コーヒーとはちみつの“おいしい関係”って?効能やおすすめの種類をご紹介

Tatsu
こんにちは、日本と海外を飛び回っているバリスタのタツヒトです。

コーヒーのベストパートナーというと。まずは“砂糖”を思いかべる方が多いと思います。ですが、実は“はちみつ”もコーヒーと相性はバツグンなんです…!

その根拠として、“はちみつコーヒー”や“ハニーラテ”など、コーヒー専門店でもメニューに乗っています。また、中にはコーヒー専用のはちみつを販売しているお店もあるほどです。

Tatsu
はちみつの人気の裏側には、まろやかな甘さや香りだけではなく、豊富な栄養や成分もあるようですよ。

当記事では、コーヒーとはちみつの関係性を掘り下げています。人気の秘密やはちみつの持つ素晴らしいメリット、はちみつの種類まで紹介します。

きっとあなたも“はちみつコーヒー”を試してみたくなるはずです。コーヒーとはちみつのおいしい関係、ぜひ知っていってくださいね…!

 

コーヒーとはちみつは相性バツグン!

コーヒーに甘みをつけるものとしては、“砂糖”が真っ先に思いつきます。ですが、実は“はちみつ”もコーヒーと相性バツグンなんです。

砂糖に比べて濃厚でまったりとした甘さがあるはちみつは、特に深煎りの苦味があるコーヒーとよく合います。

はちみつを入れることでコーヒーの強い苦味が緩和されてまろやかになり、芳醇な甘さも楽しめるんですね。

Satoshi
まろやかで濃厚なはちみつが入ったコーヒーや、優しくマイルドな味わいで飲みやすいです…!

また、ミルクを入れることで飲みやすさはグッとアップします。カフェ・オ・レにすればコーヒーが苦手な人でもすんなりと飲めますよ。

大手コーヒーチェーンのスターバックスでは、セルフサービスの“コンディメントバーに“はちみつ”を常備しています。

また、タリーズではメニューに“ハニーミルクラテ”があります。コーヒー専門店でもはちみつはすでに欠かせない存在になっているんですね…!

Tatsu
専門店の中には、“コーヒー専用のはちみつ”を販売しているところもあるほどです。砂糖よりもはちみつ、コーヒーにはおすすめです。

 

コーヒーにはちみつを入れるメリット

はちみつをコーヒーに入れると、飲みやすくなることはもちろんですが、そのほかにもさまざまなメリットがあります。

はちみつのメリット

  1. ダイエット効果
  2. 疲労回復効果

上記のような効果がありますので、コーヒーに甘みをつけるなら砂糖よりもはちみつが圧倒的におすすめです。

それぞれのメリットについて、詳しく紹介していきます。

 

①ダイエット効果がある

まずはダイエット効果です。はちみつと砂糖の100gあたりのカロリーを、下記にまとめてみました。

 

【はちみつと砂糖のカロリー】

  • はちみつのカロリー:384kcal
  • 砂糖のカロリー:294kcal

※参照元:サクラ印ハチミツ

一見すると「砂糖のほうがカロリーが控えめなのでは…?」と思いますよね。

ですが、実ははちみつは砂糖の1/3の量で同じ甘さを実現できるんです。

そのため、少ない量でもコーヒーに甘みをつけることができます。カロリーでみればおよそ20%のダイエット効果が見込めます。

Tatsu
砂糖を入れる代わりにはちみつを加えることで、ダイエット効果が期待できるんですね…!

また、はちみつには“脂肪燃焼効果”“利尿作用”もあります。そのため、摂取するだけでダイエット効果が現れます。

コーヒーに砂糖を入れるなら、はちみつを入れたほうがメリットは大きくなりますよ。

 

②疲労回復効果がある

はちみつの主成分は“果糖やブドウ糖”です。これらの糖は体内に入るとすぐに分解されるので、疲労回復に最適といわれています。

また、たんぱく質やビタミン、カルシウムや鉄などの成分も豊富に含まれています。その総数はなんと150種類以上もあるといわれています。

はちみつは、まさに“スーパーフード”ともいえる食材です。そんなはちみつをコーヒーに入れれば、さまざまな効果が期待できます。

Satoshi
疲労回復はもちろん、はちみつに含まれる“ビタミンB2”には肌荒れの改善や肌トラブルの解消などを助ける力があるんですよ…!

例えば、昼からの仕事にコーヒーを用意するという方は多いですよね。そんなときははちみつをスプーンで垂らしてみてください。

集中力を覚醒させるカフェインと、疲労回復効果があるはちみつの効果で、仕事がはかどること間違いなしです。

甘さも優しいので、気持ちを落ち着かせてくれることもポイントですね。ほっこりとリラックスしたいときにもおすすめです。

香りには、脳の重要な部分である“大脳扁桃系”を落ち着かせる効果があります。その点も、はちみつをコーヒーにおすすめする大きなポイントですね。

出展:はちみつマイスター協会

 

【どのはちみつがコーヒーに合うの?】はちみつの種類

はちみつはミツバチが花から集めた“みつ”です。

そのため、ミツバチがどの花からみつを採集したかで、はちみつの味や香りが大きく変わります。

はちみつの種類

  • アカシア:サラッとしたクセのない味と優しい香り
  • レンゲ:ほのかに香る甘くまろやかな味が特徴
  • クローバー:世界的に人気が高いはちみつ、フローラルで華やかな香り
  • ラベンダー:甘い香りと爽やかな後味が特徴のはちみつ
  • マヌカ:濃厚でクリーミーな口当たり、オーガニック志向の方に人気

上記のように、“はちみつ”といってもその種類はさまざまです。好みのものがあればもちろんよいですが、初めてのおすすめはクセのない“アカシア”のはちみつです。

アカシアはクセがなく穏やかな味わいから“はちみつの女王”とも呼ばれています。また、結晶化しづらいので保管もラクラクです。

それぞれのはちみつの個性を楽しんでみるのもよいですが、『初めてはちみつコーヒーを試す』という方には、アカシアのはちみつが最もおすすめですよ…!

 

【簡単にできる】はちみつコーヒーの作りかた

“はちみつコーヒー”といっても、作りかたはコーヒーに“はちみつ”を溶かすだけです。

こだわりにハンドドリップで淹れた一杯でも、インスタントで作った手軽な一杯でも、どんなコーヒーでもはちみつを加えれば“はちみつコーヒー”は完成します。

はちみつをスプーンに取り、温かいコーヒーに少しずつ溶かしていきましょう。はちみつが全部溶けたら完成です。

Tatsu
お好みで温かいミルクを加えて、お手製の“ハニーミルクコーヒー”を作ってみるのもおすすめです。ほっこりと暖まるような味わいですよ。

注意点として、はちみつは高温だと成分が壊れてしまうようです。そのため、コーヒーは50℃前後を目安にしてください。

ですが、温度がわかりづらい場合は肌感で大丈夫です。要はおいしく飲むことが最も重要!はちみつコーヒー、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

はちみつとコーヒーのおいしい関係についてご紹介してきました。

いつもは砂糖を入れているという方も、これを機会にぜひ“はちみつコーヒー”デビューを飾ってみてください。

きっとその優しい甘さとほのかな香り、そして健康効果のトリコになるはずですよ…!

Tatsu
はちみつとコーヒー、この組み合わせはこれからひっそりとファンを増やしていくでしょう。そして、いつかは“はちみつコーヒー党”ができるはずです。

はちみつとコーヒー、もし現在自宅やオフィスにあるという方は、ぜひ試してみてください。

新しいコーヒーの世界に、飛び込めることをお約束します…!

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。