日本とオーストラリアのカフェでの違いって!?オーストラリアでバリスタとして働く時に知っておきたいポイントとは!?

スポンサードリンク

こんにちは、シドニーでバリスタ中のTatsuです。

 

オーストラリアはコーヒー業界では有名なカフェが多いバリスタの聖地の一つ!日本からオーストラリアへバリスタとして働くために行きたいと考えている人も多いのではないのでしょうか!?

でも実際のところ、同じカフェといってもオーストラリアと日本のカフェには大きな違いがあることを知あなたは知ってますか?

 

例えばオーストラリアにあるフラットホワイトなどのオセアニアエリア独特のコーヒーメニューです。

日本では馴染みのないメニューも多いのでバリスタとして働く時には困惑すると思います。

 

関連記事⇩

オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

2017.10.11

 

そこで今回は日本とオーストラリアのカフェの違いを5つ簡単にまとめていきたいと思います。

 

日本とオーストラリアのカフェの大きな違うポイント5つ

日本とオーストラリアのカフェの一番の大きな違いってなんでしょう!?

まずはもちろん英語で話さなければいけないこと!

英語はオーストラリアでは第一言語です、でも英語さえなんとかなれば日本おカフェで働くのとそんなに変わらないでしょ!?ていう風に思っていませんか?

英語の他にもこんなに大きな違いがあるんですよ!

 

  1. オーダーにとんでもなくこだわる!自分好みのオーダーが多い!!

  2. ミルクの種類、何種類あるの!?豆乳、スキム、フルクリーム…

  3. スペルごめんなさいどう読むんですか?お客さんは名前で呼ぶこと!

  4. 朝のピークタイムが本当に鬼忙しい、カップがマシンにズラッと並ぶ

  5. 綺麗なラテアートは店内で!テイクアウェイのコーヒーにはラテアートはしない!?

 

オーダーにとんでもなくこだわる!自分好みのオーダーが多い!!

例えば日本でこういうものが飲みたい!と思ったときあなたはどうしますか?

  • 深煎りのコーヒーをサイフォンで…
  • エスプレッソをダブルのリストレットで飲みたい…

僕だったらこういうときは、自分の好みを店に伝えるよりも、希望にあったコーヒーを出してくれそうなカフェをネットで探して自分で探します。

 

ですがオーストラリアのカフェは基本どこのカフェでもお客さんの好みに合わせたカスタマイズができます。

例えばラテに入れるエスプレッソの量(リストレットやダブルショット)はもちろん、カップの中の全体の量まで(ハーフサイズや3/4)

これってあんまり日本のカフェでは馴染みがありませんよね?実際僕が働いていた日本のカフェでもこんなにこだわったオーダーをもらったことは一度もありませんでしたし、あっても熱めかぬるめで作るくらい、それがオーストラリアでは当然のようにみんながカスタマイズをします。

それに加えてバリスタとして働くときはそのカスタマイズをカップに書かれているレターから読み取らなくてはいけないので完全にインプットしておく必要があります。

 

関連記事⇩

【オーストラリアバリスタ】オーストラリアでバリスタをするなら覚えておくべきカフェ、コーヒーメニューのID一覧

2017.10.26

 

ミルクの種類、何種類あるの!?豆乳、スキム、フルクリーム…

前述のカスタマイズに似ていますが、オーストラリアのカフェではミルクの種類が多く

  • フルクリームミルク
    日本でいう普通のミルク(とはいえこっちのミルクはとてもリッチな味わい)、何も言わなければ基本的にフルクリームミルクになります。
  • スキムミルク(スキニーミルク)
    低脂肪乳、フルクリームミルクの次に使用量の多いミルク、ほんのり甘い
  • ソイミルク
    豆乳、注文するときはほぼ追加で料金がかかります。
  • アーモンドミルク
    豆乳と同様に注文するときは追加料金がかかります。

この中で働くときに気をつけたいのは豆乳とアーモンドミルク、二つともノーマルのミルクよりも温めるときのスピードが早いのでバリスタをするときには要注意です。

 

スペルごめんなさいどう読むんですか?お客さんは名前で呼ぶこと!

『〇〇番でお待ちのお客様』

『〇〇サイズのカフェモカご注文のかたー』

日本ではこういった呼び方が多いのではないでしょうか?

 

オーストラリアではお客さんのことは名前で呼びます、そしてバリスタをする時にはもちろんそれらを書く、呼ぶ必要があります。

  • james
    ジェームス
  • phil
    フィル
  • michel
    マイケル

こういった親しみのある名前はいいんです、スペルを聞かなくてもかけるし読むこともできそうじゃないですか?

でもオーストラリアって実はめっちゃ多国籍なんです(え?知ってる?)なので他にも聞きなれない名前がとってもたくさん、レジではテイクアウェイの時に必ず名前をカップに書き込みます。

なので外国の名前を覚えることもバリスタをするなら必須のスキル、ドリンクができた時には名前を呼ぶ必要もあります、スペルに加えて発音も…僕も未だに名前に関してはお店の子に聞きながら教えてもらっている毎日です。

 

朝のピークタイムが本当に鬼忙しい、カップがマシンにズラッと並ぶ

僕は日本では繁華街にあるスターバックスで働いていました、当時は今と違ってまだエスプレッソマシンがオートマチックではなくセミオートのマシン.

未だに当時の忙しさは思い出に残っています、スタバでお客さんがずらっと並んでいる光景、あなたも見覚えがありませんか!?

 

オーストラリアのカフェではその行列が朝の時間毎日あると想像してみてください、しかもどのお客さんも目当てはコーヒーです。

朝のピークタイムが忙しいのは日本のカフェでも同じかもしれませんが、日本では店内でのんびり本を読みながらゆったり…。とゆうのとは違いオーストラリアでは朝はテイクアウェイのコーヒーとゆうのが一般的、テイクアウェイ=時間をかけられない、とはいえイライラしながら待ってる人が全然いないのがオーストラリアのいいところかも!

 

綺麗なラテアートは店内で!テイクアウェイのコーヒーにはラテアートはしない!?

京都にある『%』『アラビカ』とゆうカフェを知っていますか?とても綺麗なラテアートをテイクアウェイカップにもしてくれる人気のあるカフェです。僕も京都に行くときは必ずと言っていいほど行っている素敵なカフェです。

オーストラリアのカフェではラテアートをするのは基本的には店内利用(ハブヒアと言います)の時のみ、テイクアウェイで買ったカップの蓋を開けたら一面コーヒーカラーのみ、っていうのはオーストラリアでは当たり前の出来事です。

ラテアートを書く時間を惜しんでも早くお客さんにコーヒーを提供する、それほどオーストラリアのカフェは忙しいです、バリスタはできてもラテアートはできない、そういうバリスタもこちらには普通にいます。

ですが逆に店内提供の時のラテアートは必須のスキル、こちらのバリスタ求人ではラテアートスキルが必須のものもよく見かけます

 

日本とオーストラリアのカフェの違いについて、まとめ

今回は日本とオーストラリアのカフェの違いを5つ上げてきました、違いを改めてまとめると

  1. オーダーにとんでもなくこだわる!自分好みのオーダーが多い!!

  2. ミルクの種類、何種類あるの!?豆乳、スキム、フルクリーム…

  3. スペルごめんなさいどう読むんですか?お客さんは名前で呼ぶこと!

  4. 朝のピークタイムが本当に鬼忙しい、カップがマシンにズラッと並ぶ

  5. 綺麗なラテアートは店内で!テイクアウェイのコーヒーにはラテアートはしない!?

オーストラリアのカフェは日本のカフェよりも時に忙しさがクレイジーな時が多々ありますが、バリスタとしての腕を磨くには最適な環境だと思います。

今回挙げた5つの違いを含めて日本のカフェとの違いを楽しみながら働ければ最高ですね。

 

インスタ映えする写真はハブヒアで!!では

関連記事⇩

バリスタ初心者のエスプレッソの悩み解消します!!バリスタ必須の基礎知識、初心者のエスプレッソについての基礎から用語まで解説します。

2017.07.27

オーストラリアで働くバリスタの仕事を一日分通して徹底解説!コーヒーショップでの働き方を知りたい人は必見です!

2018.01.14

オーストラリアのカフェで初トライアル、そんなあなたに必要なことをまとめました!!

2018.02.17
スポンサードリンク