BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン”QC35”。耳に寄り添う圧倒的な集中空間

通勤に仕事、どのようなシーンでも避けられないのが騒音です。電車が立てる滑らかな車輪の音。周囲の会話。響くパソコンのタイピング音。

これらの騒音は、気づかないうちに僕たちの生活に大きなストレスを与えています。

僕はその事実を、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 35」に出会ったことで、知ることになりました。

Satoshi
音がストレスになっている?そんな風に感じたことはないんですけど…。
Tatsu
僕もそうだった、けどその事実はBOSEのヘッドホンを使うことによって、知ることができたよ。

 

今回の記事では、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン、「QuietComfort 35」について、徹底的に解説、紹介していきます。

普段ガジェット系の記事を書くことはないですが、このヘッドホンが僕にもたらした威力たるや…。この魅力を、たくさんの人に知ってほしい。

特にWebライターやデザイナーなど、パソコン系の仕事をしている人に知ってほしいと思います。購入前の情報収集にも、ぜひお役立てください。

 

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン

「QuietComfort 35 wireless headphones II」は、音楽の革命児”BOSE “が販売する高品質なヘッドホン。

その最大の特徴は「ノイズキャンセリング」機能。ヘッドホンを装着するだけで、まるで異世界にいるかのように、静かな空間が広がります。

耳元に添える集中空間。ノイズキャンセリングヘッドホンがあれば、いつでもどこでも、パーソナル空間が生み出せるのです。

 

 

ノイズキャンセリングとは

ノイズキャンセリングとは、周囲の音に対して正反対(逆位相という)の音波を流して、音を打ち消す技術のこと。

簡単にいえば周囲の雑音をかき消して、ヘッドホンから流れる音楽を最大限に楽しめる仕組みをいいます。ヘッドホンを装着するだけで別世界。

ノイズキャンセリングを発明したのが、何を隠そう”BOSE”です。音響機器をリードするBOSEは、ノイズキャンセリングの分野でも先を行っています。

 

BOSEノイズキャンセリングヘッドホン、その特徴

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン、「QuietComfort 35 wireless headphones II(以下QC35)」に備わった、いくつもの特徴。

それらの特徴を知ることで、この革命的なヘッドホンの全貌に知ることができるでしょう。

ここからは、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QC35」の外観や特徴など、さまざまな側面を紹介していきます。

 

BOSE QC35、外観

滑らかに施された美しいハウジング部分。「BOSE」のロゴが誇らしげに付けられています。素材は衝撃に強いガラス繊維+ナイロン樹脂。

この見た目の高級感からしても、このヘッドホンを購入した価値があります。スッと耳に着けるだけで感じる高揚感は、BOSEならでは。

こちらの色味は「ブラック」です。単色ではなく、少しづつ色味が変化しているのが大きなポイント。右側表面についているのがスイッチです。

 

内側を見るとこんな感じ。右側には「R]」、左側には「L」の文字が。これは正直なくてもよいかなと思ったけど、意外とあると重宝します。

見た目から高級感が漂うイヤークッションは、シンセティック・プロテインレザー製のもの。この着け心地が抜群にいいんです。

耳全体を覆うように「カポッ」とはまるイヤーカップ。質感のよいクッションと相まって、本当に着けていないかのような感触。これはスゴイ…。

 

右側下部についた3つのボタン。上下はボリューム調整のため、中心は「マルチファンクション」ボタンです。音楽の再生/一時停止が可能です。

これらのボタン配置。実際に装着してみるとわかりますが、ちょうどよく右手の親指部分に当たります。スッポリ包むと完璧な場所で感動!

ランプは上がBluetoothの接続状態を、下がバッテリー残量を示しています。使用中は目に入りませんが、この辺の細かい造りもツボです。

 

左側には「アクションボタン」。ノイズキャンセリングのレベル調節、GoogleやAlexaなどの音声アシスタントに直感的にアクセスできます。

これらの機能は切り替え式です。ノイズキャンセリングの3段階(High、Low、切)かGoogle、もしくはAlexaのいずれかひとつを設定できます。

僕はGoogleアシスタントを設定していますが、ボタンを押して直感的に操作をできる近未来感。その感覚はワクワクします。もちろん機能も◎。

 

衝撃にも強い素材を用いたバンド部分。この部分は伸縮も可能で、さまざまなサイズに調整できます。ズルルッと伸びる感触はクセになる。

また、頭に当たるクッション部分。この部分には、高級車やヨットにも使われる上質素材「Alcantara」が用いられています。感触は圧倒的ソフト。

艶やかなバンドに、上質すぎるクッション部分。シンプルな見た目にもふんだんに用いられた上質な素材。音質同様に、ハード面も抜群です。

 

BOSE ノイズキャンセリングヘッドホン”QC35”、機能

美麗に、手の込んだ作りが魅力のQC35。しかし、もちろんその真髄は中身、すなわちノイズキャンセリングや音質にも反映されています。

 

ノイズキャンセリングで、圧倒的に静かな空間を

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QC35」。その最大の特徴は、もちろん「ノイズキャンセリング」機能です。

ノイズキャンセリングは、スイッチを入れたら自動で起動するため、都度設定する必要はありません。左側の「アクションボタン」で強度変更も可能。

ノイズキャンセリングを入れると、周囲の雑音がかき消され、自分が聞いている音楽が際立って聞こえるようになります。このひと時、最高です。

 

人の声や雑音は適度に入る

BOSEのノイズキャンセリングは業界最高峰。とはいえ、周囲の人の声や雑音はわずかながら入ります。おそらく、危険回避の意味もあるのでしょう。

僕が初めて外で使用したときに感じたのは”一人で車の中にいるような感覚”。わずかに周囲の音は聞こえるけど、気にかかるほどではないなと。

そして、その感覚はヘッドホンを使用するたびに強くなっていきました。使い慣れてきた今、QC35は手放せません。音の魔力はそれほど凄まじいです。

 

耳元で響く高音質

BOSE独特の鳴り響くような重低音。目の前で演奏がおこなわれているかのような、鮮やかな音が耳元で鳴り響く至福の体験。

僕はBOSEのコンパクトスピーカー”Bose SoundLink Mini”も持っていますが、同様に心地がよい重低音、いわゆる”BOSEサウンド”が魅力です。

この音質は一度ハマるとクセになり、ほかのメーカーのものでは満足できない耳になってしまうほどだと、感じています。

 

アクセスは専用アプリを介することで

BOSE公式のアプリ。このアプリを接続することで、より細やかな設定をヘッドホンに施すことができます。

例えば”ファンクションキー”の割り当てなど。ノイズキャンセリングかGoogleアシスタント、もしくはAlexaに設定をするか、などです。

自分のヘッドホンに名前をつけたり(提案もしてくれる、僕は”Midnight”にしています)、音楽を2つのヘッドホンに出力したりすることが可能です。

 

【使用例】QuietComfort 35 wireless headphones II の使い方

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンの仕様や性能。正直、文章では語りつくせないほどに魅力的です。

しかし、スペックや性能面を掘り下げて知っても、それほど現実味を感じないのではないでしょうか? 実生活ではどのような変化があるのか。

購入する前に、自分の生活にどのような変化が現れるのかを知ることも、機能面同様に重要でしょう。ここでは僕の毎日のQC35の使用例をご紹介します。

 

圧倒的な静寂感、ストレスレスな通勤を

電車の車輪の音、周囲の雑音に騒音。僕はBOSEのQC35を使い始めたことで、それがどれほどのストレスをもたらしていたのかを知りました。

耳に装着するだけで、通勤時間に感じるストレスが圧倒的に減った実感があります。本を読んだり、音楽を聞いたり、英語を勉強したり…。

電車で通勤しているのに、自分の車に乗っているか錯覚を起こします。アナウンスは適度に入るけど気にならない。通勤時間が価値に変わりました。

 

まるで個室、な集中空間

オフィスで多くの人と一緒に仕事をしている人も多いでしょう。パソコンの打鍵音や雑談の声、時折気になることってありませんか?

集中力が必要なとき、僕はQC35を装着します。ノイズキャンセリングは音楽なしでも作動するため、集中力をトップギアに入れるときも大活躍。

多くの人が働くオフィスでも、QC35があれば意図的に個室のような空間が完成します。Bluetoothで接続可能なため、設定も楽にできてしまうのもありがたい…!

 

カフェでのひと時に、静かな時間を

休憩時間や休みの日。ときにはカフェでのんびりとした時間を過ごしたい。そう考える人も多いでしょう。心地よいBGMも、最高の癒しです。

僕はカフェで、例えば文章を書くときなどはQC35を持ち出します。心地よいBGMを遮りたくなるほどに、ノイズキャンセリングがもたらす時間は魅力的です。

ゆったりとした日常にも寄り添うBOSEのQC35。際立つデザインも最高です。気持ちのオンオフの切り替えが容易にできるので、休みの日にも重宝してます。

 

まとめ BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンは、圧倒的に心地よい

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones II」。その魅力を、存分にお伝えしてきました。

このヘッドホンとの出会いは、人生レベルで変化をもたらしてくれると感じています。僕がそうだったので、あなたもきっとそうなるはず。

付け心地やノイズキャンセリングは、体感してみるのが一番です。購入前に家電量販店で試着、色味を目で見てから決めるのがよいでしょう。

ちなみに、公式でしか販売されていない”ミッドナイトブルー”もあるので、買う前には要チェック。圧倒的な静寂と音質、ぜひ感じてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。