【2018年版】最強にオシャレな電気ケトル厳選5選!キッチンをより華やかに

Satoshi

オシャレな電気ケトルを探してる。昔はティファールが定番だったけど、どうせならケトルのデザインにもこだわりたい。なんかオシャレな電気ケトルがないかなぁ…。

 

こんにちは、バリスタのTatsu(@zabutonletterです。

オシャレな電気ケトル、探していませんか?キッチンをオシャレにしていると、そこに置くツールにもこだわりたいもの。

棚やお皿やフライパン…。でもそれらを揃えたら、次に目がいくのは電気ケトル。そんなかたも多いのではないでしょうか?

かくいう僕も、毎朝コーヒーを自宅で入れています。そのために、お湯を沸かす機会は毎日あります。そこでこだわりたいなぁと感じるのが、電気ケトルです。

僕は現在実家暮らしなのでティファールを使っていますが、正直なところ、もっとオシャレなものが使いたいところ。ティファールで沸かしてコーヒーケトルに移すのも、意外と手間がかかります。

Satoshi
せっかくのオシャレなキッチン空間、ケトルにもこだわりを持ちたいところです
Tatsu
本当にそのとおり、こだわるなら細部まで。僕も興味があって、オシャレな電気ケトルを探していたところだよ。

 

今回の記事では、オシャレな電気ケトルをランキング順にご紹介します

結論からいうと、僕は最初に紹介するバルミューダの「The Pot」を、一人暮らしを始めたら購入することを心に決めています。

しかし、ほかにも心が揺れる魅力的な電気ケトルがあることも事実。オシャレな電気ケトルを探している!というかたは、ぜひ参考にしてみてください!

 

【オシャレケトル No.1】
BALMUDA(バルミューダ) The Pot

この記事では5つオススメの電気ケトルを紹介するのですが、最後まで見る必要はないかもしれません。

なぜなら、このバルミューダを見た瞬間に心をガシッと鷲づかみされてしまう方が多いと思うからです…。

 

バルミューダの電気ケトル

バルミューダは日本のメーカーで、電気ケトル以外にもオシャレなキッチンツールを販売しているメーカーです。

なかでも有名なのが、食パンが世界一美味しく焼けるトースター。電気ケトルを使うのは朝のコーヒーのため、という方も多いでしょう。

そのときのパートナーに焼きたてのトーストをチョイスする方も多いはず。コーヒーとトースト、そのコンビを毎朝の定番にするならバルミューダの電気ケトルが圧倒的にオススメです。

 

持ち手についた「余計な」こだわり

バルミューダの電気ケトルはミニマルなデザイン。見てもらえればわかるように、本体、注ぎ口、フタ、持ち手と無駄なものは一切ついていないんです。

しかし、よーく見てください。持ち手の先のさらに先。小さなランプに気づきませんか?実はこれ、お湯を沸かしている最中にだけ光るLEDのランプです。

ムダなものがついていないバルミューダの電気ケトルにあって、唯一ついている「余計な」こだわり。こういうの、ツボに入る人にはバルミューダはたまりません。

 

【バルミューダ「The Pot」のスペック】

・容量は600ml 
・空だき防止機能
・使用時LEDランプ点灯
・カラーバリエーション:ブラック、ホワイト

 

 

バルミューダのことをより詳しく知りたい!かたには、Monograph(モノグラフ)のこちらの記事がオススメです。

>>心地よい時間は気持ちのよい道具から。ミニマルでプレミアムな電気式コーヒードリップケトル「BALMUDA The Pot」

 

【オシャレケトル No.2】
HARIO(ハリオ)パワーケトル・ヴォーノ

via:HARIO

ハリオは日本のガラスメーカー。しかし、ハリオといえばコーヒーのメーカーといわれるくらいに、とくにコーヒー業界では有名です。

そんなハリオが販売している電気ケトルは、オシャレかつ機能的。

とくに、朝のコーヒーにこだわる人には最高の機能がついています。

 

1℃単位まで、温度調整機能付き

via:HARIO

コーヒーの味は温度で決まる。この事実を知っている人も多いのではないでしょうか?

簡単にいえば温度が高ければ濃く苦く、温度が低ければ薄くアッサリとした味のコーヒーになります。ハリオの電気ケトルは1℃単位で温度の調節が可能。

同じコーヒー豆でも温度を変えて違う表情を楽しむことができます。オシャレなケトルで、コーヒーをマニアックに楽しむならハリオですね。

 

 

【ハリオ「ヴォーノ」のスペック】

・容量は800ml 
・空だき防止機能
・15分間の保温機能付き
・60℃〜96℃まで1℃単位での温度調節機能
・カラーバリエーション:シルバー

 

 

【オシャレケトル No.3】
DeLonghi(デロンギ)アイコナ・ヴィンテージコレクション

たびたびの「グッドデザイン賞」を受賞している、家電メーカーのデロンギ

そのなかでもイチオシの電気ケトルが、「アイコナ・ヴィンテージコレクション」です。

たとえば木製の棚、アルミやステンレス素材の無機質なものではなく温かみのあるインテリアに、アイコナのデザインはとくにマッチします。

 

イタリアデザインへのオマージュがカタチに

アイコナのカラーバリエーションは3種類。なにが良いって、それぞれのカラーにそれぞれのストーリーがあることです。

映画「甘い生活」にインスパイアされたドルチェベージュ。イタリアの澄んだ青空と海をイメージしたアズーロブルー。イタリアの片田舎をカタチにしたオリーブグリーン。

これらすべてのカラーやデザインには、イタリアのクラシカルデザインへのオマージュが込められています。丸みのあるぽってりとしたカタチは、キッチンに温かみのある印象を与えてくれますよ。

 

【デロンギ 「アイコナ」のスペック】

・容量:1L
・空だき防止機能
・量がわかる目盛り付き
・カラーバリエーション:ドルチェベージュ、アズーロブルー、オリーブグリーン

 

 

【オシャレケトル No.4】
APIX(アピックス) ドリップマイスター

via:APIX

アピックスの電気ケトルの特徴は、その見た目のエレガンス。

選べる2色は銅のような光沢が美しい「カパー」と、洗練された静かな輝きのある「シルバー」。

木目調よりも、シルバーやステンレスが基調のキッチン空間との相性がバツグンです。

 

圧倒的にシンプルな見た目

via:APIX

アピックスの電気ケトルの特徴は、コーヒードリップに適した細口のネックです。

とくにドリップコーヒーを淹れるときは、狙ったところにスルスルとお湯を注げることが味を決める大切な要素。そのための要素を、バッチリと押さえています。

こだわりの造りが、細部にまで表現されたアピックスの電気ケトル。シンプルで機能的なデザインを取り入れたケトルは選択肢に入れるべきでしょう。値段がお手頃なのも、なにげにポイントです。

 

【アピックス 「ドリップマイスター」のスペック】

・容量:700ml
・空だき防止機能
・使用時LEDランプ点灯
・カラーバリエーション:カパー、シルバー

 

 

【オシャレケトル No.5】
bonaVITA(ボナビィータ)

via:amazon

シンプルで場所を選ばないシアトルのメーカー、ボナヴィータの電気ケトル。

合わせる空間の邪魔をしないその見た目は、ウッディな雰囲気や、ステンレスで無機質な見た目のキッチンとの相性も抜群です。

見た目からもわかるように、お湯を注ぐためのネックはグース型です。それもそのはず、ボナビータの電気ケトルはコーヒーのプロも愛用する、プロユースのコーヒーケトルなんです。

 

コーヒーのプロがこぞって愛用するケトル

via:amazon

ボナビータ最大の特徴は細かい温度設定が可能なところです。前述のハリオの電気ケトルよりも幅広いレンジの温度帯、60℃〜100℃まで1℃刻みで温度設定が可能。

さらに、設定した温度に沸いたあとは1時間その温度を±2℃でキープします。もちろん、グースネックの注ぎ心地もバツグンです。

湯切れのよい注ぎ口に、細かい温度設定。ボナビータは、オシャレでコーヒーをマニアックに楽しみたい、あなたにピッタリの電気ケトルです。

 

【ボナヴィータのスペック】

・容量:1L
・温度設定機能付き
・1時間の保温機能付き
・コーヒーのプロが愛用する高機能
・カラーバリエーション:シルバー

 

 

まとめ オシャレな電気ケトルで生活を華やかに

電気ケトルといえば、ティファールが代名詞。今でもそんな感じはありますが、実際のところケトルの選択肢はとても広く、たくさんの種類があります。

お湯を沸かす機会はとても日常的。毎日使う人も多いでしょう。僕も毎日、コーヒーを入れるために電気ケトルでお湯を沸かしています。

Satoshi
直火で沸かしたり、ヒーターで沸かしたりするよりも、電気ケトルは圧倒的に便利ですよね。
Tatsu
とくに、朝の時間がないときなんかは、勝手にお湯が作れる電気ケトルは欠かせないよ!

 

しかし、沸かしたお湯を毎回コーヒー用のケトルに移し変えるのは、意外と手間がかかるものです。

また、お湯を移すときに湯切れが悪いとこぼれたりすることも多々。

小さなことかもしれませんが、ケトルにこだわるのは、生活の質をアップするためのひとつの大切なポイントだと思っています。

 

オシャレな電気ケトルで、生活を今よりグッと華やかに。

毎朝コーヒーを淹れる人にはとくにこだわって欲しいところ。僕は一人暮らしを始めたら、最初に紹介したバルミューダのThe Potを買うことを心に決めています。

毎朝淹れるコーヒーが、とても特別なものになりそうでワクワク。あなたの生活にも彩りを。この記事が、そのお役にたてば幸いです。

 

関連記事:新進気鋭のコーヒー抽出器具

アメリカ初の新しいコーヒー抽出の器具、「アメリカンプレス」をご存知ですか?

見た目は美しい筒。簡単に、アメリカンプレスは美味しいコーヒーが生み出せるコーヒー界のニューウェーブです。

デザインや、使い勝手に優れたアメリカンプレスの特徴を丁寧に。自宅のコーヒーウェアがひとつ増える、そのきっかけに。ぜひ、ご一緒に読んでみてください。

>>新進気鋭の抽出器具!アメリカンプレスの特徴を徹底紹介します

 

スポンサードリンク