コーヒーは淹れ方の種類で味が違う?7種類の淹れ方の違いをまとめて紹介する

コーヒーを淹れる種類にはどんなものがあるんだろう?

それぞれの味の特徴が知りたい

初心者でも簡単に淹れられるのはどれ?

コーヒーを家で淹れたいけど、コーヒーの淹れ方には何やら種類があるらしい。

どんなふうに淹れるのがベストなんだろう…?

 

こんにちは。家ではドリップコーヒー派のTatsuです。

コーヒーには淹れ方の種類がいくつもあります。

定番のハンドドリップコーヒーから、こだわりを感じるネルドリップ。

手軽に淹れられるフレンチプレスやニュースタイルのエアロプレスなど…。

 

しかし、なかにはこんな悩みがある方もいるのではないでしょうか?

「コーヒーの淹れ方の種類が多すぎて、どの方法がいいかわからない…」

どの淹れ方でどんな味のコーヒーが淹れられるのかが知りたい…」

だって、自宅用のコーヒーを入れるための器具でもいくつも種類があるんでしょう?どれがいいのかわからないよ。

Tatsu

バリエーションが豊富なのは淹れる楽しみが広がる反面、選ぶのが大変だからね。

 

そこで今回の記事では、自宅でコーヒーを淹れる器具を種類別にご紹介していきます。

淹れる器具によっての特徴も解説していきますので、きっとあなたにピッタリ合うコーヒーの淹れ方の種類に出会うことができると思いますよ!!

 

自宅で楽しむコーヒーの淹れ方!その種類

コーヒーには年々新しい抽出器具が登場しています。昔からあるハンドドドリップや最新のエアロプレスまで、そしてそれぞれに味の特徴も違うため、選ぶのに苦労します。

ですが、それがコーヒーを淹れる楽しみともいえるでしょう。淹れる種類だけ楽しみがあるのも、コーヒーの魅力です。自分好みの味を見つけるのもおもしろいですよね…!

ここからは、コーヒーの淹れ方を7つの器具ごとに紹介していきます。あなた好みの淹れ方も必ずみつかるはずですよ。

コーヒーの淹れ方7種類

  1. ハンドドリップ
  2. ネルドリップ
  3. フレンチプレス
  4. エアロプレス
  5. クレバー
  6. サイフォン
  7. エスプレッソ
Satoshi
す、すごい。コーヒーだけでもこれだけの淹れ方があるんですか…!
Tatsu
そうそう、しかもこの中からそれぞれに細かい器具に分かれているからね。本当にコーヒーの淹れ方は多種多様だよ…!

それでは、下記から順にコーヒーの淹れ方と味の特徴をご紹介していきます。

 

①コーヒーの淹れ方の定番!ハンドドリップコーヒー

ハンドドリップは日本では一番なじみ深いコーヒーの淹れ方の種類です。

自宅でコーヒーを始めてみたい方が、まずはじめに「試してみよう!」と思いつくのもハンドドリップが多いですね。

ハンドドリップに使うコーヒードリッパーにはいくつかの種類があり、これらのドリッパーにはそれぞれに特徴があります。

代表的なドリッパーは以下のメーカーのものがあります。

  • HARIO(ハリオ)
  • Kalita(カリタ)
  • Melitta(メリタ)
  • KONO(コーノ)

 

他にもいくつか個性のあるドリッパーがありますが、代表的なところは以上のようなものです。

ハンドドリップを検討する際には、これらのドリッパーから始めるのがよいかと。

 

ハンドドリップで淹れたコーヒーの味の特徴

ハンドドリップコーヒーはコーヒー豆をペーパーフィルターのなかに入れ、上からお湯を注いで抽出する透過式の抽出方法です。

ハンドドリップはスッキリとして雑味のないクリアな味わいを引き出せるのが特徴。

コーヒー豆には「コーヒーオイル」といわれる油分がありますが、このコーヒーオイルを紙でできたフィルターが吸収してくれるため、スッキリとクリアな味わいになります。

その反面、ハンドドリップコーヒーはお湯を注ぐ早さでコーヒーの味を調整することができます

淹れる人によって味が変わるのも、ハンドドリップコーヒーの大きな魅力ですね。

Tatsu

そうだね。淹れ方次第でスッキリクリアな味わいでも濃いめな味に仕上げたり、反対にサラッと薄めにコーヒーを抽出することも可能だよ!

 

オススメのハンドドリップの器具は?

HARIO(ハリオ) V60 コーヒードリッパー

透過式のドリッパーはハリオが定番、世界中で使われる定番モデルです。

 

②コーヒーの淹れ方でロマンを醸す ネルドリップコーヒー

ネルドリップはハンドドリップの淹れ方の1種です。

しかし、ネルドリップの味わいは、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップコーヒーとは大きく違います。

ネルドリップは深煎りのコーヒー豆の相性が良いです。コーヒー豆を多く使い、お湯の温度も高めにして濃くコーヒーを抽出します。

 

ネルドリップで淹れたコーヒーの味の特徴

このように、ネルドリップにはネルオリジナルともいうべきコーヒーの淹れ方があります。

ネルドリップで淹れたコーヒーは、まろやかで甘みが強く、濃度感ともいうべき触感を感じることができます。

昔から親しまれているネルドリップは人によっては喫茶店のマスターの味ともいえるかもしれません。

ネルドリップは昔から親しまれているコーヒーの淹れ方ですよね?

やっぱり、職人技が必要なコーヒーの淹れ方なんですか?

Tatsu

ネルは保管に気を使う必要もあるし、抽出もつきっきりだ。コーヒー玄人向けと言えるかも。

 

オススメのネルの器具は?

HARIO(ハリオ) ネルドリップポットウッドネック

ネルがポットに収まり抽出が安定、ネルを始めるならこのモデルで決まりです。

 

③手軽にコーヒーを淹れるなら フレンチプレス

フレンチプレスは手軽にコーヒーが淹れられる抽出器具。

日本では、スターバックスがよく使用していたことから広まった器具ですね。

かくいう僕もスターバックスで働いていた経験があり、当時はフレンチプレスを使って何度もコーヒーを淹れていました。

フレンチプレスはスタバでよく使われていたものが普及したんですね!

Tatsu

スタバでよく目にするようになってからフレンチプレスを使うお店も増えた印象があるよ。

>>コーヒーの始まりはフレンチプレスから!手軽に本格を淹れるフレンチプレスの使い方

 

フレンチプレスのコーヒーの淹れ方

フレンチプレスの特徴はなんといってもその手軽さにあります。

フレンチプレスを使ってコーヒーを淹れるときに必要なものはたったの3つ。

フレンチプレスとあら目に挽いたコーヒー豆、それと時間を測るタイマーです。

【フレンチプレスのコーヒーの淹れ方】

  1. あらかじめ温めておいたフレンチプレスにコーヒー豆を入れます。

  2. 上からお湯を注ぎます。

  3. タイマーで4分間測ります。

  4. 時間がきたらフィルターを下まで押し下げます。

  5. 美味しいコーヒーの出来上がり。

 

フレンチプレスで淹れたコーヒーの味の特徴

フレンチプレスのフィルターの目は粗く、コーヒー豆の細かい粉や香りの詰まったコーヒーオイルをとおします。

こうしてできたフレンチプレスのコーヒーは、コーヒー豆本来の香りや風味がダイレクトに味わえます。

また、コーヒーの油分であるコーヒーオイルも溶け込んでいるため、口当たりが重く感じることもあるでしょう。

フレンチプレスは手軽に、美味しいコーヒーが淹れられる抽出器具なんですね。

Tatsu

手軽に淹れられるのは、フレンチプレスの大きな利点だよ。

 

オススメのフレンチプレスは?

HARIO(ハリオ) ハリオールブライト

ハリオのガラス製品は世界レベル、見た目も美しいフレンチプレスです。

 

④コーヒーの淹れ方の黒船 エアロプレス

エアロプレスを生み出したのはアメリカのアウトドアブランド「エアロビー」。

エアロプレスはもともと「アウトドアでも美味しいコーヒーが飲めるように」と開発された抽出器具です。

アウトドアブランドが開発?それって大丈夫なんですか?イロモノじゃないんですか?

Tatsu

エアロプレスは世界大会が開催されているほどで、世界中で使われている抽出器具なんだよ。

 

エアロプレスで淹れたコーヒーの味の特徴

コーヒーの淹れ方のなかでもエアロプレスが変わっている点は、圧力をかけて抽出すること。

エアロプレスはこの淹れ方を採用していることで、ほかのどのコーヒー抽出器具とも違った味わいが引き出せます。

コーヒーはクリアで味わい豊か、コーヒー豆の持つ風味もより強く感じることができます。

エアロプレスは見た目こそ独特ですけど、コーヒーの味はしっかりしているんですね!?

Tatsu

うん。エアロプレスで淹れたコーヒーは透き通るようにクリアで風味が豊かだよ。

 

エアロプレスで楽しめる味のバリエーション

エアロプレスはコーヒー豆の挽き方や淹れ方の種類を変えることで、いろいろな味のコーヒーを淹れることもできます。

コーヒー豆を細かく挽き注ぐお湯の量を少なめにすればエスプレッソのようなコーヒーを淹れることも可能。

また、別売りの金属フィルターを使うことによって、コーヒーオイルを含ませたより濃厚でコクの強いコーヒーを淹れることもできます。

エアロプレスは淹れられるコーヒーの味がたくさんあるんですね。

Tatsu

エアロプレスの淹れ方の広いバリエーションは、他の抽出器具にはマネができないだといえるよ。

 

オススメのエアロプレスは?

AEROBIE(エアロビー) エアロプレス

エアロプレスは純正一択、他のメーカーからは販売されていません。

 

 

⑤コーヒーの新しいカタチ クレバー

“Clever”は賢いを意味する英語です。クレバーコーヒードリッパーは、その名前の通りとても賢いカタチを実現したドリッパーです。

カンタンにいえば、ドリップとフレンチプレスのいいとこどりをしたようなものでしょうか?味のブレが少なく、誰でも手軽に同じ味を再現できます。

その秘密はクレバーの構造にあります。クレバーのドリッパーの下にはフタがついており、カップの上に置くことでそのフタが開き、抽出が始まるようになっています。

見た目は通常のドリッパーと変わりませんが、実際の抽出手順は大きく異なります。クレバーの抽出手順は、下記にまとめました。

【クレバーの抽出手順】

  1. クレバーにペーパーフィルターをセットする
  2. 挽いたコーヒー豆をセットする(中挽き)
  3. お湯を全体に注ぐ
  4. 3分〜4分待つ
  5. カップの上にクレバーを置いて抽出する

上記の手順でクレバーでの抽出は完成です。ずっとみている必要がないので、朝の忙しい時間帯にもおすすめの器具ですね。

クレバーで抽出したコーヒーの味は、アッサリとしたフレンチプレスといった感じです。ペーパーフィルターを使っているので、オイルも入らずサッパリとした口当たりですね。

フレンチプレスで入りがちなコーヒーの細かい粉“微粉”も、クレバーなら入りません。手軽に本格的な味わいを楽しめるクレバーは、今注目を集めている器具ですよ…!

◆1杯〜2杯用のSサイズ

◆1杯〜4杯用のLサイズ

◆HARIO(ハリオ)からも同じような商品が発売されています…!

 

⑥蒸気の力でコーヒーを抽出 サイフォン

サイフォンは、日本でも古くから喫茶店などで使用されてきた抽出器具です。

その起源は19世紀のヨーロッパにあり、長い歴史の間親しまれてきました。

蒸気圧を使った方法で、理科の実験のようなワクワク感を楽しみながらコーヒーを抽出できます。抽出時間を決めれば、同じ味をカンタンに再現できることも特徴でしょう。

Satoshi
サイフォンといえば、喫茶店のマスターがこだわって淹れるイメージが強いです!
Tatsu
そうだね、でも慣れてしまえば自宅でもおいしいコーヒーを淹れることができるよ…!

サイフォンのコーヒーの抽出手順は、下記の通りです。

【サイフォンの抽出手順】

  1. 挽いたコーヒー豆を上部のロートにセットする
  2. 下部のフラスコにお湯を入れ、アルコールランプであてて熱する
  3. 上部にお湯が上がってきたら、木べらでコーヒー豆をかき混ぜる
  4. “泡・粉・液体の3層になる、1分経ったらアルコールランプを消し、再度木べらで混ぜる
  5. 抽出されたコーヒーが下部のフラスコに落ちる、完成

サイフォンはネルでコーヒーを漉すため、まろやかで口当たりが滑らかな味わいが特徴です。

こだわりを演出できるサイフォンで、贅沢なコーヒー時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ハリオ コーヒーサイフォン テクニカ [TCA-3] [RCP] HARIO ( まんまる堂)

 

⑦専用のマシンで抽出する エスプレッソ

“特急”や“あなたのために”を意味するエスプレッソは、イタリアやフランスではポピュラーな飲み物です。

そのままのストレートで飲むことはもちろん、砂糖をたっぷり加えたり、ミルクを加えた“カフェラテ”や“カプチーノ”のベースにもなったりしています。

9気圧という高い圧力をかけて抽出されるエスプレッソは、およそ30mlほどの濃厚で芳醇な味わいが特徴です。苦味はもちろん、コーヒー豆の甘みや酸味も堪能できます。

Tatsu
最近では、コーヒー豆の個性を楽しめる“シングルオリジン”のエスプレッソも増えています。生産地の個性を楽しむ飲み方ですね…!

エスプレッソはほかのコーヒーの淹れ方と大きく違うのは、専用のマシンが必要になることです。

家庭用の小さなマシンから、業務用の大きなマシンまで、その種類も多種多様ですよ。

淹れたエスプレッソの味は家庭と専門店では明らかに違います。ですが、家でもおいしいエスプレッソを淹れることは十分に可能ですよ…!

そのためには、下記の注意点を守って淹れることが大切です。

【エスプレッソを淹れるときの注意点】

  1. コーヒー豆は挽き立てのフレッシュなものを使う
  2. タンピング(上からコーヒー豆を押し固めること)は水平におこなう
  3. 抽出しすぎない

エスプレッソの淹れ方については、下記の記事で詳しく解説していますよ。

エスプレッソはコツが掴めればおいしい味わいが楽しめます。

また、ミルクをスチームしてカフェラテやカプチーノを楽しむこともできるでしょう。

エスプレッソは家庭でのコーヒーの幅をグッと広げてくれます、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ コーヒーの淹れ方7種類について

ここまで、自宅でできるコーヒーの淹れ方4種類を見てきました。

それぞれの淹れ方には異なる個性があり、その淹れ方のメソッドやコーヒーの味も大きく異なります

コーヒーは本当に奥が深いですね、どれから始めてみようかな….。

Tatsu

こだわり始めたらめちゃめちゃ奥は深いからね。最後に、今回紹介した淹れ方の種類をまとめておこう。

ハンドドリップ
淹れる人によって味も変わり、ドリッパーを変えることで淹れられるコーヒーの味わいは千差万別です。

ネルドリップ
コーヒー玄人向けのこだわりの一杯を生み出すことができます。

フレンチプレス
普段忙しくてなかなか時間がとれない、でも美味しいコーヒーを手軽に楽しみたい方に。

エアロプレス
淹れ方のバリエーションも広く、コーヒーの風味を存分に引き出すことができる淹れ方です。 

コーヒーは、淹れ方によって大きく味が変わるのも魅力のひとつです。

その魅力を楽しむための第一歩に、この記事がお役に立てば幸いです。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>コーヒーをドリップするなら量を測ろう!最高のコーヒーライフを楽しむ

>>家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

>>【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。