【2018年版】オシャレな電気ケトルを厳選して紹介します!!

Satoshi

オシャレな電気ケトルを探してる。昔はティファールが定番だったけど、どうせならケトルのデザインにもこだわりたい。なんかオシャレな電気ケトルがないかなぁ…。

 

コーヒー大好き、バリスタのTatsu(@zabutonletterです。

あなたはオシャレな電気ケトルを、探していませんか?キッチンをオシャレにしていると、そこに置くツールにもこだわりたいもの。

かくいう僕も、毎朝コーヒーを淹れています。お湯を沸かす機会は毎日あります。そこでこだわりたいなぁと感じるのが、電気ケトル。

僕は現在ティファールを使っています。しかし、正直なところもっとオシャレなものが使いたいところ。こだわるなら細部まで、ですね。

Satoshi
せっかくのオシャレなキッチン空間、ケトルにもこだわりを持ちたいところです
Tatsu
本当にそのとおり、こだわるなら徹底的に。僕も興味があって、オシャレな電気ケトルを探していたところだよ。

 

今回の記事では、オシャレな電気ケトルをランキング順にご紹介します。

結論からいうと、僕は最初に紹介するバルミューダの「The Pot」を、一人暮らしを始めたら購入することを心に決めています。

しかし、ほかにも心が揺れる魅力的な電気ケトルがあることも事実。オシャレな電気ケトルを探している!というかたは、ぜひ参考にしてみてください!

 

オシャレなケトル No.1:BALMUDA The Pot

バルミューダは日本のメーカー。オシャレな電気ケトル以外にも、機能的なキッチンツールを販売している素晴らしいメーカーです。

なかでも有名なのが、食パンが世界一美味しく焼けるトースター。電気ケトルを使うのは朝のコーヒーのため、という方も多いでしょう。

淹れたてのコーヒーと焼きたてのトースト。そのコンビを毎朝の定番にするなら、バルミューダの電気ケトルが圧倒的にオススメです。

 

持ち手についた「余計な」こだわり

バルミューダの電気ケトルはミニマルなデザイン。本体、注ぎ口、フタ、持ち手とムダなものは一切ついていません。ミニマルの極み。

しかし、持ち手の先のさらに先。小さなランプに気づきませんか?実はこれ、お湯を沸かしている最中にだけ光る「LEDランプ」です。

ミニマルなバルミューダの電気ケトルにある「余計な」こだわり。こういうの、ツボに入る人にバルミューダはたまりません。

【バルミューダ「The Pot」のスペック】

  • 容量は600ml 
  • 空だき防止機能
  • 使用時LEDランプ点灯
  • カラーバリエーション:ブラック、ホワイト

 

 

バルミューダのことをより詳しく知りたい!かたには、Monograph(モノグラフ)のこちらの記事がオススメです。

>>心地よい時間は気持ちのよい道具から。ミニマルでプレミアムな電気式コーヒードリップケトル「BALMUDA The Pot」

 

オシャレなケトル No.2:HARIO パワーケトル・ヴォーノ

via:HARIO

ハリオは日本のガラスメーカー。しかし、ハリオといえばコーヒーのメーカーといわれるくらいに、とくにコーヒー業界では有名です。

ハリオが販売しているオシャレな電気ケトル。デザインも機能的です。また、特にコーヒーにこだわる人には最高の機能がついています。

 

1℃単位まで、温度調整機能付き

via:HARIO

コーヒーの味は温度で決まる。この事実を知っている人も多いのではないでしょうか?

温度が高ければ濃く苦く、温度が低ければ薄くアッサリした味のコーヒーになります。ハリオの電気ケトルは1℃単位で温度の調節が可能。

同じコーヒー豆でも温度を変えて違う表情を楽しむことができます。オシャレなケトルで、コーヒーをマニアックに楽しむならハリオですね。

【ハリオ「ヴォーノ」のスペック】

  • 容量は800ml 
  • 空だき防止機能
  • 15分間の保温機能付き
  • 60℃〜96℃まで1℃単位での温度調節機能
  • カラーバリエーション:シルバー

 

 

オシャレなケトル No.3:DeLonghi アイコナ・ヴィンテージコレクション

家電メーカーのデロンギ。そのなかでもイチオシの、オシャレ電気ケトルが、「アイコナ・ヴィンテージコレクション」です。

たとえば木製の棚、アルミやステンレス素材の無機質なものではなく温かみのあるインテリアに、アイコナのデザインはとくにマッチします。

 

イタリアデザインへのオマージュがカタチに

アイコナのカラーバリエーションは3種類。なにがよいって、それぞれのカラーにそれぞれのストーリーがあることです。

  • 映画「甘い生活」にインスパイアされたドルチェベージュ
  • イタリアの澄んだ青空と海をイメージしたアズーロブルー
  • イタリアの田舎をカタチにしたオリーブグリーン。

すべてのカラーやデザインには、イタリアのクラシカルデザインへのオマージュが込められています。

丸みのあるぽってりとしたカタチは、キッチンに温かみのある印象を与えてくれますよ。

【デロンギ 「アイコナ」のスペック】

  • 容量:1L
  • 空だき防止機能
  • 量がわかる目盛り付き
  • カラーバリエーション:ドルチェベージュ、アズーロブルー、オリーブグリーン

 

 

オシャレなケトル No.4:APIX ドリップマイスター

via:APIX

アピックスのオシャレな電気ケトル。その特徴は見た目のエレガンス。輝くような光沢を放つその見た目に、一目惚れユーザーも多そうです。

選べる2色は銅のような光沢の「カパー」と、洗練された静かな輝きのある「シルバー」。シンプルながら洗練されたデザインが美しい。

木目調よりも、シルバーやステンレスが基調のキッチン空間との相性がバツグンです。

 

シンプルながら機能的なアピックスの電気ケトル

via:APIX

アピックスの電気ケトルの特徴は、コーヒードリップに適した細口のネックです。

とくにドリップコーヒーを淹れるときは、狙ったところにスルスルとお湯を注げることが味を決める大切な要素。コーヒーラバーには必須です。

こだわりの造りが、細部にまで表現されたアピックスの電気ケトル。値段がお手頃なのも、なにげに嬉しいポイントです。

【アピックス 「ドリップマイスター」のスペック】

  • 容量:700ml
  • 空だき防止機能
  • 使用時LEDランプ点灯
  • カラーバリエーション:カパー、シルバー

 

 

オシャレなケトル No.5: bonaVITA

via:amazon

シンプルで場所を選ばないシアトルのメーカー、ボナヴィータの電気ケトル。シアトルといえば、カフェ文化が盛んなことで有名ですね。

合わせる空間の邪魔をしないその見た目は、ウッディな雰囲気や、ステンレスで無機質な見た目のキッチンとの相性も抜群です。

お湯を注ぐためのネックはグース型。ボナビータの電気ケトルはコーヒーのプロも愛用する、プロユースのコーヒーケトルなんです。

 

コーヒーのプロがこぞって愛用するケトル

via:amazon

ボナビータ最大の特徴は細かい温度設定が可能なところ。ハリオよりも幅広い温度帯、60℃〜100℃まで1℃刻みで温度設定が可能です。

さらに、設定した温度に沸いたあとは1時間その温度を±2℃でキープします。つい忘れても安心。もちろんお湯の注ぎ心地もバツグンです。

湯切れのよい注ぎ口に、細かい温度設定。オシャレでコーヒーをマニアックに楽しみたい、あなたにピッタリのオシャレな電気ケトルです。

【ボナヴィータのスペック】

  • 容量:1L
  • 温度設定機能付き
  • 1時間の保温機能付き
  • コーヒーのプロが愛用する高機能
  • カラーバリエーション:シルバー

 

まとめ オシャレな電気ケトルで生活を華やかに

電気ケトルといえば、ティファールが代名詞。今でもそんな感じはありますが、ケトルの選択肢はとても広く、たくさんの種類があります。

お湯を沸かす機会は日常的。毎日使う人も多いでしょう。僕も毎日、ティファールでコーヒーを淹れるためのお湯を沸かしています。

でもティファールで沸かしていても、そのままコーヒーを淹れることはできないし、何より使っていても気分が上がらないんですよね。

Satoshi
確かに、ティファールはコスパもよいし、使い勝手はよいけど、見た目的には気分が上がるものではないかも…。
Tatsu
どうせこだわるならデザインも、そして機能も抑えたいよね。今回紹介してきた電気ケトルはその点からもすべてオススメだよ!

 

オシャレな電気ケトルで、生活環境をより豊かに。「お湯を沸かす」、そんな日常を華やかにする電気ケトルは、とても魅力的です。

特にコーヒーを淹れる人には、こだわってほしいところ。僕は一人暮らしを始めたら、バルミューダの「The Pot」を買おうと思います。

あなたはどの電気ケトルを選びますか?長く付き合える最良のパートナー選びに、今回の記事をぜひお役立てください。

 

 

 

関連記事:新進気鋭のコーヒー抽出器具

アメリカ初の新しいコーヒー抽出の器具、「アメリカンプレス」をご存知ですか?

見た目は美しい筒。簡単に、アメリカンプレスは美味しいコーヒーが生み出せるコーヒー界のニューウェーブです。

デザインや、使い勝手に優れたアメリカンプレスの特徴を丁寧に。自宅のコーヒーウェアがひとつ増える、そのきっかけに。ぜひ、ご一緒に読んでみてください。

>>新進気鋭の抽出器具!アメリカンプレスの特徴を徹底紹介します

 

◼︎Twitter発信もしています。フォローしてもらえたら嬉しいです!

>>TatsuのTwitterアカウントはこちらから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。