【必読】オーストラリアでのレジュメ配りの英語徹底解説!!

レジュメ配りの英語がわからない、なんていったらお店にアピールできるんですか?

レジュメ配りに使う英語の流れが知りたい。

 

こんにちは、シドニーでワーホリ滞在中のTatsu(@zabutonletter)です。

レジュメ配りをするときに使う英語は実はほぼ一緒。

定番の英語のフォーマットは決まっています。

この記事ではレジュメ配りに使う英語を流れに沿ってご紹介していきます。

Tatsu
ここでの流れに沿って英語を覚えればレジュメ配りはバッチリです。

 

最初の印象は肝心です。

なので最初は働けなくてもいいって思うお店で英語の練習をしてみるのもありですね。

まず初めは英語でのレジュメ配りに慣れてみる。働きたいお店があれば回数を重ねた後に挑戦しましょう。

関連記事:初めてのレジュメの配り方のコツと心構えを徹底的に伝授します

 

レジュメ配りの英語の前に確認すること

本題のレジュメ配りの英語の前にまずは大事なレジュメ配りの前提から。

それはお店が混んでいる時間はレジュメを持っていかないことです。

 

愛想良くスラスラと英語が話せても混んでいる時間であればお店がわに聞く余裕がありません。

せっかく頑張って作ったレジュメをよく見られずもせずに忘れられてしますかもしれません。

Tatsu
効率よくレジュメを配るためにも混んでいる時間のレジュメ配りは避けましょう。

 

カフェにレジュメを配る際には以下の時間帯は避けましょう。

  • 7:00-10:00
  • 11:30-13:00
Tatsu
この時間帯以外でも、お店が混んでいたら配る時間をずらしましょう。

 

レジュメ配りの英語徹底解説

冒頭にも書いたようにレジュメを渡す時にはスタッフやマネージャーと話すことを目標にしましょう!

ここに書いてある英語はその目標を前提にして解説していきます。

 

ここからは以下の流れに沿って進めていきます。

  1. 入店
  2. レジュメを渡す

レジュメはお店に入る前にはすぐに出せる場所に用意しておきましょう。

 

レジュメ配りの英語①:入店

  1. Hi. how are you
    「こんにちはー」
  2. I’m looking for OO  job
    「OOの仕事を探しているのですが」
  3. are you hireling now??
    「今、求人はしていますか??」

第一印象はレジュメ配りにはめちゃ重要です。

沈んだ顔でレジュメ渡して来る人よりも、明るくフレンドリーな人からもらった方がいいですよね?

Tatsu

入店時には特にフレンドリーさが感じられればグッドです!。1トーン高い声で声を出すように意識してくださいね。

 

レジュメ配りの英語②:レジュメを渡す

  1. Could I speak to the manager? 
    「マネージャーと話すことはできますか?」

入店が終わったらお店にマネージャーがいるのか確認します。

 

マネージャーがいる場合

①マネージャーと話せる場合は改めて自己紹介から入りましょう。

  1. Hi nice to meet you  I’m OO Japanese.
    私の名前はOO。日本人です。
  2. I’m looking for OO job…
    「OOの仕事を探しています」

 

②自己紹介の後は自分のビザや状況を伝えます。

  1. I just arrived Sydney OO days/weeks ago.
    シドニーにはOO前に来たばかりです。
  2. with working holiday visa
    ワーキングホリデービザで来ています。
  3. my working holiday visa is valid until next September.
    ワーキングホリデービザは来年の9月まで有効です。

 

③週に何日働けるのか。

いつから働けるのか?の質問には、できるだけすぐにと答えるのがアピールになります。

  1. I’m available  OOdays in a week.
    私は週にOO日働けます
  2. I can work immediately.
    すぐに働けます。

 

④経験や自分の仕事に対する姿勢もアピールしましょう。

  1. I’ve experienced for OOyears as OO
    私はOO年間OOとして働いていました
  2. I’m quick learner from others.
    私は他の人の仕事を見て覚えるのが早いです

 

僕がアピールする時に使っていた例文

  1. Hi nice to meet you sir(or mum)I’m tatsu, Japanese.  I’m looking for a Barista job now
    はじめまして、タツです。日本人で今バリスタの仕事を探しています
  2. my visa is working holiday visa.I just arrived Sidney about 2weeks ago.and it’s valid until next September
    僕のビザはワーキングホリデーで、シドニーには2週間前に来ました、ビザは来年の9月まで有効です
  3. I have experienced for 3years as Barista in Japan.  I can work immediately and anytime!
    日本で3年間のバリスタ経験があって、すぐに、いつでも働くことができます
  4. I’m quick learner from others and adapt to the new environment easily
    僕は物覚えも良いし、新しい環境に慣れるのも得意です

自分をアピールする時はとにかく自分の強み出しましょう。

物覚えがめっちゃいい・フレンドリー・働きたいという強い気持ちも伝えた方がいいです。

Tatsu
経験・いつから働けるのか・何時間働けるのかはマストです

 

マネージャーがいない場合

  1. could I leave my resume??
    僕のレジュメを置いて行っても良いですか?
  2. thank you have a good day!
    ありがとう、よろしく!

レジュメ配りをしていてマネージャーがいない場合はよくあります。

できれば出直してまた来るのが良いですが、お気に入りのお店でなければレジュメを置いていくのもありです。

この時は軽く自己紹介をしてレジュメを置いていきましょう。

Tatsu
スタッフからマネージャーに人柄が伝わることも多いので、この場合でも簡単なアピールはしていきましょう。

 

  1. when does  the manager coming here next??
    マネージャーはいつきますか?
  2. what time is usually  the manager available??
    マネージャーはいつも何時にいますか??

出直し時にはマネージャーがいついるのか、次はいつ来るのかを聞いてから出直しましょう。

 

レジュメ配りの英語:フォローアップ

このケースはレジュメをお店に置いて帰った時の話です。

レジュメを配ったお店に後日行ってレジュメを見てもらえましたか確認をする方法です。

Tatsu
レジュメを配った3日〜1週間後あたりにお店に行きます。

 

  1. Hi I dropped off my resume here about OOdays ago.could I speak to the manager??
    こんにちは、OO日前にレジュメを置いて行ったんですが、改めてマネージャーと話すことはできますか?
  2. Hello I dropped my resume here before.do you remember? I’d like to talk to the manager today.
    ハロー、前にレジュメを置いて行ったんだけど覚えてる?今日はマネージャーと話がしたいんだけど

フォローアップにははじめ完全に諦めるためと割り切ってお店に行っていました、

でも明らかに1回目よりも話を聞いてくれる割合が多かったんですよね。

フォローアップをするとやる気をアピールすることができるので、面接につながる機会が増えると思いますよ。

 

オーストラリアでのレジュメ配りの英語 まとめ

英語でのレジュメ配り、緊張しますよね。

僕も初めはお店に入るのに30分以上お店の前をふらふらしたり。

でも話し始めてしまえばほとんどはフォーマット通りの流れで英語での会話は進みます。

Tatsu
ここでの例文はもちろん、他にも参考になる英語例文を書いてあるブログもありますので色々と参考にしてみてくださいね。

 

僕がレジュメ作りの際に参考にさせてもらったのはこちらのなちブ様の記事。

【ほぼコピペでOK】英文履歴書(レジュメ)の書き方がわからない人の為にテンプレート(サンプル)を公開します。

僕はこちらのテンプレートを参考にCV(カバーレター、自己アピール文)をレジュメの冒頭 [EMPLOYMENT HISTORY] の前に入れ込み、バリスタ一日コースで取った資格の写真とラテアートの写真を入れて2枚構成のレジュメにしています。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:圧倒的に速くローカルジョブを探すならGumtreeが最強です

関連記事:オーストラリアで自分の仕事を手に入れろ!仕事の探し方完全ガイド

関連記事:ワーホリで働けるバリスタの仕事とは!?ある一日を徹底解説!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。