ドリップコーヒーは淹れる時間が超重要!!時間が美味しさを左右する!?

コーヒーをドリップするときは時間を測ることが大切なの?

コーヒーをドリップする時間の目安あるのかな?どうせなら美味しくコーヒーを淹れたいなあ。

 

こんにちは。バリスタのTatsuです。

僕は毎朝のルーティンとして、コーヒーをドリップで淹れています

毎朝、数分かけて淹れるハンドドリップコーヒーは僕の日常には欠かせない重要な存在です。

そしてこのときに欠かさずに行なっているのが、コーヒーをドリップする時間を測ること。

ドリップする時間を測ることが欠かせないんですか?僕は体内時計を使って測ってるんですけど。

Tatsu

体内時計でももちろんいいんだけど笑。ドリップする時間を測ることは美味しくコーヒーを淹れるためには欠かせないことの1つだよ。

 

今回の記事では、自宅でより美味しくコーヒーをドリップするコツの一つである「コーヒーをドリップする時間」について解説していきます。

 

コーヒーをドリップするときになぜ時間を測る?

コーヒーをドリップする時間を測るのは、コーヒーの成分を美味しいところだけ抽出するためです。

実は、同じコーヒー豆でも淹れる時間を変えた場合その味は大きく変わってしまいます

コーヒー豆は同じなのに不思議ですよね、しかしコーヒーを淹れる時間を変えるとその味は本当に大きく変わるんです。

時間を変えて淹れたコーヒーは、具体的に下記のような味になります。

  • コーヒーを淹れる時間が短い:
    未抽出のコーヒーになる。
    コーヒー豆の成分が出きらず、甘みも酸味も薄いコーヒー。
  • コーヒーを淹れる時間が長い:
    過抽出のコーヒーになる。
    コーヒーの成分は出ているが、雑味や苦味が過剰に出たコーヒー。

上記のように淹れる時間が適正でないと、せっかく淹れたコーヒーが美味しくないものになってしまいます

これに対して、コーヒーのドリップを適正な時間で行った場合は甘みや酸味、風味も良くバランスの良いコーヒーになります。

コーヒーをドリップする時間で、コーヒーの味は大きく変わってくるんですね。

へー。コーヒーを淹れる時間でここまで大きく味が変わってしまうんですね。具体的にはどのくらいで抽出するのがいいんですか?

Tatsu

そうなんだよね。同じコーヒー豆でも淹れ方によって味が大きく変わってしまうんだ。

淹れる時間の具体的な例は次の章で詳しく紹介していくよ。

 

コーヒーをドリップする時間は3分以内

コーヒーは前半に抽出される部分に、美味しさのほとんどが含まれています

そのため、抽出に長い時間をかけすぎると美味しい成分以外の雑味や苦味の多い後半部分が多く抽出されてしまいます。

こうした美味しくない成分を抽出しないための目安時間が3分以内です。

3分以内ですか!?結構短いような気もしますが。

Tatsu

そうだね、でも3分以内であればほとんどの人はコーヒーの抽出が終わる時間ではあると思うよ。

次に、僕が毎日コーヒーを淹れるときの時間を紹介していくよ。

 

僕が自宅でコーヒーをドリップする時間

僕が毎日コーヒーを淹れるときのレシピは下記のような感じで、抽出時間は2分20秒〜30秒です。

ドリッパーはカリタのウェーブ155を使って抽出しています。

 

▼抽出レシピ

コーヒー豆:12g
お湯:180g   

▼抽出の時間内訳

  1. (0〜10秒)20gまで。
    蒸らし用のお湯を全体にゆっくりとかけます。
  2. (10〜30秒)
    コーヒ豆全体を蒸らします。
  3. (30〜1:10秒)2投目、90gまで。
    中心から全体にゆっくりとお湯を注ぎます。
  4. (1:10〜1:30秒)
    全体のお湯が落ちきるまで待ちます。
  5. (1:30〜1:50秒)3投目、180gまで。
    2投目より早めに全体にお湯を注ぎます。
  6. (1:50〜2:20秒)
    抽出が終わるまで待ちます。
    全て落ち切ったら完成です。

ひょえー。ここまで細かく測る必要があるんですか?

Tatsu

文にするとなんだかすごく細かく感じられるね。

実際には、この時間までにどのくらいお湯を注げばいいかを決めておくだけで大丈夫だよ。

 

上記のレシピは一杯ぶんなので、杯数が増えるごとに+20秒くらいかかります。

3杯以上だと3分超えることもありますが、そういうときは途中でドリッパーを外して淹れたい量までお湯を足すと良いですよ。

 

ドリップする時間を測るには?

コーヒーをドリップする時間を測るにはタイマーを使いましょう。

スマホや時計のものでも良いですか、最近は重さを測るスケールにタイマーが付いたコーヒー用のスケールも販売されています。

コーヒーをドリップするなら量を測ろう!最高のコーヒーライフを楽しむの記事で紹介しましたが、オススメはHARIO(ハリオ)のコーヒースケールです。

 


ハリオのコーヒースケールは、ディスプレイに重さと一緒に時間も表示されるスグレモノ。

美味しいコーヒーをドリップするなら欠かすことのできないアイテムです。

重さと一緒に時間が測れるなんて、めちゃめちゃ便利なスケールですね!

Tatsu

そうだね。ハリオのコーヒースケールはプロがお店で使っていることも多いから、信頼性も抜群だよ!

 

まとめ コーヒーはドリップする時間を測ることで美味しくなる!

自宅のコーヒー美味しく淹れるのに時間を測ることはとても重要です。

時間を測ることでコーヒーが美味しく淹れられるだけでなく、何度も同じ味のコーヒーを淹れる再現性も高くなります。

Tatsu

コーヒーをドリップする時間を測ると、同じ味のコーヒーを淹れるのも簡単になりますよ。

せっかくコーヒーを淹れるなら、毎日美味しいコーヒーを淹れたいものですよね。

 

そのためにはハリオのコーヒースケールのような、重さと時間を測れる便利なツールを検討してみるのも良いでしょう。

自宅で飲むコーヒーをより楽しむために、今日からコーヒーをドリップする時間を測ってみてくださいね!

この記事が、あなたのコーヒライフをより良くするためのお役に立てば幸いです。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>コーヒーをドリップするなら量を測ろう!最高のコーヒーライフを楽しむ

>>家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

>>コーヒーは淹れ方の種類で味が違う?4種類の淹れ方の違いをまとめて紹介する

スポンサードリンク