めれます。ワーホリに行く人や経験のある人にもたくさん出会えますよ。

関連記事:【リゾバ】短期で稼げるだけじゃない!北海道でリゾートバイトをする僕が思った、ワーホリを120倍楽しみにするリゾートバイトのメリット!

 

オーストラリアへのワーホリの費用は目的によって人それぞれです。

ですが、必要以上は貯めて行く必要もありません。オーストラリアで働いて費用を増やすこともぜひ覚えておいてください。

ワーホリは結構身近なものです。サクッとワーホリ費用40万円でオーストラリアへの第一歩を踏み出しょう。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:30分でできる!オーストラリアのワーホリビザ申請の手順まとめ

関連記事:【2017年最新】オーストラリアの生活費、物価は高い!?家賃や生活にかかる費用を公開します!

スポンサードリンク