オーストラリアのカフェ仕事探しの定番、レジュメ配りに挑戦してみました!

スポンサードリンク

こんにちは、オーストラリア、シドニーでワーキングホリデー滞在中のTatsuhito(@zabutonletter)です。

今現在進行系で仕事探しをしているわけですが、僕は主に働きたいお店に履歴書(レジュメ)を直接持って行っています。

レジュメを直接お店に持って行くのは慣れるまでは大変ですが、慣れて行くと今から書いて行くように色々なメリットもあります。

 

今回の記事ではオーストラリアのカフェへのレジュメ配りがなぜオススメなのか、実際に行うときのコツや話が進めやすい時間帯なども書いていきます。

 

 

オーストラリア、シドニーでの仕事探しにレジュメ配りをオススメする理由

オーストラリア、シドニーでの仕事探しの仕方はたくさんありますが、レジュメ配りは下記のメリットがあるので他の仕事探しの方法よりもオススメです。

  • 英語の練習になる
  • 職場の雰囲気がわかる
  • 度胸がつく

ので

  1. レジュメ配りをメインに毎日エリアを変えて行う
  2. サブ的にGum TreeやJam’s TVを使ってアプローチをかける

このやり方が現状の仕事探しでは効率よく仕事を見つけるには良いのではないかなと。

※僕はカフェに絞って職探しをしていますので上のやり方はあくまで飲食店ベースです、他の業種の人には他のやり方もあるかもしれません。

 

カフェでのレジュメ配りのコツはDon’t be afraid,Don’t be shy.

そんなレジュメ配りを始めて約1週間が経ちましたが、未だに仕事は決まらずです。

ただ初日に比べて明らかにお店側の反応やレスポンスが良くなって来ていることを実感していて、その要因はなんなのかと考えてみたところが見出しのDon’t be afraid,Don’t be shy」だったんですね。

要は恐れず、恥ずかしがらず。

オーストラリアの人って一見無愛想な人も多いけど、話してみるとフレンドリーな人が多い!初めの頃は外見にビビってあまり話さずにレジュメを渡して終わり!だったのが、段々話せるようになって来ると相手の反応や感触も良くなって来るのがわかります。

 

なので今からレジュメを配るっていう人は、まずはとにかく根拠なくても自信を持って行って(これすごく大事)レジュメを配ってください。(続けば本当に自信ついてくるんで初めは頑張りどころ!)

 

オーストラリアのカフェでのレジュメ配りにオススメの時間帯は?

飲食店にレジュメを配るのに気をつけるポイントがレジュメを配る時間です。

実際にオススメする時間は

  • 10:00-12:00
  • 14:00-16:00

の時間帯ですが、一番いいのは下の1416:00です。

10時〜の時間ももちろん数を配りたい時にはいいんですけど、この時間でも結構カフェは混んでることが多いです。

その点14時からの時間帯は、ランチのあとでお店側もクローズに向けてゆったりしている時間帯なので、レジュメを持って行っても話を聞いてくれる確率が高い。※マネージャーがいることも多い。

 

レジュメを配るならただ置いていくだけでなく、コミュニケーションをとって自分を印象付けるのが最も重要なので、相手方にも余裕がある時間帯に行くのがベストです!

 

オーストラリア、シドニーでの仕事探し、レジュメ配りについて まとめ

これを書いている現在、仕事が決まっているわけではないので書いていることはまだ仮定の段階。

ですが今からシドニーで仕事を探したい人、心配な人にはリアルな現状を知ることも大事なことだと思うので今これを書いています。

日本からするとオーストラリアの人って細かいことまで気にしないんじゃないかって思うかもしれませんが、そんなことはありません。気遣いや時間帯などレジュメ配りに関しては細かいところまでケアしましょう。(できれば言い回しや文法まで)

※レジュメ配りの際の英語に関してはこちらの記事を参照してください。

 

ではでは、Good night〜!

レジュメの書き方はなちぶ様を参考にさせてもらいました(リンク失礼します)

スポンサードリンク