【お役立ち】Webライターを副業に!始め方や特徴をまとめて解説

Satoshi
ライターの副業をしたい、けど未経験だし稼げるのかな?働く方法や特徴を知りたいなぁ

 

こんにちは。兼業ライターのTatsuです。

「副業としてライターで働きたい」「どうやったらライターとして、稼ぐことができるんだろう」

そんな疑問を持っていませんか?副業としてライターを始める方法は主に2種類、「クラウドソーシング」と「アルバイト」があります。

Satoshi
クラウドソーシングにアルバイト?どちらの方法がよいんだろう。
Tatsu
その辺りのことをこの記事では詳しく掘り下げていくよ。

 

今回の記事は、副業としてライターを始める方が知っておくべき情報をまとめたものです。

副業ライターの給料の話や、具体的な仕事の探し方を解説します。これから副業としてライターを始めたいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

ライターの副業は稼げる!?

ライターの副業で稼げるか、はスキル次第です。

ライターを副業でおこなう際の基本的な考え方は「成果主義」。

すなわち、どれだけ記事を書くことができたか、どれだけ良質の記事を書くことができたか、によります。

 

基本単価は一文字1円

ライターの副業で稼げる金額の基本は一文字1円。原稿用紙1枚分の文字を書いて400円ほどの金額が稼げます。

これを多いと取るか少ないと取るかは人それぞれですが、ライティングは慣れてくると、1時間に2000文字位はかけるようになってきます。

時給にすれば2,000円ですね。ライターの副業は、スキルを磨けばほかの副業に比べて圧倒的に稼ぎやすいといえます。

 

ライターの副業はどのように探すのか?

副業でライターといっても、その仕事の方法には種類があります

副業でライターをする方法は、下記の2種類が代表的です。

  1. クラウドソーシング
  2. アルバイト

 

種類①:副業ライターの定番!クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネット上でやりとりをするウェブサービスです。

仕事内容はライターをはじめ、エンジニアやデザインなどスキルによってもさまざま。フリーランスでクラウドソーシングを利用しているライターも多いです。

 

クラウドソーシングのメリット

  • パソコンひとつでどこでも働ける
  • スキマ時間作業が可能
  • コミットすれば数十万円稼ぐこともできる

副業ライターをするうえでのクラウドソーシングのメリットは、いつでもどこでもが仕事ができること。

パソコン1つあれば、どこでも働けるのは大きな魅力です。

好きな時間に作業ができますし、真剣に取り組めば、月に数十万円を稼ぐことも可能です。

 

クラウドソーシングのデメリット

  • 文字単価が低い仕事も多い
  • 継続して稼ぐには、自分から仕事を取りにいくことが必要

クラウドソーシングの仕事内容は多種多様、そのなかには一文字0.5円などの文字単価が低いものもあります。

文字単価が1円の仕事に比べて半分の給料、このくらいの仕事もゴロゴロしてます。

また、クラウドソーシングで継続して稼ぐには、自分から記事を「提案」する必要があることも。この方法に慣れないと、副業で安定して稼ぐのは難しいでしょう。

 

クラウドソーシングは自分次第

クラウドソーシングは、副業ライターにとっては定番の働き方です。

しかし、ある程度安定して稼ぐのには慣れが必要なことも事実です。そして、慣れるためにはまず体感してみることが一番の近道です。

クラウドソーシングで仕事をするときは、ザッと下記の4つのサービスに目を通しておくとよいでしょう。

  1. クラウドワークス :日本最大級、ライターの仕事も豊富で登録必須
  2. ランサーズ :クラウドワークス同様に日本最大級のサービス、こちらも登録必須です
  3. サグーワークス :ライター特化型のサービス、独自テストに合格で高単価案件も狙える
  4.  Bizseek :手数料が業界最安のクラウドソーシング

どこも登録はすべて無料です。

登録をしたら仕事をしなければいけない、ということもありません。

いくつか登録をしてみて、ざっくり違いを比較してみるのもよいと思いますよ。

 

方法②:副業ライターはアルバイトもあります

ライターを副業にする方法の2つ目は、ライターのアルバイトをすること。

ライターのアルバイトには大きくわけて「在宅ライター」と「出社型のライター」があります。

 

①:在宅ライターとは?

在宅ライターとは、家でライターの仕事をする方法です。方法自体は前述したクラウドソーシングと変わりませんが、大きなメリットは仕事が安定して得られること。

クラウドソーシングでは、自分で仕事探しから提案まで、実際に副業で稼ぐまでのステップはいくつかあります。

しかし、在宅ライターなら契約先はひとつだけ。そのため、仕事自体は安定して続けることができます

 

在宅ライターのデメリットは「強制力」

クラウドソーシングよりも安定して稼ぎやすい在宅ライターですが、デメリットもあります。それは仕事上の強制力があるということ。

クラウドソーシングでは自分の空いた時間に好きなだけ仕事をすることが可能ですが、在宅ライターでは基本的にに一定の仕事量をこなすことが必要。

そのため、自分の予定に合わせて柔軟に働く、という点ではクラウドソーシングに軍配が上がります。

 

②:出社型のライターとは?

出社型のライターとは、オフィスに出勤して一定の時間を働く方法。

仕組みは通常のアルバイトと同様ですね。出社の必要がある点と、給料形態が主に時給制なことが特徴です。

 

出社型ライターは自己成長にうってつけ

クラウドソーシングと在宅ライター、これら2つに比べて出社型のライターは初心者ライターにはうってつけといえます。その理由は時給制なことと、指導してくれる人が身近にいることです。

上記2つの方法は成果主義なのに対して、出社型は働いた時間数は給料が保証されます。

また、たくさんの人がまわりにいる環境なので、アドバイスが欲しいときにはすぐに聞けるのも魅力です。

未経験からライターを始めるにはよい環境であるといえるでしょう。

 

アルバイトライターは安定性が大きい

在宅ライターや出社型ライター、どちらも基本的にはアルバイト。仕組みの違いがあるとはいえ、クラウドソーシングでライターをするよりも、安定した金額を稼ぐには向いています。

「月に3万円、必ず稼ぎたい」「週に数日、固定で働きたい」という方にはアルバイトで副業ライターをした方が旨味は大きいでしょう。

副業で安定した収入を生み出したい!という方は、アルバイトで始めるのがオススメです。

>>ライターのアルバイトを探してみる

 

【マインドセット】副業ライターに必要な考え方

副業でライターをする。こう聞くとすごく簡単にお金が稼げるように聞こえますが、実際はそうではありません。記事を書くということは、その記事が人目に触れるということです。

そのため、記事の内容には一定のレベルの読みやすさと、ある程度の日本語レベルが求められます。

副業でライターを始めたけど続かない、そんな方も多いです。それは、始める前には簡単だと思っていたことができない辛さ、理想と現実の間にギャップがあるからだと思います。

 

簡単ではない仕事、その認識が成長を生む

副業でライターをしていると、書いた記事が校正をされて返ってくることは日常茶飯事です。

校正とは、書いた記事に赤ペンが入って戻ってくること。よい記事にするために必ずおこなわれる確認作業のことです。

  • 「なんで私の記事はダメなんだろう」
  • 「俺の書いた文章のなにがダメだったんだ」

このような考えを持つこともあるでしょう。そんな不満を抱えて、副業ライターをやめてしまう方が多いのです

しかしこのような不満は、ライターの仕事を簡単だと思っているからこその考えではないでしょうか?

「ライターの仕事は簡単なものではない」この認識を持っておけば、仕事を通して成長もできるでしょうし、長く続けることにもつながるでしょう。

 

副業ライターをするなら読んでおきたい本

ライターをするからには、文章を書く技術や考え方を習得することも必要です。

最低限のレベルに達しなければ、継続して稼ぐことも難しいでしょう。

そのためには、本を読んで学ぶことが圧倒的に効率的な方法。素晴らしい先人の知恵は活用しましょう。ここでは、副業ライターをするなら読んでおきたい本を2冊ご紹介します。

 

オススメの本①:20歳の自分に受けさせたい文章講義

 

 

文章の構成からわかりやすい文章の組み立て方が学べる本。初心者〜上級者まで必ず抑えておきたい本です。

著者はフリーライターの古賀史健さん。文章の基本から学ぶなら、この本が一冊あれば十分です。

 

 

オススメの本②:沈黙のWebライティング

 

 

インターネット媒体の文章は紙の文章と書き方が違います。ウェブ用のライティング、そのためのエッセンスがぎゅっと詰まった本がコチラです。

本自体の厚みはありますが、中身は漫画のようにサクサクと読み進められるもの。

「SEOってなに、美味しいの?」って方はいちど読んでおいた方がよいでしょう。何回も読み倒して、すべての知識を吸収したい一冊です。

 

【NEXT STEP】ライターの副業に慣れてきたら

実際にライターの副業を始めて慣れてきたら、次のステップに進みましょう。そのためのポイントは「報酬」「時速」「継続性」です。

 

STEP①:報酬アップの交渉を

ライターの仕事に慣れて、自分の文章力にも自信がついてきた。そんな方は記事の報酬アップ、文字単価の報酬アップを仕事の依頼主に交渉しましょう。

ライティングの基本的な報酬は一文字1円。とはいえこの金額は意外と「なんとなく」でつけている依頼主も多いようなのです。そのため、交渉をすればいくらかの報酬アップをしてもらえることも。

文字単価が1円→1.2円になれば2000文字の記事報酬も2400円になります。チリも積もれば山となる。自分の文章に自信がついてきたら、積極的に交渉していきましょう。

 

STEP②:時速をあげる

時速をあげることは=記事作成の時間を減らすこと。生産性のアップにもつながり、より効率的に稼ぐことにもつながります。

時速をあげるための主な方法は、下記のようなものが挙げられます。

  • タイピングスピードのアップ
  • 情報収集を素早くする
  • 記事の意図を的確に理解することが挙げられます。

タイピングスピードをアップするには、練習をすることが唯一の方法。魔法はないので、地道にコツコツが最善策です。オンラインにはお役立ちサイトがありますので、活用しましょう。

情報収集は、検索した記事の目次や見出しからアタリをつけておこないましょう。本文を全部読んでいると、時間があっという間に過ぎてしまいます。

記事の意図を理解するには、記事のターゲットを明確にすることが役に立ちます。年齢や性別など簡単なものでもよいので、毎記事設定するのがよいでしょう。

 

STEP③:可能な限り同じ依頼主と付き合う

毎回のように依頼主が変わっていては、時間のロスも起こりますし、安定した金額を稼ぐことも難しいでしょう。

そんな事態を防ぐためには、可能な限り同じ依頼主と付き合っていくことが必要です。そしてそのためには、記事の質を上げることと、向上心を持って仕事をすることが鍵です。

仕事始めの頃は時間をかけてもよい内容の記事を書くこと。また、働きながら教えを乞う姿勢を一貫して保つことも大切でしょう。

 

まとめ ライターを副業にする

ライターを副業にすることは、難しいことではありません。一方で、簡単な仕事かといわれるとそこはまた別です。

ただ文章を書くだけで稼げる仕事、時間数働けば稼げる仕事、そのような副業を探している人にはもしかすると合わないこともあるかもしれません。

しかし、文章を書いて収入を補いたい、技術を磨きたい、好きな場所で働きたい、と考える方にはうってつけの仕事といえます。

Satoshi
副業でライターをやるには努力も勉強も必要、けど頑張れば収入を生み出すことが可能…?
Tatsu
そうだね、仕事にラクなものはないと思う、けど文章を書いたり、人を喜ばせたりすることが好きな人にライター副業はオススメだよ。

 

自分の文章で人を喜ばせたり、役に立つことができる。ライターの仕事はそんな稀有(けう)な仕事です。

興味がある方はぜひ、ライター副業スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

◼︎まずはサクッと!クラウドソーシングに登録してみる

  1. クラウドワークス :日本最大級、ライターの仕事も豊富で登録必須
  2. ランサーズ :クラウドワークス同様に日本最大級のサービス、こちらも登録必須です
  3. サグーワークス :ライター特化型のサービス、独自テストに合格で高単価案件も狙える
  4.  Bizseek :手数料が業界最安のクラウドソーシング

 

>>ライターのアルバイトを探してみる

 

関連:読みやすい記事を書くコツ

ライターに必要なのは、読みやすい記事を書くこと。そのために文章を書くための知識は必須です。

読みやすい文章のコツを、「20の自分に受けさせたい文章講義」から抽出して解説、ライター志望の方はぜひご一緒にご覧ください。

>>「あれ、気づいたら読み終わってる!」スラスラ読める文章を書くコツ

 

◼︎Twitter発信もしています。フォローしてもらえたら嬉しいです!

>>TatsuのTwitterアカウントはこちらから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。