オーストラリアワーホリで貯金はできる?実体験から解説する!

こんにちは、オーストラリアのワーホリ経験者のタツヒトです。

海外で1年〜2年の時間を過ごすワーホリ、そんなワーホリで必要な資金の貯金や貯金するためのコツ、またワーホリ中に貯金ができるのか、その実体験を書いた記事がコチラです。

特に僕が滞在していたオーストラリアは給料が高いことで有名な国です。貯金を目的にワーホリ制度を利用する方も多くいましたよ…!

Satoshi
ワーホリで貯金!?日本で貯めておく必要があるかなと思ったんですけど…、そうでもないんですかね?
Tatsu
ワーホリでいく国にもよるけど、オーストラリアなら貯金することは十分に可能だよ。

この記事では、まずワーホリに必要な貯金額や貯金のためのコツを解説、記事の後半ではワーホリ中に貯金ができるのか、貯金するためのコツを紹介していきます。

これからワーホリにいく方や貯金を目的にしている方は、ぜひ最後までじっくり読みこんでみてください…!

 

【40万円】ワーホリにいくために必要な貯金額

僕自身、オーストラリアのシドニーへワーホリにいった経験があります。

当時の貯金額はおよそ40万円でした。もちろんココから航空券や滞在費、生活費などを捻出しました。

その内訳は下記の通りです。

ワーホリビザ申請費用 36,000円(440ドル)
片道航空券 57,950円
海外保険(1年) 76,000円(931ドル)

上記の内訳は日本を出発する前に支払った金額です。合計はおよそ17万円ですね。

僕はオーストラリアで語学学校には通わず、すぐに仕事探しをしました。結果的には40万円の資金でも余裕で過ごすことができましたよ…!

Tatsu
もちろん、語学学校に通ったりする場合はこれ以上の金額が必要になります。より詳しい内訳などは下記の記事で紹介していますよ。

 

ワーホリ費用を効率的に貯金するなら

僕が用意したワーホリの資金は40万円です。世間的にみれば、40万円は資金としては少ない金額でしょう。

ですが、40万円でも貯金するとなると大変ですよね…。僕自身も働きながら資金を貯金したりしていましたが、やはり思った以上に貯まらず、なかなか苦労しました。

また、語学学校にも通ったりするとなると、これ以上の金額を貯金する必要があります。場合によっては100万円近く貯金したいという人もいるでしょう。

Tatsu
ワーホリ資金を貯金するなら、きちんと収入の管理をすることが必要です。

ここでは、貯金を効率的にするために意識したい3つのルールを紹介します。

貯金をするための3つのルール

  1. 目標金額を明確にする
  2. 使う前に貯金額を天引きする
  3. 収支を管理する

これからワーホリ資金を貯金したい、という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

①目標金額を明確にする

貯金を効率的にするために、まずするべきことは目標金額を明確にすることです。

ワーホリにいく時期を決め、その時期までに資金を用意するにはいくらずつの貯金が必要になるのか、しっかりと調べておきましょう。

こうすることで自然と貯金額は増えていくはずです。貯金をするならまずすることが、目標金額を明確にすることですね…!

 

②使う前に貯金額を天引きする

貯金するつもりのお金をつい使ってしまうこと、誰にでもありますよね。そんな事態を回避するには、あらかじめ貯金額を天引きすることです。

毎月の給料日に、すぐに貯金額を天引きしてしまいましょう。自動引き落としの口座を開設するのもおすすめです。

 

③収支を管理する

不思議なもので、お金に関する収支を管理するクセをつけておくと、自然と金銭感覚が身についてきます。

簡単なものでもよいですし、スマホで手軽に管理できるアプリを使うのもおすすめです。

僕のおすすめは家計簿アプリの“Zaim”です。使いやすさはもちろんですが、レシート読み込みなどの機能も充実していますよ…!

 

ワーホリ資金を一気に貯金するなら“リゾートバイト”

前章ではワーホリ資金を効率的に貯金するためのポイントを紹介してきました。

ですが、ワーホリにいくと決めてから、数ヶ月や年単位での期間を貯金に充てることはしたくないですよね…。できれば早めに行動に移したいところです。

そんなあなたには、リゾートバイトが圧倒的におすすめです。僕自身もワーホリ前にリゾートバイトをして貯金額を一気に増やしました。

Satoshi
リゾートバイトかぁ、観光地やリゾート地で働く住み込みの仕事ですよね?
Tatsu
そうそう、リゾートバイトは貯金をするのにうってつけの環境が揃っているから、ワーホリ前にも圧倒的におすすめだよ。

また、リゾートバイトは効率的に貯金ができるだけでなく、英語の勉強やワーホリ先でも活かせる仕事の経験、渡航先でも会える友達作りにも最高の環境です。

ワーホリ前のリゾートバイトについては、下記の記事で詳しく紹介しています。僕自身の体験談も書いてありますので、ぜひ一緒に読んでみてください。

 

ワーホリ中にも貯金はできる?

日本でガッツリ働いてワーホリ資金を貯金するのもアリですが、ワーホリ中にも貯金ができるかどうか、気になりませんか?

結論からいえば、ワーホリ中に貯金をすることは十分に可能です。

特に僕も滞在していたオーストラリアは賃金も高く、日本よりもむしろ貯金はしやすい環境にありました。

Tatsu
オーストラリアのワーホリなら100万〜200万円の貯金も十分に狙えますよ…!

とはいえ、それだけの金額を貯金するには時給のよい仕事をゲットしたり、貯金するためのそれなりの覚悟は必要になったりしますよ。

 

【具体的に】オーストラリアのワーホリで100万円を貯金するには

この記事を書いている今現在(2018年7月)、オーストラリアドルの相場は1ドル=80.53円です。

これを100万円分にすると12,406ドルになります。

つまりは毎月約1,000ドルを貯金できれば、1年間で100万円の貯金を達成することができます。

Tatsu
オーストラリアで1ヶ月に1,000ドルを貯金するのは、そう難しいことではありませんよ…!

オーストラリアでの生活費は、シェアハウスなどに住んでいれば1ヶ月で1,000ドルもあれば十分です。

1ヶ月に2,000ドル稼げれば、1年間で100万円の貯金は達成できますね!

Tatsu
ワーホリ中にどのくらい稼げるかの具体的な目安は、下記の記事で紹介しています。

 

具体例:僕の働いていた仕事で100万円貯金

では、ここで僕がワーホリで働いていた仕事を例に出して説明していきます。

僕がオーストラリアのワーホリ中にしていた仕事の詳細は、下記のとおりです。

【ワーホリ中の仕事の詳細】

  • ローカルカフェでバリスタの仕事
  • 時給は21ドル(手取りで 約17ドル)
  • 労働時間は7時半から6時まで(30分休憩の10時間労働)
  • 週5日勤務
Tatsu

給料や条件は、一般的なローカルカフェとそんなに変わらないですよ。

【給料の金額】

  • 1日の収入:17ドル × 10時間  = 170ドル
  • 1週間の収入:170ドル × 5日勤務 = 850ドル
  • 1ヶ月の収入:850ドル × 4週間分 = 3,400ドル
Tatsu
計算上ではこんな感じですが、実際には早上がりの日もあったり希望休をだしたりで、毎月の収入は3,000ドル前後でした。

ここから生活費として毎月1,000ドル引いたとしても、残り2,000ドルは手元に残ります。

まるまる貯金してしまえば、1年間でおよそ200万円を貯めることができますね…!

僕の場合は貯金が目的ではなかったので外食や娯楽にお金をたっぷり使ってしまいましたが、貯金の意志が固い人なら達成も不可能ではありません。

Tatsu
ワーホリで貯金も十分に狙えます、日本でガッツリ貯金してくる必要はないかもしれませんね…!

 

ワーホリで貯金するなら“かけもち”もアリ!

ワーホリで貯金にブーストをかけるなら、仕事のかけもちも大いにアリです…!

僕も実際にワーホリの後半には、カフェの仕事とジャパレスの仕事をかけもちしていました。

【かけもちの具体例】

  • カフェの仕事:7時30分〜18時 週5日勤務
  • ジャパレスの仕事:19時〜22時 週3日勤務

かけもちすることで、1週間の給料は130ドルほどアップしました。

1ヶ月でいえばおよそ600ドル、日本円で5万円近くの副収入になります。

1日3時間、週3日だけの勤務だったので負担も少なく、効率的に貯金にブーストをかけることができましたよ。

Satoshi
ワーホリで仕事のかけもち、契約とかややこしくなったりしないんですか…?
Tatsu
オーストラリアに関していえば、タックスジョブとキャッシュジョブのかけもちならややこしい問題はないよ。

タックスジョブとキャッシュジョブ、ぞれぞれの違いは下記の記事で紹介しています。

 

オーストラリアのワーホリ貯金!参考になる記事3選

ここまでは僕がワーホリ前に貯金した金額やその内訳、ワーホリ中に貯金をするコツなどを紹介してきました。実際に僕が経験した体験談です。

ですが、僕以上に参考になる貯金術を使ったツワモノは、まだまだわんさかいます…!

ここでは、そんなツワモノたちの参考になる記事を3つ厳選して紹介します。

 

こちらの記事には、オーストラリアのワーホリで貯金をした3人の実体験が掲載されています。

シティでの体験談やファームジョブでガッツリ稼いだ話など、さまざまな角度からワーホリでの貯金話が描かれており、どんな人でも参考にできる内容です。

ワーホリ中の3ヶ月で100万円を貯金したい!という人にはおすすめの、再現性が高い方法もありますよ…!

 

②FREESTYLE TRAVELER

こちらの記事の小田さんは、1週間になんと2000ドル=約16万円を稼いだという超ツワモノです。

その体験を基にした超具体的な方法を、現実的な解説ともに掲載しています。

これだけの金額を稼ぐには圧倒的な努力と覚悟が必要…。本気で稼いでやる!という人は、ぜひとも参考にしてみてください。

 

③coapinion

こちらの記事には、9ヶ月で150万円の貯金を達成したcoaさんの貯金の方法が掲載されています。

堅実で再現性も高そうな方法ですので、計画的に稼ぎたい人は参考にできますよ。

『ファームジョブでガッツリ働くのはちょっとな…』と考えている人には、特におすすめの記事ですね…!

 

オーストラリアワーホリで貯金はできる? まとめ

ここまでオーストラリアのワーホリ中の貯金についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

日本よりも時給が高いオーストラリアでは、貯金をしようと思えばがっつりすることも可能です。

一年間で100〜200万円、それ以上を目指すこともできるでしょう。

 

ですがせっかくワーホリで海外に来ているのですから、僕は楽しむことにお金を使うのは悪いことではないと思っています。

貴重な体験をしにきているわけですから、その時間を楽しむためのお金は使った方がいいかと。

とはいえ、貯金がしやすい国であることは確かなので、その辺はご自分の目的にあった楽しみ方で。

Tatsu

オーストラリアにワーホリで来る目的は人それぞれですからね、貯金がメインの目的であっても全然オッケーです!

 

ちなみにですが、日本で貯金をするなら僕のオススメはリゾートバイトです。

ワーホリの資金作りのために僕は働きましたが、生活費が0円で暮らせるリゾートバイトは貯金には最適の仕事かと。

関連記事:ワーホリ前にはリゾバを経験すること圧倒的にオススメする

 

この記事が何かしらお役に立てば幸いです。それでは。

 

この記事の関連記事はこちらから

関連記事:オーストラリアのワーホリ費用は40万円で十分!理由を解説します

関連記事:オーストラリアで自分の仕事を手に入れろ!仕事の探し方完全ガイド

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。