【虎の巻】リゾバは短期でもできます!間違いない仕事探しの方法を徹底網羅しました!

リゾートバイト、略してリゾバ。短期間でかつ住み込み。お金を稼ぐにも経験をするにも、これだけベストの選択肢はありません。

そんなリゾバで短期で働きたい!  そうあなたは考えていませんか? 安心してください、リゾバは短期でも可能です

僕自身過去に2回のリゾバを経験し、そのうちの1回は1ヶ月の短期でした。働くことは十分にできますよ。

Tatsu
リゾバは短期で1週間くらいから働けます。仕事情報の選択肢も豊富なのでご安心ください!

今回の記事では、「リゾバで短期で働きたい…」というあなたのお役に立つ情報を、ご紹介していきます。

仕事の探しかたから、効率的に稼ぐ方法まで徹底網羅、どうぞ参考にしてみてください。

 

リゾバで短期で働きたい!

例えば夏休みや冬休み、GWなどの長期連休まで。大型連休と呼ばれる期間にガッツリ稼いでおきたい、という人は多いでしょう。

そんなあなたにオススメするのがリゾートバイト、通称リゾバです。住み込み×高時給の組み合わせは、稼ぐには抜群の環境、経験としてもよいでしょう。

短期でリゾバをしようと考えているあなたは、すでに勝ち組です。適切な方法さえしっかりと抑えておけばめちゃくちゃ稼いで、かつ経験値アップも可能です!

Tatsu
僕はこれまでにリゾバを2回経験しています。1回目は岐阜の温泉旅館で、2回目は北海道のリゾートホテルで1ヶ月、いわゆる短期ですね。なので情報としても、あなたのお役に立てると思いますよ!

北海道でのリゾバに興味がある!という人には、下記の記事も併せてオススメです。

 

【時期のオススメ】リゾバで短期を狙うなら

短期でリゾバをするのあれば、働く時期をしっかりと決めておくことは非常に重要です。なぜなら繁忙期(はんぼうき)と呼ばれる時期は求人数が増えるから。

一般的なリゾバの期間は1ヶ月〜3ヶ月といわれています。この期間より短い場合は求人数が極端に少なくなるので、希望の場所や職種があるのであれば繁忙期を狙いましょう。

夏休みや年末年始を挟む冬休み、大型連休のGWなんかは狙い目です。この時期はグッと求人数が増えますし、友達同士の応募も歓迎なんてところも増えますよ!

 

リゾバを短期でするデメリット

リゾバは基本的なメリットがとても多いです。住み込み、寮費や食費が無料、温泉に入れる、スノボが滑り放題、友達が作れる、そしてガッツリ稼ぐことができるなどなど…。

一方で、短期でリゾバをするにはいくつかデメリットが存在します。その点あまりスポットが当たらないので、ここではあえてそのデメリットを語っていきましょう。

 

❶仕事の選択肢が少ない

リゾバの仕事の基本期間は1ヶ月〜3ヶ月です。そのため、短期の場合は仕事の選択肢がどうしても少なくなりがち。

「働きたい場所がある」という人や、「〜万円稼ぎたい」などの目標金額がある人は、達成が少し難しいかもしれません。それは単純に仕事の母数が少ないからです。

対策としては、次の章で詳しく解説しますが、登録する派遣会社を選ぶことです。会社によっては、短期の仕事情報が充実しているところもあるのです。

 

❷交通費の支給額が少ない

リゾバのために遠方へ出向く、そんな人は多いと思います。どこでも好きな場所で働けることはリゾバの大きな魅力のひとつでしょう。

しかし、リゾバを短期でするのであれば、交通費の支給が格段に少なくなることが多いです。1ヶ月〜3ヶ月であれば全額支給も多いのですが…。

そのため、短期で働くのであれば近場を選ぶ、もしくは交通費の自費負担を覚悟したほうがよいでしょう。いくらかはもらえても全額は難しいかも。

Tatsu
リゾバを失敗しないためには、事前の準備と下調べが非常に重要です。下記の記事は僕の体験ベースでリゾバで失敗しないための方法をまとめたもの、ぜひご一緒にご覧ください。

 

【3選】リゾバ短期ならこの派遣会社がオススメです!

リゾバを短期でするデメリット、仕事の選択肢が少ないことや、交通費の支給額が少ないことは、確実にマイナスポイントでしょう。

しかし、そんなデメリットを極力減らすための方法は存在します。それが、リゾバの派遣会社を選ぶこと。

登録する会社を選べば、仕事の選択肢はかなり増えます。交通費の全額支給は少し難しいかもしれませんが、それでもいくらかは望める仕事もあるでしょう。

 

【1週間】ならオススメはリゾバ.com

リゾバの期間を1週間に定めるなら、オススメの派遣会社は圧倒的にリゾバ.comです。

というよりも、ほかの会社では1週間単位での仕事求人情報を掲載していないことが多いのです。その点リゾバ.comの掲載数は圧倒的。

2019年1月現在、1週間の求人情報数は64件です。参考までに1ヶ月以内の求人数は423件、3ヶ月以内なら1804件の求人情報が掲載されています。

Tatsu
リゾバ.comはリゾバの派遣会社の中でも老舗。求人数はほかの会社よりも圧倒的に多いのが特徴です。特にド短期1週間ならココを置いてほかにはないでしょう!

>>リゾバ.comの詳細を見てみる

 

【1ヶ月】ならオススメはリゾートバイト.com

対して、就業期間を1ヶ月間に設定した場合はどうでしょう。1ヶ月間働くのであればオススメの会社はリゾートバイト.comです。

リゾートバイト.comなら1ヶ月以内の求人数は82件です。数としてはリゾバ.comが優勢ですが、リゾートバイト.comは好条件の仕事が豊富です。

業界トップクラスの時給が望める会社なので、1ヶ月働くのであればリゾートバイト.comからアプローチをするのがベストといえるでしょう。

Tatsu
1ヶ月働くのであれば、まずはリゾートバイト.com、希望の仕事がなけれならリゾバ.comで探してみるのが正攻法。ちなみに3ヶ月以内の求人数は、1047件ありますよ。

>>リゾートバイト.comの詳細を見てみる

 

【3ヶ月】ならオススメはアルファリゾート

短期、とはいえないかもしれませんが、3ヶ月働くことを想定しているのであれば、派遣会社はアルファリゾートが圧倒的にオススメです。

アルファリゾートは業界トップクラスの高時給と、温泉の案件に強いことが特徴の会社です。3ヶ月であれば時給1,000円〜1,200円の仕事も探せるでしょう。

アルファリゾートの3ヶ月以内の仕事情報数は1507件です。ちなみに1ヶ月以内の場合は4件のみ…。期間を伸ばせば仕事の幅は劇的に広がります。

Tatsu
アルファリゾートで3ヶ月お世話になるのであれば、交通費の全額支給も十分に望めます。また、働いた後にもらうことができるご褒美制度”EXETIME(エグゼタイム)”の存在も見逃せませんよ!

>>アルファリゾートの詳細を見てみる

 

時間があれば複数比較がベスト

リゾバを短期でおこなうなら、期間に合わせて上記の3社を利用するのが最善策です。とはいえ、会社ごとに強みが異なるのは事実です。

そのため、リゾバまで期間があるようなら、いくつかの会社が提供している仕事情報を比較してみるのがベストです。相談や登録をして話を聞くのもよいでしょう。

リゾバは同じ勤務地でも、派遣会社によって時給や経費面の負担が大きく異なります。そんな事態を避けるには、仕事前の情報収集が必須。

Tatsu
僕も、北海道では同じ仕事内容なのに時給が100円安いという事態に遭遇しました。正直、あんな思いは二度としたくありません…。仕事前の会社選び、大切ですよ。

下記にすでにご紹介した3社を含む大手派遣会社を、特徴や強みごとに5社まとめました。比較検討にどうぞご利用ください。

 

短期で働くなら早めの行動が鍵になる

短期、特に年末年始やGWなど、世間的な大型連休はどこのリゾート地でも人手不足です。そのため求人数はかなり多く増えるでしょう。

その中でも人気の場所、例えば北海道や沖縄など、は条件がよいところから埋まっていきます。そのため、希望があるなら早めに行動したほうがよいでしょう。

リゾバが短期、とはいえ1週間以上は滞在するわけです。場所選びは非常に重要。後悔のないリゾバライフを送るためにも、行動は早め早めをオススメしますよ。

 

まとめ リゾバの短期は1週間から

リゾバは短期でおこなうことも可能です。ただ、ネックになるのは仕事情報の少なさと交通費の問題。そこさえクリアすれば十分に楽しめるでしょう。

1ヶ月まで期間を伸ばせば仕事の選択肢もかなり増えます。交通費の問題も解決できるでしょう。3ヶ月なら確実にクリアできます。

リゾバは短期でも十分楽しめます。そのためには情報収集と会社選びが必須。ぜひあなたにとって後悔のない、最高の会社を探してみてくださいね。

 

【虎の巻その2】リゾバで稼ぐ戦略

「リゾバでガッツリ稼ぎたい…」、きっとあなたもそう考えていることでしょう。

そのための戦略は、こちらの記事にまとめました。仕事を決める前にはぜひ目を通してみてくださいね。

>>リゾートバイトで貯金はできる?具体例と稼ぐための戦略を伝授します!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。