ブログ開設1ヶ月!ブログを書くときには絶対必要な自分の考えを伝える「視点」の話

おはようございます。
未だにブラインドタッチができない!tatsuhitoです。

今回は自分の「視点」に関する記事です。

ブログ記事は数ある中で読んでもらうにはその人独自の「視点」が欠かせません。
それは「強み」と言い換えても良いかもしれません。

1ヶ月の節目に自分のブログ記事に関しての視点の見直し。
またその過程を通して自分の「視点の改善の仕方」をシェアしたいと思います。

そもそも、「視点」って何だ?

視線の注がれるところ。
物事を見たり考えたりする立場。観点。「視点を変えて考える」「相手の視点に立つ」

引用元:コトバンク

「視点」とはつまり物事に対してどういう風に考え、
どういう風に見るか。です。

 

若者
うーん、結局どういうこと?

 

例えばあなたがサラリーマンだとします。
世の中にはたくさんのサラリーマンがいますが、
あなたの経験はあなただけのものですよね。

もしあなたが

  • 週に三回はジムに通うスポーツマン
  • 二回転職して製造業の今の職場に就職
  • 子供が1人いるイクメンパパ

であれば、あなたの視点は

「スポーツにとても興味があり、転職経験が豊富、休みの日には子供と遊ぶイクメンパパ」


の視点になります。

物事を自分のフィルターに通して見ることで自分独自の「視点」になり、
それが自分の「オリジナリティーのある記事」になります。

視点を決めると「自分軸」が決まる

この視点を決めるとブログの記事にオリジナリティーが生まれます。

「視点」「強み」になりそれがそのまま「自分の軸」になります。

この軸がなければ記事の内容は記事ごとにバラバラになりまとまりが出ないばかりか、
意見の一貫性がなくなり読む側にもストレスになってしまいます。

一貫性を持って記事を書くためには自分独自の「視点」は欠かせません。

ブログを書くのに自分の視点はとても重要なわけ

情報を得るだけならこの視点は読む人には必要ありません。

まとめサイトのような記事を読むとき、読み手が欲しいのは情報であり、
共感や驚きは必要ないからです。

ですがブログは違います。

ブログを読む人は少なからず共感することがないと何度もそのページを見ようとは思いません。
機械が書いたような文だと共感することもなく何の印象も残さず読み終えてしまいます。

ブログで大切なのは人間性や考え方、伝え方です!

 

若者
…ペーペーが何言ってるんですか。

 

いくら良い文章でも読む側に何の印象も残さない文は良い文ではありません。
少なからず印象に残るにはオリジナリティーが必要です。

そしてそのオリジナリティーを生み出すのが独自の「視点」です。

自分のフィルターを通すと同じ経験も人によって違うものになります。

読む側が求めているのはそういった記事であって、
それを生み出す視点はブログにオリジナリティーを出すには欠かせない要素です。

 

若者
うおおおー!良いですねー!!

 

自分の視点を決めるには

自分の視点を決めるには、今までの自分の経験や体験から引っ張り出してくるのが一番です。

 

え!?どういうことですか?

 

例えば

  • 今までしてきた学校や部活
  • 仕事での専門スキルや経験
  • アルバイトで働いたお店での体験

今までのことを見返して書き出してみましょう。

そこからあなただけの独自の視点が見えてきます

 

若者
なるほど、自分だけの視点か

 

改めて僕の視点を考えてみた

僕は現在

  • 社会人としてバリスタとして働いている
  • 同時に会社に依存しないで働くことを考え実践している
  • 特に海外に興味があり、時間にとらわれず好きな場所で仕事をしたい

この視点は僕独自のものなのでこの視点を意識して書くと

「バリスタとして働いている人、会社に依存せずに働くことを考えている人、
好きな場所で仕事をしたいと思っている人」が僕の記事を読みにきてくれる確率が高いです。

それなら僕はこの人たちに向けての記事を書き続ければ、
自ずと共感をする人が集まってくれることが期待できます。

また、僕自身も興味があることなので飽きずに楽しく書くことができ、
情報や考えがその人たちの役にも立つ。まさにWin-Winな関係になるわけです。

 

若者
共感するようなことが大事なんですねー!!

 

Tatsuhito
僕も自分の視点を改めて考えるきっかけになりました。

自分の考えを伝える記事を増やしていく

視点を決めただけで終わっていてはいけません。

視点を決めたら今度はその視点を伝える、伝わる記事を書くことです。

 

wakamono
うーん、プロフを読んでもらえば良いんじゃないの?

 

そう思う人もいるかもしれませんが、
読む側はそんなにたくさんのページを読んではくれません

読む側はホームのページよりも記事に直接読みにくることの方が圧倒的に多いです。

記事で自分の視点が伝わるものを書いた方が伝わることは確実に多いです。

 

若者
なるほどー、自分のことが伝わる記事!ですね。

そんな僕の詳しいプロフィールはこちらから

最後に

ここまで自分の視点の決め方について書いてきました。

ブログを始めても何を書いて良いのかわからない人は、
まずこの視点を考えてみるのをお勧めします

自分のフィルターを通してみれば同じ考えを持った共感する人は必ずいます。
自信を持って自分だけの意見を発信していきましょう!

今回参考にさせてもらった記事リンク。
僕が入っているやぎぺーさんのインサロのむらきちさんの記事です!とても勉強になります。

ブログ歴1カ月で8,587PVのスタートダッシュを決めた僕が守った2つの鉄則


ではではー。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。