オーストラリアのカフェ、コーヒーの種類や名前のまとめ!作り方(レシピ)の違いを徹底検証

スポンサードリンク

皆さんはオーストラリアのカフェ、コーヒーメニューを知っていますか!?

オーストラリアのカフェには日本やイタリアのカフェと同じものでも名前が違ったり、そもそも作り方が違うコーヒーメニューがあるんです。

BLACK/ブラック

  • Short Black/ショートブラック
  • Long Black/ロングブラック

White/ホワイト

  • Short Macchiato/ショートマキアート
  • Long Macchiato/ロングマキアート
  • Piccolo Latte/ピッコロラテ
  • Caffe Latte/カフェラテ
  • Cappuccino/カプチーノ
  • Flat White/フラットホワイト
  • Magic/マジック
  • Caffe Mocha/カフェモカ

オーストラリアのカフェでは日本ではあまり見かけないメニューや名前のドリンクも多いと思います

そしてこういったオーストラリア独特のコーヒーメニューは日本で学べる資料は少ないですし何より人によってかいてあることがバラバラであることが多々見受けられるんですよね。

働き始める前にレシピの違いや作り方が分かっていれば、カフェでの面接やトライアルでも断然有利。

今回はバリスタとして働きながらローカルカフェで実感した、コーヒーの作り方やレシピ、違いをシェアしていきたいと思います。

 

オーストラリアのカフェ、コーヒーメニューの名前と作り方(レシピ)

まず、オーストラリアのカフェカルチャーはとても生活に浸透していて、朝から昼過ぎまで人気のあるカフェは絶えず列ができていたり、席が満席のままです。

僕の今住んでいるシドニーにも数え切れないくらいのカフェがあって、そのどれもがプロフェッショナルなエスプレッソマシンとグラインダーを揃えています。

 

 

さて、少し本題から逸れましたが本題のカフェでのコーヒーメニューについて書いていきます。

どこのカフェでも基本的なレシピや作り方は同じです。

 

 

ショートブラック Short Black

Short Black/ショートブラック

ショートブラックは日本でいうエスプレッソを指します。(以下記述はエスプレッソ)

この後に書いていくロングブラックやフラットホワイトなどのコーヒードリンクの核になる部分で、全てのドリンクの味を決める味のベースになります。

一般的に苦味が強く、液体の上にクレマというキメの細かい泡の層ができていて、飲み慣れない人にはその苦味や濃さが飲みづらさを感じさせるかもしれません。

ですがオーストラリアで飲むショートブラックは苦味はあまり感じられずに、コーヒーの甘みとまろやかな口当たりが楽しめ、後まで残る余韻が心地よいコーヒーです。

エスプレッソは飲み慣れると癖になりますよ!

提供されるときは30mlの量で専用のデミタスカップ(専用の小さなカップ)で出されます、テイクアウトの時はこちらも専用サイズの小さなペーパーカップがあります。

 

またエスプレッソの抽出される量によって

  • Ristretto/リストレット

 通常のエスプレッソが抽出量30mlに対して、リストレットは抽出量が20mlのより濃度のあるエスプレッソ

  • Doppio/ドッピオ

 ダブルショットとも言います、エスプレッソを2ショット分(60ml)を一杯に抽出したもの

同じエスプレッソでも作り方で名前も変わって来ます。

 

エスプレッソの関連記事⇩

バリスタ初心者のエスプレッソの悩み解消します!!バリスタ必須の基礎知識、初心者のエスプレッソについての基礎から用語まで解説します。

2017.07.27

 

ロングブラック Long Black

 

Long Black/ロングブラック

ロングブラックはエスプレッソをお湯で薄めて作るコーヒードリンクで、オーストラリアではブラックといえばロングブラックを指します。

日本でよく飲むドリップコーヒーとの違いは、エスプレッソの特徴であるクレマ(上の泡の部分)が残り、口当たりがまろやかで後味がすっと消えていくのが特徴です。

ロングブラックの作り方はあらかじめカップにお湯を入れておき、その上から抽出したエスプレッソを注いで作ります。

ロングブラックを作るときはカップにエスプレッソを沿わせていれて上のクレマを残すようにします

 

コーヒードリンクに使うミルクの種類と名前について

ここから下はエスプレッソをベースにして作るコーヒードリンクについて書いていますが、ミルクの状態によっての呼び方をあらかじめ書いておきます。

  • Steam Milk/スチームミルク

スチームミルクはミルクをエスプレッソマシンで温める時に泡を入れずにただ温めるミルク、ホットミルクの状態です。

  • Formed Milk//フォームミルク Froth/フロス

 フォームミルク/フロス(以下フォームミルク)は温める時に泡を含ませながら作るホットミルクでカプチーノなどのふんわりとした口当たりのコーヒードリンクはフォームミルクの割合が多いです。

オーストラリアではフォームミルクのことを”フロス”と言います

 

では下からミルクを使ったコーヒードリンクについて書いていきます。

 

ショートマキアート Short Macchiato

Short Macchiato/ショートマキアート

ショートマキアートはエスプレッソと、フォームミルク少量で作るコーヒードリンクです。

1ショット分のエスプレッソの上からティースプーン2杯分のフォームミルクを上からそっとのせます。

エスプレッソだけで飲むよりもまろやかで飲むやすく、ラテでは量が多いなあという時に飲みたいコーヒードリンクです。

 

ロングマキアート Long Macchiato

Long Macchiato/ロングマキアート

ロングマキアートはショートマキアートのエスプレッソの部分をロングブラック(エスプレッソをお湯で薄めて作るブラックコーヒー)に変えて作るコーヒードリンク。

フォームミルクの量はショートマキアートと同じくティースプーン2杯ぶんを上からのせます。

 

ピッコロラテ Piccolo Latte

Piccolo Latte/ピッコロラテ

ピッコロラテはラテのミニ版で、リストレットのエスプレッソと30mlくらいのミルクで作られます。

ショートマキアートよりもミルクの量が多く、ミルク主体の濃いコーヒードリンクを飲みたい時にオーダーしましょう。

 

体感ですが、食後のランチタイムにはピッコロが一番人気なコーヒーメニューな気がしています。
さっと飲めるピッコロラテは僕も大好きなメニューですね!

 

カプチーノ Cappccino

Cappccino/カプチーノ

日本でもおなじみのカプチーノはエスプレッソとミルクで作るカフェの定番ドリンク、朝のピークでは注文数が一番多いコーヒードリンクかもしれません。

 

カプチーノはフォームドミルクの量が下に書くラテやフラットホワイトよりも多く入り、カップの上に少し盛り上がるくらいのフォームミルクを注ぎます。

こうすることでエスプレッソとミルクが混ざって他のドリンクよりふんわりとした口当たりが楽しめます。

目安としてフォームミルクの量が1/3になるように作ります

仕上げに上からココアパウダーを振りかけて完成です。

 

ラテ Latte

Caffe Latte/ カフェラテ Latte/ラテ

ラテはエスプレッソとミルクで作るコーヒードリンクで、日本でも馴染み深く好きな人も多いと思います。

ラテはスチームミルクの割合が多く上に乗せるフォームミルクの割合は上から1cmの量が目安です、更には特徴としてガラスのグラスで提供されます。グラスで出すことで上のフォームの量が見えるようにされているとか)

どこのお店でも綺麗なラテアートを見ることができますよ

 

フラットホワイト Flat White

Flat White/フラットホワイト

フラットホワイトはラテと同じくエスプレッソとミルクで作られています。

ラテはグラスで提供されるのに対して、フラットホワイトは陶器のコーヒーカップで提供されます、更に上のフォームミルクがとても薄く、ラテに比べてスチームミルクが多いのでよりミルキーな味が楽しめます。

フラットホワイトはオーストラリアとニュージーランドではポピュラーなコーヒードリンクですね

 

マジック Magic

Magic/マジック

マジックはオーストラリアのメルボルン発祥のコーヒドリンクです。

フラットホワイトよりもひと回り小さなカップ(もしくは同じカップ)にリストレット(20ml)で抽出したエスプレッソとフラットホワイトよりも少ないミルク(3/4)で作られていて。

マジックはリストレットの濃厚さとフラットホワイトの3/4のミルクで作られるので、エスプレッソのインパクトがより際立ったコーヒードリンクが楽しめます。

シドニーではメニューにないことも多いので、頼む時は”スリークオーターストロングフラットホワイト”と頼むと注文できます。

 

 

カフェモカ CafeMocha

Cafe Mocha/カフェモカ

カフェモカはエスプレッソとミルクにココアパウダー(もしくはチョコレート)を加えて作るコーヒードリンク。

ミルクはカプチーノと同じフロスの多い状態に仕上げていきます。

 

あらかじめココアパウダー(もしくはチョコレート)そこにエスプレッソを注いで混ぜ、ミルクを注いでいきます。

仕上げに上からココアパウダーを振りかけて提供します。

オーストラリアの冬は冷え込むそうなので寒い時にもオススメですね

美味しいエスプレッソで作られるカフェモカは、チョコとコーヒーの香りが相乗的に楽しめます。

 

New Wave Coffee in Australia

オーストラリアでは2年ほど前から日本でいうフィルターコーヒーやハンドドリップコーヒーも浸透してきたそうでスペシャルティコーヒーショップではよく見かける3種類のコーヒーを追記しました。

 

バッチブリュー Batch Brew

バッチブリューは全自動コーヒーメーカーで淹れるフィルターコーヒーでオーストラリアではハンドドリップよりも一般的でよく見かけます。

基本的には注文からすぐに提供できるコーヒーでお店では営業前に準備します、同じブラックのロングブラックよりも濃度が薄くさっぱりとした印象のコーヒー。

 

コールドブリュー Cold Brew

コールドブリューは水出しのアイスコーヒー、オーストラリアでは台湾製のとても大きな水出しコーヒーの器具を店頭で見かけます。

味は甘みとまろやかさが強く砂糖やミルクととてもよく合う味、他のコーヒーよりも手間がかかっているせいか値段は割高です。

 

プアオーバー Pour Over

プアオーバーは日本のハンドドリップコーヒーと同じもので、深煎りよりも浅煎りのコーヒーを使うことが多いです。

器具はHARIOのV60かKALITAのWAVEが一般的、注文から提供まで時間がかかります、プアオーバーはカフェというよりも自家焙煎をしているようなコーヒーショップでしか見かけないですね。

 

オーストラリアのカフェ、コーヒーのメニュー、作り方(レシピ)についてのまとめ

日本ではあまり目にしたことのないメニューや名前もたくさんあるオーストラリアのコーヒーメニュー。

改めて復習すると

BLACK/ブラック

  • Short Black/ショートブラック
  • Long Black/ロングブラック

White/ホワイト

  • Short Macchiato/ショートマキアート
  • Long Macchiato/ロングマキアート
  • Piccolo Latte/ピッコロラテ
  • Caffe Latte/カフェラテ
  • Cappuccino/カプチーノ
  • Flat White/フラットホワイト
  • Magic/マジック
  • Caffe Mocha/カフェモカ

今回書いたオーストラリアのカフェ、コーヒードリンクはどこのお店でも目にすることができる定番メニューばかりです。

実はオーダーの時にミルクの種類やエスプレッソの量が変更できたりと色々な楽しみ方もあるのですがそれは後々別の記事で書いていきたいと思います。

今からオーストラリアに行く人はカフェ、コーヒーのメニューの違いを知ることでより充実したカフェタイムを、カフェで働きたい人には働く前の予備知識に。

 

関連記事⇩

【オーストラリアバリスタ】オーストラリアでバリスタをするなら覚えておくべきカフェ、コーヒーメニューのID一覧

2017.10.26

オーストラリアのカフェでのコーヒーの注文方法!これだけ読めばオーストラリアのカフェで楽々注文できます!

2017.12.28

【オーストラリアバリスタ】オーストラリアで働くバリスタの仕事を一日分通して徹底解説!コーヒーショップでの働き方を知りたい人は必見です!

2018.01.14

日本とオーストラリアのカフェでの違いって!?オーストラリアでバリスタとして働く時に知っておきたいポイントとは!?

2018.03.04

 

バリスタの基本的な知識やコーヒー豆について学ぶならこの本が僕のオススメです。

 
スポンサードリンク