オーストラリアのカフェを楽しむ完全ガイド〜歴史から注文までわかりやすく〜

こんにちは、シドニーでバリスタとして働いていましたタツヒトです。

オーストラリアはカフェの国、シドニーやメルボルンには星の数ほどカフェがあるといわれていて、どこのお店にも個性があり、スタイリッシュです。

そんなオーストラリアのカフェを楽しむための方法を、知っておいて損はないはず…。

Satoshi
オーストラリアのカフェか〜、いってみたいけどメニューとか注文方法とかわからないから不安だなぁ…。
Tatsu
大丈夫!そんなキミのためのカフェの完全ガイドがこの記事だよ。

この記事ではオーストラリアのカフェの歴史やあるあるネタ、コーヒーの種類やおすすめの人気店、そして英語での注文方法まで徹底的に網羅しました。

最後まで読めば、オーストラリアのカフェの楽しみかたが1〜10までわかります。

ぜひ参考にしていただき、オーストラリアのカフェタイムを楽しんでみてくださいね…!

 

【簡単に】オーストラリアのカフェの歴史

オーストラリアは現在、先進国としての地位を確立するほどコーヒー文化が盛んです。

バリスタ世界チャンピオンも続々と誕生しており、今後のコーヒーシーンの発展にも注目が集まります。

そんなオーストラリアのカフェの歴史はどのように始まったのでしょうか?オーストラリアのカフェの歴史を、カンタンに紐解いてみましょう。

Tatsu
僕自身、なぜオーストラリアでカフェやコーヒーが盛んなのか疑問でしたが、歴史を知ることで納得することができました。
  • 始まり
    1980年代、イタリアのからの移民がエスプレッソ文化を持ち込んだことがキッカケ
  • 発展
    2000年のシドニー・オリンピック、カフェのテラス席でコーヒーを飲むのがブームになる
  • 普及
    バリスタの世界チャンピオンが誕生し、続々とおいしいコーヒーが普及し始める
  • 現在
    自店舗でコーヒー豆を焙煎するカフェも増え、有名店も生まれている
Satoshi
ほぉ〜、オーストラリアのカフェ文化のキッカケは、コーヒーの本場イタリアからの移民だったんですね…!
Tatsu
そうそう、日本ではドリップが主流だけど、オーストラリアはイタリア文化の影響からエスプレッソが浸透していったんだ。

現在はカフェの街として名高い“メルボルン”や、僕もワーホリで滞在した“シドニー”など、コーヒー業界をリードする場所もたくさんあります。

オーストラリアのカフェではおいしいコーヒーはもちろん、おしゃれな空間での時間を楽しむこともできますよ…!

 

オーストラリアのカフェの特徴5つ

先進国としてコーヒー業界、カフェ業界をリードしているオーストラリア、そのカフェには日本にはない独自の特徴や魅力=“あるある”があります。

ここではオーストラリアのカフェと日本のカフェの違いを挙げながら、オーストラリアのカフェの特徴を5つ紹介していきます。

 

特徴①自分好みのカスタマイズオーダーをする

日本のカフェで注文する場合、メニューにある中から注文するのが普通ですよね。

【日本のカフェでの注文内容】

  • 本日のコーヒー
  • カフェラテ
  • こだわりのロイヤルミルクティー

基本的にメニューに書いている名前を伝えて、その注文は終了するはずです。

ですが、オーストラリアではその先の注文、すなわち自分好みのカスタムオーダーをすることができます。

Tatsu
例えばコーヒーにぬるめのミルクを入れたり、砂糖を1.5杯分入れたりです。カフェラテの温度を指定したりすることもあります。

しかも、これは特別なカフェではなく、どのカフェでも当たり前におこなわれていることです。

日本ではこだわったとしても温度くらいのものではないでしょうか?

その点オーストラリアでは、お客さんそれぞれが独自のお気に入りカスタムオーダーを持っています。

Tatsu
もちろん、例えばバリスタとして働く場合は、カップに書かれているサインからカスタマイズ内容を把握しなければなりません…。

僕と同じようにオーストラリアのカフェでバリスタとして働いてみたいという方は、下記の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

 

特徴②ミルクの種類がたくさんある

オーストラリアのカフェはミルクの種類がたくさんあり、注文時に好みのものに変更してもらうことができます。

【オーストラリアのミルクの種類】

  • フルクリームミルク
    日本でいう普通のミルクです。なにもいわなければこのミルクになります
  • スキムミルク
    低脂肪乳、フルクリームミルクの次に使用量の多いミルク、ほんのり甘い
  • ソイミルク
    豆乳、注文するときはほぼ追加で料金がかかります
  • アーモンドミルク
    豆乳と同様に注文するときは追加料金がかかります

上記のミルクのうち、ソイミルク(豆乳)とアーモンドミルクは追加料金がかかります。また、扱っていないカフェもあります。

同じメニューを注文しても、ミルクを変更すると味はガラッと変わります。

ミルクの種類が選べることも、オーストラリアのカフェの大きな特徴です。注文する際は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Tatsu
フルクリームミルクは日本でいう通常のミルクですが、さすがオーストラリアのものだけあって濃厚で甘みがあり、とってもおいしいですよ…!

 

特徴③お客さんは名前で呼ぶ

日本では注文後にそのお客さんを呼ぶとき、下記のようにすることが一般的です。

  • 1番でお待ちのお客さま〜
  • トールサイズのカフェモカを注文のお客さまー
  • 先ほどカフェラテとチーズタルトをご注文された方〜

ですが、オーストラリアではお客さんを呼ぶときは名前で呼びます。

  • James(ジェームス)
  • Phil(フィル)
  • Michel(マイケル)

レジで注文をした後は、基本的に名前を聞かれるので覚えておいてください。席で注文する場合は、聞かれることは少ないです。

この名前を聞くというのは、カフェで働く立場からすると結構大変です。僕は相手の名前が聞き取れずに、とても苦労しました。

同じスペルでも読み方が違ったりすることもあります。また、お客さんの立場で名前を呼ばれたときに、ほかの人のドリンクを持っていかないように注意しましょう。

 

特徴④とにかく忙しい

オーストラリアのカフェは、基本的に朝の時間が最も忙しいです。

エスプレッソマシンの上にはカップがずらりと並び、コーヒーを淹れるバリスタは複数人が普通です。

そのうえ注文をするレジには長蛇の列があることがほとんど…。オーストラリアの人たちは、この状況が朝の定番になっています。

Satoshi
朝から長蛇の列?そんなに長い時間待ってまでみんなコーヒーを飲むんですか?
Tatsu
そうそう、しかもきちんと自分のコーヒーがでてくるまで待っているからね。日本よりもオーストラリアの人たちは気が長いのかもしれないね…!

朝のカフェはホントに忙しいですが、それでもいつでもおいしいコーヒーを提供してくれます。

日本ではなかなかみられない、流れるようなバリスタの動きをみることもできますよ。

滞在中に朝のカフェは必ず訪れてみてください。きっとその忙しさにビックリするはずですよ…!

 

特徴⑤ラテアートは店内限定

日本のカフェ、特にコーヒー専門店では、テイクアウトであってもキレイなラテアートをしてくれることがあります。

ですが、オーストラリアの場合、テイクアウトのコーヒーにラテアートをしてくれることは稀(まれ)です。

インスタに映えるようなキレイなラテアートをみるのなら、必ず店内でコーヒーを注文しましょう。

Tatsu
反対に、店内利用ならほとんどのカフェでラテアートをしてくれます。

先の章でもお伝えしたように、オーストラリアのカフェはとても忙しいです。

テイクアウトのコーヒーにラテアートをする時間すら惜しい…。その気持ちが痛いほどよくわかるくらいです。

見栄えのよいコーヒーがほしいとき、ありますよね。そんなときは店内利用でゆったりと待ちましょう。

 

オーストラリアのカフェの定番とは?

オーストラリアのコーヒーはイタリアと同じエスプレッソ文化です。

そのため、日本と同じ感覚で注文すると想像と違ったものがでてきたりする可能性もあります。

オーストラリアのカフェの定番は、大きくわけて下記の2種類です。

  1. ブラックコーヒー
  2. ホワイトコーヒー

①のブラックコーヒーとは、カンタンにいえば“エスプレッソ”のことです。専用のマシンを使って抽出する風味豊かなコーヒーのエッセンス、コーヒー豆の特徴を堪能できます。

このエスプレッソ(オーストラリアではショート・ブラックといいます)をお湯で伸ばしたものが、“ロング・ブラック”です。

オーストラリアで日本のようなブラックコーヒーが飲みたいときは、このロング・ブラックを注文しましょう。エスプレッソの風味がまろやかになり、とても飲みやすいです。

Tatsu
エスプレッソもロング・ブラックも、オーストラリアのカフェでは定番の人気メニューです。

②のホワイトコーヒーとは、カフェラテなどのようにエスプレッソにミルクを加えたものです。

オーストラリアでの定番は“フラットホワイト”というメニュー。少しのフォームミルク(泡立てたミルク)とたっぷりのミルクで、コーヒーの風味が存分に楽しめます。

また、“カプチーノ”もおすすめです。オーストラリアではチョコパウダーがかかっていて、ほんのりとした甘さも楽しめます。

どちらも定番ですので、ぜひ試してみてください。

Tatsu
カフェラテとフラットホワイトとカプチーノ、どれも材料は共通ですがわずかに違います。ぜひ滞在中に飲み比べてみてください。

また、オーストラリアのカフェではコーヒー以外のメニューも充実しています。

  • チャイティーラテ
  • 抹茶ラテ
  • フレッシュジュース

中でもチャイティーラテは、メルボルンで生産されている“PRANA(プラナ)”というブランドのものが定番です。

本格的なスパイス感とほっこりとする甘さは格別です。寒い時期にはコーヒ同様に人気がありますよ…!

※プラナチャイは日本でも購入可能です→27 Coffee Roastersのページへ

Tatsu
コーヒーもコーヒー以外のメニューも、オーストラリアのカフェでは人気があります。そのほかのコーヒーの詳しいメニューについては、下記の記事で紹介していますよ。

 

【シドニー&メルボルン】オーストラリアで人気のカフェ

僕がワーホリ中に滞在した街はシドニーとメルボルンです。どちらも世界的に有名なカフェの街として知られています。

ここでは、星の数ほどあるオーストラリアのカフェの中でもおすすめかつ人気のあるカフェを3店舗紹介します。

おいしいコーヒーを飲みに、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

おすすめ①Skittle Lane

ひとつ目のおすすめカフェは、シドニーにある“Skittle Lane(スキットル・レーン)です。

路地裏にたたずむロケーションはまさに隠れ家、全面がガラス張りになっており、木製のベンチ席が空間にぬくもりを添えています。

コーヒメニューは定番のエスプレッソをはじめ、ドリップコーヒーも完備しています。また、コーヒー豆は自家焙煎しており、豆の状態で購入することもできますよ。

Tatsu
スキットル・レーンでは、シンプルな空間で丁寧に抽出されたコーヒーを楽しむことができますよ。

美しい空間も魅力のひとつ、スキットル・レーンは日本人があまり訪れないシドニーの隠れた名店です。

位置しているのはシドニーCBDの徒歩圏内なので、アクセスするのもラクラクですよ…!

店名:Skittle Lane Coffee
住所:40 King St, Sydney NSW 2000
ウェブサイト:https://skittlelane.com
営業時間:平日:7:00-16:00 週末:閉店

 

おすすめ②Patricia

メルボルンで屈指の注目店が“Patricia(パトリシア)”です。路地裏にあるにも関わらず、営業前からビジネスマンで長蛇の列ができています。

僕はメルボルンに滞在中、このパトリシアに毎日のように通っていました。店内はとても狭く立ち飲み席のみですが、センスよくまとまっていてとても居心地がよいんです。

パトリシアでのおすすめは、コーヒーの旨味や甘みが凝縮されたエスプレッソです。

また、ミルクを加えたフラットホワイトもとても濃厚でおすすめですね…!

Tatsu
パトリシアは空間もコーヒーもバリスタも、すべてふまえてメルボルンで最も好きなお店です。

自宅用のコーヒー豆も販売していますが、コチラのケースがまたかわいくて…、お土産にするのもおすすめです。

屋外には簡易的な席もありますので、運よく空いていれば利用できます。場所は少しわかりづらいですが、ぜひ訪れてみてくださいね。

店名:Patricia Coffee Brewers
営業時間:月〜金:7:00-16:00 
住所:Little Bourke St & Little William St, Melbourne VIC 3000
ウェブサイト:patriciacoffee.com.au

Tatsu
そのほかメルボルンのおすすめカフェは、下記の記事でまとめて紹介しています。

 

おすすめ③Gumption

“Gumption(ガンプション)”は、シドニーCBDにあるコーヒーの名店です。僕がバリスタとして働いていたお店でもあります。

店内はカウンター席のみで、テーブル席はアーケード街のど真ん中に5列並んでいます。クリスマスにはキレイに飾りづけされた豪華な雰囲気が楽しめますよ…!

ガンプションでのおすすめは、エスプレッソにドリップコーヒー、そしてじっくりと抽出されたシングルオリジンのコールド・ブリューです。

つまり、すべてのメニューがおすすめってことですね(笑)。

Tatsu
働いていた僕がいうのもなんですが、ガンプションのコーヒーは本当においしいです。毎朝バリスタがエスプレッソの調整をおこない、ベストな味を提供していますよ。

ハウスブレンドの“グッドネス・ガリレオ”は、チョコレートのような甘さと爽やかな後味が楽しめる人気のコーヒー豆です。お土産用にもおすすめですよ。

エスプレッソはほぼ日替わりのシングルオリジンです。いつも行列が絶えませんが、ぜひ遊びにいってみてくださいね。

店名:Gumption By Coffee Alchemy 
住所:The Strand Arcade, 11/412-414 George St, Sydney NSW 2000
ウェブサイト:http://www.gumptioncoffee.com
営業時間:平日(木曜日以外):8:00-17:15 木曜日:8:00-19:15
土曜日: 9:00-16:30 日曜日:11:00-15:30 
Tatsu
下記の記事ではほかにもシドニーでおすすめのカフェを紹介していますよ。

 

【番外編】Q.O.L.COFFEE

オースラリアのコーヒーを日本でも楽しめる、そんな嬉しい体験ができるのが、僕の地元の愛知県名古屋市にある“Q.O.L.COFFEE(キュー・オー・エル・コーヒー)”です。

オーナーさんはオーストラリアのメルボルンでバリスタ修行もしたという、コーヒーのプロです。

メニューにはエスプレッソやフラットホワイトなどがズラリと並んでいますよ。

また、コーヒー豆は店内で自家焙煎をしているフレッシュな浅煎り豆がメインです。ブラックはシングルオリジンの産地ごとに、ホットとアイスから選べます。

Tatsu
抽出されたコーヒーはポットで運ばれてくるので、3杯〜4杯くらいは楽しめますよ…!

店内は1階にカウンター席とテーブル1席、2階には2人用や4人用のテーブルが10席ほどあります。

ギャラリーもあって絵画の展示などもされていますよ。コーヒーだけでなく生活を豊かにするエッセンスが詰まっているお店ですね。

明るい青色の外壁がお店の目印です。フレンドリーなスタッフさんと、コーヒー談義をしてみるのもおすすめですよ…!

店名:Q.O.L. COFFEE
住所:名古屋市中区丸の内3丁目5番1号マジマビル
ウェブサイト:https://www.facebook.com/q.o.l.coffee/
営業時間:営業時間:月~金 7:00~20:00 土日祝 8:00~17:00

 

【例文あり】オーストラリアのカフェで注文するときの英語

オーストラリアのカフェでいざ注文…、となるとやはり尻込みしてしまう方は多いですよね。

注文するときに使う言葉はもちろん英語です。普段から英語を話さない方にとっては、ハードルが高くなるのは当然でしょう。

ですが、それでカフェの利用を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。ここではあなたの背中を押す、カフェで注文するときの英語を紹介します。

①店内利用か持ち帰りか

カフェを利用するときに、まずは店内利用か持ち帰りかを伝えましょう。

  • Dine in or Have here (ダインイン or ハブヒア) 
    =店内利用
  • Take away (テイクアウェイ)
    =持ち帰り

カフェで店内利用か持ち帰りか、聞かれたり伝えたりするときは上記のフレーズを使ってみてください。

例文は下記のような感じになります。

【例文】

  • Can I have here?
    (店内で飲んでいきたいんだけど)
  • I`d iike to take away.
    (持ち帰りしたいんだけど)

 

②ドリンクのサイズを伝える

オーストラリアのカフェのサイズ表記は“スモール”と“ミディアム”、そして“ラージ”です。

好みのサイズが決まったら、ドリンクの名前と一緒に店員さんに伝えましょう。

Tatsu
コーヒーの名前については、前章でも紹介したコチラの記事を参考にしてみてくださいね。

【例文】

  • Can I get a small capptino?
    (スモールサイズのカプチーノをください)
  • Please make a large size latte.
    (ラージサイズのラテを作ってください)
  • Can you make a medium flat white?
    (ミディアムサイズのフラットホワイトはありますか?)

また、オーストラリアのカフェでは、コーヒーに砂糖を入れるかどうかを一緒に聞かれます。

聞かれた場合は、下記のように答えましょう。

【例文】

  • Any sugar?
    (砂糖は入れる?)
  • No, thanks for asking.
    (なしで大丈夫だよ、ありがとう)
  • Yes, please put 1sugar.
    (1杯入れてください)

サイズと砂糖の量に関する英語はぜひ覚えておいてください。オーストラリアのカフェを楽しむときのお役に立つはずです…!

Satoshi
そういえば、オーストラリアのカフェではチップは渡す必要はないんですか?カフェにいくうえでは気になります…。
Tatsu
オーストラリアのカフェにチップ文化はないよ、でもレジに入れものがあることもあるから、渡したいならそこに入れるのがよいかもね…!

より詳細なカフェでの英語については、下記の記事で紹介していますよ。

 

【上級編】オーストラリアのカフェを120%楽しむ方法

オーストラリアのカフェでは、コーヒーを自分好みにカスタマイズすることができます。

例えばコーヒーの量を2/3にしたり、ミルクの温度をぬるめにしてもらったり、エスプレッソを多めにいれてもらったりです。

オーストラリアのカフェの特徴の章でもお伝えしましたが、オーストラリアの人たちはそれぞれのお気にいりカスタマイズを持っています。せっかくなら、あなたも楽しんでみませんか?

Satoshi
カフェを本場の人たちの同じように楽しみたい!
Tatsu
ぜひそうしてほしいな!じゃあ、ここではカスタマイズの注文方法をカンタンに紹介するよ。

まずはエスプレッソの量を変更するカスタマイズです。減らすことを“ウィーク”といい、増やすことを“ストロング”といいます。

  • Weak(ウィーク)=エスプレッソ少なめ
  • Strong(ストロング)=エスプレッソ多め

エスプレッソの量を変更することで、コーヒーを薄くしたり濃くしたりすることができます。特にコーヒー好きな方には、ストロングを試してみるのをおすすめします。

Tatsu
僕は滞在中いつもストロングで注文していました。追加で50セントかかることが多いですが、より濃厚な風味が楽しめますよ。

また、次におすすめしたいのが量の変更です。エスプレッソに対してミルクの量を減らしてもらうことで、ガツンとパンチの効いた味わいが楽しめますよ…!

  • Half(ハーフ)=1/2の量
  • Tree Quarter(スリー・クォーター)=3/4の量

僕のおすすめは“スリー・クォーターにしたフラットホワイト”です。滑らかな口当たりとコクのある後味がやみつきになるおいしさですよ。

Tatsu
カスタマイズができれば、あなたはすでにオーストラリアのカフェ上級者です。ぜひお気に入りの味わいをみつけてみてください。

 

まとめ オーストラリアのカフェで充実の時間を!

僕自身バリスタとして働いていても感じましたが、オーストラリアの人たちは本当にカフェやコーヒーが大好きです。

朝には長蛇の列ができていることが日常茶飯事ですし、“Good Moning”をカフェで交わす光景は毎日のように目にしてきました。

日本には喫茶店が浸透していますが、それ以上にオーストラリアにはカフェ文化が根付いています。冗談抜きで、オーストラリアの人たちはカフェなしでは生活できないと思います。

Tatsu
そのくらい、カフェのある日常が生活に深く根付いているんですね。

そんなオーストラリアのカフェでの時間が、充実しないワケがありません…!

『観光と同じくらいカフェでの時間は楽しみにしてもよい』と、自信をもってお伝えすることができます。

また、留学やワーホリなどで長期滞在する方は、ぜひカフェでの仕事も検討してみてください。

Tatsu
カフェのバリスタの仕事は“コーヒーのプロフェッショナル”です。興味がある方は、ぜひ下記の記事を読んでみてくださいね。

滞在のお供にカフェタイムは欠かせません。今回の記事を参考に、ぜひオーストラリアのカフェをたっぷりと楽しんでみてくださいね…!

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。