海外は身近な場所だった。オーストラリアワーホリを終えて

スポンサードリンク

こんにちは、オーストラリアでのワーホリを終えて日本に帰国しましたTatsuです。

9ヶ月のオーストラリアでのワーホリを終えて、海外は意外と身近な場所だったなと身をもって感じています。

今からオーストラリアへワーキングホリデーへ行く人に、僕が現地で感じたことをシェアしたいなと。

 

僕は海外は遠いと思っていました。(距離・時間・言葉の壁うんぬん…)

ですがその気持ちは9ヶ月のオーストラリア滞在を経て180℃変わったんです。

そしてその変化は現地でできたつながりから感じたものです。

 

オーストラリアのワーホリは楽しい。

今から行く人にもそう思ってもらえるように僕の現在の気持ちを書いていきます。

 

初めてのワーホリ、海外は遠い場所だと思っていた

僕がオーストラリアにワーホリで来たのは2017年の9月。

直行便で成田空港から約9時間。

空から見えた夜の東京のキラメキは僕の心に残っています。

 

当時の日本は残暑が厳しく、オーストラリアへ着いた僕の最初の感想は「涼しいな。ココ」

ジメジメとした日本と違いオーストラリアはカラッと乾いた寒さを感じ始める時期でした。

そしてその「違う国」という感覚にゾクゾクしていました

 

国の匂い、というべきか日本で感じる安堵感はシドニーに着いた時にはなかったんです。

当時の僕にはそれが日本との違いを意識させるコトだったんでしょう。

外国に働きに来た当時の僕には、その国の匂いが必要だったのかもしれないと今は思います。

 

この時の僕には、オーストラリアはまだ遠い場所でした。

 

それから9ヶ月経って海外は身近な場所になった

9ヶ月間のワーホリ滞在で僕はシドニーに滞在していました。

オーストラリアに来た当初知り合いがまったくいなかった場所です。

それが9ヶ月経った今はいつでも帰りたいと思える場所になっていました。

 

それはシドニーの街に帰りたい。ということではなく、シドニーにいる人達に会いたいという感覚が近いように感じます

街への思い入れは特別強くありませんが、そこにいる友達との繋がりがそう感じさせる。

そしてそう思える友達ができたことが、一番大きなものです。

 

朝から夕方まで毎日働いたカフェにも、お世話になった家のオーナーさんにも。

つながりができたことがワーホリで得た一番大きなものです。

そしてそう思えたコトで、僕にとって海外は身近な場所になりました。

 

そして僕がオススメするオーストラリアの仕事はバリスタです

もう一つ。僕も働いていたように、カフェでのバリスタ仕事はオススメです

なぜならバリスタの仕事は世界共通、オーストラリアで覚えた技術は世界のどこでも通用します

 

世界レベルのカフェが揃うオーストラリアはバリスタとして働くには最高の場所です。

 現実的なことを言えば給料も高い。僕の働いた経験では手取りで17ドル〜23ドルでした。そして英語も話す機会が多いです。

 

バリスタ未経験であっても、バリスタの技術と英語を同時に学べる学校もあるみたいなので。

これからオーストラリアに行く人には、ぜひともバリスタの仕事をしてほしいです。

 

▼僕が行った学校は3時間のコースでしたがとても勉強になりました。サティフィケート(修了書)ももらえましたよ。

関連記事:シドニーCBD Collegeでバリスタ資格取得!!バリスタ学校へ行くのはオススメか!?

 

リモートワーク(在宅でもできる仕事)は挑戦してみる価値がある

僕はオーストラリアに行く前、そして行った後もよくブログを読ませていただいてました。

僕のこのブログもありがたいことに結構な数の人に読んでいただいてます。

ブログは経験が形になっているものなので本よりももっと具体的なストーリーを知ることができます。

 

これはすべての人へのオススメではありませんが、興味がある人はブログや在宅ワークを始めてみるのもいいかもしれません。

 

例として僕の体験なのですが

僕はシドニー滞在中に落ち込んでしまいしばらくの間、家から出なかった時期があります。

その時に「家にいながらパソコンでブログを書いたり、仕事ができたら安心だな」と感じました。

 

興味がある人はブログを書いてみたり、クラウドソーシングを使って在宅ワークを見つけてみるのもオススメします。

▼僕も働いているランサーズのページはこちらからどうぞ。

 

▼ブログを始めるのに興味があればこちらの記事。

関連記事[ブログを始めたい人必見]ブログを始めるなら必ず見るべきオススメサイト&厳選本7選

 

まとめ

実際にオーストラリアに住んだ経験は何物にも変えられません。

海外が身近に感じられるようになったことは本当に嬉しいし僕の財産です。

 

そして最後に、オーストラリアのワーホリでお金を貯めたいと考えている人へ。

オーストラリアのワーホリ中にお金を貯めることは十分に可能です。

「1年で100万円も難しくないと思います」

 

「昼間はカフェで働く」⇨「夜はジャパレス(日本食のレストラン)で働く」

一日中働くことになりますが僕の友達にこうしてお金を貯めている人もいました。

給料は日本に比べて高いのでお金を貯める目的を持ってオーストラリアに行くのもいいかもしれません。

 

目的は人それぞれですからね。いろんな価値観の人に会えるのも多国籍のオーストラリアの魅力です。

経験・友達作り・英語・お金。

自分のやりたいことを精一杯存分に楽しんで来てください。でも無理はしないようにしてくださいね

 

▼でもやっぱり働くなら、英語は勉強していったほうがいいですね。英語ならDuo3.0.

▼You tubeの音源は消えちゃうのでCDはあらかじめ用意してやりましょう。

 

▼オーストラリアに行く前に書いた記事はこちら

関連記事Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

 

スポンサードリンク