メルボルンCBDで日常の中にとびきりの贅沢を。ふらっと行きたい路地裏の名店Patricia Coffee Brewers。

スポンサードリンク

 

あなたにはふらっと行きたくなるカフェがありますか?

 

こんにちは。今日も”BariTra“をお読みいただきありがとうございます。Tatsuです。

カフェの街といわれているメルボルンには通りを変えれば3件4件とカフェがあります。僕は休みの日には3件、多い時には5件くらいののカフェをついつい回ってしまうのですが僕のお気に入りのカフェ「PatriciaCoffee Brewers」(パトリシアコーヒーブリューワーズ)には毎日のようにそれこそふらっと立ち寄ってしまいます。

近所にあるわけでもないのについ行ってしまうお気に入りのお店、そういうお店を見つけた時の感動たるや….つい僕が立ち寄ってしまうメルボルンのコーヒーショップ「PatriciaCoffee Brewers」(パトリシアコーヒーブリューワーズ)をご紹介します。

 

路地裏に佇むスペシャルティコーヒーのお店「Patricia Coffee Brewers」(パトリシアコーヒーブリューワーズ)

何気なく気になった通りに入り込んでみると新しい発見があるメルボルンのストリート。この日はメルボルン最大の駅、サザンクロスから歩いているとふと路地裏にできた人だかり、そして集まった人の手にはコーヒーカップがありました。

こんなところにコーヒーショップが…。PatriciaCoffee Brewers(パトリシアコーヒーブリューワーズ)があるのはそんな場所です。

足元には「STANDING ROOM ONLY」(立ち飲みのみ)の文字。入る前から胸のときめきを感じます。ここのコーヒーは間違いなく美味しい。入る前から直感でそう思いました。気づけば人波に紛れて列に並びエスプレッソを注文。

エスプレッソのクレマの光沢たるや.…。

芳醇な香りを持ったエチオピアのエスプレッソ。舌に絡みつくように残る甘く長い余韻はまるでストロベリーキャンディのようでした。

しかも待っている間にこの日のフィルターコーヒーをサービスで、ホンジュラスのさっぱりとしたフィルターコーヒー。エチオピアのエスプレッソとの味のコントラストは抜群でした。

 

メニューはシンプルにWhite(ホワイト) Black(ブラック) Filttter(フィルター)のみ

後日改めて訪れてみた時にはまたまた人だかりが。美味しいコーヒーショップはメルボルンでは注目の的。前に飲んだエスプレッソも納得の美味しさでした。心の中でウンウンとうなづきながらもこの日はフラットホワイトを注文。待っている間には炭酸水をくれる小粋なサービスも。

この日はゆっくりと店内を見てみました。

PatriciaCoffee Brewers(パトリシアコーヒーブリューワーズ)のメニューはとてもシンプルで

  • $:4.3ミルクの入ったWhite(ホワイト)
  • $4:ブラックコーヒーのBlack(ブラック)
  • $4:Filther(フィルター)

正直このクオリティのコーヒーが飲めるなら確かにコーヒーだけのメニューでも勝負することができるなと納得。

コーヒー豆はメルボルンで有名なSeven SeedsMarket Laneなど4つのロースターのものを使用しているそう。ロースターごとの味の違いを楽しめるのもいい…。

ホワイトコーヒーもコーヒー豆が選べますよ(ブレンドかシングルオリジン)。

PatriciaCoffee Brewers(パトリシアコーヒーブリューワーズ)は一杯のカップに2杯のエスプレッソを使っているそうです。ミルクが入ってもシングルオリジンやブレンドの風味が力強く残るのはストロングな味が好きな人にはたまらないですよ。

 

雰囲気や店内の小物も素敵なんです。

PatriciaCoffee Brewers(パトリシアコーヒーブリューワーズ)は店内のインテリアも素敵なんです。出窓やシュガーの入った器、カウンターに備えついたスタンディングテーブル。ショップカードもおしゃれ。

 

出窓で飲む朝のコーヒー…最高だな。

「何が入ってるの?」って、コーヒー豆が入ってます。おしゃれな雑貨大好きガールのツボ押さえてますね!

焙煎日もしっかりと書いてあります。ジャケ買いってあるけどパッケージからコーヒーに興味持つってこともあるもんですね。欲しくなるこれは!

 

路地裏の隠れた名店、Patricia Coffee Brewers(パトリシアコーヒーブリューワーズ)

初日は「これはいいお店を見つけた」とほくほく顔でお店を後にしましたが実はここはメルボルンでも有名なお店らしいです…。これだけ美味しいならそれは有名になりますよね(笑)。平日の朝はいつも混んでいますがそれを知りつつもついつい足が向いてしまうのはお店の魅力、バリスタの魅力なんでしょう。

 

店舗情報

store: Patricia Coffee Brewers
hour :weekday:7:00-16:00 Weekend:close
address:Little Bourke St & Little William St, Melbourne VIC 3000

web:http://www.patriciacoffee.com.au
スポンサードリンク