【初めの一歩】コーヒー器具の選び方と人気のアイテムまとめ

Satoshi
自宅でコーヒーをドリップしたいけど、なにが必要なのかいまいちわからない。自宅でドリップコーヒーを始めるにはなにが必要なんだろう。

 

こんにちは、バリスタのTatsu(@zabutonletterです。

コーヒーをドリップで淹れて楽しみたい。そう考えたときにまず必要になる器具は3種類。「ドリッパー」「サーバー」「コーヒーケトル」です。

これらの器具があれば、自宅でドリップコーヒーをカンタンに淹れることができます。しかし、これらの器具にもそれぞれ種類がありますし、その違いはわかりづらいかもしれません。

かくいう僕も、自宅でコーヒーを淹れ始めたときはちんぷんかんぷん、右も左もわかりませんでした。

 

そこで今回の記事では、自宅でコーヒーをドリップするために必要な器具をご紹介します。

これらの器具の選定基準は2点、機能性とオシャレさです。機能はもちろんデザインにもこだわりたい。そんな方も多いでしょう。

これから自宅でドリップコーヒーを淹れてみたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

自宅のコーヒー器具に、まず揃えたい3種類

コーヒードリップに必須の器具で、まず揃えたいのは3種類。

コーヒーを抽出するために使う「ドリッパー」。抽出したコーヒーの受け皿「サーバー」。そしてコーヒーを美味しくするために欠かせない「コーヒーケトル」です。

Satoshi
ドリップコーヒーを始めるのに、まずはこれら3つの器具が必要なんですね。
Tatsu
そうだね、まずはこの3つがあれば、自宅でドリップコーヒーを淹れることができるよ!

 

コーヒー抽出の要:コーヒードリッパー

via:HARIO

ドリッパーの種類は本当にさまざま。定番の台形型、円すい型。素材もプラスチックからセラミック、ガラスや陶器まで多種多様です。

そんなたくさんあるドリッパーの選びかたは完全に好み。

というのも、コーヒーの味の好みは人それぞれ、「このドリッパーを使えば、誰でもおいしいコーヒーが淹れられる」というものでもありません。

そのため、選ぶドリッパーは自分が出したいコーヒーの味に、一番近いものが淹れられる特徴のものを選びましょう。

 

濃く、深く、まったりとしたコーヒーが好きなら

コーヒーの焙煎香や、深い苦味が好き。ハッと目が覚めるようなコーヒーが好きなら、僕のオススメドリッパーはメリタの台形、ひとつ穴のドリッパーです。

メリタの特徴は、底についた小さなひとつ穴。コーヒーの抽出に時間がかかるため、濃く深みのある深煎りのコーヒー豆との相性はバツグンです。

秋の夜長に読書のお供。メリタが生み出すコーヒーの味は、そのパートナーにピッタリです。

 

 

 

サッパリ、アッサリ、軽い口当たりのコーヒーが好みなら

軽めでシャキッと、朝のお供に最適な軽めのコーヒー。そんな軽めのコーヒーが好きな方にはハリオの円すい型ドリッパー「V60」がオススメです。

V60の特徴は底に空いた大きなひとつ穴。ひとつ穴からの抽出スピードは早く、アッサリとしたコーヒーを淹れるのに最適です。

ちなみにV60の素材はプラスチックや陶器、ガラスがありますが、僕がオススメするのは、圧倒的にガラス製。

見た目のオシャレさと、抽出中に見えるコーヒーの流れは毎日の癒し。僕も朝のコーヒーはこのV60を使っています。

 

 

 

 

風味を引き立てる、バランス重視のコーヒーを淹れたい

コーヒーの風味を最大限引き出すなら、カリタのウェーブシリーズを選びましょう。ウェーブドリッパーの特徴は波打った独特のペーパーフィルター。

適度に抽出、非抽出をする構造と底に空いたウェーブゾーンがバランスよく、風味の際立ったコーヒーを抽出します。

素材はガラスとステンレス、新潟県燕市の職人が作り出す美しい「TSUBAME」モデルもオススメです。

 

 

 

▼新潟県燕市のハンドクラフト、「Made in TSUBAME」

 

抽出したコーヒーの受け皿:コーヒーサーバー

via:KINTO

サーバーは、ドリッパーから抽出されたコーヒーの受け皿。

コップでも代用可能ですが、サーバーがあると複数杯淹れるときに重宝します。

また、ひとりぶんでも淹れた後に、なかで味を馴染ませるのもラクラク。あればドリップコーヒーが一段と美味しくなりますよ。

 

透けるガラスが美しい!ハリオのガラスサーバー

ドリッパーの定番であるハリオのV60。そのV60の、サーバーモデルがコチラです。

ハリオはもともとガラスメーカー。そのため、ガラスの質の高さや見た目の美しさはズバ抜けています。

見た目の美しさもさることながら、冷めたコーヒーを温め直す電子レンジ対応機能や、フタがドリッパーの受け皿になっているなど。細かい配慮が見受けられるのも、隠れた魅力です。

 

 

KINTO(キントー)の、まんまるコーヒーサーバー

ぽってりとしたフォルムが愛らしい、キントーのガラスサーバー。

薄めのガラスと一体型の持ち手。さりげなく主張しない、コーヒーの量がわかる「小さな丸印」など。かゆいところに手が届く、お手本のようなコーヒーサーバーです。

初めてのドリップコーヒーに、機能的でオシャレなキントー製はオススメです。

 

 

狙ったところにお湯をスルスル注ぐ:コーヒーケトル

via::KINTO

スルスルと狙ったところに、落とすようにお湯が注げるコーヒーケトルは、ドリップコーヒーの必須アイテム。

選ぶときのポイントは、グースネックと呼ばれる注ぎ口の形状とお湯切れのよさ。各社こぞってコーヒーケトルを販売していますが、その特徴はまたそれぞれ。

選ぶ基準も人それぞれですが、僕は主に、デザインも含めて考えてみるのがよいかと。

 

これも定番!ハリオのコーヒーケトル ヴォーノ

ハリオの製品はさすが!というだけあって、使い勝手はバツグンです。僕も基本的にはこのヴォーノを使って毎日のコーヒーを淹れてます。

ハリオのヴォーノはグースネックの角度、お湯切れのよさ、共に100点レベル。

見た目もオシャレなので、キッチンのインテリアに合わせるのもやりやすいです。ステンレスとか、アルミの素材と相性バツグン。

 

 

▼デザインの好みで、こちらのフィットも選択肢に

 

世界のプロが選ぶ電気のケトル bonaVITA(ボナヴィータ)

狙った温度に沸くケトル。ボナヴィータはコーヒーの本場、シアトルの会社です。そんなボナヴィータの電気ケトルは60℃〜100℃まで、狙った温度にお湯を沸かすことが可能。

コーヒーの味は温度で決まる。そういわれることもあるくらい、コーヒーの味にお湯の温度は大きく影響します。

こだわりが深くなったらボナヴィータ。お値段は高めですが、一生に一度は手に取りたい。プロユースの本格コーヒーケトルです。

 

 

 

プラスアルファで揃えたい、コーヒー器具2種類

ドリッパーとサーバーとケトルと…。とりあえず、ここまで揃えれば自宅でのコーヒードリップの準備は万端です。

しかし、もっともっとコーヒーの味にこだわりたい。

そう思ったときに検討したいのが、コーヒー豆を挽くための機械、「コーヒーミル」と、コーヒーの重さと時間を測る「コーヒースケール」です。

 

コーヒ豆の風味を活かす、コーヒー豆を削る器具:コーヒーミル

via::T-SITE

コーヒーの味は鮮度が9割。市販されているコーヒー豆は生鮮品。時間の経過と共に、その味は確実に変化していきます。

焙煎から時間がたったコーヒー豆は、本来の風味が損なわれ美味しく飲むことができなくなることも。それは、挽いたコーヒー豆ならより明確に現れます。

コーヒー豆の変化を防ぐためには、コーヒー豆は豆のまま買って、淹れる直前に挽きましょう。これが家で飲むコーヒーを美味しくする、最も大切なコツです。

 

手動でゴリゴリ ポーレックスのハンドミル

コーヒー豆の質感が、手にジンジンと伝わる。手動でコーヒー豆を挽く「ハンドミル」なら、ポーレックスが圧倒的にオススメです。

セラミック製の挽き刃はサビづらく、手洗い可能で清潔。コーヒー豆の粒度も、カチカチとハンドルを回せばカンタンに調節が可能です。

手動のコーヒーミルの魅力は、コーヒー豆を挽くときにかかるその手間ひま。ゴリゴリと豆の焙煎度によって異なる挽きごたえは、コーヒーを淹れる儀式をより深く楽しいものに昇華させてくれます。

▼容量20gのミニサイズ

 

▼容量30gのノーマルサイズ

 

電動で手早く、プロユースのカリタ ナイスカットG

電動型のコーヒーミルの魅力は、その挽く速さとコーヒー豆の粒度の均一性。そんな電動型のコーヒーミルのオススメはカリタの「ナイスカットG」です。

ナイスカットGは旧モデル、「ナイスカットミル」の後継機。コーヒー専門店のプロも愛用するほど品質の高いコーヒーミルです。

ナイスカットGで挽いたコーヒー豆と市販の挽き豆を比べてみると、香りや風味の違いは歴然。こだわるなら電動式コーヒーミル、「ナイスカットG」が最強です。

 

 

時間と量を正確に測る:コーヒースケール

コーヒーを淹れるのに、量を測るのが必要?その必要、じつはおおいにあるんです。コーヒー豆をはじめとして、コーヒーの淹れかたにも「レシピ」があります。

コーヒーのレシピはコーヒー豆やお湯の量、そして淹れるときの時間を表したもの。もちろん、コーヒーを淹れるのに絶対的に測る必要はありません。

しかし、自分で淹れるコーヒーの味を、一歩先に進めたい。そんなときには、量や時間を測るためのコーヒースケールは必要です。

 

時間と量を一括表示 ハリオのコーヒースケール

コーヒーの、量と時間をひとつのディスプレイにまとめて表示。これって大したことのないようで、じつはとても大きな衝撃です。

コーヒーをドリップするときは「蒸らし」の時間や2投目、3投目の目安になる時間の確認は必須。そのためにわざわざスマホを引っ張り出して、スケールの横に置くのはひと手間です。

見やすいディスプレイに、スっと収まったカウントアップのタイマーとグラムの表示。ハリオのコーヒースケールは、その機能をコンパクトにまとめ、なおかつコスパもバツグンなモデルです。

 

 

コーヒースケールの最高峰 acaia(アカイア)

時間と量の表示は当たり前。アカイアが目指すのはそれ以上に、コーヒーをさらに美味しくするためのこだわりです。

スマホアプリと連動したハイスペックなスケール、アカイアはバリスタの世界大会でも使われるもの。

お湯を落とした瞬間に反応する感度の高さと、アプリで取れるコーヒー抽出のログは感動モノです。自宅で淹れるコーヒーを追求したい、そう思ったときに選びたい、世界最高峰のコーヒースケールがアカイアです。

 

 

まとめ ドリップコーヒー、まずは3つの器具から揃えよう

自宅でコーヒーをドリップするのはたまりません。挽いたコーヒー豆にお湯を注いだときの香り、膨らみ泡立つコーヒー豆、ツツーと静寂に響くドリップの音。

これらのことを体験するのに、たくさんの器具は必要ありません。自宅でコーヒーをドリップするための器具はまず3つ。

「ドリッパー」「サーバー」「コーヒーケトル」。これらを揃えれば、自宅で本格的なドリップコーヒーの始まりです。

Satoshi
まずはこの3つの道具から、自宅でドリップコーヒー!最高だなあ…。
Tatsu
コーヒーはこだわると本当に奥が深いよ、でも楽しむのが一番大切。そのために必要な器具はまず3つだね。

 

もっと味にこだわりたい、レシピを変えて味の変化も楽しみたい。そんなときは「コーヒーミル」と「コーヒースケール」の購入を検討してみるのがよいでしょう。

自宅で淹れるコーヒーは格別です。朝のコーヒー、夜のコーヒー、休日のコーヒー…。

時間や予定に合わせた最適なコーヒーを。深い深いコーヒー体験の入り口へ。そのための道しるべに、今回の記事がなれば幸いです。

 

関連:自宅で美味しくコーヒーを淹れるコツ

自宅で美味しくコーヒーを淹れる。そのために大切なのは少しの手間ひま。その手間が、コーヒーに与える味の変化はとても大きいです。

この記事では、自宅でカンタンに実践できる、コーヒーを美味しく淹れるための5つのコツを紹介しています。

これからコーヒーライフを始める人にも、ぜひ読んでもらいたい内容です。よろしければご一緒にご覧ください。

>>【コーヒーの淹れ方】コツを5つ掴むとドリップコーヒーはもっと美味しくなる

 

◼︎Twitter発信もしています。フォローしてもらえたら嬉しいです!

>>TatsuのTwitterアカウントはこちらから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。