【決定版】人生を楽しく生きる7つのコツ

Satoshi
楽しく生きたいけど、毎日仕事と家の往復ばかりでなかなか楽しんでいる実感がない。楽しく生きるためのコツがあれば知っておきたいな。

 

こんにちは、当ブログ「BariTra」を運営しています、Tatsu(@zabutonletterです。

どうせなら人生は楽しく生きたいもの。そう願ってはいても、現実はなかなか難しいものですよね。

そんな人生を少しでも楽しくするためのコツ、楽しく生きるためのコツを知って、僕は人生を少し楽しめるようになりました。

そしてそれは特別なことではなく、毎日の日常でも少し意識をすれば実践することができるもの。

 

今回の記事では、楽しく生きるためのコツをシェアしていきます。

自分だけのかけがえのない人生、どうせなら、最初から最後まで欲張って楽しく生きたいものですよね。

「なんだか最近楽しくない」「もっともっと人生を楽しみたい」。そう考えているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

楽しく生きるにはコツがある

人生を楽しむためのコツに、難しいものはありません。

知れば今すぐ実践することができるものばかりです。魅力的なあの人が心がけていたのは、これらの簡単なことだったのかも知れません。

ここで紹介する楽しく生きるためのコツは下記の7つです。

  1. 笑顔で人に接する
  2. 「ありがとう」をすぐに伝える
  3. 我慢しない
  4. 主体的に行動する
  5. セルフトークをポジティブなものにする
  6. 自分を「しょうもない人間」だと悟る
  7. 自分を褒めてあげる

 

コツ①:笑顔で人に接する

人に接するとき、笑顔で話をされたら嬉しいし楽しいですよね。

笑顔は気持ちを上向きにする特効薬です。笑顔の習慣を作るだけで、人生は楽しくなる可能性を秘めています。

また、笑顔の間は悪いことを考えることが難しくなるので、自然と楽しい時間が増えてきますよ。

 

コツ②:「ありがとう」をすぐに伝える

「ありがとう」は魔法の言葉、口に出すだけで自分も相手も楽しく幸せな気持ちにしてくれます。

ささいなことでも、ありがとうを口に出す。

そうすることでポジティブなものに目を向ける習慣が身につき、楽しく生きることにもつながります。

 

コツ③:我慢しない

溜め込んだ感情や不満のグルグルとした感情、心のなかに我慢していませんか?

心のメモリには容量があります。そのメモリはいっぱいになると溢れてしまい、病気になったり、グチっぽい性格にあなたを変えてしまいます。

感じたことは我慢しないで、すぐに口に出す、もしくは紙に書き出すことで感情を整理するようにしましょう。心の余裕を作ることは、楽しく生きるために欠かせないコツです。

 

コツ④:主体的に行動する

なにかを変えるためにはとにかく行動することです。楽しく生きるために必要なことは受け身ではなく、主体的に動き出すこと。

物事を自分で決めて、好きなだけ没頭しているときって楽しいですよね。

自分のやりたいと思ったことは、主体的にすぐにやる。これは人生を楽しくするための大切なコツです。

 

コツ⑤:セルフトークをポジティブなものする

セルフトークとは、自己対話のこと。人間が無意識にするセルフトークは、1日に3万回以上ともいわれます。

セルフトークはなにもしないで放置すると、自然にネガティブな方向に流れていってしまうものです。気づかないうちに、気持ちを後ろ向きにしてしまう原因にもなります。

そんなセルフトークを、意識してポジティブなものに変えていきましょう。「よくやった」「いいね」など、思いついたときに自分に話しかけるだけでも、気持ちが上向きになってきます。

 

コツ⑥:自分を「しょうもない」人間だと悟る

「俺はなんでもできる、完璧だ!」そう考えている人は、少し損をしているといえるかもしれません。

自分のことを完璧だ、と考える人は物事をこなすときに、ハードルを高く設定してしまいがちです。

その結果、ハードルを越えることができなかったり、失敗をしたりして、自分を責めてしまうことになってしまいます。

対して、自分を「しょうもない人間」だと悟れば、どんな些細なことでも「俺ってすごい!」モードになることができます。その積み重ねが人生を楽しくする。これ、意外と本質です!

 

コツ⑦:自分を褒めてあげる

「また失敗した、なにやってんだよ…」そんな言葉を自分自身にかけていませんか?

人はまわりの人には優しくても、なぜか自分には厳しく当たってしまいがちです。失敗に対して何度も自分を責めたり、情けないと何度も心の中で繰り返したり。

同じような状況に友達がいるとしたら、同じような言葉をかけるでしょうか?

自分に対してこそ、究極に甘々で接してあげる。5歳の子に接するように、些細なことでも自分を褒める習慣を養いましょう!

 

楽しく生きるコツは自然体

自分に向き合い、気持ちを前向きにする、感情を吐き出す、まわりの人に優しく接する。

こうした行為の積み重ねで人生は楽しく、豊かなものになっていきます。

僕の考える究極に楽しそうな人の姿は「自然体な人」です。自然に笑い、自然に話し、自然に感情を出す、そんな人ってとても魅力的だし、楽しそうではないでしょうか?

 

感情の整理、気持ちの整理にはアウトプット

楽しく生きるためには、感情の整理、心の整理が必要です。

そのためには、心のなかにあるものを外に吐き出すアウトプットがもっともよい方法です。

溜め込んだ感情や、モヤモヤ、頭に残った気になったことは日記やブログで、外にアウトプットしていきましょう。身軽に動くのに、重たい荷物は必要ありません。

 

 

気持ちをニュートラルにするには「マインドフルネス」もオススメ

「楽しい」と感じるためには、心の余裕も不可欠です。

いっぱいになったコップに水がそれ以上入らないように、いっぱいになった心にはそれ以上新しいことは入りません。

そんな心の余裕を作るためには、「今」に集中するマインドフルネスをすることがオススメです。気持ちをニュートラルにするには、毎日の習慣を。

 

 

まとめ 楽しく生きるためのコツ

人生100年時代、できることならそのほとんどの時間を楽しく過ごしたいところです。

そのために今回ご紹介してきたコツや考え方を役立ててもらえれば、ありがたいし嬉しいなと。

楽しく生きるには、前向きな姿勢と考え方が大切です。ぜひ今日、今からこれらのコツを実践して、たくさんのことを楽しんでみてくださいね。

 

 

関連:人生を楽しくするコミュニケーション

人と人とのつながりも、人生を楽しくするためには欠かせません。

そのためには、コミュニケーションをとる力=コミュ力を上げることが必要です。

この記事では、コミュ力を上げる方法を技術と実践方法を交えて解説しています。ぜひ一緒にご覧になってみてください。

>>【永久保存版】コミュ力を圧倒的に上げる考え方と技術の話

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。