【手に職】コーヒーを仕事に!一生かけて追求したい、深い世界の入り口へ

Satoshi

コーヒーを仕事にしたい、でも知識もないしコーヒーの仕事にはどんなものがあるんだろう。仕事の種類ややりがいなんかも知りたいな。

 

こんにちは。バリスタをしていますTatsu(@zabutonletterです。

香り高く、風味豊かで甘味と酸味を感じるコーヒー。

コーヒーには生産国ごとの個性、焙煎の個性、そしてコーヒーを淹れる人の個性が大きく反映されます。

扱う人によって表情が変わるコーヒーは本当に魅力的。そんなコーヒーを仕事にできたら、幸せだと思いませんか?

Satoshi
コーヒーが好きなので、毎日コーヒーに触れながら仕事できるのは最高です。
Tatsu
僕もそう、仕事にしなくてもコーヒーは楽しめるけど、仕事にすればより楽しめるはずだよ!

 

今回の記事では、コーヒーの仕事についてお伝えしていきます。

コーヒーの仕事の種類や仕事内容の解説、また、これからコーヒーの仕事をしてみたいと考えている方に向けた、仕事探しの方法を紹介します。

魅力の詰まった一杯のコーヒー。コーヒーを仕事にしたい!というかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

コーヒーを仕事にしよう!

コーヒーは毎日の習慣。生活に欠かせないという人も多いでしょう。特に日本では、昔からこの習慣が根付いています。

よい感じの距離感で接してくれる喫茶店のマスターに、一杯一杯こだわって職人気質のコーヒー屋さん、毎日コーヒーの香りがする近所のコーヒー焙煎所など..。

かたちは違えど、そのすべてのきっかけはコーヒーから。コーヒーの仕事とは、このようにその業態やスタイルもさまざまです。

 

基本の考えは「Seed to Cup」

コーヒーの仕事をするうえで欠かせないものが、「Seed to cup(シード・トゥ・カップ)」という考え方です。

シード・トゥ・カップとはコーヒー豆の生産から焙煎、抽出して一杯のコーヒーになるまでの間の品質管理が一貫して徹底していることを表す言葉です。

一杯のコーヒーができるまでには、たくさんの人が関わります。そのすべての人が、品質に責任を持って美味しいコーヒーを作ること。

コーヒーの仕事をするのなら、このシード・トゥ・カップの一端を担う覚悟も必要になります。

Satoshi
コーヒーの仕事はたくさんの人が関わりあって成り立つ仕事。仕事にするなら、そのメンバーの一員になるようなものなんですね。
Tatsu
コーヒーはたくさんの手間や過程を経て、一杯のコーヒーになる。だからどの仕事をするにせよ、品質に責任を持つことも必要だね。

 

コーヒーの仕事の種類には何がある!?

最近では特に海外カルチャーの影響から、日本にもコーヒーのお店が増えてきました。

新しいスタイルのコーヒースタンドから小さなロースター、昔からある喫茶店まで、コーヒーの関わる仕事はさまざまです。

しかし、それらの仕事も元を辿れば仕事の種類はほぼ同じです。コーヒーの仕事の種類は主に下記の3種類。

  1. コーヒー豆の生産者
  2. コーヒーロースター
  3. バリスタ

 

コーヒーの仕事①:コーヒー豆の生産者

コーヒー豆の生産者は、日本ではあまり馴染みのない仕事です。それもそのはずで、コーヒー豆が生産される国は赤道の直下、コーヒーベルトに含まれる国のみ。

コーヒーベルトとは北緯25度・南緯25度。赤道周辺の地域を指します。コーヒーベルトに含まれる国の代表的なところはブラジル、グアテマラ、インドネシア、ケニアといったところ。

日本では現在、コーヒーベルトに含まれる沖縄でコーヒーの栽培がおこなわれており、今後盛んになる可能性はあります。しかし、コーヒー生産の仕事は日本ではまだメジャーな仕事とはいえないでしょう。

 

コーヒー豆生産の流れ

コーヒー豆の元になるのは「コーヒーノキ」。コーヒーノキから収穫される果実の種子が、コーヒー豆の元になります。

コーヒー豆の生産から収穫までの流れは、下記のようなものです。これらの工程には、たくさんの人が関わっています。

  1. 生産:コーヒー豆ができる状態にするまでには約2〜3年の期間を要する
  2. 収穫:手で摘む、もしくは大きな機械でまとめて収穫する
  3. 選別:目視、もしくは専用の機械を使ってサイズや重さを選別する
  4. 精製:コーヒーチェリー(コーヒーノキの果実)をコーヒー豆の状態にすること
  5. 出荷:コーヒー豆の状態になったものを麻袋や真空パックで出荷、輸出する

 

ひとつのコーヒー豆を生産するためには、これだけの多様な工程が必要になります。

これらの手順を経たコーヒー豆は、日本に輸入されます。日本に着いたコーヒー豆は次に、コーヒー豆を焙煎するコーヒーロースターの手に渡ります

 

コーヒーの仕事②:コーヒーロースター

コーヒーロースターは日本語でいう「焙煎職人」です。コーヒー生産者が大切に育てたコーヒー豆を輸入し、焙煎してコーヒー豆を美味しく飲める状態にする仕事です。

コーヒーの味は焙煎で決まる。ともいわれるほど、コーヒー業界では重要な職業です。

コーヒー豆を焙煎する前は生の状態「グリーンビーン」。ロースターは焙煎機を使って、巧みに火を入れコーヒーに色をつけていきます。

コーヒーロースターはさながら、コーヒーのアーティストといったところでしょうか。

 

生み出すコーヒーは浅煎〜深煎まで

コーヒーロースターの仕事は、コーヒーの焙煎度を見極めること。豆に合わせて浅煎〜深煎まで、焙煎度を変えていきます。

人によっては黙々と焙煎と試飲を重ね、ひたすらコーヒー豆に向かい合うこともあります。お店をやるうえでは、データの収集や焙煎度の再現性が必要とされることも。

その働き方はまさに職人。「理想のコーヒーを追求したい」と考える方にコーヒーロースターは最適の仕事でしょう」。

 

コーヒーの仕事③:バリスタ

喫茶店やカフェでコーヒーを淹れるプロフェッショナル、それがバリスタです。バリスタの仕事は主にコーヒーの抽出。

エスプレッソの抽出やミルクのスチームにドリップコーヒーまで、バリスタが手がける仕事の幅は広いです。

バリスタとは元々イタリアの「バール」で働く人のことで、コーヒー以外にアルコールも扱います。しかし、最近の日本ではバリスタは主にコーヒーのプロを意味することが多いですね。

 

バリスタはシード・トゥ・カップの終着点

バリスタが淹れるのはコーヒー。コーヒー生産者が丁寧に作ったコーヒーチェリーが、ロースターによる焙煎を経て、最後に到達するのがバリスタの淹れる一杯のコーヒーです。

そのため、バリスタの仕事はただコーヒーを淹れるだけのものではありません。

そのコーヒーの持つ特徴や魅力を引き出す、伝えるなど。コーヒーのストーリーテラーとしての要素も必要です。

ひと粒のコーヒー豆が辿ってきた道の終着点。バリスタの仕事は、お客さんへコーヒーの魅力を伝えることもその仕事の一部です。

 

日本で現実的なコーヒーの仕事はロースターかバリスタ

コーヒー豆の生産者にコーヒーロースターにバリスタ。この内、日本でコーヒーの仕事といえばロースターかバリスタが主な選択肢です。

コーヒー豆の生産者が働く国は、沖縄を除けば基本的には海外です。実際に現地に渡りコーヒー農園で働いている日本の方ももちろんいますが、やはりメジャーな選択肢とは現状いえないところ。

そのため、日本でコーヒーを仕事にするなら、コーヒーロースターかバリスタが選択肢になります。

Satoshi
日本にいながら、となるとコーヒーロースターかバリスタ、ですね。
Tatsu
そうだね。ほかにもコーヒー豆の調達や仲介業、エスプレッソマシンの販売代行もあるけど、数は多くないんじゃないかな。

 

【実践】コーヒーの仕事を探すなら

コーヒーロースターやバリスタの仕事を探すなら、その主な方法は2種類です。その2種類とは「求人サイトを使うこと」と「希望のお店に確認する」ことです。

 

方法①:求人サイトを使う方法

コーヒーの仕事探しで求人サイトを使うメリットは、手広く探せることです。

コーヒーの仕事をする地域が大まかに決まっているなら、その範囲でフィルターをかければ、すぐにいくつかの仕事が見つかるでしょう。

とくに大規模で運営しているお店や、チェーン店などで働きたい人にオススメできる仕事探しの方法です。

 

個人経営のお店には向かない

また、求人サイトなら給料と仕事内容が簡単に比較できるのが嬉しいところ。候補をいくつか挙げて探せば、条件のよいところも見つけやすいです。

一方で、求人サイトは比較的小規模な、個人経営のお店を探すときはあまり向いていません。

その理由は、求人サイトに情報を載せるのにも費用がかかるからです。そのため、個人経営のお店を候補に探すなら、次に挙げる方法を使った方が効果的です。

求人サイトを使ったコーヒーの仕事は、僕の経験でいえばスターバックスなどの大手チェーンでの仕事探しにはバツグンに効果的です。

>>まずは手軽に、インディードでコーヒーの仕事を探してみる

 

方法②:希望のお店に確認する方法

大型店の仕事は求人サイトから。一方で、もしあなたがすで働きたいお店に目星をつけている状態なら、こちらの方法が正解です。

このときネックになるのが、「働きたい目星をつけているお店」が、求人しているかどうか定かではないときです。まずは求人の有無を確認するのが先決でしょう。

求人の有無が定かではない場合の、オススメの確認手順は下記のもの。ちなみに、僕自身で検証済みです。

  1. 求人サイトの確認(載っているケースもある)
  2. →公式サイトやフェイスブックで求人情報の確認
  3. →→お店に求人の張り紙がないか確認
  4. →→→働いているスタッフに、求人情報の確認

 

電話で求人情報を確認するのも手

求人の有無は、上記の手順で確認していくのが確実です。しかし、わざわざ回りくどいことはせずに、すぐに求人の有無を確認したい!そんなときは、直接お店に電話して確認するのがよい方法です。

電話は、直接自分の熱意をアピールすることもできる貴重な機会。僕もいちどおこないましたが、その結果は見事採用でした。

電話をすると行動している分、仮に求人していなくても諦めがつきやすいのもポイントです。

Satoshi
そうか、希望のお店だと求人をしていない可能性もあるのか〜。
Tatsu
そればっかりはタイミングもあるからね。でも、「行動しないで諦めるよりは行動した方が絶対よい!」とはお伝えしておくよ

 

働きたい、憧れのお店があるのなら必ずアプローチをした方がよいと思います。

仕事はときに数年以上も関わるもの、コーヒーでいえば一生の仕事になる可能性も高いです。そのため、後悔しないように行動するのも大切です。

僕も経験上いくつかのお店に聞いて求人していないということは何度もありました。しかし、行動したことで後悔はありません。

「あのとき、ああしていればよかった…」、そんな事態にならないように、行動していきましょう!

 

まとめ コーヒーとワクワクを仕事に

コーヒーを仕事にするのは、本当にワクワクの連続です。長い旅を経て、遠い国日本までやってきたコーヒー豆。

そんなコーヒー豆に最後の彩りを添えるのが、コーヒーロースターやバリスタなどのコーヒーの仕事です。

未経験でも、転職でも、興味があればぜひ一歩を踏み出していただけたらなと思います。

Satoshi
コーヒーの仕事はシード・トゥ・カップの一端を担うもの。仕事、探してみようかな!
Tatsu
そのための助けに、今回の記事がなっていれば幸いだよ。

 

人生をかけた熱いコーヒー探求の旅、そのキッカケは今まさにココにあるのかもしれません。

コーヒーの仕事は一生ものです。ぜひ、一歩を踏み出して深い深いコーヒーの世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連記事:バリスタになるための方法とは

コーヒーを淹れるプロであるバリスタの仕事。

そんなバリスタになる方法は、直接仕事に就く以外にも道があります。

こちらの記事はバリスタになる方法をより詳しく解説しました、興味のあるかたはぜひ一緒にご覧ください。

>>【体験談】バリスタになるには!?2つの道でコーヒーのプロになる方法

 

◼︎Twitter発信もしています。フォローしてもらえたら嬉しいです!

>>TatsuのTwitterアカウントはこちらから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー屋+ライター+ブロガー|スタバでブラックエプロン取得→東京・名古屋でバリスタ→シドニーでワーホリ&ブログ『Baritra』スタート|現在はコーヒー屋&Webライター&ブログを書いて生活中です。ブログはコーヒー|バリスタ|ワーホリ|働き方について書いてます。