今一番おすすめしたい台北のカフェはココ!The Lobby of SIMPLE CAFFAは2016年バリスタ世界チャンピオンのお店です。

スポンサードリンク

台湾旅行では沢山のカフェや飲食店を見てきました。Tatsuです。

どこのお店も居心地が良くってお気に入りのお店が世界中に増えていくのは楽しい!!

それもどこもレベルが高くまた台湾人の人たちのホスピタリティーの高さには正直言って驚きました。そんな中で台湾、台北のコーヒーのレベルの高さを証明するようバリスタのタイトルホルダーのお店が増えてきています

 

今回ご紹介するのはバリスタ世界チャンピオン、Berg Wuさんのお店「興波珈琲 SIMPLE KAFFA」
 
Hotel Vというメンズアパレルショップの一角にあるとても素敵なコーヒーショップです。
 
 

自家焙煎のコーヒーとスイーツを台北のカフェで!世界No.1の味を台北で味わえるスペシャルティコーヒーショップ!!

SIMPLE KAFFAがあるのは台北メトロ(MRT)忠孝敦化駅から歩いて徒歩4,5分ほどの距離

忠孝敦化駅までは台北駅から3駅なのでアクセスもとっても良いです。

町の雰囲気はとっても落ち着いていて東京の代官山を思い出すような雰囲気です。

 

お洒落なお店もたくさん!外観からとってもオシャレなお店が立ち並ぶ。

台北のこういう細道には必ず美味しいお店があります。

台湾、台北っぽいノスタルジックなお店。

 

台北のオススメカフェ、The Lobby of SIMPLE KAFFAはそんな街中の一角にある。のですが・・・

場所がとっても分かりにくい!

いや一回行けばすぐに見つかるのですが何しろ看板がさりげなーく置かれすぎていて(笑) 

同じビルの周りを2周もしてしまいました…がやっと発見。ビルの入り口にある看板。暗くなっていたので照明がついています。

ここの横にある階段を下りるとお目当てのお店にたどり着きます。

向かいは少しお高そうなアパレルショップですが気にせず進みましょう。

 

入り口には分かりやすい「simple Kaffa」の看板が。上にも置いといてもらえるととっても嬉しい!

横もアパレルショップになっておりその中の一角がSIMPLE KAFFA。

アパレルに併設のお店って日本にも増えてきましたよね。少し敷居が高く感じますが一回入ってしまえばなんのその。

店内は満席に近いくらいの人で賑わっていました。上の静けさからは想像ができない。

店内に入ると4,5人のスタッフさんがおり席に案内してくれます。最初は中国語でしたが途中からは英語に切り替えてくれました、一安心。

 

台湾のお店は中に入れば英語で通じる人が沢山いるところが多いです。

メニューも英語版に変えて持ってきてくれました。

 simple Kaffa -coffee menu-

Light roast -浅煎り-

  • Panama -パナマ ゲイシャ ナチュラル- 
  • Panama -パナマ ゲイシャ ウォッシュド-
  • Taiwan alisan -タイワン アリサン ウォッシュド-
  • Panama natural  -パナマ エリダ ナチュラル-…

 

最近はどこのお店もライトローストの浅煎り豆が多くなってきました。

最近流行りの3rd waveのコーヒーは豆の個性を引き出すライトローストのコーヒーが多め。サッパリとして酸を感じる味わいが現在の主流なのは日本も世界も変わりません。

 

同じコーヒー豆でHOTとICEが選べるシステム

20元(大体80円くらい)でミルクを付けてもらえるみたいです。

僕は「Ethiopia Hembela Natural」のホットをオーダーしました。

 ナチュラルはコーヒー豆の精製工程を指す名称で果肉を付けたままコーヒーを乾燥させるので独特の香りやフルーティさが楽しめます。

 

余談ですが3番目のコーヒーは台湾産の「阿里山珈琲」

阿里山といえばウーロン茶が有名ですが実はコーヒーも皇室献上されたことがあるほどの上質な物。台湾で作られたコーヒー豆を台湾で楽しんでみるのも良いですねー。

 

simple kaffaの店内にはバリスタ大会のトロフィーが沢山飾られていました。

2016年のバリスタ世界大会のトロフィーも。重みを感じますね。

コーヒー豆の販売もしています。100gから販売されているみたいです。

阿里山珈琲は100gで800元(日本円で大体3000円程)。少し値は張りますが台湾土産にはとっても良いのではないでしょうか?

 

台北の人気カフェで垣間見えるコーヒーへの本気のこだわり

そうこうしているうちにオーダーしたエチオピアを持ってきてもらえました。提供はサーバーで、陶器のカップがいい味出してますね。

なんとスタッフさんがカップに移してコーヒーの飲み方について教えてくれました。

カップに移した後に回して淵の辺りまでコーヒーを広げて香りから楽しんでほしいとのこと。

うーん、とってもこだわりがあって素敵です。こういうこだわりは日本人にも近いものがありますね。

 

真ん中の紙には豆の産地や品種。コーヒーの持つフレーバーが書かれていました。

こういう気づかいも専門店らしくて素敵です。

一口飲むと口の中にフローラルな香りが広がります。少しウーロン茶のニュアンスもあるコーヒー。

後味も甘味が残っていつまでもコーヒーの余韻が続きます。さすが世界No.1のバリスタコーヒーショップ。とても美味しかったです。

店内は細かいところまでデザインされていて見ているだけでもとても楽しい。

ロゴのデザインもシンプルで素敵ですね。

カウンター内の様子。あまり広くはないですが必要な器具がまとまっておかれていて働きやすそうでした。

先ほど飲んだエチオピアのコーヒーの抽出は真ん中にあるクレバードリッパーで。

自宅で淹れるとコーヒーの味がお店で飲むときと違うってこと、よくありますよね。

Simple Kaffaはそうならないために誰が淹れても味が均一になるクレバードリッパーを採用しているそう。こういう配慮もとても嬉しい。

クレバードリッパーはペーパーフィルターとコーヒー豆があれば専門店の味が手軽に再現できちゃいます。

 

正直入る前はおしゃれな人ばっかりで場違いにならないか不安でしたが、親切で優しいスタッフさんばかりでコーヒーはもちろんそのホスピタリティの高さにも驚きました。

僕が行ったときは現地の人ばかりみたいでしたがゆっくーりくつろげます。

ここはスイーツも美味しいみたいで特に抹茶ロールがオススメらしいです。抹茶は京都の物を使っていて生地がとても柔らかくコーヒーとの相性はもちろん最高に合うそう。ぜひ行ったら試してみてください。他にも半熟カステラやティラミスもあるみたいです。

 

台北の人気カフェ、「SIMPLE KAFFA」まとめ

世界No.1バリスタのお店でしたが気取りすぎることもないとても居心地の良いお店でした。

Berg Wuさんは以前にも台湾でのNo.1に3回なっているそうで台湾のコーヒー界を牽引している存在でもあるんでしょうね。現地の人に愛されて尚世界にも認められているカフェ。

ぜひ台北に行く際は立ち寄ってみてください。

 

Shop Info

The Lobby of SIMPLE KAFFA|Hotel V
住所:105 台北市敦化南路一段177巷48號B1
電話番号:+886 2 8771 1127
営業時間:12:30-21:20(金、土のみ21:50まで)
定休日:無休
facebookページはこちらから  

▼現地の情報収集はオサレでおなじみブルータス。台湾に行く前には必読です!

スポンサードリンク