オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

オーストラリアはじつは隠れたコーヒ大国、住んでいる人は朝から晩までコーヒーを飲むらしい。そんなオーストラリアのコーヒーメニューを詳しく知っておきたいなあ。

 

こんにちは。シドニーでバリスタをしています、Tatsu(@zabutonletter)です。

オーストラリアがコーヒーで有名なことはご存知ですか?

コーヒーのプロである「バリスタ」の修行の場としてもメジャーなほど、オーストラリアのコーヒーは美味しいことで有名です。

そんなオーストラリアのカフェで注文できるコーヒーのメニューには、日本とは異なる独自のものがいくつもあります。

Satoshi
ただでさえ慣れない外国のカフェ、せめて注文できるコーヒーのメニューくらいは抑えておきたいところ。
Tatsu
せっかくいくならコーヒーを楽しんでほしい。そのために、今回の記事ではオーストラリアのコーヒーメニューを紹介するよ。

 

観光に滞在、ワーホリや留学などでオーストラリアにいく人には絶対にいってもらいたいオーストラリアのカフェ。

今回は、そんなカフェで注文できるコーヒーの種類をレシピも交えて解説します。また、メニューの下には美味しく飲めるお店の紹介記事リンクも付いています。

コーヒーが美味しいオーストラリアの魅力を存分に感じるために、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

オーストラリアのコーヒーの種類とは!?

早速ですが、オーストラリアのコーヒーメニューをサクッとまとめました。

これらのコーヒーメニューは基本的にどこのカフェでも共通して注文が可能です。そのため、あらかじめ飲みたいメニューを覚えておけば、簡単に注文することができます。

英語が不安な方もとりあえず名前がわかれば注文できるので、ぜひ抑えておいてください。

BLACK/ブラック (ブラックコーヒー)

  • Short Black/ショートブラック
  • Long Black/ロングブラック

White/ホワイト (ミルク入りのコーヒー)

  • Caffe Latte/カフェラテ
  • Cappuccino/カプチーノ
  • Flat White/フラットホワイト
  • Magic/マジック

Other/その他のコーヒー

  • Macchiato/マキアート
  • Piccolo/ピッコロ
  • Caffe Mocha/カフェモカ

 

オーストラリアのカフェ文化を簡単に

上記のようにオーストラリアのコーヒーメニューは、日本以上に多種多様です。

このメニューの多さはオーストラリアに住む人たちのコーヒーへの「コダワリ」が形になったもの。オーストラリアの人たちはコーヒーが本当に大好きなんですね。

メルボルンやシドニーは、フランスのパリよりもカフェが多いといわれます。僕の働くシドニーのカフェも開店前から行列ができるほど。オーストラリアのコーヒー愛、凄まじいです。

 

ベースになるのは「エスプレッソ」

日本と違い、オーストラリアのコーヒーのベースになるのは「エスプレッソ」です。

移民の多いオーストラリアにコーヒー文化をもたらしたのはイタリア人、イタリアといえばエスプレッソ発祥の地です。

イタリアからのエスプレッソ文化が大きく花開いたオーストラリア、すべてのコーヒーの基本はエスプレッソにあります。それではここから、オーストラリアのコーヒーの種類を見ていきましょう。

 

オーストラリアのブラックコーヒー2種類

オーストラリアのブラックコーヒーは下記の2種類です。

BLACK/ブラック (ブラックコーヒー)

  1. Short Black/ショートブラック
  2. Long Black/ロングブラック

 

ブラック①:ショートブラック(Short Black)

レシピ  エスプレッソ

 

簡単にいえばコーヒーのリキュール。ショートブラックは日本でいうエスプレッソです。

デミタスカップ一杯ぶんの少量のコーヒー。そのなかにはコーヒーの持つ甘味、酸味、風味が余すところなく閉じ込められています。

エスプレッソは単体で楽しむだけでなく、ミルクと組み合わせてラテやカプチーノを生み出します。すべてのコーヒーの基本になるメニューですね。

 

エスプレッソの名前の違い

エスプレッソは量や入れ方によって呼び方も変わります。

  • Ristretto/リストレット

リストレットは抽出量が20mlで通常よりも濃い目。パンチのある風味にトロッとした質感がやみつきです。

  • Doppio/ドッピオ

 ダブルショットとも呼びます。エスプレッソを2杯ぶんカップに閉じ込めたもの。

>>『Code Black Coffee(コードブラックコーヒー)』スタイリッシュにブランチを楽しむ

 

ブラック②:ロングブラック( Long Black)

レシピ  エスプレッソ+お湯

 

エスプレッソの持つ風味や特徴を、まるっと閉じ込めた贅沢なブラックコーヒー。

ロングブラックはエスプレッソをお湯で薄めて作るもの、日本でいうアメリカーノと同じものですね。

とくに寒い日に出歩くには、テイクアウェイしたロングブラックは最高のパートナー。ブラックコーヒーならロングブラックです。

 

【バリスタ向け】ロングブラックの作り方

ロングブラックの作り方はとてもシンプルです。

  1. カップにお湯をあらかじめ入れておく
  2. エスプレッソをお湯の上から抽出する

注意点は、クレマを消さないように抽出口からすぐ下にカップを置くことと、エスプレッソを壁に沿わせて注ぐこと。

ロングブラックは作り方で風味や味、ひと口目のインパクトが大きく変わります。作るときには要注意です。

 

オーストラリアのホワイトコーヒー3種類

エスプレッソにミルクを加えたコーヒーを、オーストラリアではホワイトと呼びます。

エスプレッソやロングブラックなどのブラックコーヒーもよいですが、たくさんのオージーが大好きなのはこちらのホワイトコーヒー。

思い思いのカフェタイムを過ごすには、軽い甘味とふんわりとしたフォームミルク、そしてチョコレートのような風味のホワイトコーヒーが最高です。

 

【予備知識】ミルクの種類と名前について

ホワイトコーヒーの種類の説明前に、まず知っておいていただきたい知識があります。それが、ミルクの種類について。

簡単にいえば、このミルクの状態の違いがホワイトコーヒーの名前の違いになります。

ミルクの状態の違いは、下記の通りです。

 

  • Steam Milk/スチームミルク

 スチームするときに泡を入れない部分。ホットミルクの状態。

  • Formed Milk//フォームミルク 

 スチームするときに泡を入れる部分。ふわふわした状態のミルクです。

ホワイトコーヒーは大きく分けて3種類ありますが、それらの違いはこのスチームミルクとフォームミルクの割合の違いです。

ここさえ抑えておけば、ホワイトコーヒーの違いを理解するのはラクラクですよ。

 

オーストラリアのホワイトコーヒー3種

オーストラリアのホワイトコーヒーは下記の3種類です。

White/ホワイト (ミルク入りのコーヒー)

  1. Cappuccino/カプチーノ
  2. Caffe Latte/カフェラテ
  3. Flat White/フラットホワイト 

 

ホワイト①:カプチーノ(Cappuccino)

レシピ  エスプレッソ+ミルク(フォームミルク1.5㎝)+チョコパウダー

 

フォームミルクが最も多いホワイトコーヒー。カプチーノは、日本同様に愛されるカフェの定番メニューです。

オーストラリアのカプチーノの特徴は必ず入れるチョコパウダーにあります。エスプレッソの風味に、あまーいチョコパウダーがクセになるアクセント。

オーストラリアで飲んでしまったら最後、日本で飲むカプチーノが物足りなくなってしまうかもしれません…。

>>メルボルンCBD!ふらっと行きたい路地裏の名店『Patricia Coffee (パトリシアコーヒー)』

 

ホワイト②:ラテ(Latte)

レシピ エスプレッソ+ミルク(フォームミルク1cm)

 

ラテはカプチーノの次にフォームミルクが多いコーヒーです。オーストラリアのラテの特徴は、ガラスのグラスで出されること。

その理由はカプチーノと、次に挙げるフラットホワイトとのフォームミルクの量の違いを確認できるようにするためだとか。

正直そこまでこだわるかと思いますが、ラテばかり注文する人もいるので、それぞれのコダワリが深いんでしょうね。

 

ホワイト③:フラットホワイト(Flat White)

レシピ エスプレッソ+ミルク(フォームミルク0.5cm)

 

オーストラリアのコーヒーメニューで、不動のNo.1メニューがフラットホワイトです。

カプチーノやラテよりも少ないフォームミルクにエスプレッソ、その力強い味わいは一度飲んだらやみつきの味です。

僕も滞在中、9割はフラットホワイトをオーダーしていました。飲めば飲むほどクセになる。日本に帰ってもすぐに飲みたくなるオーストラリアの思い出の味です。

>>メルボルンコーヒーを語るなら『St.Ali(セントアリ)』に行かなきゃ始まらない!

 

フラットホワイトカスタム:マジック(Magic)

レシピ ダブルリストレット+ミルク(フォームミルク0.5cm)

 

フラットホワイトをさらに濃厚にしたコーヒーがマジックです。マジックの発祥はメルボルン、しかし今ではシドニーなどでもオーダーできるほど浸透しています。

少量抽出のリストレットエスプレッソをふんだんに使い、シルキーなミルクを混ぜ込んだ贅沢な一杯。甘味や風味を存分に楽しむことができるコーヒーです。

お店によってはカップの3/4の量で提供されます。しかし、その濃厚な味は滞在中に一度は楽しんでもらいたい至福の味。ぜひチャレンジしてみてください。

>>【シドニーのオススメカフェ】シドニーのコーヒーラバーも通うトップクラスのスペシャルティコーヒーショップ「Gumption by Coffee Alchemy」

 

オーストラリア、その他のコーヒーメニュー3種類

オーストラリアのカフェで定番とされるのは、ブラックとホワイト。しかし、そのほかにも気になるコーヒーメニューがあるのがオーストラリアです。

オーストラリアのカフェで楽しめる、その他のコーヒーメニューは下記の3種類です。

Other/その他のコーヒー

  1. Short Macchiato/マキアート
  2. Piccolo Latte/ピッコロラテ
  3. Caffe Mocha/カフェモカ

 

 ①マキアート(Macchiato)

レシピ エスプレッソ(ロングブラック)+フォームミルク少量

 

マキアートはブラックコーヒーの上から、そっとフォームミルクを上に乗せたメニューです。

「ブラックだけでは濃すぎる…」と感じる人にはオススメです。

ベースになるのがエスプレッソかロングブラックかで、マキアートの名前が下記のように変わるので、注文の際はご注意を。

  • エスプレッソベース→ショートマキアート(Short Machiato)
  • ロングブラックベース→ロングマキアート(Long Macchiato)

 

②:ピッコロ(Piccolo )

レシピ エスプレッソ+ミルク

 

通が愛するコーヒーがピッコロ。ピッコロは簡単にいえばラテのミルクを少なくしたもので、その量は約120mlほどです。しかし、料金はほかのメニューと同じです。

にも関わらず、現地のオージーはピッコロをめちゃくちゃ愛しています。その理由はピッコロの持つ味にあります。

ミルクを少なくすることで表現されるのはコーヒーの持つ「個性」そのもの、品質の高いオーストラリアのコーヒーを感じるには、一番よいメニューといえるかもしれません。

>>【シドニーのオススメカフェ】CBDの隠れ家コーヒーショップ!「Skittle Lane」シンプルな洗練美がたまらない。

 

③:カフェモカ(CafeMocha)

レシピ エスプレッソ+ミルク+チョコパウダー

 

超濃厚、リッチなコーヒーが楽しめるのがモカです。大量のチョコパウダーとエスプレッソを溶かしこみ、カプチーノ同様のフワフワミルクを合わせたコーヒー。

ひとくち目の感想はまさにサプライズ。チョコの広がる甘味を追いかけるように現れる、エスプレッソの甘くも苦い余韻。

寒空のなか、口に含んだモカはたまらない至福の時間を感じさせてくれます。

>>旅するように立ち寄りたいお店!ParliamentにあるTraveller Coffee(トラベラーコーヒー)

 

【追記】オーストラリアのニューコーヒー3種類

コーヒー先進国であるオーストラリアでは、約2年前から新しいコーヒーが現れてきています。

そしてその新しいコーヒーとは、主に日本の文化が外国に輸出されたもの。

ハンドドリップや水出しコーヒーの文化が、海外で新しい息吹を吹き込まれ、最先端の流れとして浸透してきています。

 

New①:バッチブリュー(Batch Brew)

バッチブリューとは、プロユースのコーヒーメーカーで作るブラックコーヒーのこと。

オーストラリアではブラックといえばエスプレッソやロングブラックのことを指しますが、近年このバッチブリューも大きく浸透してきています。

味はロングブラックよりもさっぱりとして、日本のコーヒーに近い印象。提供までの時間も早いので、時間がないときにもオススメです。

>>【シドニーのオススメカフェ】ハイドパークから徒歩5分、Edition Coffee Roasters、シドニーで美味しいコーヒーは是非ここで

 

New②:コールドブリュー(Cold Brew)

コールドブリューは水出しコーヒー。水出しコーヒーは日本で昔から親しまれているものです。

水を点滴のように落として長時間かけて抽出するため、苦みや雑味が少なくまろやかな味わいになるのが特徴です。

シングルオリジンを使ってコールドブリューを作るお店も多いので、豆の風味や個性を楽しむにも最適。暑い時期にもオススメです。

 

New③:プアオーバー(Pour Over)

一杯ずつ、丁寧に入れる職人ライクなコーヒー、プアオーバーは日本でいうハンドドリップです。

オーストラリアのカフェで主に用いられているのはハリオのV60。注文から提供までに時間はかかりますが、丁寧に淹れられた上質な一杯を楽しむことができます。

お店によってはコーヒー豆の種類が頻繁に変わるので、気になるときはスタッフに確認を。話のきっかけにもなるのでカフェ滞在を楽しむにも最適です。

 

 

まとめ オーストラリアコーヒーの種類や作り方(レシピ)

オーストラリアのコーヒーメニューは日本のものよりも圧倒的にバリエーションがあり、選ぶ楽しみに溢れています。

個人的に、ぜひ試してもらいたいのは「フラットホワイト」「マジック」、そして「ピッコロ」です。とくにピッコロは小ぶりなカップで提供されるので、その可愛さにも要注目。

今回ご紹介したコーヒーのメニューは、どの店舗でもおおよそ共通で値段もほとんど同じ。オーストラリアのカフェカルチャーを楽しむ参考に、今回の内容がお役に立てば幸いです。

Satoshi
一杯一杯が無駄にできないな、すべてのコーヒーを楽しむ尽くすぞ!
Tatsu
本当に。オーストラリアには観光はもちろんだけど、コーヒーを楽しみにいくっていうのもよいよね。

 

◼︎奥深いコーヒーの魅力をさらに深める、そんな方にはこちらの本がオススメです。

 

関連:バリスタの学校

オーストラリアでコーヒーのプロを目指したい、そう考えたときに検討したいのがバリスタの学校です。

オーストラリアのバリスタ学校のカリキュラムとは、僕が実際に通った3時間のバリスタコースの内容を紹介します

>>シドニーCBD Collegeでバリスタ資格取得!!バリスタ学校へ行くのはオススメか!?

 

◼︎Twitter発信もしています。フォローしてもらえたら嬉しいです!

>>TatsuのTwitterアカウントはこちらから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。