リゾートバイトの休日はどう過ごす?オススメ5選と2つの注意点を詳しく解説

Satoshi
  • リゾバの休日は何日くらいあるの?
  • リゾバの休日は希望が出せる?
  • 休みの日にはどうやって過ごすんだろう…。

上記の悩み、当記事で解決していきます。

 

Tatsu
こんにちは!2回のリゾバ経験者のタツヒトです。

住み込みで働けるリゾートバイト、通称リゾバ。

遊びながら働ける!そんな環境に期待している人も多いはず…。

でも、そのときに気になるのが『休日』のことではないでしょうか?

Tatsu
いくら快適な職場でも、休みなしだと心身が疲れて楽しいどころじゃなくなってしまいますよね…。

 

この記事ではリゾバの休日について、詳しく解説していきます。

休日の数「希望は出せるのか」という疑問の答え、また実際に休日をどうやって過ごすのかまで、ご紹介します。

リゾバの休日について気になっている人はぜひ最後までご覧いただき、参考にしてみてくださいね!

 

リゾートバイトの休日は月4日〜8日

リゾバの休日は基本的に月4日〜8日ほどです。週でいえば1日〜2日が平均ですね。

休みの数は普通のアルバイトとあまり変わりません。しかし、注意したいのがGWなどのいわゆる“繁忙期”です。

繁忙期になると休日は少なくなり、連勤6日〜7日なんてこともありえます。リゾバは時期によって休日の数が変化するんですね。

Tatsu
リゾバ中に繁忙期が重なる場合は事前に担当者さんに「休みは何日くらいになりますか?」と聞いておきましょう。教えてくれるはずですよ。

 

リゾートバイトは休日の希望が出せる? 

「この日はどうしても休みたい…」、リゾバ中にもそんなときはありますよね。

安心してください、リゾバでも休日の希望を出すことはできます。ただ、日数的には月1日〜2日くらいにしたほうがよいでしょう。

『休日は基本的に職場の指示に従い、どうしてものときは希望を出す』、このスタンスのほうがストレスなく働くことができますよ。

僕はこれまでに2回のリゾバを経験してきましたが、基本的に休日は会社によって決められていました。予定のある日は事前に相談しておけば問題なしですよ。 

 

【5選】リゾートバイトの休日の過ごし方

休日の数や希望の可不可がわかったところで、次に気になるのが「休日をどうやって過ごすか?」ではないでしょうか?

ここでは、代表的な5つの休日の過ごし方をご紹介します。

リゾバの過ごし方の代表5つ
  1. ゆっくり寝る
  2. 買い出しに出かける
  3. 観光地に行ってみる
  4. 散歩しながらのんびり過ごす
  5. リゾバの特典を使って楽しむ

 

過ごし方①:ゆっくり寝る

リゾバの休日をゆっくり寝て過ごす人は、実は結構多いです。

毎日の疲れを癒すには一日ゆっくりすることも大切です。布団に包まれて過ごすのは至福…。

2日ある休日のうち、1日はゆっくりと寝る人も多いです。疲れを取って休み明けの仕事に備える感じですね!

Tatsu
リゾバでは温泉に入れることも多いので、寝て温泉に入ってまた寝て…と、夢のような時間を過ごすことも可能ですよ。

 

過ごし方②:買い出しに出かける

リゾバの職場は都心部ではなく郊外にあることも多いです。

そのため、休みは買い出しに出かけて食料品を手に入れることが多いですね。

郊外にある職場では定期的にバスが出てスーパーに連れていってくれることもあるので、それを活用するのもアリですよ!

Tatsu
実際に僕も、北海道のトマムではバスで買い出しにいっていました。友達と話しながらの道中は結構楽しかったですよ。

 

過ごし方③:観光地に行ってみる

リゾバの醍醐味は観光地を楽しむこと!そう考えている人も多いですよね。

近場に観光地があれば、休日に遊びに行く人もたくさんいます。せっかくなら楽しい思い出も作っておきたいところですよね。

連休があれば、レンタカーで遠出したりも楽しめます。リゾバで最も憧れる休日の過ごし方のひとつですね。

Tatsu
北海道でのリゾバ時代、僕もレンタカーで友達と摩周湖まで片道5時間のドライブを楽しみました。疲れたけど、あれは楽しかったですね..。

観光地に行くのはリゾバの思い出を残すためにもオススメです!

期間が短気にせよ長期にせよ、一度くらいは遠出をしてみてもよいのではないでしょうか。

 

過ごし方④:散歩しながらのんびり過ごす

僕がオススメするリゾバの休日の過ごし方がコレです!

リゾバの環境は自然が豊かな保養地や温泉街、リゾート地など非日常な空間が主といえます。

森林浴をしたり、海沿いを散歩したりと、ゆっくり散歩をすることが休日の楽しみという人も多かったですね。

Tatsu
深呼吸をしながら、本を持ち出して、ゆったりとした時間を過ごすこともできます。自然が好きな方には散歩は至福の時間になるはずですよ…。

 

過ごし方⑤リゾバの特典を使って楽しむ

乗馬などのアクイティビティやスキー場のリフト券無料、温泉に入り放題など、リゾバにはさまざまな特典が付いています。

そんな特典を休みの日に使い倒す!という人も、実際とても多いです。スキー場であれば朝から晩まで滑っていたり…。

また、ダイビングショップなどでは格安でライセンスを取れたり、機具を借りてダイビングしたりすることもできます。リゾバの特典、ぜひ使い倒しましょう!

Tatsu
僕が働いていた温泉旅館ではもちろん温泉が入り放題でした。1日3回は浸かりに行くのがザラでしたよ。

 

【要注意】リゾートバイトの休日の注意点2つ

リゾバは普段の生活を離れた非日常の空間で働くものです。

そのため、ついついハメを外してしまうこともあるはず。観光地やリゾート地など、魅力が増えれば増えるほど…ですね。

ここでは、そんなときに気を付けたいリゾバの休日の注意点を2つご紹介します。

 

注意点①:お金を使いすぎない

リゾバに働きに来た目的はなんですか?

おそらくほとんどの人は「貯金のため、稼ぐため」と答えるのではないでしょうか?

リゾバで休日のたびに遊んでいると、すぐにお金がなくなってしまいます。

本来の目的を見失わないように、財布のヒモはしっかりと握っておきましょう!

 

注意点②:ケガをしない

リゾバは仕事することが前提の契約です。

万が一にも働けないような大ケガをした場合、強制送還をされてしまう可能性もあります。

スキーやスノボ、乗馬などのアクティビティをするときは、ケガをしないように細心の注意を払いましょう。

近くに病院がない場合もあるので、リゾバには念のために絆創膏や塗り薬を持参して行くことをオススメします。 

 

リゾートバイトの休日を満喫するなら!信頼できる派遣会社で相談しよう

リゾバの休日の過ごし方や注意点は参考になったでしょうか?

スキーやスノボ、温泉などさまざまな楽しみがあるリゾバの休日ですが、楽しめるかどうかの鍵を握っているのは、登録する派遣会社にあるといっても過言ではありません。

休日が少ない職場を紹介されてしまい、泣く泣く働き続けたという話も聞きます。そんな事態を避けるには、信頼できる担当者の存在が不可欠でしょう。

また、リゾバは派遣会社ごとに時給が異なることも有名です。ガッツリと稼ぐためにも、派遣会社選びは重要なんですね。

Tatsu
おすすめのリゾートバイトの派遣会社は、下記の記事で詳しく解説していますよ。

 

リゾバは休日も楽しめる!過ごし方は人それぞれ

リゾバの休日は寝たり散歩をしたり、観光に行ったり特典を使ったりと、さまざまな過ごし方があります。

休日の数に関しては、仕事前に必ず担当者さんに確認しておきましょう。繁忙期が重なるなら、確認はマストです!

リゾバは仕事はもちろん、休日も英気を養うために大切です。そのための参考に、今回の記事をぜひお役立てくださいね。

 

Satoshi
ひぃ〜、リゾバで休みがなくてしんどい、しんどいよぉ〜…。
Tatsu
ど、どうしたのサトシくん!まさか、ブラックな職場に当たったんじゃ…。
Satoshi
いえ、毎晩スナックに繰り出してはどんちゃん騒ぎで…。休日も通ってるからしんどいんですよ〜。
Tatsu
(それは自分でなんとかできるだろう…)

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。