「#いらないものリスト」で断捨離!!いらないものや思考は無くして、自分に集中できる環境を作ろう。

 

どうも、Tatsuhito(@zabutonletter)です。

あなたは必要なものとそうでないものの区別、ちゃんとできてますか??

僕の場合は物が多いと気が散ってしまい集中力も散ってしまいがちです。

でも気づいたらいらないものに囲まれているなんてことも…ありますよね?

 

今回は『#いらないものリスト』を作って断捨離。をテーマに記事を書いています。

いらない物や、いらない考えがあふれてあふれて、どうにもならない人はぜひ参考に!!

 

『#いらないものリスト』を何のために作るのか?

いらないものを明確にすることでどんなメリットがあるか?

  1. いらないものを明確にしておく。

  2. 興味のないこと、ものに振り回されなくなる。

  3. 自分のやりたいことに集中できるようになる。

 

つまり、自分にとって不必要なものを明確にしておくことで、

時間や自分の思考力を好きなことだけに費やすことができるようになるんです!

 

時間もお金も節約できる

例えば、欲しいものを買うためにお金を貯める。この時間も節約することができます。

例えば、ごちゃごちゃ色々と考えすぎて1日を無駄に過ごしてしまう…

この思考力ももっと大事なことに使えるようになります。

 

当たり前かもしれませんが、あなたの時間は有限であなたの思考力も実は限りがあります。

その限りある時間や思考力を大切にするために、自分にとって「必要のないもの」を明確にしておくことはめちゃめちゃ「有意義なこと」だと思いませんか?。

 

とゆうことで早速…

そんな自分の大事な時間や思考力のためにも、『#いらないものリスト』を作っていきましょう!

 

『#いらないものリスト』

いらないものリストは大きく分けて2つ書いていきます。

  • いらないモノ
  • いらない思考

 

『#いらないものリスト』モノ編

  1. 昔使っていたリュックサック
  2. 前の財布
  3. 前のiPhone
  4. 古い型のKindle
  5. もう一度読もうと思わない本
  6. 1年着ていない服
  7. ビデオデッキ
  8. ポータブルDVDプレーヤー
  9. クローゼットにしまってある昔の調理器具、お皿
  10. お土産でたくさんもらったキーホルダー

 

『#いらないものリスト』思考編

  1. 比較思考:他人と比較する
  2. ネガティブ思考:悪い方向に考えてしまう
  3. 永続化思考:このまま変わらないと考え続ける
  4. take & take思考:自分だけのためと考える
  5. 自虐思考:自分がダメだと考える
  6. 自責思考:自分が悪いと考え責め続ける
  7. 他責思考:他人のせいにする
  8. 後回し思考:やりたいことがあるのに後回しにする
  9. 否定思考:できない理由を考える
  10. 知ったかぶり思考:知らないものを知ってるように振る舞う

『#いらないものリスト』モノ編について

僕は実際に「#いらないものリスト」を書いていて、いらないものは昔使っていたものばかりだ!とゆうことに気づきました。

もともと、モノが少ないのが好きなミニマム思考なのですが、

あらためて「#いらないものリスト」に書き出してみると、今身の周りにあるものが、いかに大事なものなのか気づくことができました。

これって結構重要な発見です!

モノに関しては、最低限必要なものだけもの周りに置いてあとは周りに循環させていこう。

 

『#いらないものリスト』思考編について

「いらない思考」に関してはたくさん学ぶことがありました。

自分に必要ない思考を考えることで逆に、大事にしたい考えが思い浮かんできたからです。

下記が「いらない思考」を考えたことで明確になった僕の「大事にしたい思考」です。

  1. 比較思考:他人と比較する
    >>自分集中思考:周りは気にせずに自分のペースで進む

  2. ネガティブ思考:悪い方向に考えてしまう
    >>ポジティブ思考:前向きに物事を捉える

  3. 普遍化思考:このまま変わらないと考え続ける
    >>無常思考:物事は常に変わると考える

  4. take & take思考:自分だけのためと考える
    >>give&give思考:与えて与えて与える考え方

  5. 自虐思考:自分がダメだと考える
    >>客観思考:冷静に状況を考える

  6. 自責思考:自分が悪いと考え責め続ける
    >>自責をやめる思考:自責の逆は他責じゃありません。なぜを考える

  7. 他責思考:他人のせいにする
    >>他責をやめる思考:他責をやめる、なぜを考える

  8. 後回し思考:やりたいことがあるのに後回しにする
    >>即実行思考:言ったら、考えたら後回しにせずにすぐにやる

  9. 否定思考:できない理由を考える
    >>肯定思考:できる理由を考える

  10. 知ったかぶり思考:知らないものを知ってるように振る舞う
    >>無知の知思考:なんでも知らないつもりで常に疑問に思う

 

『#いらないものリスト』 まとめ

いらないものリストを作ってみたら、自分に必要なもののありがたさが10倍感じられるようになりました。

いらないものが分かれば自分に「必要なもの」もわかるようになります。

結果的に生活や思考がシンプルになり、自分のことに集中することができるようになってくる感じです。

関連:シンプル思考やミニマム思考に興味がある人にはこちらの本がオススメです。⇩

 

生活や考えをシンプルにして、やりたいことに集中できる環境にしていきましょう。

ではではー。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:人生でやりたいこと100リスト!!たった29分で人生が変わる

関連記事:やりたくないことリストで頭の中を断捨離してみた

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。