【写真付き】ハリオのV60の魅力を存分に!再購入しました

Satoshi
ハリオV60の見た目や特徴を知りたい。他のドリッパーとの違いはなんなんだろう…。

こんにちは。バリスタのTatsuです。

お家でコーヒーを淹れてみたい。そう考えたときに真っ先に思いつくのがハンドドリップコーヒーです。

しかしハンドドリップをするためのドリッパーには種類があってどれがよいのか分からない。そんな方も多いのでは?

今回はハンドドリップの定番でとっても使いやすいHARIO(ハリオ)V60を再購入したレビュー記事。もういちど購入したのはやっぱりそれなりの良さがあるからです。ぜひ参考にしてみてください。

 

ハリオのV60-01を再購入

コーヒー通の間で知らない人はいないかと思いますが、これからコーヒーライフをスタートさせる方もいると思うのでザックリとハリオのV60ドリッパーの説明を。

V60は株式会社HARIO(ハリオ)が作るコーヒードリッパー。ドリッパーとはコーヒーを入れるために用いる抽出用器具です。

 

世界で使われるドリッパー

V60は今や世界各国70以上の地域で使われていて、バリスタの世界大会などでも当たり前に使用される、コーヒードリッパーの定番中の定番です。

僕も以前にひとつ持っていたのですが、悲しいかな割ってしまいました。なので今回買ったV60は僕にとっての2代目。

改めて買い直したのは、やっぱりハリオでないと生み出せないコーヒーのテイストがあるからです。

 

ハリオV60の外観

せっかくの再購入。「今回は割らないように大切にしよう」という意気込みと共に、あらためてV60をまじまじと眺めてみました。

いやー美しいですね。僕が今回購入したのはV60-01のガラス製。光に照らすとキラキラする。

V60の特徴である24本のスパイラルリブはコーヒーの味はもちろん、見た目の美しさも素晴らしいですね。

 

上から

上から見るとこんな感じです。

ガラスは分厚くて持つとズッシリとした重量感。質のよいものって、やっぱり手にのしかかる重量感を感じるものが多いと思います。

この重量感は愛着に繋がるし、それが長く使い続けたくなる商品のひとつのポイントかもしれないですね。

 

ハリオV60でコーヒーを淹れてみた

せっかくのコーヒードリッパー。

やはりコーヒーを淹れてみなければもったいないということで早速コーヒーをドリップしてみました

久しぶりに使うV60。ガラス製だと抽出のお湯の流れも見えるので、見ていても楽しい!

 

ハリオV60で淹れたコーヒーの味は?

そうした淹れたコーヒーはもちろん、美味しい…!

V60の特徴は見た目にも美しい24本のスパイラルリブと、大きなひとつ穴の抽出ホール。

しっかりと蒸らしができる反面、お湯を注ぐスピードでコーヒーの味をコントロールできるのは、やっぱり素晴らしい。

甘みもしっかりと残る反面、後味はスッキリ。コーヒー豆は自家焙煎したケニアのカルティでした。

Satoshi

大きいひとつ穴のホール、やっぱりコーヒーの味も大きく変わるんですか?

Tatsu
抽出されるのが早いから、お湯の注ぎかたでコーヒーの味を変化させることができるよ!

 

 

 

まとめ ハリオ、V60の魅力を改めて噛みしめた 

これまでカリタ、メリタとドリッパーを使っていましたが、ハリオのV60はやっぱりいいですね。

あらためて新しいものを購入すると、その良さを再認識させられます。

すでに定番のコーヒードリッパーですが、いまだに新しいレシピや淹れ方が登場するハリオのV60コーヒードリッパー。

その間口の広さも魅力のひとつです。使えば虜のハリオV60。気になる方はぜひいちど試してみては?

 

HARIO V60ドリッパー

 

 

関連:オシャレなコーヒー器具

ハリオのV60は間違いない、オシャレで機能的なコーヒー器具です。

しかし、まだまだ世の中にはオシャレで機能的なコーヒー器具がありました。それが「RIVERS(リバーズ)」のコーヒー器具です。

オシャレなコーヒー器具を探している!という方は、ぜひご一緒に見てみてください。

オシャレなコーヒー器具はRIVERS(リバーズ)!見た目にこだわる器具選び

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。