コーヒーの抽出にビーカーが最適な理由とは!?インテリアにも抜群です

コーヒーを淹れるときにビーカーを使うの?

コーヒー用のビーカーでオシャレなやつってあるのかな?

 

こんにちは。家ではドリップコーヒー派!バリスタのTatsu(@zabutonletterです。

突然ですが、あなたはビーカーにどんなイメージかありますか?

「理科室にたくさんある実験用のツール…」

「液体を測るために使うもの…」 

おそらく上記のようなイメージじゃないでしょうか?

 

実は、ビーカーはコーヒーを抽出するときにとても役に立つスグレモノなんです。

それを示すように、有名メーカーからはコーヒー用のビーカーもたくさん登場しています。

今回の記事ではコーヒーをビーカーに抽出するメリットや、ビーカーの特徴について詳しく紹介していきますよ。

 

コーヒーをビーカーに淹れる!?

ビーカーというと、小学校や中学校で使っていた実験用の器具。

スポイトや試験管とセットになっている「アレ」です。

しかし最近では、コーヒーをビーカーに抽出することは1種のトレンドになっています。

っていうか、そもそもビーカーって理科室で使う実験用のガラスですよね?

それにコーヒーを淹れるなんて、本気なんですか…!?

Tatsu

もちろん!ビーカーにコーヒーを淹れることは本気でオススメだよ。

それに、ビーカーにコーヒーを淹れるメリットもいくつかあるんだよ。

 

コーヒーをビーカーに淹れるメリット3つ

ガラスでできたビーカーには、コーヒーの抽出用に適したメリットがいくつかあります。

ここではその中から、コーヒー抽出にビーカーを使う3つのメリットをご紹介します!

 

①コーヒーの量が測れる

ビーカーには、量がわかるように細かく目盛りがついていますよね?

目盛りがあることで、コーヒーを抽出するときの量がとてもわかりやすくなります。

コーヒーを美味しく淹れるには量を測ること欠かせませんので、ビーカーはコーヒー抽出に最適なんです。

 

②ビーカーは保温性が高い

ビーカーは、通常のガラス製品に比べて厚みがあります

ビーカーはガラスに厚みがあることで、熱を逃しづらく保温性も高いです。

抽出した後にコーヒーをかき混ぜるときにも、ガラスが厚いおかげで割れづらいんですよね。

 

③洗いやすい

ビーカーは基本的に、上から下まで凹凸がなく一直線の寸胴型です。

そのため、使った後に中を洗うのもラクラク。

洗いやすいので衛生面もバッチリですよ!

確かに…。いわれてみたら、ビーカーはコーヒー抽出用にとても向いていますね。

Tatsu

そうなんだよね。コーヒー抽出用のサーバーもたくさんあるけど、ビーカーもコーヒー抽出にとても適しているよ!

 

コーヒー用のビーカーに!オススメ2選

ビーカーがコーヒー抽出用に向いているのはよーくわかりました!でも、どのビーカーを使うのがいいんですか?

Tatsu

雑貨屋さんで売ってるものでももちろんいいけど、コーヒーメーカーからも専用のビーカーが販売されているよ。

いくつかオススメのビーカーを紹介していこうか!

 

僕が持っているのは、東急ハンズで買ったフツーのビーカーです。

それでもコーヒーの抽出には問題なく使えてますし、特に不満もありません。

しかし、コーヒーメーカーから出ているビーカーは、それ相応に素晴らしいスペックを持っているはず!

ここでは、その中から僕がオススメするビーカーを2つ紹介していきます。

 

①HARIO(ハリオ)のビーカー 目安メモリ付き 300ml

 

まずオススメしたいのは、コーヒーといえば定番のハリオ製のビーカーです。

ハリオはもともとガラスメーカー。そのためガラス製品の質の良さは折り紙つきです。

V60を使ってコーヒーを淹れている人はシリーズで揃えるのもアリですね!

 

②KINTO(キントー)のコーヒージャグ 300ml

 

キントーのビーカーの形は、断トツで僕好み。

これはキントーの製品全般にいえることですが、ムダがなくかつ機能的なところが素晴らしいです。

間口も広く、ドリッパーやエアロプレスもしっかりと支えてくれ抽出するときにも安心ですよ。

 

金属製のドリッパーのついたコーヒージャグセットもオススメです。

 

ビーカーは見た目もオシャレでインテリアにもグッド

ここまでビーカーの機能性やオススメの商品を紹介してきましたが、それ以上にビーカー全般にいえるのは見た目がオシャレなこと。

余計な装飾のないビーカーは、綺麗に並べるだけでインテリアになるほど見た目が美しい。

機能はもちろんですが、この見た目の良さも僕がコーヒー用にビーカーをオススメする理由です。

ビーカーはシンプルで主張がないから、どんな場所でも溶け込みそうですよね。

Tatsu

そうそう、見た目がシンプルなのもビーカーの魅力だよね。

僕もごちゃごちゃするのは好きじゃないから、ビーカーのシンプルな見た目がとても気に入っているよ!

 

まとめ コーヒーをビーカーに淹れてオシャレに美味しく

コーヒーをビーカーに抽出するのは、機能的にも見た目的にも正解。

たとえば、お客さんの前でコーヒーを淹れるときの話題にもなりやすいんですよね。

えー、ビーカーにコーヒー淹れてるんですか!?理科の実験室みたいで面白いですね。

Tatsu

でしょ!ちょっと驚きだけど、ビーカーはコーヒーの抽出にはもってこいなんだよ!その理由はね…。

 

コーヒーをもっと美味しく、楽しくしてくれるビーカーをコーヒー用に使ってみてはいかがでしょうか?

この記事があなたのコーヒーライフのお役に立てば幸いです。

 

今回の記事で紹介したアイテム

 

 

この記事の関連記事はこちらから

>>コーヒーは淹れ方の種類で味が違う?4種類の淹れ方の違いをまとめて紹介する

>>コーヒーをドリップするなら量を測ろう!最高のコーヒーライフを楽しむ

>>家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

スポンサードリンク