【永久保存版】コミュニケーション能力を劇的に高める方法!1日100人と話すバリスタが教えるコミュニーケーションの鉄則!

スポンサードリンク

こんにちは、バリトラ運営者のTATSUHITOです。

みなさん毎日コミュニケーション取ってますか?

僕は「自由に楽しく生きる」がモットーです。

大事なことはいくつかありますがその中でもコミュニケーションは一番大事にしていることの一つ。

コニュニケーションはイコール人間関係。仕事をする上でも生きる上でも欠かせなことの一つだと思ってます。それに僕はバリスタという職業柄一日100人以上の人と話すこともよくある。

この記事では接客やセミナーを通して僕が学んだコミュニケーションの重要性と考え方。それに加えて実用的な技術をシェアしていきたいと思います。

コミュニケーションに悩んでいる人には特に読んでもらいたい内容になっています。

目次

なぜコミュニケーションは重要なのか?

コミュニケーションを取る大切さ

コミュニケーションをとることはそれが仕事であれプライベートであれとても重要なことです。

話をしなければ相手のことは全くわからないし自分のことをわかってもらうこともできません。
そんなつまらない人生は嫌になりませんか?僕は絶対嫌です。

例えばもしあなたが

  • 人見知りでコミュニケーションが取れない
  • わかっているけど自信が…
  • コミュニケーションが全然なくても人生楽しいわ!

と考えているようならすぐに考え直してください。

コミュニケーションすることは自分のことを知ってもらい相手のことを知る唯一の方法です。
最初に持った印象が話した後にはガラッと変わることなんてこともよくあります。

自分という人間を知ってもらうためにもコミュニケーションは欠かせません。

コミュニケーションは人生の潤滑油です。

 

もしコミュニケーションを全く取らなかったらどうなるか?

例えばあなたが10日間も人と話さなかったら。と想像してみてください。

・・・

どうでしょう?きっとそんな状態は想像したくないくらい寂しいものだと思いませんでしたか?

Tatsuhito
少なくとも僕には絶対できません。….

仕事を辞める理由の1位が「人間関係」っていうことからもわかるようにコミュニケーションはめちゃくちゃ大事。
もし仕事場に行って全然話さなかったら好きな仕事をしていても嫌になりますよね。

 

 

 

コミュニケーションがないと人生は本当につまらなくなる。

 

コミュニケーションが沢山取れると人生がこんなにも充実する

僕は先月までワーキングホリデーの資金作りのためにアルバイトを3つ掛け持ちしていました。
職場では影で「スーパートリプルアルバイター」と呼ばれていたでしょう。ドヤッ!٩( ᐛ )و

ただ実際は朝から晩まで仕事漬け、一日13時間労働です。
マジで途中で泣きたくなりました。

ただ今回言いたいのはトリプルワークの過酷さではなくそこでのコミュニケーションについて。

僕からいうのもなんですが。とても円滑にコミュニケーション取れてました!
おかげさまでどこでの仕事もめちゃくちゃ楽しかった!

アルバイトなので年齢層も様々、同年代のアラサー世代や年上の素敵なお姉さま。もちろん学生の子もたくさんいます。
この時はめまいがしそうなくらいたくさんの人に会いました。

合計で150人位に「初めまして」って言ったかな。

学生の子に至っては10歳年下の人もいるくらいですから共通の話題なんて全然ない状況です。

Tatsuhito
マジでどうしよー。さすがに仲良くなれるか心配だ。…

コミュニケーションに自信がなかったわけではありませんが本当にどうしよーと思いました。

この時の僕の状況をまとめると…

  • 3店舗とも新しい環境で知り合い0
  • 年代が近いアラサー世代はそのうちの10%
  • 学生層はもはやわからない存在、ある意味モンスター

つまり共通しているのはほぼ一つ!同じ場所で働いている。ということだけです。

そんな状態からでも僕が全ての場所で楽しく過ごせたのはコミュニケーションをしっかりととっていたからだと思います。

毎日話をすることで最初の状態から徐々に状況は変わっていきました。

  • 3店舗とも新しい環境で知り合い0→いつ行っても話す相手がいる楽しい職場に。

  • 年代が近いアラサー世代はそのうちの10%→世代問わず話題が豊富で話すことが楽しみに。
  • 学生層はもはやわからない存在、ある意味モンスター→知らないことを教えてくれるある意味教師。

これだけ状況が変化していくのが楽しくなれば仕事量も苦になりません。

 

コミュニケーションが上手な人の特徴は?

さてコミュニケーションが得意な人、上手な人には共通する特徴があります。それは

  1. 何事も前向きに捉えてくれる
  2. リアクションの反応率が高い
  3. 話をしっかりと聞いてくれる

どれも簡単なことだと思いましたか?

ところがどっこい実際やると結構大変ですよ。詳しく解説していきますね。

 

特徴1:何事も前向きに捉えてくれる

コミュニケーションが上手な人は前向きに物事を考えています。

例えば会話の途中で悪い方向に話が進みそうな時は

  • そうなんだーなるほど。でもこう考えてみたらどうかな?
  • それは落ち込むなー。でも今日からはお陰でもっと頑張れるじゃん!

なんでも前向きに捉えてアドバイスやリアクションをしてくれる。

ネガティブな話には口を挟まず良い方向になるように切り返していくので自然と話題が前向きになり「あれ、この人と話すの楽しい」と思われ自然に話しかけられる環境になっていきます。

tatsuhito
話すならやっぱり楽しい人とですよね

 

特徴2:リアクションの反応率が高い

話をするとしてどちらにこの後話しかけたいと思いますか?

  1. 「おーそうなんだ、楽しそうだね!誰と行ったの?」
  2. 「へー、そうなんだ・・・」

ほとんどの人は1番の人に話を続けたいと思うんじゃないでしょうか?

コミュニケーションの上手い人はリアクションの反応が良いんです。
会話の内容はもちろんですがリアクションを取るのは相手への興味がないとできません。

Tatsuhito
僕もこれはとても意識しています。

 

特徴3:話をしっかりと聞いてくれる

コミュ力のある人は話を聞くのも上手いです。

なぜならコミュニケーションをGIVEで考えているから。自分の時間を相手にGIVEすることで相手の信頼感が生まれ、結果的に相手もこちらの話を聞いてくれるようになるわけです。

コミュニケーションは相手に楽しんでもらう。を前提に話をする人とはたくさん話したくなりますからね。

tatsuhito
自分の時間を相手にあげている。という感覚ですね。

 

これはNG!コミュニケーションが上手な人が絶対やらない行動

 

反対にコミュニケーション上手な人がやらない行動というのもあります。

  1. 相手の意見を否定する
  2. ネガティブなことばかり口にだす
  3. 愚痴や悪口を広める

こちらも詳しく解説していきますね。

相手の意見を否定する

相手の意見を否定するのは本当にNGです。

否定すると相手の肯定感が下がり相手との距離が開いてしまいます。コミュニケーション上手は絶対やりません。(仕事や議論は別として)

コミュ力の高い人の切り返し方は

僕:「これやろうと思うんだけど・・・」

相手:「お!いいね。あ、でもこうしてみたらどうかな?」

否定をするにも一度相手を肯定してさらに良くするためのアドバイスをしてくれます。

Tatsuhito
否定だけされる意味がマジでわからない。

 

ネガティブなことばかり口にだす

口を開けるとネガティブなことばかり言う人がいます。

そんな人とは僕は100パーセント距離取ります。

仕事で関わるなら仕方ないけどやり取りを最小限に抑える努力は惜しみません。

理由はエネルギーを取られるから。

ネガティブのことって周りのエネルギーも吸い取ります。もちろん話したくなくなります。

なのでネガティブなことは口に出しません。

 

愚痴や悪口を広める

もし本人に悪気がないとしても愚痴や悪口はありえません。

また周りの聞いている人たちも他では悪口を言われていると思いその人とは距離をあけ最終的には誰も話を聞いてくれなくなります。

コミュ力のある人はこういうところからはスッと離れていきます。
会話をするなら楽しい、前向きで生産的なことにしか興味がわかないからです。

この3つの行動は今すぐにやめましょう。

 

コミュニケーションが上手になりたいならこの考え方は必須!コミュニケーションのマインドセット。

コミュニケーション力には技術や声量など幾つか磨けるものがありますがその中でも僕が一番重要だと思うのは考え方=マインドセットです。

技術や声に磨きをかければ確かにコミュニケーションレベルはグッとあがります。

ただこれらを磨くには時間がかかります。


マインドセットを磨くにはその考えに気づくだけ。意識するだけでコミュニケーションはすぐによくなります。

その考え方のエッセンスはこちら

  1. 「相手との距離感は積み重ね」という意識を持つ

  2. コミュニケーションにおける「親愛の三角形」
  3. 嫌い、苦手からは離れてもいい

ここからそれぞれ解説していきます。

「相手との距離感は積み重ね」という意識を持つ

何回あっても初めて会った時の距離感から全く変わらない。
何回会ってもなんかよそよそしい。

そういう人とはなかなか距離が縮まらず仲良くなれません。

会うのが2回目であれば前の時の経験値があります、相手のことも少なからずわかっていますよね?
そこで初めてのようによそよそしいと相手も距離を取ってしまいます。

「ミラーリング効果」と同じことで自分の心理は相手になんとなーく伝わるものです。
自分が気まずいと思っていると相手も気まずく感じてしまいます。

ミラーリング効果は「同調効果」ともいい、好意を持つ相手、もしくは好意を抱いて欲しい相手と同じ動作をすることでより親しみを感じやすくなるというものです。
恋愛の駆け引きにもよく使われる技術ですね。

反対に自分が前回会った時のことを踏まえて相手と親しく話し始めれば相手にも気持ちが伝わりより親しみが増していきます。

2回目にも関わらず最初の時のように接してこられたら寂しく感じませんか?

人間は好感を持ってきてくれる人には好感を持つものです。
人と会うときは親しみも一緒に積み上げている。という意識を持つのが大切です。

人に接する時、特に仲良くなりたい人には好意を前面に出して接するように意識しましょう。

 

相手との共感、親しみ、肯定で「親愛の三角形」が大きくなる。

この三角形は「相手がどういう時に自分との距離を縮めてくれるのか」を表しています。

それは「共感、親しみ、そして肯定です」この3点が相手との親密さを深めるポイントになっています。

例えば相手が「同じ出身地」であれば相手との親しみと共感の部分が大きくなっていきます。
あなたがやりたいことに対して「いいよね」と言われれば肯定の部分が大きくなっていきます。
好きなものが同じであれば共感の部分が大きくなります。

つまりこの3点を意識して大きくしていけば相手と仲良くなることができるわけですね。

しかもこの三角形は1点が大きくなれば他の部分も一緒に大きくなります。
どこを大きくしても結果的には全体に響き均等に大きくなっていきます。

反対に否定したり、共感しないことが続けばこの三角形は小さくなり相手との距離感も離れてしまいます。


なので否定や反対意見を言うときは必ず肯定してからするようにしてください

 

嫌い、苦手な相手からは離れてもいい

世界には何億という人がいます。コミュニケーションを取れば誰とでも繋がることができます。

でももしあなたが誰彼構わずいい顔をしているならそれはやめましょう。

嫌いな相手、苦手だなと思う相手がいたら距離をとっていいんです。

ネガティブなことばかり言ってこちらの時間を奪う人からは離れましょう。

何億もいる人全員と仲良くなることは不可能に近いことです。
それはコミュニティがいかに小さくても同じ。

無理して嫌な相手と付き合って、自分が疲弊して、大事な人にきつく当たるくらいならそんな人は無視してください。

考え方が違う人はむしろいて当たり前、必ずあなたと同じような考えを持った人もいます。

そのエネルギーはあなたの大事な人のためにとっておいてください。

そう思うだけでも今目の前の人を大事にしようと思えてきませんか?

この考え方ははとてもとても重要です。

 

会話が苦手な人はこれを意識!ポイントは興味、相槌、声のテンション!

いくら考え方を変えても具体的に話すにはどうすればいいの?

実際に相手とコミュニケーションをとるには「会話」は欠かせませんよね。

ここまでの考え方や注意するポイントを押さえておけば前向きに接することが大事だというのはお分かりかと思います。

なのでここからは会話の仕方やどう切り出していくのがいいのか、書いていきます。

会話のキーワードは以下の3点

・まずは相手に興味を向ける

・相槌に力を入れる

・「声のトーンは1トーン高く」を意識する

まずは相手に興味を向ける

コミュニケーションに悩む人が一番悩むのは「何を話していいのかわからない」じゃないでしょうか?
実際僕も前はめちゃくちゃ悩んでました。何を話していいのかわからない…

でも気づけば割と簡単なことです。初対面でもこれさえ覚えておけば大丈夫です。

それは「相手が興味のあること」を話題にするです。

相手が見ている目線を意識してください。目線の先には必ず相手の興味を引いているものがあります。

これは特に会話の導入時に有効です。何も話すことがないと焦る前に相手の視線の先を意識してみてください。

相槌に力を入れる

相槌を打つのはコミュニケーションの基本中の基本。実践している人も多いでしょう。

ですがただうなづくだけよりも効果のある相槌の仕方があります。

それは「いいね」「確かに」「そうだね」と一緒に肯定の言葉をかけることです。

してみるとわかりますがいいねと言いながら話を聞いていると自然と話にのめり込んでいくことができます。

声を出すと無意識に体が「話をちゃんと聞かなければ」モードに入りしっかりと話を聞くようになるためです。

相槌一つで会話の盛り上がりは大きく変わります。

意識して相槌をしてみてください。驚くほど会話が盛り上がり効果を実感できますよ。

「声のトーンは1トーン高く」を意識する

声のトーンはコミュニケーションにおいてとても重要です。

試しに下の言葉を明るく、暗く言い分けてみてください。同じことを言っても印象は全く異なるのがわかります。

  • そうなんだ、いいね↗︎
  • そうなんだ、いいね↘︎

声のトーンは普段よりも1トーン高い声で話すのが相手にも聞こえやすく、いいと思います。

恥ずかしいと思いますか?でも実際そんなに周りは気づきません。

僕もやった時に気になったので周りの人に聞いてみました。やるたびやるたび何回も。

でも誰も気づいてなかったですw

いい意味でみんな他人にそんなに興味ありませんよ。恥ずかしがらずに思い切ってやってみましょう。

 

雑談を盛り上げるには!目的のない会話が目的だ。

実はコミュニケーションで一番大事なのは意味のない雑談です。

何気ない会話を積み重ねることで相手との距離が縮まります、また何気ない雑談の方が相手の考え方やしたいことが聞けて共通することや興味のあることもわかりやすいので、結果的に仕事や人生の充実につながっていきます。

雑談は人生に欠かせない最重要コミュニケーションメソッドです。

雑談は話題のキャッチボール

雑談は決まったテーマがなくある意味会話の自由系です
ただ決まったテーマがないだけに話題探しが難しいと感じていませんか?

そういうときの話題は相手の話の中から引っ張り出してきてください。

例えば話の中で盛り上がった話が一つでもあれば「そういえばさっきの話ですけど…」

と振り返れば相手も再び熱量を持って話してくれます。

あなたが話を盛り上げれば、一つのことでも10分15分は話し続けることができます。

それは相槌をしたり、時には自分の話を少しすれば初対面でも何も心配することはないです。

否定はしない、議論はしない。

雑談の中で相手の意見を否定したり「いやそれは…」と言いたくなることもあるでしょう。

ですが先程の三角形を思い出してみてください。否定は相手との距離を広げます。

仲良くなりたくてしている雑談で余計に仲が悪くなってしまったら元も子もありません。
「そういう見方もあるのか」と自分の見解を広げてもらったと思って感謝しましょう。

どうしても譲れないことがあるときは

「確かにそうかもね、でも僕はこうも思うな

と相手の意見を認めた上で話を続けるようにしてください。

雑談にはゴールはない、意味のない会話にこそ意味がある。

雑談はよく「意味のない会話」と言われます。

確かに雑談それ自体に意味はそこまで感じません。ただそういうことが書いてあるビジネス本では単に相手や自分にもたらすメリットに関して意味がないと言っているだけで実際にはめちゃめちゃ重要なことがあります。

例えば

  • 相手と話しやすくなり仕事上もコミュニケーションがスムーズに取れる
  • 困ったときに助けを求めやすい
  • 自分が興味のあることや人を紹介してくれる

とこのようなメリットは一目にはわかりづらいので雑談は軽視されがちですが。

実は仕事をする上でも人生を楽しむ上でも雑談は欠かせません!

自分のコミュニケーション、少し見直してみませんか?

 

最後に

コミュニケーションは人生に欠かせない、とてもとても重要なことだ。

いかがでしたでしょうか?

実は僕も以前は人見知りで、初対面では何を話せばいいのかわからずに黙っていることばかりでした。

でも、人見知りとか自信がないのって別に人のことが嫌いとか、話したくないってわけじゃないですよね?

「ほんとは話したいけど何を話せばいいのかわからない。」

「話したいけど自信がない…」

僕はそういう人にこそこの記事は読んでほしいです。悩むのすっごく気持ちわかります。

人見知りって、自信がないのって変われます!大丈夫です!

コミュニケーションは人生の潤滑油です。相手と繋がることで周りと繋がり世界と繋がりそして世界が広がっていきます。

コミュニケーションができるとあなたの世界はめちゃめちゃ広がります!

人見知りするから、自分に自信がないから、何を話せばいいのかわからないから、話さないでいい理由なんていくらでも出てきます。

でも僕はそういう人にこそ人と関わる楽しみを知ってほしい、話す楽しみを知ってほしい。知らないことを知る楽しみを知ってほしい。

コミュニケーションにはその全部が詰まっています。やらないなんてマジでもったいないです。

教えて欲しい人にはまだまだ教えます。人生少しずつでもチャレンジして楽しく変えていきましょう。

この記事があなたの参考になれば本当に幸いです。ではではー。

 

スポンサードリンク