海外行くならキャッシュパスポート!現金よりも圧倒的にオススメします!

海外へ行く時に現金でお金を持って行くのってなんだかこわい。

海外で現地両替を利用するのはレートもわからないし不安だなあ。

 

こんにちは。現地での両替はしない主義のTatsuです。

海外にお金を持って行く時には、現金で持って行くのって少し不安がありませんか?

日本円をそのまま持っていっても使えないし、かといって両替するのもレートがどのくらいかわからない。

最悪お金を落としてしまう可能性もあるし、できれば現金は最小限で抑えたいものですよね。

Tatsu
海外に行く時に現金をたくさん持って行くのも不安が多いです。

 

そんな時に使えるプリペイド式のカードが「キャッシュパスポート」です。

このカードがあれば現金を持って行く不安ともさよなら。

今回の記事では、トラベル用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」をご紹介していきます。

 

現金よりもキャッシュパスポートで安心を

現金よりも手軽にお金を海外に持って行く方法。

それが「キャッシュパスポート」です。

Tatsu
キャッシュパスポートはトラベル専用のプリペイド式カード。旅行に留学・ワーホリにも使えます。

 

キャッシュパスポートはプリペイド式のカード

キャッシュパスポートの見た目はクレジットカードですが、使える金額はあらかじめカードに振り込んだぶんだけです。

現金で持って行く予定だった金額ぶんをチャージしておけば、現地での両替の手間も省けます。

Tatsu
現地で両替は場所によってレートもまちまち、比較してレートの良い場所を探すのも大変です。

 

キャッシュパスポートの使い方・特徴

海外に行く時に使えるキャッシュパスポートの、使い方や特徴は以下のような感じです。

  1. 年齢制限がない
  2. 銀行口座を開設する必要なし
  3. ATMで現地通貨を引き出せる
  4. マスターカードブランドのクレジット代わりに使える
  5. Tポイントが貯まる 

 

①年齢制限がない

キャッシュパスポートの発行には年齢制限がありません。

ですので発行は誰にでも可能です。

利用する金額もあらかじめ振り込んだ金額のみなので使いすぎも防ぐことができます。

Tatsu
お子さんに持たせるなんて使い方もできますね。

 

②銀行口座を開設する必要なし

キャッシュパスポートは新しい銀行口座を開設する必要がありません。

世界で使える国際キャッシュカードは銀行発行なので口座を開設する必要がありますが。

キャッシュパスポートは振り込み式なので、新しく口座を作る必要はなしです。

Tatsu
[今ある銀行口座から振り込むだけで準備はバッチリです。/voice]

 

③ATMで現地通貨を引き出せる

キャッシュパスポートはマスターカードブランドのカードです。

世界中、マスターカードのマークがついたATMなら、現地通貨を引き出すことが可能です。

カード払いができない時にも安心できますね。

Tatsu
海外では現金しか使えないお店も結構ありますので、現地のATMが使えるのはありがたいです。

 

④クレジットカード代わりに使える

キャッシュパスポートは、クレジットカードのように使うこともできます。

マスターカードの加盟店であれば、キャッシュレスのカード払いも使える。

世界で210以上の国の加盟国、加盟店で使えますよ。

Tatsu
現地通貨の引き出しも、カード払いもこなせる万能選手です。

 

⑤Tポイントが貯まる

キャッシュパスポートは200円ごとに1ポイントのTポイントが加算されます。

これは現地のATM利用やカード払いで付与されるもの。

海外での買い物でもTポイントが貯まるなんて嬉しい特典です。

Tatsu
Tポイントは1ポイント=1円換算です、少しづつでも貯まるのはありがたい。

 

特に現地の通貨がATMで引き出せたり、クレジットカード代わりに使えるのは使いやすい特徴かなと。

それにキャッシュパスポートは発行すると一緒にスペアカードを送ってきてくれます。

ですので紛失や盗難の際にも安心です。

Tatsu
初めからスペアカードを用意してくれているのはとても良い特徴だと思います。

 

キャッシュパスポートの注意点

さまざまな使い方や特徴があるキャッシュパスポートですが、使うときのに注意したいこともあります。

その注意したいところは以下のとおり。

  1. 日本国内では使えない
  2. 手数料がかかる

 

①日本国内では使えない

キャッシュパスポートは、トラベル専用のカードなので日本国内では使えません。

もし海外から帰ってきた時にカード内にお金が残っている場合は、そのまま残すか精算するかです。

精算する時には500円の手数料がかかります。

 

②利用手数料がかかる

ATM利用手数料

海外のATMを利用する時には、一回につき200円の手数料がかかります。

これはキャッシュパスポートの利用手数料なので、ATMでの利用手数料がかかる場合はそれも別途支払う必要があります。

Tatsu
日本でも自分の銀行と違うところで引き出すと手数料がかかりますよね、そういった手数料+200円がかかります。

 

為替手数料

キャッシュパスポートにはあらかじめ日本円から海外の通貨に入金をすることができます。

その時にかかるのが為替手数料、現在のレートに+4%の手数料上乗せされます。

例えば日本円からオーストラリアドルに入金をすると以下のような感じになります。

為替手数料なし:80.97円  100,000円=1235ドル

為替手数料あり:84.20円 100,000円=1187ドル

 

10万円を両替すると、為替手数料として約50ドルがかかる計算です。

ですが、現地で両替する場合にはこれ以上に為替の変化があることも多いです。

Tatsu
両替の手間や時間を考えるとキャッシュパスポートを選ぶのは賢い選択だと思いますね。

 

キャッシュパスポートの申し込み

キャッシュパスポートは申し込んでから約1週間ほどで届きます。

申し込みから利用までの流れは以下のような流れです。

  1. インターネットから申し込み
  2. 受け取り
  3. 専用口座へのチャージ
  4. マイアカウントの開設・利用開始

 

受け取りの際には本人確認が必要になりますので、その点はご注意です。

専用口座へのチャージは、海外の通貨によって振込先が違うので、そのあたりのことは同封されるスタートガイドに詳しく書かれています。

マイアカウントではカードの残高の確認などがインターネットでできるのでとても便利ですよ。

Tatsu
キャッシュパスポートは年会費なども無料なので、とりあえず作っておくのがオススメですよ。

 

海外行くならキャッシュパスポート! まとめ

海外に現金を持て行くのは少し不安なものです。

現地での両替先やレートを気にしてしまい、結果的にレートの良くないところで両替してしまう可能性もあります。

キャッシュパスポートは、そのわずらわしさを一気にスキップできる素敵なカード。

]

Tatsu
現地両替は不満があってもなかなか伝えられませんからね。

 

ただ、海外に長期的に住む予定であれば、数万円くらいをを初期資金としてキャッシュパスポートにチャージ。

現地の銀行口座を開設するのであれば、海外送金サービスを使ってお金を送ったほうがお得です。

関連記事:海外送金はTransferWise(トランスファーワイズ)!賢く手軽な海外送金

 

海外に行くのに使える、便利なキャッシュパスポート。

お金の心配をせずに海外を楽しむためにも、まずは試しに作ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。