滑らかシルキーな、美味しいスチームミルクを作るコツ

Satoshi

ラテやカプチーノのためにスチームミルクを作りたい!でも、何回やってもなかなか上手くできないのはなぜだろう?シルキーなスチームミルクを作るコツがあるのかな?

 

こんにちは、バリスタのTatsuです。

スチームミルクは、ラテやカプチーノなどのコーヒーを作るときには欠かせない重要な要素。

これらのコーヒーの味は、スチームミルクの質に掛かっていると言っても過言ではありません。

美味しいエスプレッソを淹れたとしても、スチームミルクがボゾボソとしたものでは口当たりも良くなく、美味しいコーヒーにはなりません。

Satoshi

それはわかるんですけど、でも、スチームミルクを作るのが難しくて…。

 

スチームミルクを作る工程自体は2つ。「空気を入れる」「撹拌(かくはん)する」です。

そしてこれら2つの手順を問題なく行えば美味しい、キメの細かい、甘ーいスチームミルクが出来上がります。

今回の記事では、スチームミルクの作り方に苦戦している方に向けて、スチームミルクを作るコツを丁寧に解説。

最後まで読めば、きっとその後のスチームミルクのクオリティはググッとレベルアップするはずです。是非、参考にしてみてください!

 

 

 

スチームミルクを作るコツは「撹拌(かくはん)」にアリ

スチームミルクを作るときの手順は2ステップ。「ミルクに空気を入れる」「ミルクを撹拌する」です。

この内スチームミルクを作るときに大切なのは「撹拌」。スチームミルクは撹拌に時間をかければかけただけ、美味しく、滑らかでシルキーなミルクになります。

スチームミルクを上手く作るには最初の工程「空気を入れる」をいかに短くするか、いかに撹拌に時間をかけられるかにかかっています。

 【上手に、滑らかなスチームミルクを作るコツ

空気を入れる時間→できる限り短くして

撹拌する時間→できる限り長くする!

 

スチームミルクに空気を入れる時のコツ

スチームミルクを作る最初の手順、空気を入れる時のコツは2つ。

「開始から3秒で空気を入れ終わること」「大きな泡を入れないこと」です。

 

空気を入れるときのコツ①)開始から3秒で空気を入れ終わること

美味しく滑らかなスチームミルクを作るコツは、いかに撹拌の時間を作るかにかかっています。

そのため、空気を入れる時間はできるだけ短く、開始から3秒以内に入れ終えてしまうのを目指しましょう。

逆に3秒以上ミルクに「チリチリ」と空気を入れ続けてしまうのは長すぎると言えます。

空気を入れすぎたスチームミルクはもったりとして口当たりも悪くなってしまいがち、可能な限り短い時間で、手早く空気を入れましょう。

 

空気を入れるときのコツ②)大きな泡を入れないこと

ミルクに大きな泡を入れてしまうと、その泡を細かくするのにも時間を使います。

そのため、スチームミルクには「ボコッ」という音で入る大きな泡は入れないようにしましょう。できる限り「チリチリチリ」という音で入る細かな泡を入れるイメージで。

細かな泡なら撹拌でよりキメの細かい、シルキーなミルクに仕上げることが可能です。

Satoshi

ミルクに空気を入れるときは手早く、細かい泡だけを入れるイメージですね!

Tatsu
そうそう、撹拌の時間を長く取るために、いかに効率よくミルクに細かい泡を入れていくかが、スチームミルクの美味しさの分かれ目だよ!

 

スチームミルクを撹拌する時のコツ

スチームミルクを作るコツ、撹拌をする時のポイントは2つ。

「ノズルの先端はほぼ液面」「液面まで常に対流していること」です。

 

撹拌のコツ①)ノズルの先端はほぼ液面

スチームミルクを撹拌する時のノズルは、液面のすぐ下です。

よく本を読むとノズルは液体の中に沈めると書いてありますが、あれは大きな間違い。

ノズルを液体の中にガッツリ沈めてしまうと全体に均等に蒸気が行き渡らず、縦の回転が起こってゴワゴワとした質感のミルクに。

ノズルの位置は、液面からすぐ下の位置をキープしましょう。

 

撹拌のコツ②)液面が常に対流していること

液面が全く動かない状態でスチームしていると、ミルクの質感はトロトロになりません

エスプレッソマシンからは、かなりの勢いで蒸気が出ています。

にも関わらず、液面が動かない状態なのは適切に撹拌ができていない証拠。

ピッチャーを上から見たときに、キレイな渦ができている状態が良いスチームミルクの成功例です。

Satoshi

ノズルの先端は液面近く!?参考書に書いてあったことと違う…!

Tatsu
ノズルを沈めると、上と下のミルクの状態が違ってしまうんだ。スチームするときは、全体に均等にエネルギーが加わるスポットを見つけるのが鍵だよ!

 

スチームミルクを作るコツはピッチャーを変えること?

スチームをするためのピッチャーにはステンレス製のものと、表面にテフロン加工が施されたものがあります。

このピッチャーを変えることでも、スチームミルクの質を改善することができます。

具体的に言えばステンレスのものよりも、テフロン加工のものの方が、よりシルキーな質感のミルクが出来やすいです。

 

テフロン加工のピッチャーが良いのはなぜ?

テフロン加工のピッチャーの表面はツルツルとしていて、スチームをするミルクの滑りが良くなります

滑りが良くなるということは、撹拌することがよりスムースにできるということ。

その結果、テフロン加工されたピッチャーで作ったスチームミルクは、シルキーで滑らかな質感のものになるんです。

ピッチャーを変えるのも、美味しく滑らかなスチームミルクを作るコツと言えるでしょう。

Tatsu
とはいえ、慣れや好みもありますのでこの辺は個人の嗜好で良いかと。僕はどちらも使ったことがありますが、ステンレスのピッチャーの方が使いやすいと感じました。

 

ステンレスのピッチャーはシルバーのもの

ラトルウェア ミルクピッチャー

底にRW(ラトルウェア)の刻印が入ったプロ仕様、厚みがありスチームには最適のピッチャー

 

テフロン加工のものは黒色のものです

Melitta(メリタ) テフロン加工 ミルクピッチャー

滑りの良いテフロン加工、質感の良いミルクを極めるなら

 

【ご家庭向け】スチームミルクを作るコツは家庭用でも同じ?

家庭用のマシンもスチームミルクを作るコツに注意すれば、美味しくシルキーなミルクを作ることが可能です。

しかし、家庭用のマシンはスチームの圧力が不安定で弱いことがあります。

そのため、ミルクの状態に合わせて適切なローリングスポット(撹拌できる位置)にノズルを移動するようにすると良いかと。

常に表面に対流が起きている状態を維持できれば、お店にも負けないレベルのスチームミルクを仕上げることも可能ですよ!

Satoshi

おー!自宅でお店レベルのミルクが作れるのはテンション上がりますね!

Tatsu
家庭用のマシンはスチームの圧力が安定しづらい。「しっかりと攪拌することができるポイント」を探すことが、滑らかなスチームミルクを作るコツだよ!

 

家庭用のエスプレッソマシンでも、美味しいミルクは作れます

デロンギ デディカ

スタイリッシュな見た目の家庭用エスプレッソマシン、お家で本格ラテやカプチーノを楽しむなら。

 

まとめ スチームミルクは作るコツをつかむと美味しくなる

エスプレッソの味を最大限に引き出すのが、スチームミルクの役割

また、キレイなラテアートをするためにも、シルキーで滑らかなミルクを作ることは欠かせません。

今回の記事には、そんな時に役立つように滑らかなスチームミルクを作るコツを散りばめてきました。

Satoshi

今回読んだ方法を実践すれば美味しく滑らかなスチームミルクが作れるんだ!

Tatsu
これらのコツを抑えれば、スチームミルクの質はうなぎのぼりするはずだよ!

 

今回紹介してきたスチームミルクを作るコツは、自宅用、業務用共に使える技術です。

美味しいコーヒーはその日一日をハッピーにする。そのための助けになれば幸いです。

是非参考にして美味しいカフェラテ、カプチーノを作ってみてくださいね!それでは。

 

この記事の関連記事はこちらから

>>【初心者向け】エスプレッソの淹れ方を1から10まで徹底解説します

>>手網焙煎にハマる!!コスパ抜群にスペシャルティコーヒーを楽しむ方法

>>オシャレなコーヒー器具はRIVERS(リバーズ)!見た目にこだわる器具選び

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。