ワーホリの意味って何!?「大人の夏休み」を全力で楽しむことです!

ワーホリをする意味ってなんだろう?

ワーホリをしたいけど意味あるのかな?

 

こんにちは、シドニーでワーホリしてました、Tatsuです。

ワーホリは大人の夏休みともいわれる海外と日本を結ぶ制度の1つ。

よく留学と何が違うの?と疑問に思う方もいますが、ワーホリと留学ではちょっと意味が違います。

Tatsu

留学する人は勉強がメインですが、ワーホリでは目的や目標はなくてもオッケーです。

 

僕の例で言えば、ワーホリをしたのはオーストラリアのカフェで働きたかったからです。

ワーホリに行く前は、その目的を達成することが目標でした。

ですが、ワーホリが終わった今のタイミングで、ワーホリの意味を改めて考えてみるのも面白いんではないかと。

Tatsu

今回の記事では、ワーホリの意味について、僕の個人的な感想も含めて書いていきます。

関連記事:Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

 

ワーホリに意味なんてあるの?

結論から言うと、ワーホリに行く意味って僕は「自己満足」なんじゃないかと思っています。

ワーホリの意味は極論「自己満足」でいいと思ってる。英語の勉強、仕事、スキルアップ、いろいろ目的とか目標は定めるのがいいと思うけど最終的には面白そうか、面白かったかどうか、自分が楽しんで満足できるか。それができればワーホリした意味があったといえるんじゃないだろうか。

 

冒頭にも書いたように、僕のワーホリの目的はオーストラリアのカフェで働くことでした。

その目的はありがたいことに開始1ヶ月目にして叶い、僕はオーストラリアでバリスタとして働き始めたんですよね。

これで僕の中の目標には到達したんです。そしてそこからの毎日はとても充実していました。

Tatsu

ワーホリの目標としていたことはすぐに叶ったので、当時はとても満足して毎日を楽しんでいました。

 

もちろんオーストラリアのカフェは世界の中でもトップレベルと言われていて、僕が働くカフェもめちゃくちゃ忙しかった。

学ぶこともすごく多かったです。

でも、それって実は日本でもできたことなんですよね。

Tatsu

これはワーホリして改めて感じたことですけど、日本って本当にあらゆる意味でレベルが高い国です…

 

なので、わざわざ他の国に行かなくても日本ではほとんどのことが学べるし、

英語だってオンライン英会話とかもう、めちゃくちゃあるじゃないですか。

だから、正直別に海外にまで行かなくても、大抵のことは日本でできちゃうんですよ。

Tatsu

それはカフェでも同じことでした、オーストラリアでやってることはたいていのことは日本でもやっていることでした。

 

だから、学ぶとか勉強するとかは日本でも十分なんですよね。

そうやって考えたときに、時間をとって、海外に行って、ワーホリをする意味って、やっぱり「自己満足」なんじゃないかと。

 

ワーホリの意味は大人の夏休み

世間ではよく言う「ワーホリは大人の夏休み」っていう言葉。

僕はこの言葉、結構的を射ているなと思います。

やっぱり、ワーホリに来る人って、なにか日本じゃ得られない刺激を求めてる。

その目的が「英語の勉強」や「異文化交流」とかであっても、みんなやっぱり、日本にはない刺激を求めてると思うんです。

Tatsu

日本じゃ満たせない自分の欲求を、満足させたくて海外までワーホリに来る。

これってやっぱり自己満足なんですよね。

 

そして自分を満足させてあげたいから、ワーホリという大人の夏休みを選択する。

日本と同じ環境じゃないどこかで、まだ見ぬ自分の可能性とかやりたいこととか好奇心とか。

そういうの、満たすために時間を使うのは、ある種「一つの夏休み」と言えるかもしれません。

 

ワーホリに来る意味や目的はいるのか!?

僕は、ワーホリに来るのに「目的」はあったほうがいいと思います。

でも、ワーホリに意味をつけるのは終わってからでもいいんじゃないでしょうか?

とゆうか、ワーホリでの経験が自分の人生の中でどんな意味を持つのかなんて、終わってみないとわからないと思うんです。

Tatsu

だってワーホリ中に何が起こるのかなんて、始まる前には全くわからないですからね。。

 

例えていえば、僕の場合のワーホリの意味はバリスタキャリアの中の大きな一部になる予定でした。

Tatsu

もちろん、バリスタとしての経験もとても大きいものですよ。

 

でも、実際にはバリスタのキャリアという意味合いよりも、

新しい土地や考え方に触れられた部分の方が、僕の中では大きい意味がありました。

「世界ってこんなに広いのか」、「知らないことってこんなにあるのか」。と、

僕の中でのワーホリの意味は知らなかった世界への入り口を作ってくれたものでした。

ワーホリに行く前には思ってもなかったことが、今は大きな意味を持っている。ということですか?

Tatsu

そうだね、ワーホリに来る前には目に見えてわかりやすい経験とかスキルとかにしか目が向いてなかったけど。

終わってみると、そういうことよりも、自分の世界が広がったことの方が大きい意味を持っているね。

 

そしてそれは、これからの人生や、日々の暮らしに大きく影響してくるものになると思います。

新しい世界を知ったことでやりたいことも変わったし、考え方も変わった。

ワーホリの前には考えていなかった世界が、今目の前に広がっているんです。

逆説的ですが、ワーホリ前に意味を考えるのってあまり意味がないのかなと。

Tatsu

なぜなら、その意味は終わってみないと気づけないものだと思うからです。

やってみないとわからない。ワーホリの意味を考えるのはまずはやってみてからじゃないかなと思います。

 

まとめ ワーホリに意味をつけるのはあとでもいい!

ここまで僕の考えるワーホリの意味について書いてきました。

ワーホリの意味は人によって異なると思うので、ここでの意見はたくさんある中の一つの参考にしてもらえばいいかなと。

僕がワーホリで得られた経験は、他に変えがたいほど大事なものでした。

Tatsu

なので、僕はワーホリに行くことには、大手をふってオススメをしたいです。

 

おそらくこの記事を読んでくれている方はの中には、ワーホリに行こうか迷っている人が多いと思いますが。

まずは、小さな1歩でも踏み出してみたらいかがでしょうか?

今まで見えなかった世界が広がっていくかもしれませんよ。

 

この記事が何かしらのお役に立てば幸いです。それではー。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

関連記事:30分でできる!オーストラリアのワーホリビザ申請の手順まとめ

関連記事:【一歩を踏み出す20代のあなたに贈る】ワーホリ行って一緒に人生楽しもう!っていう話

スポンサードリンク