オーストラリアのコーヒー豆をお土産に!シドニーのおすすめカフェ5選

こんにちは、シドニーでバリスタをしていましたタツ(@zabutonletter)です。

オーストラリアはコーヒー先進国です。

特にシドニーやメルボルンには星の数ほどカフェがあるといわれていて、どこでもおいしいコーヒーが飲めます。

そんなオーストラリアのお土産に、コーヒー豆を購入したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事を読めば、下記のことがわかります。

  • 現役バリスタがおすすめするシドニーのおいしいコーヒーのお店
  • オーストラリアのお土産におすすめのコーヒー豆

オーストラリアの人たちは、毎日何杯ものコーヒーを飲んでいます。

そんな人たちを満足させるために、カフェのバリスタやロースターは試行錯誤を繰り返しています。

もちろん、僕自身もその渦中に飛び込み、たくさんのカフェでコーヒーを飲んできました。

今回ご紹介するのはそんな群雄割拠のシドニーで人気を集める、コーヒーの名店ばかりです。

ぜひ、コーヒー豆選びの参考にしてみてくださいね。

Tatsu
ちなみに、メルボルンのカフェは下記の記事で詳しく紹介しています。

 

【前提】オーストラリアのコーヒー豆はなんでカフェで買うの? 

オーストラリアではカフェ以外にも、例えばスーパーなどでコーヒー豆の製品が販売されています。

いわゆる“ばらまき用”のチョコレートを買うにはスーパーはよいのですが、コーヒー豆に関してはカフェで買うことを熱烈におすすめします。

  • コーヒー豆は生鮮食品(時間が経つと味が落ちる)
  • 焙煎が深いものしかない(オーストラリアでは浅煎りが主流)
  • 挽いたコーヒー豆を買ってしまう可能性がある(鮮度がすぐ落ちる)

などなど、コーヒー豆はフレッシュなもので、時間が経つと味や香りがなくなってしまいます。

そのため、せっかくコーヒー豆をお土産にするのであれば、コーヒーに特化したカフェで購入することをおすすめしています。

Satoshi
スーパーで売っているコーヒー豆は、焙煎から日にちが経ってしまってるんですか?
Tatsu
そうそう、それにコーヒー豆の種類も極端に少ないからね、せっかく買うならおいしくフレッシュなコーヒー豆を買うのがおすすめだよ。

観光などの短期滞在でも、留学などの長期滞在でも、コーヒー豆を買うならカフェに立ち寄って、バリスタと相談しながら選んでみてくださいね。

 

【厳選5選】オーストラリア・シドニーでコーヒー豆を買うならココ!

オーストラリアのコーヒーがおいしいといっても、情報がなければ本当においしいコーヒー豆を買うことは難しいですよね。

僕自身もシドニーでバリスタとして働きながら、さまざまなカフェにいってはたくさんのコーヒーを飲んできました。

そんな僕がおすすめする、シドニーで屈指のおすすめカフェは下記の5店舗です(※2019年9月に⑥ONAを追記しました)。

【シドニーのおすすめカフェ】

  1. Single O(シングルオー)
  2. Edition Coffee Roasters(エディションコーヒーロースターズ)
  3. Skittle Lane(スキットルレーン)
  4. Coffee Alchemy(コーヒーアルケミー)
  5. Mecca(メッカ)
  6. ONA(オナ)

コーヒー豆を買うのはもちろん、カフェを利用するのもとてもおすすめです。

Tatsu
オーストラリアのカフェは、フードメニューも充実しています。コーヒーと合わせて楽しんでみてくださいね。

オーストラリアのカフェの利用方法は、下記の記事で詳しく紹介していますよ。

ちなみに、ほとんどのカフェは支店を含めればシドニーのCBD(中心街)にあります。

何店舗かハシゴするのもおすすめですよ。下記のグーグルマップで全店舗の場所をまとめています。

まとまっているところがシドニーのCBD周辺です。

離れているお店は郊外にあるロースターなので、時間があればぜひ足を伸ばしてみてください。

それでは、シドニーでおすすめのカフェをひとつずつ紹介していきます。

 

❶Single O

シングルオーは“世界一の朝食”で知られるbill’s(ビルズ)にもコーヒー豆を卸しているお店です。

東京にも支店があるので、知っている方も多いかもしれませんね。

サリーヒルズにある本店は、いつでもたくさんの人たちで賑わっている人気店です。

すぐそばにテイクアウト(オーストラリアではテイクアウェイ)専用のコーヒースタンドもあるので、気軽に立ち寄れますよ。

Tatsu
シングルオーはシドニーを代表する屈指の名店、海外にもファンは多いです。

コーヒー豆はブレンドから産地別のシングルオリジン(いわゆるストレートコーヒー)まで、幅広いラインナップがあります。

働いているスタッフはみんなスタイリッシュで少しコワモテですが、話しかけると優しくコーヒー豆の説明もしてくれますよ。

おいしいコーヒー豆を買うなら、まずはシングルオーに立ち寄ってみてください。シドニーの代名詞的なお店です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Single Oさん(@single_o)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Single Oさん(@single_o)がシェアした投稿

 

店舗情報

店名:Single O Surry Hills (本店)
住所:60-64 Reservoir St, Surry Hills NSW
営業時間:平日: 6:30-16:00 土曜: 7:30-15:00  日曜: 8:00-15:00
ウェブ:http://singleo.com.au 

店名:Single O (CBD)
住所:89 York St, Sydney NSW 2000
営業時間:平日:7:00-15:30  土曜日曜:Close

 

 

❷Edition Coffee Roasters

エディションコーヒーロースターズ(以下エディションコーヒー)は、白を基調としたシンプルで落ち着いた印象のお店です。

自家焙煎しているコーヒー豆はもちろん、日本と北欧にインスパイアされたという、独自のフードメニューも人気の秘密です。

焙煎したてのフレッシュなコーヒー豆は、透明感のある澄んだ味わいのものから、深みのある独特のフレーバーのものまで幅広いです。

カウンターでバリスタと話しながら、好みのコーヒー豆を選んでみるのがおすすめですね。

僕がシドニーに滞在していたときに通っていた店舗は移転してしまったようで、現在はCBDの店舗が旗艦店になっているようです(店舗情報は更新しています)。 
Tatsu
店舗が新しくなっても、エディションコーヒーのコーヒー豆は間違いありません、スタイリッシュな店内でゆったり過ごしてみるのもアリですね!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Edition Coffee Roastersさん(@editionroasters)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Edition Coffee Roastersさん(@editionroasters)がシェアした投稿

 

店舗情報

店名:Edition Coffee Roasters 
住所:60 Darling Dr, Haymarket NSW 2000
ウェブ:http://editioncoffeeroasters.com
営業時間:平日:7:00-17:00 土曜日曜:8:00-18:00

 

❸Skittle Lane Coffee

シドニーの隠れ家的な名店が、スキットルレーンです。

白色の壁と木のベンチ、大きな窓と鮮やかに飾られたドライフラワーがバツグンの空間美を演出しています。

日本向けのメディアにはあまり登場しないので、日本の方がいくことはあまりないように思います。(僕は一度も遭遇しませんでした)

長居するタイプのお店ではないですが、スキットルレーンはぜひ訪れてもらいたカフェですね…!

Tatsu
僕はココのピッコロ(ラテのスモール版)が大好きで、よく飲んでいました。浅煎りの優しいフレーバーが印象に残っています。

コーヒー豆はもちろん自家焙煎で、シーズンごとにラインナップが変わります。

ドリップコーヒーも注文できるので、気になるものがあれば注文して味を確かめてみるのもおすすめです。

センスよくまとまった空間で、おいしいコーヒー豆を探してみてくださいね。

Tatsu
スキットルレーンの詳細は、こちらの記事でも紹介しています。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

S K I T T L E L A N Eさん(@skittlelanecoffee)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

S K I T T L E L A N Eさん(@skittlelanecoffee)がシェアした投稿

 

店舗情報

店名:Skittle Lane Coffee
住所:40 King St, Sydney NSW 2000
ウェブ:https://skittlelane.com
 営業時間:平日:7:00-16:00 土曜日曜: Close 

 

 ❹Coffee Alchemy 

コーヒーアルケミーは、シドニーで最高のコーヒーが飲める称号“ベストコーヒーアワード”を受賞した屈指の人気店です。

本店は郊外のマリックヴィルにありますが、CBDに“Gumption(ガンプション)”、バランガルーに“Micro(マイクロ)”という支店があります。

そして僕がバリスタとして働いていたのが、上記2つの支店です。

どこの店舗を訪れても、シドニーでトップクラスのおいしいコーヒーが飲めますよ。

Tatsu
僕が働いているときには、ワーホリできている方はもちろん、観光目的できていた日本の方もたくさん来店していました。

この中でコーヒー豆を買うなら、本店のコーヒーアルケミーかガンプションがおすすめです。

ブレンドは透明なシリンダーに入っていて、焙煎の深さも味も大きく異なります。もちろんシングルオリジンもありますよ。

迷ったときは、ハウスブレンドの“Goodness Galilio(グッドネス・ガリレオ”)がおすすめです…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Coffee Alchemyさん(@coffeealchemy)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Coffee Alchemyさん(@coffeealchemy)がシェアした投稿

店舗情報

店名:Coffee Alchemy(本店)
住所:24 Addison Rd, Marrickville NSW
ウェブ:https://coffeealchemy.com.au
営業時間:平日:7:00-14:00 土曜:8:00-15:00 日曜:Close

店名:Gumption By Coffee Alchemy (CBD)
ウェブ:http://www.gumptioncoffee.com
住所:he Strand Arcade, 11/412-414 George St, Sydney NSW 2000
営業時間:月曜〜水曜・金曜:8:00-17:15
木曜:8:00-19:15 土曜:9:00-16:30 日曜:11:00-15:30 

店名:Micro(CBD)
住所:shop 8/02, 23 Barangaroo Avenue, Barangaroo NSW 2000, Australia
ウェブ:http://www.microcoffee.com
営業時間:平日: 8:00-16:00 土曜日曜:Close

 

❺ Mecca Coffee

まさしくシドニーのコーヒーのメッカ(聖地)がこのお店、メッカコーヒー(以下メッカ)です。

日本のバリスタの間でも圧倒的な知名度があるお店で、シドニーのCBDはもちろん、郊外のアレクサンドリアには巨大なロースターがあります。

いつでも混雑していますが、郊外のロースターでは巨大な焙煎機もみられるので訪れてみるのがおすすめです。

開放的な空間で、ついつい長居してしまう空間が、そこにはありますよ。

Tatsu
朝食やブランチにもメッカはおすすめです。CBD店もいつも常連さんで賑わっていますよ

コーヒー豆はフレッシュな香りが楽しめるシングルオリジンの種類が豊富です。

パッケージもカラフルでスタイリッシュなので、感度高めなあの人へのお土産にはピッタリかもですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mecca Coffeeさん(@meccacoffee)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mecca Coffeeさん(@meccacoffee)がシェアした投稿

 

店舗情報

店名:Mecca Alexandria (本店)
住所:26 Bourke Rd, Alexandria NSW 2015
ウェブ:https://meccacoffee.com.au
営業時間:平日:7:00-15:30 土曜日曜:8:00-15:30 

店名:Mecca(CBD)
住所:67 King St, Sydney NSW 2000
営業時間:平日:6:00-16:30 土曜日曜:Close 

 

❻ONA(※2019年9月追記)

オナコーヒーは、2015年バリスタ世界チャンピオンの“Sasa Sestic(ササ・セスティック)”のお店です。

本店はキャンベラにありますが、2017年にシドニー支店ができました。

開放的なカフェスペースは奥行きもあり、ゆったりとした時間が過ごせます。

カウンターに座って、バリスタとその日のコーヒーについて話してみるのもおもしろいですよ…!

Tatsu
僕がいったのはオープン当日だけですが、随所にコダワリがみえるコーヒー通のお店でした。

コーヒー豆はもちろん世界レベルにおいしいコーヒーです。

シドニー支店は日本ではあまり知られていないみたいなので、お土産に買っていっても喜ばれると思いますよ。

最高においしいコーヒーを楽しむための最高のカフェが、またひとつシドニーにオープンしました…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ONA Coffeeさん(@onacoffee)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ONA Coffeeさん(@onacoffee)がシェアした投稿

 

店舗情報

店名:ONA Coffee
住所:140 Marrickville Rd, Marrickville NSW 2204
ウェブ:https://onacoffee.com.au
営業時間:平日:7:00~15:00 土曜日曜:8:00~15:00

 

【余談】オーストラリアから日本|コーヒー豆は持ち込み可?

オーストラリアは検疫が厳しいことで有名です。

検疫とは、カンタンにいえば動物や食品の持ち込みや持ち出しの際に病気や有害物質に汚染されていないか確認することです。※参照元:ena

せっかくコーヒー豆をお土産に買ったのに、空港で没収されてしまったら元も子もないし、めちゃくちゃ悲しいですよね…(僕だったら泣きます)。

ですが、安心してください。オーストラリアから日本へのコーヒー豆の持ち込みは可能です。

スーツケースの中でも機内でも、どちらでもコーヒー豆の持ち込みは可能ですよ…!

オーストラリア名物のお菓子“TimTam(ティムタム)”と一緒に、ぜひおいしいコーヒーをお土産にしてみてくださいね。

created by Rinker
¥398 (2019/10/17 13:59:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

まとめ|オーストラリアのコーヒー豆はお土産に最高の選択肢!

オーストラリアのコーヒーは本当においしいです。

僕はすでに日本に帰国していますが、今でもたまに飲みたくなるほどなんですよね…!

もちろん、日本のコーヒー豆にとてもおいしいものもあります。ですが、オーストラリアのコーヒーはまた別格においしいんですよ。

文化や歴史の背景、そして究極にカッコイイと思うカフェやバリスタ、そのすべてがおいしいコーヒー豆を生みだしているのでしょうね。

Satoshi
日本も喫茶店文化やカフェ文化が根付いているけど、オーストラリアはそれ以上なんですか
Tatsu
そうそう、オーストラリアの人たちは本当にコーヒーが好きだよ!そして、そんなコーヒーラバーを満足させるために、バリスタはロースターは試行錯誤を続けているんだよ。

ぜひ、オーストラリアのお土産にはコーヒー豆を選んでみてください。

もちろん、それはスーパーではなくコダワリの詰まったカフェやロースターで購入するのが圧倒的におすすめです。

できれば豆のままで、手間暇かけて自宅でゴリゴリと豆を挽くのがよいですね。

挽きたてのコーヒー豆を使うのも、おいしいコーヒーを楽しむ秘訣ですよ…!

Tatsu
コーヒーミルは、アウトドアでも使えるポーレックスのものがおすすめです。丸洗いもできて衛生面も安心ですよ…!

オーストラリアのコーヒー文化やカフェ文化、あなたにも、そしてコーヒー豆をプレゼントする方にも伝わったら最高ですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。