シドニー空港からシドニーセントラルへの行き方とワーホリ一日目のシドニーの感想

スポンサードリンク

こんにちは、昨日からオーストラリアでのワーホリをスタートしましたTatsuhito(@zabutonletter)です。

オーストラリア、シドニーへ入ってから一日、空港からシドニーのセントラルへの行き方と、初日に思ったシドニーの感想を書いてみます。

 

ワーホリ初日、シドニー空港からシドニーセントラルへの行き方は?

シドニー空港(キングスミス)からセントラル(中心街)へは電車かバスで行くことになります。

聞いたところ電車で行く方が簡単ということで(空港の職員さんに聞きました)僕は電車で。電車のホームは空港の地下にあります。

長期滞在には切符よりもOpalカードがめっちゃ使いやすく簡単に作れるので作っておきましょう。(Suicaと同じチャージ式のICカードです)

買い方は、降りて右側に受付カウンターが3個ほどあるのでそこへ並んで頼むだけです。(上にopalとかtop upって書いてあります)支払いは現金でもクレジットでもオーケーです。

手数料もかからずに好きな金額(聞かれたのは10ドル単位、僕は20ドルで作りました)で作れますがセントラルに行くには15ドルほどかかるそうなので20ドル以上は必要になります。

ちなみに電yさはもちろん

空港からセントラルへは一本で行けるので乗ってしまえばあとは乗っているだけで到着します。

 

シドニーの雰囲気は活発で元気、でも時間の流れはゆったりです。

シドニーは忙しい中にもゆったりとした時間が流れているように感じました。スーツ姿で急ぐ中にもコーヒー片手に話しながら歩いていたり、ふらっとカフェに入ってコーヒーを嗜む人が多くゆったりとした時間の流れを感じます。

またおしゃれな人が多く、街自体が洗練されている印象です、ファッションもビビットな色を取り入れている人が多く目を引くファッションを楽しんでいる人がとっても多い!!周りのことを気にせずに堂々としている人がたくさんいるんでしょうね。

国籍が違う人が多いのも印象的。街を歩くとオーストラリアンやアジア系、日系の人も多く、色んな国籍の人たちが入り混ざっているのに楽しさを感じました。

 

シドニーのカフェはいつでも満員、改めてカフェ文化のすごさを感じる。

サラリーマンでもカフェで話しながらビジネスの話をしている人が多く、10時から街に出たにもかかわらずどのカフェも混んでいたのがとても驚きでした。

ふらっと気軽にカフェに立ち寄る人が多いにでお店の方もとてもフランク、「how are you?」「fine,thank you,and you?」と気軽にコミュニケーションを行う人たちを見て改めて日本との文化の違いを認識しました。

とても素敵な文化だー。

 

シドニーは夜まで明るい元気な街、ステイはセントラルの近くがオススメ。

シドニーは夜10時を過ぎても活発で元気な街でした、中心街(セントラル)付近は遅くなっても街全体が明るくて安心して変えることができたのでホテルやバックパッカーは中心よりがオススメです。

終電は深夜まであるそうですが治安も考えると近くが良いと思います。

 

シドニー初日まとめ

シドニーの町並みはとても美しく街中にビルと公園、教会は混ざり込んでいるのは感動的に美しいです、この街で半年間暮らす予定ですがこれからの暮らしがとても楽しみになりました。(オペラハウスもすごーく美しい)

 

駆け足でしたが初日に感じたシドニーの感想でした、また今後もシドニーから発信していきます。

 

ワーホリ関連の記事はこちらから

Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

ワーホリ準備でやることまとめ!ワーホリ渡航前に日本でするべきこと【2017 オーストラリア】

スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です