オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

オーストラリアのコーヒーって有名なんでしょ?何を飲むのがいいんだろう。

オーストラリアのコーヒーは種類が多くって覚えられない。何が違うの?

 

オーストラリアのコーヒーには、日本のカフェとは名前・作り方が違うコーヒーメニューがあります。

僕は現在シドニーのカフェでバリスタをしていますが、最初はメニューの多さに困惑しました。

 

オーストラリアのコーヒーの定番メニューはこんな感じです。

BLACK/ブラック (ブラックコーヒー)

  • Short Black/ショートブラック
  • Long Black/ロングブラック

White/ホワイト (ミルク入りのコーヒー)

  • Caffe Latte/カフェラテ
  • Cappuccino/カプチーノ
  • Flat White/フラットホワイト
  • Magic/マジック

 

Other/その他のコーヒー

  • Short Macchiato/ショートマキアート
  • Long Macchiato/ロングマキアート
  • Piccolo Latte/ピッコロラテ
  • Caffe Mocha/カフェモカ

 

ここに挙げたものでも10種類のコーヒーメニューがあります。

カフェに行った時にこれだけの種類のコーヒがあったら、何を頼もうか悩んでしまいそうじゃないですか?

Tatsu
それぞれ説明してくれるお店もなかなかないですからね…

 

この記事では、オーストラリアのカフェでバリスタとして働きながら覚えたコーヒー名前の違いや作り方をシェアしていきたいと思います。

カフェに立ち寄ってコーヒーを注文するときには役に立ちますし。

カフェでバリスタを目指す人にも覚えておいてほしい内容になっています。

関連記事:オーストラリアのカフェでのコーヒーの注文方法!これだけ読めばオーストラリアのカフェで楽々注文できます!

 

オーストラリアのカフェ、コーヒーメニューの名前と作り方(レシピ)

オーストラリアのカフェ文化を簡単に

オーストラリアがコーヒーで有名なことをご存知の方も多いのではないでしょうか?

メルボルンやシドニーには、フランスのパリよりもカフェが多いと言われています

人気のカフェ朝から絶えず行列ができていて、出勤の時間までがオーストラリアのカフェでのピークタイム。

Tatsu
早いところで朝の6時からカフェがオープンしています。日常にコーヒーが根付いているんですね。

 

そんなオーストラリアのカフェではコーヒーといえばエスプレッソを指します。

日本にもエスプレッソの文化は根付いてきていますので、好きな方も多いのではないでしょうか。

これから見ていくメニューは基本的にエスプレッソがベースになっています。

Tatsu
どこのカフェでも基本的なレシピや作り方は同じですよ。

 

ではまずはブラックコーヒーのメニューから見ていきましょう。

 

オーストラリアのブラックコーヒー2種類

オーストラリアのブラックコーヒーの種類は2種類です。

BLACK/ブラック (ブラックコーヒー)

  1. Short Black/ショートブラック
  2. Long Black/ロングブラック

先ほども書いたように、オーストラリアではブラックコーヒーというとエスプレッソを指します。

ここで紹介するブラックコーヒーはエスプレッソとお湯を加えたロングブラックです。

 

①ショートブラック Short Black

レシピ:エスプレッソのみ

 

ショートブラックは日本でいうエスプレッソです。(以下エスプレッソで統一していきます)

この後に紹介していくコーヒー全ての味を決めるコーヒーのリキュール。

エスプレッソは量が少ないコーヒーですが、その中にコーヒー豆の甘味・風味・酸味などの全てが閉じ込められています。

オーストラリアのエスプレッソは苦味少なめ・甘みが強め。コーヒー豆の風味を感じる浅煎り〜中煎りのものが主流です

 

エスプレッソの名前の違い

エスプレッソは量や入れ方によって呼び方も変わります。

  • Ristretto/リストレット

 エスプレッソが抽出量30mlに対して、リストレットは抽出量が20ml。より濃厚なエスプレッソが楽しめます。

  • Doppio/ドッピオ

 ダブルショットとも呼びます。エスプレッソを2ショット分(60ml)で抽出します。

関連記事:【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

 

②ロングブラック Long Black

レシピ:エスプレッソ+お湯

 

ロングブラックはエスプレッソをお湯で薄めたコーヒーです。

日本でいうアメリカーノと同じもの。

エスプレッソのコクや風味がダイレクトに味わえます。

オーストラリアでは産地別のシングルオリジンで提供してもらえることも多いですよ。

 

ロングブラックの作り方

  1. カップにお湯を入れておき、その上からエスプレッソを抽出します。
  2. エスプレッソはカップの壁を伝うように抽出しましょう。

 

 

オーストラリアのブラックコーヒーはこの2種類です。

エスプレッソの味がカフェの味、初めていくお店でエスプレッソを飲めばお店の味がわかります。

では次はミルクを使ったホワイトコーヒーについて見ていきましょう。

 

オーストラリアのホワイトコーヒー

エスプレッソにミルクを加えたコーヒーをオーストラリアではホワイトと呼びます。

ラテやカプチーノとおなじみのメニューもありますが、その違いはミルクの質の違いです。

まずは、そのミルクの質の違いについてサクッと説明していきます。

 

コーヒーに使うミルクの種類と名前について

ホワイトコーヒーを作るミルクには2種類の状態があります。

この2種類の違いはスチームする時(温めるとき)に入れる泡の量です。

 

  • Steam Milk/スチームミルク

 スチームするときに泡を入れない部分。ホットミルクの状態。

  • Formed Milk//フォームミルク 

 スチームする時に泡を入れながら作る部分。ふわふわした状態のミルクです。

ちなみに、オーストラリアではフォームミルクのことを”Froth/フロス”と言います

 

オーストラリアのホワイトコーヒー3種

この泡を入れたフォームミルクの量によって、オーストラリアでは以下の3種類のホワイトコーヒーがあります。

①のカプチーノから③のフラットホワイトまで順にフォームミルクが少なくなっていきます。

White/ホワイト (ミルク入りのコーヒー)

  1. Cappuccino/カプチーノ
  2. Caffe Latte/カフェラテ
  3. Flat White/フラットホワイト 

 

①カプチーノ Cappuccino

レシピ:エスプレッソ+ミルク(フォームミルク1.5cm)+チョコパウダー

 

カプチーノは日本同様に、オーストラリアでも人気のあるカフェの定番コーヒー。

エスプレッソにシルキーな泡たっぷりのフォームミルクを注ぎます。

オーストラリアでは、カプチーノにはチョコパウダーを振りかけて飲むのがノーマルです。

少し甘みのあるコーヒーが飲みたくなる朝にはぴったりのコーヒーメニューです。

 

②ラテ Latte

レシピ:エスプレッソ+ミルク(フォームミルク1cm)

 

ラテはエスプレッソとミルクで作りますが、カプチーノよりもフォームミルクが少ないコーヒー。

オーストラリアではグラスで出されるのも、ラテの特徴の一つです。

カプチーノよりもコーヒーの味を楽しみたいときにはラテで決まりですね。

グラスで出すのは、フォームミルクの量を見えるようにするためだとか。

 

③フラットホワイト Flat White

レシピ:エスプレッソ+ミルク(フォームミルク0.5cm)

 

フラットホワイトはオーストラリア・ニュージーランド発祥のコーヒー。

日本では馴染みのないコーヒーですが、オーストラリアでは1番人気のあるコーヒーメニューです。

ホワイトコーヒーの中では一番フォームの量が少なく、コーヒーの持つ風味をしっかりと味わえます。

フラットホワイトの発祥はオーストラリアかニュージーランド。お互いに発祥は自分たちだと主張しています。

 

このフラットホワイトのカスタムオーダーでマジックというコーヒーメニューがあります⇩

 

③+ マジック Magic

レシピ: ダブルリストレット+ミルク(フォームミルク0.5cm)

 

マジックはメルボルン発祥のコーヒーメニュー。

濃く淹れたエスプレッソにミルクを注ぐのですが、コーヒーのの量はカップの2/3にします。

フラットホワイトよりもコーヒーの風味が強く、甘みや濃厚なコクも楽しめる味です。

僕はオーストラリアに行ってからマジックが一番のお気に入りメニューになりました。

 

オーストラリアのホワイトコーヒーは以上の3種類+αですね。

カフェに行ったら毎回違うコーヒーメニューにチャレンジしてみるのも面白いですよ。

 

その他のコーヒーメニュー4種類

オーストラリアの定番コーヒーはブラックとホワイトです。

ですがまだ他にもコーヒーには種類があります。

 

その他のコーヒーメニューは以下の4種類です。

Other/その他のコーヒー

  1. Short Macchiato/ショートマキアート
  2. Long Macchiato/ロングマキアート
  3. Piccolo Latte/ピッコロラテ
  4. Caffe Mocha/カフェモカ

 

 ①ショートマキアート Short Macchiato

レシピ:エスプレッソ+フォームミルクを少し

 

ショートマキアートはエスプレッソに少しのフォームミルクを乗せたコーヒー。

スタバのキャラメルマキアートのような甘いコーヒーではありませんよ。

エスプレッソに少しのミルクが加わることでよりまろやかな味が楽しめます。

Tatsu
マキアートは量が少ないメニューなので注文時には注意です。

 

②ロングマキアート Long Macchiato

レシピ:ロングブラック+フォームミルクを少し

 

ロングマキアートはロングブラックの上からフォームミルクを少しだけ。

ロングブラックは風味が強いので、少しミルクが入ると比較的飲みやすくなります。

Tatsu
ロングブラックにミルクを入れてもらうのもアリですね。

 

③ピッコロ Piccolo 

レシピ:エスプレッソ+ミルク

 

ピッコロはラテのスモール版。

エスプレッソの量は変わらずに小さいカップで作るので、ラテよりもコーヒーの風味が強く楽しめます。

特に作り方には特殊なことはなく、ラテを小さいグラスで作る感じです。

Tatsu
ガツンとしたエスプレッソの風味を引き出したピッコロはめっちゃ美味しいです。

 

④カフェモカ CafeMocha

レシピ:エスプレッソ+ミルク+チョコパウダー

 

カフェモカはエスプレッソとミルク・チョコパウダーを混ぜ合わせて作るコーヒーメニュー。

濃厚リッチな味わいは寒い時期には特に飲みたくなる味わいです。

オーストラリアのモカはエスプレッソの味もしっかり出ていて、ぜひ試してもらいたい。

Tatsu
お店によってはマシュマロがついてきます。モカの中で溶かして飲むのがサイコーです。

 

オーストラリアのその他のコーヒーは以上の4種類。

特にピッコロとモカは日本とは違う味が楽しめるのでぜひ飲んでみてください。

 

【追記】オーストラリアのニューコーヒー3種類

オーストラリアでは2年ほど前から新しい種類のコーヒーが浸透してきています。

それは日本ではおなじみのドリップコーヒーや水出しコーヒー。

一杯ずつ入れるハンドドリップや、長時間かけて淹れる水出しコーヒーですがオーストラリアでは日本とは違った味が楽しめます。

Tatsu
これらのコーヒーは主にコーヒー専門店で飲むことができます。

 

バッチブリュー Batch Brew

バッチブリューはコーヒーメーカーで淹れるコーヒー。

バッチブリューは同じブラックのロングブラックよりもさっぱりとした印象です

日本のブラックコーヒーが飲みたいときにはバッチブリューを注文しましょう。

Tatsu
混んでいるカフェでもバッチブリューはササっと出てくることが多いです。

 

バッチブリューでもシングルオリジンで作っているお店も多いです。飲む前に聞いてみるのもコーヒーを楽しむコツです。 

 

コールドブリュー Cold Brew

コールドブリューは水出しのアイスコーヒー。

日本で昔からある大きな水出しコーヒーの器具から、小さいサイズまでいろんな器具を見ることができます。

味の種類はいろいろあって、砂糖を加えて作るものからシングルオリジンを使ったものまでお店ごとにいろいろありますよ。

Tatsu
ホットコーヒーのメニューよりも値段は割高なところが多いかも。

 

プアオーバー Pour Over

プアオーバーは日本でいうハンドドリップコーヒー。

オーストラリアでは浅煎りのコーヒーを使うことが多いです。

コーヒー豆の個性が存分に楽しめるメニューでオーストラリアでもじわじわ人気が出てきています。

Tatsu
プアオーバーは1杯ずつ淹れるので少し時間がかかりますが、ぜひ飲んでみてください。

 

オーストラリアのカフェ、コーヒーのメニュー、作り方(レシピ)まとめ

以上、長くなりましたがいかがでしたでしょうか?

日本とはまた違ったオーストラリアのコーヒーの種類。

改めてまとめてみます。

BLACK/ブラック (ブラックコーヒー)

  • Short Black/ショートブラック
  • Long Black/ロングブラック

White/ホワイト (ミルク入りのコーヒー)

  • Caffe Latte/カフェラテ
  • Cappuccino/カプチーノ
  • Flat White/フラットホワイト
  • Magic/マジック

 

Other/その他のコーヒー

  • Short Macchiato/ショートマキアート
  • Long Macchiato/ロングマキアート
  • Piccolo Latte/ピッコロラテ
  • Caffe Mocha/カフェモカ

 

このコーヒーメニューはオーストラリアのどこのお店でも目にすることができる定番メニューばかり。

このコーヒーメニューを基本に、自分好みにカスタムをして注文することも可能です。

Tatsu
エスプレッソを追加したり、豆乳に変更してみたり。楽しみかたは無限大ですね。

 

今からオーストラリアに行く人はぜひオーストラリアのカフェ文化を楽しんでくださいね。

ワーホリなどでカフェで働くという人は事前にメニューの知識をつけて一歩リードしましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。では。

 

▽コーヒーの勉強にオススメの本はこちらの2冊、ハードカバーで読み応えもありますよ。

 

この記事の関連記事はこちら

関連記事:メルボルンのカフェ厳選16店!現役バリスタがご紹介します

関連記事:オーストラリアのカフェでのコーヒーの注文方法!これだけ読めばオーストラリアのカフェで楽々注文できます!

関連記事:ワーホリで働けるバリスタの仕事とは!?ある一日を徹底解説!

スポンサードリンク