コーヒー淹れるのってめっちゃ簡単!手軽に楽してコーヒー楽しもう!

Satoshi

コーヒーを簡単に淹れる方法なにかないかな。ハンドドリップは道具や技術がいりそうだし、他の道具もなんだか難しそう。

なにか簡単なコーヒーの淹れ方はないだろうか?

 

こんにちは。3度の飯よりコーヒーが好き、バリスタのTatsuです。

自宅で手軽にコーヒーを淹れる方法にはフレンチプレスがあります。フレンチプレスで使うものはたったの3つ。コーヒー豆とお湯、それとタイマーです。

しかし、フレンチプレスを持っていない方からしたら、フレンチプレスを買うこと自体が手軽ではないのかもしれません。

参照:コーヒーの始まりはフレンチプレスから!手軽に本格を淹れるフレンチプレスの使い方

 

Satoshi

フレンチプレスを買うのもいいけど、もっと手軽で簡単な方法はないの

Tatsu

フレンチプレスで淹れるのはとても手軽だけど、確かにすぐに買うのは手軽とは言えないかもしれないね…。

 

フレンチプレス以上に手軽にコーヒーを淹れる方法なんてあるのか…。そう考えた僕が行きついた抽出方法が、今回ご紹介する「スティーピング」。

使用するものはフレンチプレスと同じく3点。コーヒー豆とお湯、そしてどこのご家庭にもある「茶こし」です。

もちろんご自宅にコーヒー用の抽出器具があるのが1番ですし、コーヒーを淹れる楽しみや醍醐味を味わうことができるでしょう。

しかし、今回模索したのは自宅でもっとも手軽に飲める方法です。この記事では、自宅でもっとも手軽にできるコーヒーの淹れ方をご紹介していきます。

 

自宅で簡単2ステップでコーヒーを淹れる

今回ご紹介する方法の手順はたったの2点です。そして難しい作業は1つもありません。手順は大きく分けて「抽出」と「ろ過」です。

口で(文ですね)説明するよりもまずはその抽出手順を見ていきましょう。

  1. 挽いたコーヒ豆にお湯を注ぐ
  2. 4分待ったら「茶こし」で漉して完成!
Satoshi

….。簡単すぎやしませんか?

Tatsu

う、うん。でも今回の方法は「簡単に自宅でコーヒーを淹れる方法」だからね。

 

手順①:挽いたコーヒ豆にお湯を注ぐ

挽いたコーヒー豆の上から直接お湯を注いでいきます。お湯の温度は沸騰したてのものでオーケー。

コーヒー豆の挽き目は粗挽きです。

淹れるときに使う器はビーカーなどの注ぎ口が付いているものだとコーヒーを漉すときにやりやすいですよ。

 

 

手順②:4分待ったら「茶こし」で漉して完成

お湯を注いだら4分待ちましょう、この間にコーヒーの抽出が進みます。

4分経過したら「茶こし」を使ってコーヒーを漉して、完成です!

 

 

スティーピングとはコーヒー豆を浸すこと

コーヒーの世界にはカッピングというテイスティング方法があります。

カッピングはコーヒーを飲んでテイスティングするわけですが、このときに使うものも挽いたコーヒー豆とお湯だけです。

こうして淹れたコーヒーにはノイズのないコーヒー本来の味が表現され、その味を評価者が評価していきます。

Satoshi

へー、カッピングってワインのテイスティングと同じようなものですか?

Tatsu

そう。まさしくワインでいうテイスティングと同じことだね。

 

このカッピングで使われる方法がスティーピング=浸漬式の抽出方法です。

今回のコーヒーを淹れる簡単な方法は、簡単にいえばこのスティーピングで淹れたコーヒーを茶こしで濾しただけ。

しかし、コーヒーの味はしっかりと出ているので味は問題なく美味しいですよ!

 

簡単だけど、茶こしで漉すひと手間でコーヒーを飲みやすくする

今回の方法で淹れた場合、抽出中にコーヒーはコーヒー豆と抽出されたコーヒー液の上澄みに分かれます。

そのため、極論をいえば茶こしで漉さなくてもコーヒー自体を飲むことは可能です。

しかし、コーヒー豆は比重が軽いので、飲んでいるときに結構な量の粉がコーヒーの中に混ざり込んできます。

Satoshi

飲んでいる最中にコーヒーに粉が入ってくるのは嫌ですね…。

Tatsu

そうそう。そのために使うのが茶こしだよ。

 

茶こしを使ってコーヒーの粉を取り除けば、気持ちよくコーヒーを飲むことができます。

とはいえ、細かい微粉は茶こしを使っても取り除くことはできません。

微粉が気になる方は、ペーパーフィルターを使って漉すとより飲みやすくなると思いますよ。

 

まとめ コーヒーを淹れる最も手軽な方法

特別な器具をまったく使わずにコーヒーを淹れる方法がスティーピングです。必要なのはコーヒー豆とお湯と茶こしだけ。

実際に僕も、オーストラリアに滞在中はスティーピングでよくコーヒーを入れて飲んでいました

そのときは茶こしがなくて、コーヒーの上澄みを飲んでいたのでよくコーヒーの粉が混ざり込んでいましたが笑。

Satoshi

そうか、自宅でなくても、旅先でもスティーピングならコーヒーを飲むことができるんですね。

Tatsu

そうそう。コーヒー豆はお店で挽いてもらうこともできるからね。

 

手軽にコーヒーを淹れる方法「スティーピング」。

コーヒーを淹れる器具がない状況ではオススメですが、できれば淹れる道具があった方が淹れる工程も楽しめるところ。

もし、コーヒーを淹れることに興味が出てきたら、淹れる器具の購入も検討してみてくださいね!

参照:コーヒーは淹れ方の種類で味が違う?4種類の淹れ方の違いをまとめて紹介する

 

この記事があなたのコーヒーライフのお役に立てば幸いです。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

>>コーヒーの始まりはフレンチプレスから!手軽に本格を淹れるフレンチプレスの使い方

>>コーヒーの抽出にビーカーが最適な理由とは!?インテリアにも抜群です

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。