家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

こんにちは、自宅では毎日手挽きのコーヒーミルで、
コーヒー豆を挽いているtatsuhito(@zabutonletter)です。

 

  • お店と同じように淹れているつもりなのに美味しくないなあ…
  • いつもと同じくスプーン2杯分の豆を使っているのに味が毎回違う…
  • 今日のコーヒーは昨日と違ってなぜか美味しい、でも、なんでだろう…

 

皆さんはご自宅でコーヒーを淹れていて、こんな風に思ったことはありませんか??

 

自宅で一杯ずつ入れるコーヒーって、ゆっくりと自分の時間を癒してくれる大切なパートナーみたいなもの。せっかくなら美味しくていつ淹れても美味しいコーヒーが飲みたいですよね。

 

今回はスターバックスでコーヒーの美味しさに目覚め、今でも現役でバリスタをしている僕が、家でコーヒーを淹れる時に意識している7つのことをまとめてみました。

 

ちょっとした手間ひまをかけてあげるだけで、

  • コーヒーを淹れるのが楽しみになる
  • いつも同じ味に淹れられるようになる
  • 香りの良いコーヒーが楽しめる

いつものコーヒーがお店で飲むときのような美味しいコーヒーに近づきますよ。

 

1.家飲みコーヒーのコーヒー豆はなるべく新しいものを

コーヒー豆は焙煎(コーヒー豆を焼くこと)からあまり日にちが経っていないものを選びましょう。

 

コーヒーは焙煎から時間が経てば経つほど美味しくなくなってまいます。

スーパーで売っているようなコーヒー豆は焙煎から時間が経っているものが多くオススメしません。

 

香りが良く美味しいコーヒーのためには、新鮮で新しいコーヒー豆を選びましょう。

 

2.家でコーヒーを淹れる時はコーヒー豆を計って淹れる

コーヒー豆って実は、焙煎の仕方によって重さが変わります。

 

重さが変わるということは、スプーンで測る2杯でも毎回重さが違う。とゆうことです。

これを毎回はかりで測ることで、いつも同じ量のコーヒー豆を使うことができます。味がまとまらないとお悩みの人は特にコーヒー豆を計っていないことが多いです。

 

 

いつも同じ味を楽しむために、コーヒー豆は毎回計るようにしてみてください。

 

 

3.家で飲むコーヒーは淹れる直前に挽くのが美味しくするコツ

実は家飲みコーヒーを美味しくするには、淹れる直前にコーヒー豆を挽くことが一番の秘訣

 

コーヒー豆は構造上中に香りが詰まったカプセルをたくさん持っている状態ですこれを壊す(=コーヒー豆を挽く)ことで時間とともに香りや味は減っていきます。

この香りや味の減少をより少なくするためには、コーヒー豆を挽くタイミングを淹れるギリギリまで待つのが唯一の方法。

 

コーヒーを淹れる直前に豆を挽くのが一番の美味しさを引き出す秘訣です。

 

 

4.家で淹れるときのケトル(ヤカン)を使いやすくする

お湯を注ぐケトル(ヤカン)にこだわるのも家飲みコーヒーを美味しくするコツです。

 

専用のコーヒーケトルはお湯の通る注ぎ口が細くなっていて、
注ぐ時のお湯の量がコントロールしやすくなっているんですが。

注ぎ口を細くしてあることでコーヒー豆全体に均等にお湯がかかりやすく
コーヒー豆全体からしっかりと味が出しやすくなっているんです。

 

お家にあるケトル(ヤカン)でもいいんですが…

お湯のコントロールがしやすい細い注ぎ口のケトル(ヤカン)でも、あれ?と思うくらいにコーヒーの味は変わる!!

 

 

5.コーヒーを淹れる時には時間を測るのが家飲みコーヒーを美味しくする

コーヒーを淹れる時の時間を測るだけで味が毎回同じ味に近づきます。

 

スマホに付いてるタイマーでもなんでもオーケーです。

時間を測ると美味しいコーヒーの味の再現だけでなく、
レシピを変えたい時にも簡単にアレンジすることができます。
(時間を延ばしてこーく、反対に短くしてうす〜く)

 

タイマーを脇に置いてドリップするだけで、味の再現や、自分好みの味の淹れ方を探すことが(とっても)簡単になります。

 

6.お湯の注ぎ方を変えてみると家で淹れるコーヒーの味が変わる

お湯の注ぎ方でコーヒーの味を変えることもできます。

 

濃いのがお好みならゆっくりじっくりとお湯を注ぐ、
反対に薄いのが好みであれば手早くささっとドリップをしてみる。

お湯の注ぎ方でその日の気分によって味を変えること、
なんてこともできます。(じっとり雨の梅雨な日はまったり濃いめ、汗だくな暑い日はささっとうす〜く)

 

お湯の注ぎ方一つでも家で飲むコーヒーの味を(より美味しく)変えることができるんですよ。

 

7.最後の一手間、カップに注ぐ前に混ぜるのが家飲みコーヒーを美味しくする

サーバーからカップにコーヒーを注ぐ前に一混ぜ!でもコーヒーの味が美味しくなります。

 

コーヒーの抽出後はコーヒーの中の成分(味)は均等ではないんです。

最初にドリップした方のが成分(味)がたくさん含まれていて、
後に行くにつれて成分(味)は少なくなっています。

これを均等にするために、コーヒーをコップに移す前にはさっと一混ぜしましょう。
(コップに直接ドリップする人はコップの中で)

特に2杯3杯と一回で淹れる人はこの「一混ぜ」で、
びっくりするほど味が変わります。

 

コップに入れる前にコーヒーを混ぜることも、家飲みコーヒーを美味しくする(結構大きな)ポイントです。

 

家で飲むコーヒーをより美味しくすること まとめ

  1. コーヒー豆はなるべく新しいものを選ぶ
  2. コーヒー豆を測る
  3. 淹れる直前にコーヒー豆を挽く
  4. ケトル(ヤカン)を使いやすいものにする
  5. 淹れる時間を測る
  6. 注ぎ方を変えて淹れてみる
  7. カップに移す前にコーヒーを混ぜる

家飲みコーヒーを美味しくする7つのこと。いかがでしたでしょうか?

 

この7つのことを実践してみるだけでも、家で淹れるコーヒーが美味しくなって、
毎日飲む朝のコーヒーがより幸せな時間になるかもしれません。

いつものおやつタイムで飲むコーヒーがもっと美味しくなるかもしれません。

 

僕も(家でもお店でも)いつも意識していることですので、一度試してもらえたら嬉しいです。

 

ではでは。

コーヒー関連の記事はこちらから

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。