オーストラリアのカフェに絶対行くべき!美味しいコーヒーとバリスタに会いに。

スポンサードリンク

こんにちは!シドニーのカフェでバリスタとして働いています、Tatsuhitoです。

 

オーストラリアのコーヒーの文化って実はとてもすごいんです。

日本でも「bills」をはじめたくさんの場所で美味しいオーストラリアのコーヒーを飲めるところが増えてきました。名古屋でも最近できた名古屋駅上のゲートタワーでもオーストラリア発のコーヒー「Single-O」のコーヒーを楽しむことができます。

 

「え?オーストラリアのコーヒーってそんなに有名なの?」

 

はい、そうなんです。あまり認知されていないかもしれませんがコーヒー業界ではオーストラリアのコーヒーはとてもポピュラー。最近の傾向では浅煎りのコーヒーが美味しいと重視されがちですがオーストラリアのコーヒーもまさしくそうです。

 

バリスタの聖地オーストラリア!
シドニー、メルボルンにはクールでカッコイイお店が星の数ほどあります。そのどれもが個性的なんです。

Photo 3-10-15, 10 48 58

オーストラリアには魅力的でお店の作りもカッコイイお店がたくさんあります。しかもわざわざ遠くまで足を運ばなくても身近で美味しいコーヒーが飲める文化が根付いています。

考えてみてください、家から少し歩いただけで、ふらっと行けるカフェでとても美味しいコーヒーが楽しめる。最高じゃないですか?

もちろんどのお店にもコーヒーのプロ、バリスタがいます。

 

このバリスタによってもコーヒーの味は変わってくるので好みのバリスタができれば通いつめたり逆に考えれば同じお店でもバリスタが変われば味も変わるということ。それを楽しみに毎日行ってみるのも良いかもしれません。

 

コーヒー豆にも種類がありますから、お店の数も考えれば一体何種類の味が楽しめるかわかりませんよね。本当に星の数ほどです。

 

オーストラリアのカフェは朝が早い 朝から美味しいコーヒーが飲めます。オープン6時7時が基本です。

Photo 3-9-15, 08 48 31.jpg

朝の方が頭はスッキリと冴えてるし周りは静かで仕事もはかどります、最近は本などでもよく取り上げられていて目にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

 

「コーヒーを一杯、ゆっくり飲んでから出勤…」

 

「朝はテイクアウトでコーヒーを買ってのんびり散歩…」

 

そういう人がオーストラリアには多く、特にシドニーの朝のカフェはそんな人たちでごった返していてお店はさながら戦場のような忙しさです。オーダーをとる人とバリスタの二人がかりでも間に合わないほど混雑しているお店ばかりです。

朝一番に飲むコーヒってその日の気分を決めるとっても大事な一杯、こだわる価値のあるものです。朝が充実するとその日1日いい気分で過ごせますよね。

 

ちょっと早起きして散歩がてらコーヒーを一杯飲むのもいいですよ

 

カフェのドリンクメニューが豊富!オセアニアエリアならではのコーヒーメニューもあります!

Photo 3-11-15, 12 47 51.jpg

ドリップコーヒーやサイフォンは昔から日本でも親しまれていますがオーストラリアはエスプレッソが主流。ラテやカプチーノなどのドリンクが親しまれています。

 

ですがオーストラリアにはオリジナルのドリンクメニューや独特の呼び方をするものが多くカフェのメニューも豊富です。

  • ショートブラック short black

ショートブラックはエスプレッソです。デミタスカップで30ccくらいの量。

  • ロングブラック long black

こちらはエスプレッソをお湯に入れたもの。ブラックコーヒーですね。

  • カフェラテ cafe latte

カフェの定番ドリンク、オーストラリアではグラスで出てきます。

  • フラットホワイト flat white

カフェラテと同じエスプレッソとミルク、ラテよりもコーヒー感がしっかり楽しめる。・

 

この中でも僕のオススメはフラットホワイト。カフェラテと同じエスプレッソとミルクで作るのですがカフェラテよりもコーヒー感がしっかりと味わえてかつクリーミー!カフェラテはグラスで提供、フラットホワイトはコーヒーカップで出てくるという違いもあります。

 

カフェに行くなら是非ご注文を!発音が難しいなんて言われますが大丈夫です。「拙い僕の英語でも通じましたから)「フ」の部分を「ウ」っていう感じで発音してみてくださいねー。

 

オーストラリアのカフェでの注文方法はこちらの記事にまとめてあります。

オーストラリアのカフェでのコーヒーの注文方法!これだけ読めばオーストラリアのカフェで楽々注文できます!

2017.12.28

 

そして、カフェでのご飯がとっても美味しい。

Photo 3-11-15, 08 32 38

 

「コーヒーだけ飲めてもなー、お腹空いてるから別にいいわー」

 

ちょっと待ってください!

オーストラリアのカフェって実はご飯もとても美味しいんですよ。

大抵のカフェはコーヒーを作るスペースと同規模のキッチンが併設されていて美味しいご飯もいただけます。オーガニックのお店も多く量もしっかりとあってボリュームもあります。

しかもそのままそこでコーヒーが、しかもとても美味しいこだわりのあるバリスタが淹れたコーヒーが飲めます。

 

オーストラリアのバリスタに魅了されます。ホスピタリティ溢れる彼ら彼女らの一杯はホントに美味しい!

Photo 3-12-15, 12 03 32

 

「オーストラリアのバリスタの人たちは本当に良い人ばかり!」

 

僕はコーヒー好きに悪い人はいないと思っていますが彼ら彼女らの楽しんでコーヒーを作っている姿はバリスタでなくともとっても素敵って思います。

 

僕がオーストラリアに行った2年前は英語も拙くコミュニケーションもうまくできないにも関わらずとてもフレンドリーで話しやすく素敵な印象ばかりです、どのお店でも。

Photo 3-12-15, 09 10 50

もちろん味や技術のレベルもとても高いです。ラテやロングブラックも全て美味しく感動しっぱなし。バリスタの個性や人柄って本当に大事だと実感しました。

Photo 3-12-15, 09 12 29

スワンのラテアート。見た目が綺麗だと飲むのも楽しみになりますよね。

オーストラリアのカフェに行くときは味や雰囲気だけでなくぜひバリスタに話しかけてみてください!英語に自信がなくても大丈夫。気持ちで伝わりますよ。

 

オーストラリアのカフェ、バリスタの魅力についてまとめ

このオーストラリアでのカフェ体験は日本で今まで経験したものとは全く違う時間でした。何より驚いたのはカフェの多さとバリスタのスキルの高さ。

コーヒーの抽出や技術はもちろん話し方や接客も温かさを感じるもので色々な刺激と感動をもらいました。英語も拙く全然話せなかったにも関わらず。

オーストラリアに行ったらぜひカフェに寄って素敵な時間を過ごしてみてください。観光もいいですがたまには一息ついてリラックス。

 

僕の感じた感動をあなたにも感じてもらえたら嬉しいです!

 

 

この後に僕はオーストラリアへのワーキングホリデーをすることに決めました、その大きな理由はもちろんこの記事に書いた感動が大きな原動力になっています。

そのほかにも色々な理由がありますが、ワーホリやオーストラリアに興味がある人はこちらの記事を読んでみてください。

Why オーストラリア?僕がワーキングホリデーでオーストラリアに決めた理由をブログにまとめました

2017.08.28
スポンサードリンク