【コーヒーの淹れ方】コツを5つ掴むとドリップコーヒーはもっと美味しくなる

Satoshi

自宅でコーヒーを淹れてるけど、お店みたいに美味しくない…。

使ってる道具は似たようなモノだし、なにかコーヒーを美味しく淹れるコツがあるのかな。

 

こんにちは。バリスタのTatsu(@zabutonletter)です。

自宅でこだわり丁寧にドリップするコーヒー。めっちゃ素敵ですよね。

自分用にはもちろん、家族や友達に淹れるときも楽しい!

でも一方で、こんな悩みがあったりしませんか?

「自分の淹れたコーヒーは何か物足りない…」

「もう少し美味しくコーヒーを淹れたい…」 

Satoshi

確かに、コーヒーショップで飲むコーヒーと自分が淹れたコーヒーはなにか違うんですよね。

使ってる道具は同じようなモノに見えるんですけど。

Tatsu

コーヒーショップで使ってる道具は市販のモノと同じものだからね。

もしかしたらその違いは、簡単なコツを知るだけで改善することができるかもしれないよ。 

 

そこで今回の記事では、コーヒーを美味しく淹れるコツを5つ提案します。

  1. 余熱」でコーヒーの温度を暖かく。
  2. 蒸らし」の時間を丁寧に。
  3. コーヒーの「抽出」は最後まで。
  4. 豆を「挽く」のは直前に。
  5. 量と時間を「計る」こと。

 

「自宅で淹れるコーヒーをレベルアップしたい」

「自宅のコーヒーをお店の味に近づけたい」

という方、興味があれば是非そのまま読み進めて見てください。 

きっと、あなたの淹れるコーヒーがもっと美味しくなるコツが掴めるはずですよ。

 

コーヒーを美味しく淹れる5つのコツ

コーヒーを淹れる道具に特別なものはありません。

お店で使う道具も家庭用と全く同じ。

そのため、自宅で淹れるコーヒーがお店の味と違うのは「きっと自分の技術が足りないからだ…」と思い込んでしまう方も多いようです。

 【お店のコーヒー】
➡️さすがプロだ!自宅で淹れるコーヒーとは味が違う!

自宅のコーヒー
➡️お店のコーヒーに比べるとどうも今ひとつだな、やっぱり自分の技術が足りないのだろうか

しかし、そんな事はありません。

おそらく、あなたが知らないのはちょっとしたコーヒーを淹れるコツ。

そしてこのコツを掴めば、あなたが自宅で淹れるコーヒーはいち早く美味しくなるはずです。

  1. 余熱」でコーヒーの温度を暖かく。
  2. 蒸らし」の時間を丁寧に。
  3. コーヒーの「抽出」は最後まで。
  4. 豆を「挽く」のは直前に。
  5. 量と時間を「計る」こと。
Satoshi

自宅のコーヒーが美味しくなれば、毎日飲むのがもっと楽しみになりそうですね!

 

それでは、コーヒーを美味しく淹れるコツを5つご紹介していきます!

 

コツ①ドリッパー・サーバーは予熱しておく

コーヒーを美味しく淹れるコツ。ひとつめはドリッパー・サーバーを予熱しておくこと。

予熱しておくことで淹れたコーヒーの温度が下がらずに、より熱い状態で楽しめます。

また、フィルターにも同時にお湯をかけることで紙の匂いをとる効果もあります!

Satoshi

予熱をする時のお湯はフィルターの上から注いで湯通ししましょう。

 

コーヒーは冷める過程で味が変化する

予熱しておくと、冷める過程でコーヒーの味の変化をより楽しむことができます。

【熱い】➡️【冷める】
苦味→甘味→酸味・風味 

このように、コーヒーは冷める過程で感じる味も変化します。

温度変化による味の違いは、コーヒーを楽しむひとつの大きなポイントですね。

 

オススメのコーヒーサーバーは?

KINTO(キントー)コーヒーサーバー

抽出後にぐるぐる回しても大丈夫(味を馴染ませるためです)、見た目も可愛らしいモデルです。

 

コツ②蒸らし時間は丁寧に。

ドリップで始めに取る時間が蒸らしです。蒸らしの時間はコーヒーの味を大きく左右します。

蒸らしはいわばコーヒーを抽出するための準備運動です。

蒸らしのお湯を注ぐときは全体に均等に丁寧に注ぐようにしましょう。

この蒸らしのお湯の注ぎ方で、この後抽出するコーヒーの味が左右されます。

均等に全体に注ぐ
➡️コーヒーの成分が満遍なく準備ができる

【かたよって注ぐ】
➡️コーヒーの成分が均等に抽出されない

 

コーヒーの焙煎度で蒸らしを変えよう

また、コーヒー豆の焙煎度によって蒸らしの方法は変えましょう。

焙煎度による蒸らし方の変化は下記のもの。

【豆の焙煎度による蒸らし方の変化】

深煎り→変化なし
中煎り→変化なし
浅煎り→蒸らしの時にかき混ぜる 

浅煎りのコーヒーは、蒸らしの時間中にかき混ぜてあげると美味しくなります。

浅煎りのコーヒー豆は硬いので、普通にお湯を注ぐだけだと奥の奥までお湯がなかなか浸透しません。

それがかき混ぜることでお湯がコーヒー豆の奥まで浸透するので、コーヒーの抽出がよりしっかりとできるようになります。

Satoshi

浅煎りコーヒーは蒸らす時にかき混ぜる?どのくらいするのがいいんですかね?

Tatsu

かき混ぜる時はお湯をヒタヒタになるまで注いで、スプーンでシャカシャカ混ぜてオーケーだよ。

 

浅煎りコーヒーを淹れた時に味が少し物足りないときは、かき混ぜてみると味が結構変わりますよ!

蒸らしのお湯を注ぐ時には、お湯の流れをコントロールしやすいコーヒーケトルを使って均等に注ぎましょう。

 

オススメのドリップケトルは?

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル フィット

ハリオの従来モデル、ヴォーノよりも注ぎ口が改良され、お湯切れ抜群です。

 

 

コツ③コーヒーは最後まで抽出する?

今現在多く流通している高品質なスペシャルティコーヒーは、豆自体に雑味や余計な成分はありません。

むしろ、コーヒー豆の持つ個性を感じるためには、全ての成分を抽出するのが好ましいとも。

コーヒー豆の持つ風味を最大限に引き出すために、コーヒーは最後まで抽出した方がいいんです。

Satoshi

ドリップコーヒーは最後に残ったコーヒーは淹れないのが常識じゃないんですか!?

Tatsu

それは、昔のコーヒー豆が美味しくなかった時代の名残りだよ。

 

抽出の後半部分で味を補足する

コーヒーの抽出は大きく分けて2段階。

【前半部分】
コーヒーの美味しい成分がほとんど含まれている。コーヒーの味を決める部分。

後半部分
コーヒーの成分はほとんどなく、前半部分の味を補足する役割

コーヒーの抽出で、主な部分は前半部分で終わっています

しかし、その味は濃すぎるため、コーヒーの味としてはバランスを欠き、美味しくありません。

その味をカバーするのが後半部分です。そのため、コーヒーは最後まで抽出した方がバランスが良く美味しくなるんですね!

 

コツ④時間と量を計って正確に淹れる

コーヒー豆の量や抽出するコーヒーの量や時間を正確に測ることは、美味しくコーヒーを淹れるコツの中でもとても大事なことです。

量や時間を測ることは、美味しいコーヒーを繰り返し淹れるための「再現性を高める意味」もあります。

一方で、コーヒーの味を変えたいときにも、量や時間を変えることでコーヒーの味を調整しやすいでしょう。

【コーヒーの味を濃くしたい・苦味を強く出したい】
➡️コーヒー豆の量を増やす・抽出の時間を伸ばすアプローチ

【コーヒーの味を薄くしたい・あっさりとしたコーヒーを淹れたい】
➡️コーヒー豆の量を減らす・抽出の時間を短くするアプローチ

このように、量と時間を計ることでコーヒーの味を調整することが可能です。

狙った味を自由に再現するためにも、コーヒーの量と時間を計るのは欠かせないことです!

 

オススメのコーヒー用スケールは?

HARIO(ハリオ) V60 ドリップスケール

量と時間を同時に計れるスグレモノ、コーヒー抽出には欠かせないです。

 

コツ⑤コーヒー豆は淹れる直前に挽く

コーヒー豆は淹れる直前に挽きましょう

淹れる直前に挽いたモノとお店で挽いてもらったモノでは、淹れたコーヒーの味の違いは一目瞭然です。

淹れる直前に挽いたコーヒー豆
味のバランスも良く、風味や酸味も鮮明に出る

【お店で挽いてもらったコーヒー豆】
→直前に挽いたものと同じような味だが、全体的にボヤけた味の印象

 

コーヒー豆は挽いてからの劣化のスピードが早い

これらの味の違いは、特にコーヒー豆を買ってから一週間もすればとてつもなく大きなものになります。

コーヒー豆には揮発性(空気に触れるとなくなってしまう成分)の成分が多く、挽いて表面積が大きくなるとすぐに香りや味の成分が飛んでいってしまうんですね。

コーヒー豆は淹れる前に挽きましょう

Satoshi

淹れる前に挽くですか、コーヒーミルは手動と電動だとどっちがいいんですか?

Tatsu

出来れば電動がいいけど、僕は手動のコーヒーミルでゴリゴリしてるよ。

 

オススメのコーヒーミルは?

Porlex (ポーレックス)の手動式コーヒーミル

手でゴリゴリとコーヒー豆を挽く感触は、手動式のコーヒーミルならではです。

 

【実践】淹れ方のコツを踏まえてコーヒーを淹れてみよう

これまでに紹介してきた5つのコツを踏まえてコーヒーを淹れれば、あなたのコーヒーは2倍、3倍に美味しくなっているはずです。

では、実際にコーヒーを淹れてみましょう!今回は一杯分約150mlのコーヒーを淹れていきます!

 【コーヒーのレシピ】

  • コーヒー豆 12g
  • お湯 180g

※出来上がり約150〜160mlのコーヒーになります。

【コーヒーを淹れる手順】

  1. コーヒー豆を挽く
  2. ドリッパー・サーバーを湯通しして予熱する
  3.  お湯を注いでじっくりと蒸らす
  4. お湯を全体に注ぐ
  5. 最後までコーヒーを抽出します。

 

①コーヒー豆を挽く

コーヒー豆は、淹れる直前に挽くのがコツです。

挽いている間にお湯を沸かします。

 

②ドリッパー・サーバーを湯通しして予熱する

ドリッパーの上からお湯を注ぎ、フィルター全体に行き渡るように注ぎます。

ドリッパーとサーバーを予熱しておくのも、コーヒーを美味しく淹れるコツ。

ついでに、ペーパーフィルターの臭いも取り除きます。

 

③お湯を注いでじっくりと蒸らす

コーヒーを美味しく淹れるコツ、蒸らし。

丁寧にお湯を注いで、コーヒー豆に均等にお湯が行き渡るように注いでいきます。

今回は中煎りのコーヒーなので、蒸らしの時には混ぜません。蒸らしの時間は30秒です。

 

④お湯を全体に注ぐ

中心から外側にお湯を注いでいきます。

ドリッパー内のお湯の水位を一定に保ちましょう。

注湯量の180gまでお湯を注ぎます。

 

⑤最後までコーヒーを抽出します。

ドリッパー内のコーヒーが最後に落ちきるまで放置しましょう。

最後まで落ちきったら至福の一杯の完成です!

 

飲む前に中を混ぜることもお忘れなく。

抽出の時間は2分30秒〜3分以内を目標にしましょう。この時間内に抽出が完了するように淹れるのがコツです。

それ以上時間をかけると変な苦味や渋味がでる原因になりますので要注意!

Satoshi

やー、この記事で見てきたコーヒーを淹れるコツを実践したらホントに美味しいコーヒーが淹れられそう!

Tatsu

コーヒーは淹れるコツを抑えると、その味もガラッと変わるよ。

 

最後に

コーヒーを淹れるコツを実践することで、毎日のコーヒーがお店の味に近づきます。

お店で淹れるコーヒーと自宅で使う抽出器具の差がなくなってきた現在。

淹れ方のコツを掴むだけで、味がグッとレベルアップするのは当然のことと言えるかもしれません!

Satoshi

お店の味が家で出せるなんて!よーし燃えてきたぞー!!

Tatsu

コーヒーは淹れ方次第でいくらでも美味しくなるよ!味の追求もコーヒーの楽しみの一つだね!

 

コーヒーは毎日を幸せにさせてくれる至福の飲み物。

その一杯をより美味しくするためのコツを、この記事には散りばめてきました。

是非ご自宅で淹れるコーヒーをワンランクアップさせるために、今回の記事を参考にし てみてください。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>家で淹れるコーヒーを特別な一杯にするために意識したい7つのこと。

>>コーヒーは淹れ方の種類で味が違う?4種類の淹れ方の違いをまとめて紹介する

>>【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

スポンサードリンク